2017年1月13日 (金)

6F 週末の展示品

どうもこんにちは。今週末は冷え込むようですね、
店内はできるだけ温めておかないといけないですね!
 
2日間の限定展示品の紹介
Ch_precision
      『T1
3筐体のDAC、そしてクロックになります。
 
C1monoはまだ世界に1台(?)しかないみたいですね。
 
DACは以前、少し展示した記憶があります。
圧倒的な静寂感と音の躍動感には驚きました。
C1が単純に良くなったというよりは次のステージへ突入した
と表現した方が良いかもしれません。
¥8,600,000(税抜)
お持ちのC1からアップデートできます。¥5,200,000(税抜)
 
不用意に聴かない方が良いかもしれません。
 
クロックの全容は発売前ということでまだまだわからないですが
音はさすがですね。CH製品をお持ちの方は気に入ると思います。
予価は¥3,200,000(税抜)
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2016年12月28日 (水)

6F 展示延長のお知らせ

どうもこんにちは。

 
MAGICOM3』明日までの展示予定でしたが、
1月10日(火)引き上げになりました。
この機会をお見逃しなく!
 
12月31日は15時で閉店です。
1月1~3日は全店休業となります。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
Magico_m3

|

2016年12月27日 (火)

6F Coltrane3再登場

どうもこんにちは。
 
再登場のスピーカのお知らせ!
Coltrane3
忠実に、そしてハイスピード。
超広帯域を感じさせるスピーカです。
 
今は小部屋に設置しています。
Accustic Arts製品と組み合わせております。
原音を徹底的に追及したスピーカとのことですが
前段の機械にもよりますよね。
 
Accustic Artsが持つ透明感と温度感を心地よく再生できます。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2016年12月23日 (金)

6F MAGICO M3登場

どうもこんにちは。季節外れの気温でしたが
今夜からは元に戻るみたいですね。
 
さて、告知通りに登場です。
Magico_m3
MAGICOM3
M PROJECTというスピーカーを基礎として
登場した製品になります。
 
今日は登場のお知らせのみになります。
パッと聴いた感じ、浸透力のある音だな~と感じました。
Qシリーズのベリリウムからダイヤモンドコートのベリリウムへ
変わりました。QシリーズにあるMAGICOらしさというイメージを
継承しつつ、新しい時代を感じさせる素晴らしい量産機だと
思います。
 
29日までの短期展示です。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2016年12月17日 (土)

6F 展示品紹介

どうもこんにちは。忙しい土曜の日中でした。
ご来店ありがとうございます!
 
さて、ようやく揃ったので紹介します。
Acousticarts_2
 
現時点ではターンテーブル待ちなのでフォノはお休み。
 
パワーアンプのみ展示していましたが、CD・DAC・PRE・POWERと
揃いました。
シルバーとクロームのすっきりしたデザインながら
温度感と透明感が良く調和された音を展開しています。
 
またSTROMTANKS5000』も再展示していますので
S/Nのレベルがとても高い試聴室になっています。
 
奥の試聴室も盛り上がっています。
 
 
6Fではここしばらくご無沙汰だったTechDASですが
常設している7Fでは素晴らしいアナログサウンドを
聴かせてくれるメーカーです。
 
新たな素材、アイディアを活かしたプレミアムモデルと
登場時には価格で驚かせてくれたアームが揃っています。
 
覚悟を持って試聴してください。
それだけで説明は充分な気がします。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
Image1

|

2016年12月16日 (金)

6F プリメインアンプ中古品

どうもこんにちは。本格的に寒い東京です。

さて、お買い得な中古品が出てきました。
Yba_ia350aYBAPASSION Integre IA350A
¥1,058,400 >>> ¥594,000 (込)
DAC付のプリメインアンプです。

落ち着いた音を奏でてくれると思います。
大型でなければ、しっかり駆動してくれる頼もしさもあります。
また、DAC内蔵で自動的に24bit/192kHzにアップサンプリング
されますが、元々が豊かななり方ですのでそこまで神経質な
音にはならない印象です。

不要な場合はデジタル系統のみ電源OFFにして
ピュアサウンドを追及することもできます。

リモコン、ACケーブル、オリジナルカートンあります。

5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2016年12月10日 (土)

6F 2110!!

どうもこんにちは。
 
本日紹介するのは強いプリアンプ!
Boulder2110_3Boulder2110
メーカー希望小売価格¥8,700,000(別)※2016年12月現在
以前にも1度展示しました。
 
改めて聴くと、次元の違う製品であることがわかります。
いまやいろいろな所で“低ノイズ、低ひずみ”という言葉を
目にしますが、コストさえかることができればこうなるんだ!
という事をオーラで語っているようにも思えます。
 
いや、音さえ聴かなければちょっとゴツイ、さすがアメリカ
というだけのアンプに見えるかもしれませんね。
 
Boulderの音色というか脚色を語るのはとても難しいと感じます。
モニターと言われるような音とは言えないし、何か誇張した
感じもしないです。バランスが良いという言葉だけでも
何か足りず…
 
隠れていたディティールが浮かび上がり、輪郭もしっかりします。
そうして全体が自然に色めくような感覚の音です。
 
超高域を少し持ち上げてはっきりした音になったというような
単純な音ではないと思います。
 
少しハイファイな方向へと進歩しましたが、わざとらしくない
鳴らし方は見事ですね。
しばらく展示しています。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp  mailto
 
記載ミスを防ぐためにカタログデータを写真にします。
Boulder2110a

|

2016年12月 8日 (木)

6F お手軽レコード洗浄セット

どうもこんにちは。
 
さて、本日はレコード盤洗浄のお話です。
Arte
オープン価格ですが、3万円弱くらいで
始められるセットです。
 
ここ6Fではレコードクリーナーと言えばHANNLです。
発売初期よりほぼ常設展示をし、多くのお客様に
ご利用いただいております。
 
HANNLは現在¥435,000~¥800,000と3種類のモデルを
展開しておりますが、全てローリングブラシを付けています。
Micro Xpress B Autom 24V DCは無しでも販売可
 
これは回転するブラシで水流を起こし、汚れを取り除くことを
目的としています。
そして汚れた洗浄液を吸引してレコード盤に残さずに
美しい輝きが蘇ります。
それを軸として様々な機能を追加していくことで上級モデルへ
繋がっていますね。
 
また、他のフロアーで展示していますがKLAUDiOもあります。
こちらは洗浄液は使わずに超音波で汚れを取り除き、送風で
乾燥させます。盤をセットしたら全自動というのも魅力ですね。
こちらは¥700,000です。洗浄能力はそのままで
簡易になったモデルも予定しているとか。
 
どちらも洗浄能力は折り紙付きですが、問題は価格です。
全ての人にお勧めできますが、場合によってはオーディオ装置
より高額になってしまうこともあるかと思います。
 
機械部分が一切ない安価なものは以前よりいくつかありましたが
今回お知らせするarteの自信作はとてもお勧めできる製品です。
 
まずはクリーニングターンテーブル。
こちらはMDFを使用しているそうです。白いのでプラスチックかと
思いきや、とても滑らかで質が良いですね。
そして回転機構もしっかりしています。
とても高級感ある回転で良いです。
 
そして1番のポイントはブラシです。
レコード盤の音溝は0.03mmくらいだそうですが、このブラシは
0.02mmだそうです。歯ブラシとかの技術もあるようですが
歯のためのブラシは腰がなさすぎてレコード盤には向かない
ようです。
写真を見ていただくとわかるかと思いますが
先端の方に数本飛び出ていますが、その周りは
強度のためでしかないそうです。
 
このブラシをレコード盤の上に置くと、嵌まった感覚があります。
洗浄液をたらしてブラシの位置がずれないようにブラシを持ち、
反対の手でターンテーブルを回すだけです。
 
このクリーニングもガシガシ擦るわけではありません。
 
ブラシの位置をずらしながら何周か回したらコットンで
拭き取る。
そして2番液を使って洗浄液を取り除き拭き取る。
 
この単純な作業で終わりです。
そしてここまで書いて思い出しましたが、動画が公式に
あるのでご覧いただくと良いでしょう。
こちら→ arteレコード洗浄  ※外部動画サイトへのリンクです。
 
洗浄後の音はとてもナチュラルです。
洗浄液だったり、水だったりそれぞれ音が変わりますが
この製品はハイエンドに持ってきても違和感が全くないですし
汚れが取れているのもわかります。
 
今までは届かなかった場所に届くようになった。
大きな進歩ですね。
 
高額な洗浄機は考えられないという方は、
諦めていたパチパチがこれで解決するかもしれません。
※傷の場合は直りません。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2016年12月 7日 (水)

6F ダイポール型スピーカー

どうもこんにちは。今日は寒いです!
 
さて、再登場のスピーカーです。
Piega_sonusfaber
Master Line Sourceを小さく(?)した
新しいスピーカーです。
 
今回はゼブラウッドを展示!
4つ並べる事を考えて設計された新しいドライバーです。
 
また後方へも放射をさせ、前に出る通常の音と融合させる
ことによって豊かな音場感を成立させたダイポール型です。
 
よく「柔らかい音ですね~」と言われますが、
確かに柔らかさはあると思いますが、意外と芯の強さも
持っていると思います。
 
ボヤッとした音とは違うと思います。
ウーファーも表面にアルミを使用していますが、
意外と反応が良いので後ろ向きのパッシブラジエーターも
もたつく感覚は抱きにくいのでは?という感じですね。
私はパッシブラジエーター好きなのでアレですが。
 
高さのある製品ですが、6F試聴室の低めの椅子で聴いても
意外と目線付近まで音の力の中心は下がります。
幅も32cmしかないので、確かにリビングに置ける
サイズ感かもしれないですね。
 
ただ、前回の紹介ブログでチラッと書きましたが
振りを付けた方が空間表現は圧倒的に良くなります。
 
細身で高さがあるので心配な方にはオプションで
ベースが用意されています。ご安心ください。
 
パッシブラジエーター搭載ながら、全く趣向の違う
Sonu faberLilium』と同時展示中です!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2016年12月 4日 (日)

6F QRDの中古品(売約済み)

どうもこんにちは。
 
今回はサラッと中古品の紹介です。
Diffractal
1200 X 600 X 100 (mm)のタイプです。
売約済み (Sold Out)
 
お買い上げありがとうございます。
 
性能に問題はありませんが、中古品ということで
ご理解いただける方にお願いいたします。
 
自立させる場合は別途FOOTをお求めいただくと良いと思います。
 
※遠方の方の場合オリジナルカートンを用意する時間が
少しかかります。到着時間指定不可。
他の配達の場合は送料が高額になると思いますので
お問合せください。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

より以前の記事一覧