2017年4月23日 (日)

★H.A.L.3 NEWS★Sonus faber 新製品情報

4月18日(火)に行われた(株)ノア 主催のSonus faber新製品発表会にて
新製品がお披露目されました。

Img_3976

今回はHOMAGE TRADITION シリーズとインテグレーテッドオーディオシステムのSF16となります。
今から30年ほど前に(株)ノアの代表の野田氏がオーディオショーの際に出会ったのがフ
ランコ・セルブリン氏。それから1年後に完成したのが、エレクトアマトール。
そこからSonus faber社とノアとの取引が始まったと話をしてくれました。
私が入社した時には一日3件GUARNERI HOMAGEを納品したこともありました。今から20年ぐらい前のことになります。
 
GUARNERI HOMAGE そしてGUARNERI MEMENTO、GUARNERI EVOLUTIONと3世代を全てを経験、そしてお勧めもしてきました。
そして今回第4世代目のTraditonシリーズが産声をあげました。


Img_3971
 
AMATI TRADITION ¥3,600,000(税別)


Img_3968
 
SERAFINO TRADITION ¥2,600,000(税別)


Img_3969
 
GUARNERI TRADITION ¥2,000,000(税別)


TRADITIONシリーズのシリーズの詳細はこちら
そして新たな試みとして、フランコセルブリン氏の最初の作品であるスピーカーシステム
「Snail」をモチーフにしたオールインワンシステムを開発いたしました。


Img_3986 Img_3988

SF16 ¥1,400,000(税別)

詳細はこちら

輸入代理店 (株)ノア のホームページはこちら
H.A.L.3では5月13日(土) 13時 ~ 15時に上記4モデルを用意しての試聴会を
開催いたしますので、そこで第4世代目のTRADITONシリーズとSF16のご紹介をさせていただきます。
レポート等は店頭で試聴した上でお届けいたしますので、ご期待ください。

H.A.L.3 

|

「4F D300 System 紹介」

「4F D300 System 紹介」

D300という企画を皆様ご存じですか?
D300
約5年程前に、ここ5555店で行った企画の一つですが、各フロアの担当者がスピーカー・アンプ・入力ソースの三項目で約300万円のシステムを組み、皆様に投票して頂く企画です。
今回も同様に、各フロアが扱っている製品を使用して、皆様におススメの300万円システムをご提案致します。
※今回は投票等は行いませんが、皆様からの感想等は頂けたらとても嬉しいです。


≪4F D300 System 「調和する技術」≫

D300

■スピーカー       : Franco Serblin <Accordo>   ¥1,230,000(ペア)
■ネットワークプレーヤー : ESOTERIC    <N-05>    \550,000

合計¥2,880,000

このシステムのコンセプトは「調和する技術」です。
ハイレゾに代表されるデータ再生・ファイル再生を行いつつも、アナログ的な管球式OCTAVEや、名匠フランコ氏「アッコルド」を使用して、技術の垣根を超えるシステムをご提案します。
AccordoとOCTAVEの組み合わせは、4FがAccordo展示開始から最も推奨している組み合わせで、抜群の相性を持ちます。

それぞれの製品を簡単にご紹介致します。

「Franco Serblin Accordo」
Accordo
故フランコ・セルブリン最後の作品にして、近代オーディオにおける名器と言っても過言ではない一品です。
フランコ氏ならではの、うねるような独特の響きや質感を持ちつつ、伸びのある高域と品のある中低域を表現します。

「OCTAVE V110SE」
V110se
オクターブの最新プリメインアンプです。真空管にKT150管が採用され、内部基盤等は先に発売となったパワーアンプRE320の技術が投入されています。
真空管らしい柔らかさを持ちつつ、ハイブリットのパワー感、新基盤のスピード感、そしてオクターブらしい品の良さがAccordoとベストな相性を発揮します。

「ESOTERIC N-05」
N05_2
ディスクプレーヤーのメーカーとして、国内外で高い人気を誇るESOTERICが、CD再生で培ったD/Aコンバート技術を用いて作ったのがN-05です。
発売から一年がたった製品ですが、再生フォーマットは現状世に流通しているハイレゾ音源をほぼ再生出来ます。
ESOTERICらしい、音の輪郭をしっかりと表現してくれます。


その他のケーブル等のアクセサリーも、このシステムにあわせるものとして相応しいものをご用意致しました。

■スピーカーケーブル  :LABORATORIUM <Yter2.0m> \175,000
Yter
Tiglon
Taoc

スピーカーケーブルはAccordoの内部配線にも使われているLABORATORIUMのYter(イーテル)を使用します。
少し細見の音ではありますが、Accordoとの相性はバッチリで、しなやかさや質感を良く表現してくれます。
ラインケーブルは4FがおススメをしているTiglon社のケーブルを選んでみました。
ケーブルの強い個性が無く、ソースの音色を邪魔することなく伝送します。
TAOCのSCB-CS-HC50Cは天然なら材が突板に使用されていて、ウッドの温かみや深みを持っていますので、雰囲気良く鳴らします。


おそらく、販売店としては国内で最も多くのお客様にAccordoを納めさせて頂いている4Fが作るベスト・オブ・アッコルドをお楽しみ下さい。


Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2017年4月16日 (日)

★H.A.L.3 NEWS★展示情報 17.04.16

VOL.1 「ESOTERIC P-02X & D-02X 」

Img_3967

ESOTERIC P-02X  CD/SACD TRANSPORT ¥1,400,000 試聴室

ESOTERIC D-02X  D/A CONVERTER   ¥1,400,000 試聴室

ESOTERICの2モデルの展示を開始いたしました。セットでの音質をご試聴いただきたいのはもとよりD/AコンバーターのD-02Xで楽しめるハイレゾ音源も是非ご試聴ください。

CHORD DAVEのとの比較試聴も可能です。

VOL.2 「B&W 803D3 & 802D3 同時展示」

Img_3962

●B&W 802D3 ピアノブラック ¥3,600,000 試聴室

●B&W 803D3 ピアノブラック ¥2,900,000 試聴室

暫くの期間803D3の常設展示を行います。

話題のD3シリーズ。価格サイズ、そして音質!!

比較試聴可能ですので、是非リクエストお願いいたします。

VOL.3 「Constellation audio インスピレーションシリーズ期間限定展示」

Img_3965 Img_3963

Constellation audio PREAMP 1.0  プリアンプ ¥ 1,600,000

Constellation audio STEREO 1.0  パワーアンプ ¥1,760,000

コンステレーションオーディオのインスピレーションシリーズのプリとパワーを期間限定で展示いたします。聞いていても疲れない大人の上質のサウンド。
得に中域の暖かみは音楽という風景が見える感じがします。

是非お時間を見つけてご試聴いただければ幸いです。

H.A.L.3 島/天野

|

2017年4月 2日 (日)

★H.A.L.3 News★-P-05X・D-05X-

★H.A.L.3 News★-P-05X・D-05X-

皆様こんにちは。
今日は昨日とはうって変わって、心地よい暖かさの秋葉原です。


さて、4Fには新しいアイテムが登場致しました。

ESOTERIC P-05X \700,000(別)
ESOTERIC D-05X \700,000(別)

P05_d05

ESOTERIC待望の中堅セパレートシステムです。
始めてVRDSメカニズムを搭載したモデルP-1/D-1が登場したのが1987年の事。
それから30年の時が経過し、ブランド誕生30周年に登場したモデルが、このP-05X/D-05Xです。

ESOTERICのフラッグシップモデルGrandiosoシリーズ、そして、昨年発表されたP-02X/D-02Xの開発成果が存分に投入され、ESOTERICが長年培ってきた世界最高峰のトランスポートの技術とデジタル/アナログ領域において、現状考えうる最高のスペックを可能になりました。

…とここまでが、カタログでもご紹介しているP-05X/D-05Xの紹介ですが、


私天野的にこの製品をご紹介致しますと…

■注目点その①「ようやく登場した50万~100万クラスの高品位DAC」■
H.A.L.3で人気のDACと言えば、CHORDのDAVEです。登場から一年以上が経ちますが、未だにその人気は衰えず、生産を待っているような状況です。
しかし、DAVEは定価で150万円とかなりのハイグレード製品です。もちろんそれに見合ったポテンシャルを持っていますが、なかなか手を伸ばし辛い所ではないでしょうか。
D-05XはスペックとしてUSB入力にてDSD22.5MHz/PCM768kHZ32bitと現在のDACとしては最高位のデジタル入力まで対応しています。(逆にここまでの対応が必要かどうか…というレベルです)旭化成エレクトロ二クス社製32bitプレミアムDACデバイス「AK4497」をチャンネルあたり4回路を採用しています。
ESOTERICのお家芸ともいえるアップコンバートもPCM信号を2・4・8倍、DSD変換はDSD22.5MHZへアップコンバートします。
もちろん、スペックではなく、最終的には音色がどうなのか!?という所ですが、新品開梱から2日程経過した今では、正しい評価になりません。しかし、ポテンシャルの高さは感じます。鳴らし込みが進み、もう少し、深みとまとまりが良くなれば、かなり…

■注目点その②「中堅機にES-LINK4採用」■
最上位シリーズGrandiosoから採用されているES-LINKがP-05X/D-05Xにも採用されています。
HDMIケーブルを使用して超広帯域のデジタル伝送を行う目的で開発され、Grandiosoの核となったテクノロジーとの事です。信号処理の大部分をトランスポート側で行い、DACへの負担を減らし、処理能力の向上させるというものです。それぞれ単体でも良い製品ですが、このP-05X/D-05Xのポテンシャルを最大限に発揮させる為にはES-LINKにて接続をします。

■注目点その③「VMK-5」■
ESOTERICの代名詞、世界のハイエンドSACD/CDプレーヤーにはもれなく搭載されている高品位メカニカルドライブ「VRDS-NEO VMK-5」。
SACD/CDの再生にかけて世界最高峰とまで言わしめたESOTERICの技術は当然P-05Xにも採用されています。
素材と構造を極め、ディスクの回転振動を大幅に減衰し、GrandiosoP1にも採用されている軸摺動型ピックアップで純度の高い読み取りを可能にしています。

■注目点その④「重さ」■
GrandiosoK1の重量は33kg、K-01が31kg、P-02X/D-02Xが各約30kgですから約半分です。
これは…以外と嬉しいです!
もちろん重量が重くなるのには、音質向上の為に相応の理由がありますが、なかなかESOTERICの重量は腰に来るものでして…。
P-05X/D-05Xの本体重量は両方とも約14kgです。この重さであれば、問題なく納品に伺えますね!っという半分冗談(半分本音)です…


さて、今日現在ではこのようなところでしょうか。
今度、もっと鳴らし込みを行って、P-05X/D-05Xの魅力を探っていきたいと思います。
鳴らし込みが程良く進んだら、試聴会など行ってみましょう!


Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2017年3月 2日 (木)

★H.A.L3 NEWS★-17.3.2 期間限定展示 PIEGA,TAD

3月3日(金)~3月5日(日)

Img_3810_2 Img_3811
 
●PIEGA Coax 711 スピーカー \2,300,000/ペア(税別)

代理店サイトはこちら
こちらも今回初登場となります。
先日ブックシェルフのCoax 311を試聴しておりますが、この新しいラインナップはP
IEGA新しい幕開けと言っても過言ではないかもしれません。
このCoax 711はコーンのユニットが4基搭載されておりますが、下の2基はパッシブ
ラジエーターになっております。
セッティングで今調整しておりますが、スピーカーの存在を感じさせないのが、今
回のラインナップの特徴です。それでいてPIEAGAらしい上品のサウンドと空気感。
期間限定となりますが、是非ご試聴いただければ幸いです。
 
 
3月3日(金)~3月5日(日)

Img_3814 Img_3812_2
 
●TAD TAD-CR1+TAD-ST1 スピーカー ¥3,940,000(税別)

メーカーサイトはこちら
発売からしばらく経過しております、大型ブックシェルフスピーカーとなります。
リアルモニターを追求した究極のスピーカーだと思います。
お客様のリクエストがあり、短期間でありますがお借りしました。

試聴のご予約は島、天野まで

H.A.L.3 /天野

|

2017年2月24日 (金)

★H.A.L3 NEWS★-17.2.24 期間限定展示 SPENDOR

TRIODE 取扱製品 集中展示~3月20日まで

Img_3754_2
Img_3761_2

Img_3763      
Img_3762
ANALOG PLAYER 

・KRONOS Audio Products KRONOS SPARTA ¥2,800,000(税別)
 
TONE ARM 

・IKEDA Sound Labs  IT-345  定価¥390,000(税別)/カジハララボ取扱い
 
CATRIDGE 

・MUTECH   RM-KANDA 定価¥380,000(税別)/カジハララボ取扱い
 
PHONO EUALIZER 
 
・Auroeasound   VIDA  定価¥320,000(税別)/Aurorasound取扱い
 
PRE AMPLIFIER 

・JUNONE    REFERENCE ONE    定価¥2,000,000(税別)
 
POWER AMPLIFIER 
 
・TRIODE     TRX-M845        定価¥2,000,000(税別)
 
SPEAKER SYSTEM 
 
・SPENDOR    SP200          定価¥2,400,000(税別)
 
SPENDORは1960年初頭に誕生した英国のスピーカー専業メーカーです。
当時BBCのライセンスをもったLS3/5AというモデルはROGERS、HARBETH、KEF、そしてこのSPENDORが制作しておりました。
今のSPENDORは新しい社長になり15年以上経過していおりますが、伝統を継承しながら新しいスピーカー制作も行っております。
長時間聴いても疲れない暖かみと懐かしさを感じることが出来ると思います。それをドライブするのはTRIODEとJUNONE、そしてアナログ。
現代的な組み合わせではございませんが、このサウンドは違う感動を覚えると思います。
出来ればご愛聴盤をご持参いただければ幸いです。

*今回はアナログ再生のみとなります。
H.A.L.3 島/天野

|

2017年2月10日 (金)

★H.A.L3 NEWS★-17.2.10 期間限定展示

Img_3640

2月10日(金)~2月12日(日)
 
●PIEGA  Coax311 スピーカー  ¥880,000(税別)
 
PIEGAの新製品初登場です。
ウーファーユニット、リボンの改良。内部の変更など大幅に行っております。今までPIEGAとは一味も二味も違います。この存在感の無さは驚くべきです。
また奥行感、自然な音場。新世代のPIEGA登場です!!

Img_3644
2月11日(土)~2月14日(火)
 
●dCS   NETWORK BRIDGE ネットワークトランスポート ¥650,000(税別)
   
まだ代理店のホームページにも記載がございませんが、一足早く皆様にご試聴いただけるよう準備いたしました。
ROONを使用したデモンストレーションも可能です。

Img_3643
2月10日(金)~2月19日(日)

●MERIDIAN ULTRA DAC D/A CONVERTER ¥2,500,000(税別)
 
出たり入ったりしておりますが、今回はMERIDIAN社の協力を得て、Roonを使用したMQA再生のデモンストレーションをお聞きいただければと思います。
MQAに関しましては、既にE-ONKYOでの配信も始まっており、ここにきて海外のストリーミングサイトのTIDALがMQAの配信を開始しております。
このULTRA DACに関しましては、Roon Tested DACsということになっておりますので、ネットワーク再生でのデモンストレーションとなります。
まずはMQAをお楽しみいただければ幸いです。

Img_3646
2月11日(土)~2月14日(火)

●PLUTANUS PLUTANUS2.05  カートリッジ \360,000(税別)

昨年発売されかなり話題になっているカートリッジです。素直という言葉が非常にマッチするこのカートリッジは是非皆様に試聴いただきたいですね。

H.A.L.3 

|

2016年12月11日 (日)

★H.A.L3 NEWS★-16.12.11

VOL.1 「TAD TAD-ME1 常設開始」

Img_3242

ステレオサウンドGRAND PRIXを受賞したTAD-ME1の常設展示を開始いたしました。

TAD TAD-ME1 ¥1,000,000(税別)
 
    スタンド TAD-ST3 ¥160,000(税別)
 
メーカーサイトはこちら
 
特設コーナーはこちら
 
 
VOL.2 「TIGLON社製 TAD-ME1専用スタンド完成」

Img_3234
 
 
TAD TAD-ME1のスタンドのサイズが大きいということで、TIGLON社に専用スタンド
を依頼しておりましたが、無事完成しました。
 
 
MGT-ME1-50 50cm(2本) ¥126,000
MGT-ME1-60 60cm(2本) ¥130,000
MGT-ME1-70 70cm(2本) ¥134,000
 
(天板サイズ)
W184×D300mm
 
(底板サイズ)
W310×D250mm
 
全て受注生産になります。
 
2本支柱のタイプとなり、本体とスタンドの固定もできますので、安心です。
 
またスパイクは付属されておりますが、スパイク受けの付属はございませんので、
別途スパイク受けが必要となります。
設置スペースに限りがあるお客様は是非こちらのスタンドをご使用いただければと
思います。
 
VOL.3 「緊急期間限定展示 OCTAVE V110SE 」

V110se
 
先日ご案内させていただいたOCTAVEの新しいプリメインアンプ
V110SEですが、12月15日(木)から18日(日)までお借りすることが出来ました。
 
OCTAVE V110SE プリメインアンプ 
ラインモデル¥1,100,000(税別)フォノモデル ¥1,170,000(税別)

代理店サイトはこちら
 
今回のOCTAVEのプリメインアンプは一味違います!!
 
H.A.L.3  / 天野

|

★H.A.L3 News★-B&W800D3展示開始-

★H.A.L3 News★-B&W800D3展示開始-

皆様こんにちは!
年末ですね!

さて、そんな年末の最中、B&W800D3の展示が開始となりました!
まずは1setが7Fに入り、順次各フロアでの試聴となりますが、先行して、4Fにて今週末の実演が行われます。

800d3

■展示スケジュール■
7F:本日11日(日)~15日(木)→4F:16日(金)~18日(日)→以降順次各フロアにて展示

今週16日からの三日間、4Fの試聴室にてご試聴頂けます。
802D3との比較や、国産LUXMAN、ESOTERIC、TADとの組み合わせにてご試聴頂けます。
※試聴アンプのご希望がある場合は、ご用意可能な範囲でご対応させて頂きます。

■800D3ってどんなスピーカー?■
800D3はB&W社の50周年モデルとして発売された、現行B&Wのフラッグシップモデルです。
兄弟機800シリーズの最上級機種であり、B&Wの50年間に蓄積されたスピーカーの技術や思想が集約されたスピーカーです。
昨年発表された802D3にて採用された新しい技術や素材を生かしつつ、800D3では800D3にしか採用されていない技術もあります。
単純にサイズアップを行ったモデルではない、800D3の魅力をご堪能下さい。

■主だった特徴■
-コンティニュアムコーン-
8年に及ぶ開発期間を経て、ケブラーコーンに代わるB&Wの新しいコーンドライバーが開発されました。802D3にも採用されているユニットですが、800D3にてその真価が発揮されます。
-ダイヤモンドドーム-
「D3」のDはダイヤモンドのDです。二世代前から採用されているツイータードームですが、B&W程の技術力を持って最高の素材と言わしめるダイヤモンドツイーターをお楽しみください。
-ソリッドツイーター-
オリジナルノーチラス登場以降、800シリーズに採用されているアブソーバーチューブも進化を遂げています。より強固になり、よりクリアな音色を実現しています。
-マトリックス-
Dシリーズよりも前に、開発された筐体内部の構造「マトリックス」もD3以降飛躍的に進化しています。強固に、自然に音波が流れるよう設計されています。それによって音の安定性が増し、再現性・や写実性の正確さが増しています。


さて、800D3ですが、展示に伴い、試聴会も予定しています!
個別のご試聴に関してもご紹介を行いますので、ご覧ください。

Dynamicaudio 5555 天野
03-3253-5555
amano@dynamicaudio.co.jp

|

2016年11月27日 (日)

H.A.L.3 NEWS★-2016.11.27 ミュージックサーバー各種

Img_3104

12月3日に開催いたしますNetworkAudio/PCAudio Time Vol,9で使用する
ミュージックサーバー順番に届いております。
そこですでに準備を兼ねて揃えております。
上から
■DELA   HA-N1AH20/2  ¥168,000(税別)
■FIDATA  HFAS1-S10  ¥370,000 (税別)
■FIDATA  HFAS1-H40   ¥320,000 (税別)
■SONY     HAP-Z1ES   ¥210,000(税別)
■TECHNICS ST-G30    ¥500,000(税別)

Img_3105
 
 
先入観無しで試聴したら、ちょっと自分でも違った結果になってしまいました。
というのは全数を同じ電源ケーブル、LANケーブルで統一することが本日現在は
難しく、厳選な比較はできないことが解りました。
このことからもミュージックサーバーも通常のオーディオ機器同様に追い込める
面白さがあるということです。
既に実験して理解はしておりましたが、改めてご報告させていただきました。
もし平日で比較試聴されたいというリクエストがございましたら、お声かけいただければ幸いです。
さて今回SONYのHAP-Z1ESをご用意した経緯としては、今まではプレーヤー
としての使用でしたが、ソフトウェアーのヴァージョンアップでNASとしても使用できるようになりました。また同時にUSBでデジタル出力することも可能です。
 
そうなりますとDELA、FIDATAと同じ使い方ができる訳です。音の勝負もさる
ことながら自社でアプリケーションを持っているSONYの強みが発揮されます。
 
選択の幅が広がってきて非常に面白い世界ですね。H.A.L.3 島

|

より以前の記事一覧