« 2018年1月7日 - 2018年1月13日 | トップページ | 2018年1月21日 - 2018年1月27日 »

2018年1月20日 (土)

★H.A.L.3 News★-B&WとMAGICOとSonusFaber-

★H.A.L.3 News★-B&WとMAGICOとSonusFaber-

皆様こんにちは。

夢の比較試聴が可能です。

400

B&W 800D3 PianoBlack ¥4,500,000(別/ペア)
SonusFaber IL Cremonese ¥5,500,000(別/ペア)

現代スピーカーを代表するこの3ブランド。
B&Wは常設、SonusFaberは試聴会で使用する等、馴染みのあるメーカーですが、実はマジコに関しては、4Fに登場することが稀で、800D3とS3MK2をしっかりと比較試聴するのは今回が初めてになります。

この機会に、この三ブランドを比較してみたいと思います。


B&W 800D3 PianoBlack ¥4,500,000(別/ペア)
800d3
日本では各雑誌社やメーカーの試聴用・リファレンス用として採用されて、まさに現代を代表するスピーカーです。
もともと4Fは歴代の802をリファレンススピーカーとして、皆様にご紹介をしていて、D3に関しても802D3を最初に始めました。
しかし、803D3・802D3・800D3の比較試聴をご希望頂くことが多数あり、現在、4Fではこの三機種を常にご試聴頂けるように展示しています。
その中で800D3は802D3・803D3よりも一年遅れて登場してきました。B&Wの50周年という節目の周年モデルとして、発売開始から多くのご要望を頂きまして、今では4Fの定番リファレンススピーカーとなりました。

<基本スペック>
3ウェイ4ユニット バスレフ型
HI:25㎜ダイヤモンドドームツィーター
MID:150㎜コンティニュアムコーン
LOW:250㎜エアロフォイル・コーン
周波数レンジ:13Hz~35kHz
能率:90dB
インピーダンス:8Ω
寸法:H1217㎜×W413㎜×D611㎜ 96kg
カラー:ローズナット・グロスブラック

旧モデルから採用されているダイヤモンドツィーター、新開発されたミッド・ウーハーユニットに加え、新しい内構造のマトリックス等、各所が旧モデルとは違うデザインになり、音の正確さ、密度等が格段に上がっています。特にブレ・ゆがみのない低域は、どんな音楽を鳴らしても正確な表現をして、ジャンルを選びません。旧モデルで感じたダイヤモンドツィーターのシャープさは残しつつも、全体的なバランスが取れていてより聴きやすさが増しました。まさにオールマイティ型の代表格として、これからのB&W50年を作り上げる傑作です。


MAGICO S3 MK2 Cast M \4,000,000(別/ペア) / Cost M \4,600,000(別/ペア)
S3mk2
約5年ほど前から、爆発的に人気が高まったマジコ。筐体、内部部品にアルミ素材を使用し完全密閉型構造。B&Wとは違った方向から、完全な再生音を目指しています。今ではM、Q、V、Sのラインを揃えていて、最もエントリークラスの製品としては今回のS3と同じ時期に発表されたS1MK2で240万円、最もハイグレードなものとしてQ7で3000万円と全体的にハイグレードな製品構成になっています。その中でS3 MK2はメーカーとしては中堅にあたるモデルでしょうか。

<基本スペック>
3ウェイ4ユニット 密閉型
HI:25㎜ダイヤモンドコート・ベリリウムドーム
MID:150㎜ナノグラフェンコーン
LOW:230㎜ナノグラフィンコーン
周波数レンジ:25Hz~50kHz
能率:88dB
インピーダンス:4Ω
寸法:H1220㎜×W300㎜(スパイク含まず)×D300mm(端子含まず) 77kg

マジコの特徴は何といっても硬質密閉型の筐体です。ユニットが発する音に対し、筐体が影響することなく、正確な表現をするします。マジコの素晴らしいところは、この構造において、音色に硬さやキツさがあまり無いことです。充分に瑞々しさがあり、素直な広がりを表現してくれます。それでいて密閉型らしい質量のある音色で「音の塊」を感じます。この音の密度こそが、マジコの特徴であり、他社ではなかなか表現できない良さだと思います。ジャンルというよりも好みの問題ですが、おおよそどんな音楽も良く鳴らしてくれます。しかし、ポップス等のスピード感の欲しい音楽を鳴らしたいということでしたら、やはり、ある程度パワーのあるアンプで、しっかりとユニットを駆動させてあげたいです。
ミッドレンジのコア材には硬質発泡体にナノグラフィンがコーティングされています。ナノグラフィンはカーボン系の物質です。また、ツィーターはベリリウムをベースに、ダイヤモンドコートが施されています。独自のユニットが確立されていることによって、ユニット本来の音色が再生されているとすれば、とても高い技術料を感じます。


SonusFaber IL Cremonese ¥5,500,000(別/ペア)
Ilcre
現在、ソナスは日本で扱いがあるものだけでも30以上のスピーカーをラインナップしています。その中でIL Cremonaseは中堅~上位にあたるスピーカーです。もともとはソナスの最高位Stradivari Homagの後継機として発表されたモデルです。StradivariHomagといえば、長年ソナスのフラッグシップモデルとして人気があったモデルですが、現在では、IL Cremoneseの上にAidaやLiliumといった超級スピーカーがあります。発売は比較的新しく一昨年の春に発売が開始されました。

<基本スペック>
3.5ウェイ6ユニット フロアスタンディング・バスレフ型
HI:28㎜ ドーム型
MID:180㎜ コーン型
LOW:180㎜ コーン型 ×2
SLOW:220㎜ コーン型 ×2
周波数レンジ:25Hz~35kHz
能率:92dB
インピーダンス:4Ω
寸法:H1450㎜×W399mm×D622㎜ 84kg

マジコとまさに対極にありそうなソナス・ファベール。イタリアならではの木工技術と内部の空気と利用して、独特の響きと色気を持ちながら、現代スピーカーとしての情報量や音数の多さを表現します。バシバシと鳴らすというよりも、ゆったりと壮大に鳴らしたくなるのは、ソナスならではです。このスピーカーがほかの二社と大きく異なるところとしては、まずユニットの構成です。ハイ・ミッド・ローに加えて、スピーカー側面に配置されたスーパーローがあります。一本に後ろ側面に二発のユニットが設計されています。再生レンジのスペックとしては上記二社と同等ではありますが、量感や音楽自体の厚み等は多ユニットならではの面白さではないでしょうか。大きさも、この三社の中では最も大きく、高さは約150cmです。一般的にリビングに置くサイズとしてはかなり大きなものになります。


まさに現代を代表する三者三様です。
50年という老舗にして、常に最先端のスピ―カーを作り続けるB&W。
世代が交代するも、歴史と新しい感性で、どんどん素晴らしいスピーカーを作りだすSonusFaber。
我が道を進みながらも、着実にファンを増やしているMagico。

全く違ったアプローチで、スピーカーの究極を目指すこの三社を比較できるのは、今月末までです。
是非この機会に!

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

★H.A.L.3 NEWS★2018.1.20

VOL.1 「Sonus faber Il Cremonese 期間限定展示」

Img_6078
1月20日(土)~1月31日(水)
Sonus faber Il Cremonese ¥5,500,000

代理店サイトはこちら
期間限定でSonus faber Il Cremoneseをご用意いたしました。
今試聴室には
MAGICO S3 Mk2 ¥4,000,000(税別)

代理店サイトはこちら
 
も期間限定で展示しておりますので、
B&W、Sonus faber、MAGICOの比較試聴が可能となります。
三者三様でそれぞれに魅力を感じてしまいます。
是非この機会に魅力、そしてお客様自身の方向性ををご確認いただければ幸いです。

VOL.2 「SFORZATO DSP-Vela +PMC-Circinus 期間限定展示」

Img_6079
SFORZATO
ネットワークプレーヤー    DSP-Vela(ヴェラ)     定価¥1,500,000(税別)
 
マスタークロックジェネレーターPMC-Circinus(キルキヌ) 定価¥1,000,000(税別)
Stereo Sound Grand Prix2017でも受賞作品でもあるSFORZATO DSP-Vela +PMC-Circinusを不定期ではございますが、ご用意することができました。
試聴レポートはこちら
 
現在試聴室では、ネットワークプレーヤー、及びUSB DACを数機種展示しております。
是非それぞれの特徴、魅力を感じ取っていただければ幸いです。
展示リストはこちら
またご試聴に関しましては、不定期な製品もございますので、事前にご確認いただけると幸いです。

VOL.3「DELA 新N1ZS (2TB SSD搭載モデル) 予約開始」
HA-N1ZS20/2A (従来モデル型番:HA-N1ZS20/2)
容量 :SSD 2TB x 1
カラー :シルバーのみ
希望小売価格 :748,000円 (税抜)

メーカーホームページはこちら
 
リニューアルしたN1ZSが発表されました。
前モデルとの違いは、SSD 2TBを1台搭載というとことと、SSDが変更されております。
SSDを一枚にすることで、CPUの負荷が減り、音質面でもメリットがあるということです。
またSSD変更に伴い、チューニングをしっかり施しております。
旧製品との比較試聴も行っておりますが、グレードアップではなく、モデルチェンジであり、ほぼ移行と思っていただければと思います。

H.A.L.3 /天野

|

2018年1月17日 (水)

【1F最新情報】ミドルクラス スピーカー常設展示機のご案内。 

1F 最新情報 ミドルクラス スピーカー充実のラインナップ!

 5555店 1Fでは 相当数のスピーカーを常設デモしております。
その中から 販売好調な人気の3機種をご用意しております。

●B&W  703S2 ピアノブラック

(標準希望小売価格 税別 480,000円)

販売価格等お問合せ下さい。

Bw703s2_2

●Monitor audio SILVER 300

(標準希望小売価格 税別 335,000円)

販売価格等お問合せ下さい。

Silver300

●FOCAL ARIA 926 noyer

(標準希望小売価格 税別 380,000円)

販売価格等お問合せ下さい。

Aria926

上記 3機種 常設展示にて試聴可能です。
5555店1Fまで是非、お問合せ下さい。
(試聴予約承ります。)

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!

今、こんなDISC聴いてます。!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

|

6F 新作スタビライザー

どうもこんにちは。
 
今日はちょっとしたアクセサリーの紹介です。
Img_1307  
TechDASのスタビライザーが3つ並んでいますね。
左が通常の『DiscStavilizer ¥68,000(外税)
とても評判が良くて結構な数が売れました。
 
これは1度使ったら手放せなくなる道具です。
 
そして真ん中が新製品の『Disc Stabilizer SeriesⅡです。
黒っぽい艶あり仕上げになっています。
 
まずはベースの金属はアルミニウムだそうです。
リンク先に書いてあるので省きますが、いくつかの表面加工を経て
静けさを提供してくれました。重量は540g
 
そしてが登場したわけですが、こちらは価格が¥400,000(外税)
重量1200gと色々驚きでしたが載せた瞬間の驚きに勝るものはないです。
たかがスタビライザーでその価格は…と皆様躊躇されますが、
聴いたら買う事になる素晴らしい製品でもあります。
ただ、重量が重量なので使用できる製品に限りはあります。
 
さて、今回登場した。真ん中に写っている製品です。
こちらはのモデルが在庫限りで販売終了という事で
レベルアップも兼ねて価格は¥110,000(外税) 重量570gに
設定されています。
 
手で持つノブはと同じステンレス合金で本体素材が超々ジュラルミン。
とは30gの差ですか?というくらいそこそこ重く感じます。
 
展示中のAir Force One PremiumSATという強力なシステムで試しました。
最近はを当たり前のように使っていたので初心に帰るために
何も載せず聴きながらと載せてみました。
 
これはお勧めの製品が出てきました。
 
もうは良いでしょう。静かになります。¥68,000という価格設定は
高級ではありましたが、多くの方に認めていただき数も出ました。
良い製品なのです。
 
そしては明らかにの存在が感じられる製品でした。
静かになり、音が浮きだつように感じられます。重心が下がり安定感も
でて前後の空間を意識でいるようになると思います。
そして音色の変化がほとんど感じられないのは最近のStella流なのかも
しれないですね。
 
何かを足したり別の形態にするのではなく、本質だけを見極めたような。
不必要な部分を取り除く事によって本質が削られることもなく、
研ぎ澄まされた音はエネルギーに満ち溢れているようです。
 
ちなみにここでに変えるとそれはもう…言わずもがな圧倒的です。
見た目はちょっとしたアクセサリーですが侮れません。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2018年1月16日 (火)

6F 展示のお知らせ

どうもこんにちは。
寒さと何月並みの暖かさ~が交互に来てる感じですね。
 
さて、ステレオサウンド誌のグランプリを獲得した製品について
Boulder_1110  
Boulder1160』『1110』プリの方を再度展示して
パワーアンプとセットで今月末まで聴けます。
この上品さと駆動力は体験すれば虜になれると思います。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2018年1月15日 (月)

【1F最新情報】STAX 創立80周年記念限定モデル予約受付中!

1F 最新情報 STAX 2月下旬発売モデル発表!

(有)STAXから新製品情報が発表されました。!
しかも、80周年記念限定モデルの発表です。

Srl300l

STAX創業80周年記念モデル

SR-L300Limited

希望小売価格 税別 68,000円 限定800台

Srm353xbk

STAX創業80周年記念モデル 

SRM-353XBK

希望小売価格 税別 88,000円 限定300台

販売価格等お問合せ下さい。

80周年モデルLIMITEDモデルはGOLDネームプレート採用
STAXファンには嬉しい仕様だと思います。

http://www.stax.co.jp/index-J.html
↑ ↑
メーカーHPはこちらです。

これは大変楽しみです。

予約受付中です。
数台確保しておりますので5555店1Fまで
是非、お問合せ下さい。
(完売の際は予めご了承ください。)

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!

今、こんなDISC聴いてます。!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

|

ハイレゾ音源の紹介 VOL.88 ウィグモア・リサイタル

Uml4715 VOL.81 ウィグモア・リサイタル
 
アントニオ・メネセス 、マリア・ジョアン・ピリス

FLAC 96kHz/24bit

購入先はこちら

ピリスに関しましては、以前LSO LIVEでご紹介させていただきました。VOL15

それ以外のハイレゾも少なく、今回グラムフォンから出ている2014年配信開始たウィグモア・リサイタルをご紹介させていただきます。

何故ご紹介させていただいたかというと勘の良い方はお解りかと思われます。
ピリスは昨年引退を発表しました。日本公演も危ぶまれていたようですが、4月12日、17日サントリーホールでのコンサートは昨日先行予約が始まりました。
 
サントリーホール予定表はこちら

私も聞きに行く予定ではあります。

CDではショパン:夜想曲全集、モーツァルト:ピアノソナタは試聴でも良く使用しました。実際ピリスから始まり色々なピアニストの曲を聴くようになりました。
私の中ではきっかけをくれたのピアニストだけに残念ではあります。

さてどうしてもソナタのイメージが強いのですが、今回紹介させていただくアルバムはチェロのアントニオ・メネセスとの息のあった演奏も聞きどころです。3つの間奏曲ではピリスのソナタが楽しめるのも良いです。

ホールの響きは多めに感じますが、それがまた心地よさを運んできます。

是非ハイレゾでお楽しみいただきたいところです。H.A.L.3 島



|

« 2018年1月7日 - 2018年1月13日 | トップページ | 2018年1月21日 - 2018年1月27日 »