2017年3月17日 (金)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.60 ラ・ラ・ランド (オリジナル・サウンドトラック)

0008447552200 VOL.53 ラ・ラ・ランド (オリジナル・サウンドトラック)

FLAC 44.1kHz/24bit

購入先はこちら

2017年度アカデミー賞6部門受賞したラ・ラ・ランド。作曲賞、主題歌賞もとっており、音楽ファンならちょっと気になるところではないかと思います。
ご紹介しておきながら映画は見ておりませんが、音楽を聴くだけで逆に見たくなってしまいます。先日のSPRING FESTIVALではある意味テーマ曲になりました。
ブックシェルフスピーカーの共演ではこちらのサムワン・イン・ザ・クラウドを課題曲にいたしました。
音楽性、録音も非常に皆様に是非聞いていただきたいサウンドトラックではないかと思います。

今回の購入先はレーベルゲート運営「mora」をご紹介させていただきました。
                              H.A.L.3 島

|

2017年3月 3日 (金)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.59 My Song

Uml00602547301185 VOL.52 My Song /Keith Jarrett、Jan Garbarek、Jon Christensen
 
FLAC 192kHz/24bit

購入先はこちら

キースジャレットを取り上げるのであればやはりケルンコンサートなのかもしれないですが、あえて今回はトリオのMy Songにさせていただきました。

とはいえこちらも定番といえば定番ですね。

今回のレーベルはECM。ドイツのECMと言えば音質にも定評があり、レーベルでソフト選択する方もいらっしゃるぐらいです。

あまりジャズを取り上げないのですが、ジャズの場合はエネルギー感を重視して試聴してしまうせいかあまり高いフォーマットのハイレゾに対して良い印象を持たないこともあります。

このECMのハイレゾに関しては、すべてチェックしている訳ではありませんが、オリジナルアナログマスターからECMの創立社でもある、 マンフレート・アイヒャー指示のもとMSMスタジオというところでハイレゾ音源としてマスタリングされております。

CDと比較しても音の広がり、そして立体感、浸透力はかなりのものです。確かに厚みといった面では弱いところもありますが、このステージ感は感動ものです。

やはりマスタリング次第でハイレゾは変わっていくと思いますが、このECMに関しては、いくつかハイレゾ音源を集めてみたいかなと思っております。

聞いていて気持ちが良いです。 H.A.L.3 島

|

2017年2月26日 (日)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.58 スターリンの影の下でのショスタコーヴィチ

Uml00028947963080 VOL.51 スターリンの影の下でのショスタコーヴィチ-  交響曲 第10番[Live]
     
アンドリス・ネルソンス指揮/ボストン交響楽団
 
FLAC 96kHz/24bit
 
購入先はこちら

このアルバムも試聴会では使用しますが、いつも途中でフェードアウトしてしまいますが、ついつい丸々1曲演奏してしまったほどです。

昨年の 第58回グラミー賞 「ベスト・オーケストラ・パフォーマンス」賞受賞とのことですが、日本が誇る小澤征爾さんが80歳でグラミー初受賞の快挙でしたね。
この録音は2015年4月に録音されたものでありますので、そういったものだとハイレゾのレンジ感や情報量、そして雰囲気の良さを感じることが出来ます。
ハイレゾの場合だけではなく、ソフトのあたり、はずれ的なものはありますが、こちらは演奏、録音とも個人的には素晴らしいと感じました。。H.A.L.3 島

|

2017年2月19日 (日)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.57 ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》

Uml00028947963004 VOL.51 ムソルグスキー:組曲《展覧会の絵》
グスターボ・ドゥダメル 指揮/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

FLAC 96kHz/24bit

購入先はこちら

ドゥダメルを紹介させていただくのは今回が2度目になります。こちらのアルバムは昨年の2016年にスタジオ録音された音源です。
ホールの雰囲気を聴くのもクラシックの醍醐味ではありますが、音の鮮度、表現というのはスタジオ録音でもしっかり伝わってくると思います。

デビュー10周年の記念ということですが、もっと長いキャリアがあるように感じてしまいます。
H.A.L.3 島

|

2017年2月13日 (月)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.56 ハイレゾクラシック the First Selection

Njcp17001 VOL.50 ハイレゾクラシック the First Selection (eilex HD Remaster version)
WAV 192kHz/32bit

購入先はこちら

NO25で間脇佑華さんを紹介させていただきましたが、このNAXOSのハイレゾクラシック the First Selectionは非常にダウンロード数も多くお持ちの方も多いのではないでしょうか?
NAXOSはソフト販売にも力を入れておりますが、ダウンロード、ストリーミング事業も行っており幅広く展開しております。

また音質にも定評があり、また多くのレーベルを取り扱っております。

取扱いレーベルはこちら

さて今回ご紹介させていただいたのは井筒香奈江さんに続く、Eilex HD RemasterによるWAV 192kHz/32bitで配信を開始したからに他なりません。

その技術はこちら

データ管理の為に192kHz/24bitの音源はすでに所有しておりますので、比較試聴すると音の粒立ち、立体感などかなり違いますね。

店頭で比較試聴出来ますので、是非その違いを感じていただければと思います。

井筒さんの音源の時も感じましたが、まだまだこの世界には可能性を感じてしまいます。

32bitには今後期待をしたいところです。H.A.L.3 島

|

2017年1月29日 (日)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.55 時のまにまにⅣ 時代

B_lb025_2 VOL.49 時のまにまにⅣ 時代/井筒香奈江

WAV 192kHz/32bit
 
購入先はこちら

今回は2014年発売のこちらのアルバムを紹介します。ただある意味では2016年発売と言っても良いのではないかと思います。ハイレゾ音源に興味のあるお客様、そして井筒香奈江さんのファンの方ならピンとくるのではないでしょうか。このアルバムを紹介したいのはWAV 192kHz/32bitでの追加配信されたからに他なりません。

もとの音源は96kHz/24bitですが、アップサンプリング技術「eilex HD Remaster」という技術でアップサンプリングしております。以前弊社のマラソン試聴会で井筒香奈江さんをゲストに呼んで皆様に試聴してもらいましたが、その時にはアルバム「リンデンバウム」よりから♪卒業写真
を使用して皆様に聞いていただきました。その後他のアルバムもこの技術を使用して販売を開始しました。

個人的に好きな曲としては、最初に聞いて感動し、試聴会でも多用しております
♪ひこうき雲
前回のVOL.48で紹介させていただいた さだまさしさんの♪主人公
が特に好きなのですが、今回この♪主人公が入っている時のまにまにⅣをご紹介させていただきました。

今回試聴で使用したD/A CONVERTERですが、MSBのSELECT DACという1000万を超える商品で試聴となりますが、96kHz/24bit FLACが悪いのではなく、192kHz/32bitのWAVが凄すぎるのです。リアリティと空間とその声の浸透力。何をとっても驚きです。
実はこれだけのD/A CONVERTERを用意することもないということもあり、井筒香奈江さん本人にもその違いを試聴してもらいましたが、その違いを知っているご本人もハイエンドオーディオで聞くその違いに驚かれておりました。ついでに恥ずかしがってもおりましたが(笑)
でもアーティスト側も良い音で聞いてもらうことが、良い演奏にもつながっていくと語ります。
その気持ちがこの音源を聴くと解りますし、アーティストとリスナーがもっともっとつながる架け橋にもなると思いますね。

実際32bit対応のD/A CONVERTERが必要になりますが、この違いを聴くと32bit対応の機器が欲しくなると思います。

これぞハイレゾの良さ!!ということを感じることができるアルバムであり、音源でした。H.A.L.3 島

追伸
井筒さんご試聴ありがとうございました!!

|

2017年1月10日 (火)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.54 私花集<アンソロジィ> (2016リマスター)

Wnr190295867621 VOL.48 私花集<アンソロジィ> (2016リマスター)/さだまさし

FLAC 96kHz/24bit

購入はこちら

2017年1回目はさだ まさしさんのソロ3枚目のアルバムをご紹介します。
昨年12月にソロになって最初のアルバム3枚を同時配信開始いたしました。
私が持っているさだまさしのベストがありますが、そちらも非常に音が良くて気にってよく聞きます。

さて今回2枚目の風見鶏か今回の私花集が迷いました。

風見鶏には「つゆのあとさき」「雨やどり」は入っておりますが、私花集には「主人公」「案山子」「秋桜」などの名曲揃いです。今回選んだポイントは「檸檬」ですね。
歌詞の舞台は御茶ノ水です。湯島聖堂、聖橋、快速電車の赤い色。各駅停車の檸檬色など。

こちらのアルバムは1978年のアルバムになりますが、アナログマスターからハイレゾ用にリマスターされている音源です。

さださんの声はもとより、アコスティックギターが本当に心地よいです。

セルフカバーのベスト盤を聴くことが多かったのですが、この時代のさださんの声も新鮮です。これはハイレゾの魅力ですね。

長崎県出身の私としては紹介しなくてはいけないアルバムですね。H.A.L.3 島

追伸

井筒香奈江さんも主人公はカバーしていましたね。
時のまにまにⅣ ~時代~ 

購入はこちら

|

2016年12月23日 (金)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.53 THE BEST“Love Winters~ballads~”

Veahd10401_1 VOL.47 THE BEST“Love Winters~ballads~” 【K2HD】
     広瀬 香美

FLAC 96kHz/24bit

購入先はこちら

冬と言えばユーミン、達郎さんのイメージが強いですが、その下の世代としては広瀬香美さんになるのかもしれません。こちらのアルバムがCDで出た時に音質が良くデモンストレーションで使用しておりました。特にSearch-Lightという曲は音源もさることながら彼女の高音が生かされた楽曲ですね。クリスマスソングでもあるDEARが入っているので、一応クリスマスソング特集ということにしておきます。
マスターは44.1kHz/16bitですが、VICTORの技術「K2 HD プロセッシング」でアップサンプリングしております。H.A.L.3 島

|

2016年12月17日 (土)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.52 LUPIN THE THIRD 「JAZZ」 "Chiristmas"

Vpcg84800 VOL.46 LUPIN THE THIRD 「JAZZ」 "Chiristmas"
      大野雄二トリオ&フレンズ

FLAC 48kHz/24bit

購入先はこちら

クリスマス特集第3弾は私も大好きなアルバムのひとつ。大野雄二さんのクリスマスアルバム。以前CDでご紹介したことはございますが、昨年ハイレゾとして登場しました。
大野さんはまだまだ現役でライブハウスでもご活躍中です。
オフィシャルホームページはこちら
大野さんらしいアレンジで気分もウキウキします。「LOVE SQUALL」は特に必聴です。
もともとが録音も良いのですが、このハイレゾでまた一味違うサウンドをお楽しみください。

H.A.L.3 島

|

2016年12月 9日 (金)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.51 Baby, It's Cold Outside

784672306645_2 VOL.45 Baby, It's Cold Outside /Holly Cole

FLAC 44.1kHz/24bit

購入先はこちら

今回もクリスマスソングのご案内となります。オーディオ業界でも録音の良さに定評のある
カナダ出身のJAZZ VOCALIST。こちらのアルバムは2001年に発売されたアルバムになりますが、今聞いても新鮮です。この時期しか聞けない寂しいところもありますが、彼女の暖かみと情緒あるVOCALをご堪能ください。個人的には♪The Christmas Songがお気に入りで、ピアノとVOCALから始まり、間奏のピアノ、ベース、ドラム、そしてサックスの雰囲気のある演奏が非常に心地よいです。H.A.L.3 島 健悟

|

より以前の記事一覧