« 2017年10月15日 - 2017年10月21日 | トップページ | 2017年10月29日 - 2017年11月4日 »

2017年10月28日 (土)

1F 展示機新入荷情報

第41回マラソン試聴会が本日より開催です。台風の影響も懸念されますが、2日間会場スタッフ一同がんばりますので、お時間ございましたら是非お立ち寄りのほどお願い申し上げます。

会場案内・タイムテーブルは ⇒ http://www.dynamicaudio.jp/marathon/41/

一方店舗も新製品をご用意しております!

Img_2113KRIPTONの新製品スピーカー「KX-0.5(ポイントファイブ)」

http://www.kripton.jp/fs/kripton/speaker_systems/kx-05

密閉型は今まで通り、ウーファー素材が今回初めてクルトミューラーパルプコーンからカーボンポリプロピレンへと変更されております。

エンクロージャーはスモークユーカリ、とてもきれいな色調・木目です。

KRIPTONスピーカーの中でエントリーモデルとなりますが、鳴りっぷりは最もいいかもしれない!?よくできたスピーカーです。

12月31日までは同じくKRIPTONのインシュレーター「IS-5」が2セットプレゼントされるキャンペーンもございます。

店頭機はしばらくエージングが必要かと思いますが、ご試聴可能となっております。

そしてもう1つ。

Img_2116PIONEERの最新SACDプレーヤー「PD-70AE」

http://jp.pioneer-audiovisual.com/components/pureaudio/pd-70ae/

ネットワークオーディオが注目される中、満を持して登場のSACDプレーヤーフラッグシップモデル、PIONEERの本気を感じてください。

こちらも本日からの展示となりましてエージングが必要ですが、ぜひご試聴ください!

最後におまけ!

Img_2118B&W新700シリーズより、705S2が本日より常設展示となります。

これで当店の展示モデルは703S2 / 705S2 / 707S2の3モデルとなりました。ただし現在メーカー在庫がまだ希少でして、ご注文後の納期は1か月以上かかる場合もございますので、その点ご容赦願います。

以上よろしくお願い致します。


***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田まで
電話 / 03-3253-5555
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp
営業時間 / 10:00 ~ 19:00

|

2017年10月26日 (木)

今週末10/28、29は毎年恒例のマラソン試聴会を行います!

Real_soundcheck_3


今週末10/28、29は毎年恒例のマラソン試聴会を行います!
場所は今回も外苑前からすぐの青山梅窓院『祖師堂』です。

http://www.dynamicaudio.jp/marathon/41/

当フロアからは私が下記のプログラムで参加いたします。
 
http://www.dynamicaudio.jp/marathon/41/StageSP10.html

JBL「S4700」、TANNOY「ARDEN」、BRODMANN「VC7」を鳴らします。
その他の時間も超充実したプログラムで2日間目一杯お楽しみ頂ける内容となっております。皆様のご来場をお待ちしております!

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2017年10月25日 (水)

今週末はマラソン試聴会です!

どうもこんにちは。
 
28日(土)、29日(日)はマラソン試聴会です。
詳しくはこちら → 特設サイト
 
新製品も登場したりしますので、お楽しみにhappy01
 
それに伴い6Fは27日~30日午前中いっぱいは
試聴が出来ない状態になります。
※26日もEast Activeは試聴不可になります。
 
またマラソン試聴会当日は、1~3F、5Fはオープンですが
担当者外出の場合もあります。
 
お手数ですがご来店の前にお問合せいただければと思います。
 
ご来場おまちしております。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2017年10月24日 (火)

•SOUNDHOUSE 1F 特価情報 10/24

台風21号が過ぎたと思ったら22号が発生したとのこと、いい加減うんざりです。

さて本日は特価品情報です。

1つめはアクセサリー

Img_2111FURUTECH
e-TP66

定価 \37,800 ⇒ 税込売価 \23,760
備考:未使用展示品。箱から開梱、ビニールにて保護して展示。

メーカーページ: http://www.furutech.com/ja/2017/04/03/14655/

2つめはスピーカー

Img_2112KRIPTON
KX-1

定価 \270,000 ⇒ 税込売価 \162,000
備考:店頭デモ機。大きな傷はありませんが、キャビネットフロントのエッジに若干の擦れあり。


メーカーページ: http://www.kripton.jp/fs/kripton/kx-1

その他商品に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。

お問い合わせお待ちしております。

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田まで
電話 / 03-3253-5555
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp
営業時間 / 10:00 ~ 19:00

|

2017年10月23日 (月)

★H.A.L.3 News★-厳選中古情報-

★H.A.L.3 News★-厳選中古情報-

皆様こんにちは。
今日の秋葉原は昨日までの雨、台風の豪雨が過ぎ、暖かい日差しに恵まれています。

さて、面白い中古が入ってきましたので、ご紹介致します。

AVALON OPUS Ceramique 定価\2,300,000(別/ペア)
→厳選中古価格\1,100,000(別/ペア) \1,188,000(込/ペア)
Opus1_2 Opus2 Opus3
AVALON OPUSシリーズでセラミックユニットを搭載したスピーカーです。
OPUSシリ―ズはAVALONが十数年前に発売していた人気シリーズです。
その中で、唯一セラミックユニットを搭載したのが、このOPUS Ceramiqueです。
十数年前のスピーカーとは思えない情報量や表現力の高さは、当時の人気を裏付けるようです。
おおよそ5年程前、セラミックユニットブームみたいなものがあったように思います。
私が好きで皆様にご紹介してきたスピーカーで、LINDEMANNや、LUXMANが一時期輸入をしていたConsensus Audio、lumen white、TIDAL等があります。
AVALONもセラミックユニットを搭載したスピーカーを多く出していますが、やはりユニットとしてのコストや強度等を踏まえると、なかなか使用が難しいユニットではないでしょうか。
セラミックユニット独特のスピード感とキレの良さを持ちつつ、AVALONならではの色気。
AVALONはこうだよね!と思わせてくれる逸品です。

JEFF ROWLAND model8 SP 定価\2,000,000(別)
→厳選中古価格\400,000(別) \432,000(込)
Model82_2 Model81_2
上記AVALONを輸入している太陽インターナショナル(旧大場商事)の人気アンプメーカーと言えば、このJEFF ROWLANDです。
250W+250W(8Ω時)のハイパワーを持ち、大抵のスピーカーを駆動することが出来ます。
音色は現代のシリーズに比べると、少し粗さはあるものの、ごりっとした音楽らしさは現代のアンプには無い面白さです。
大きな筐体、物量を投入した内部設計等、当時の時代を象徴するようなアンプです。

以上の二点以外もの面白い中古が揃っていますが、今回特に注目してみた二機種です。
いずれも重量物になります。
配送・セッティングのご相談承ります。


Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2017年10月22日 (日)

★天ノ視点★-マラソン試聴会-

★天ノ視点★-マラソン試聴会-

皆様こんにちは。
ここ数日、冷たい秋雨が続き、上着が手放せなくなりました。
さて、今月最終週の28日・29日は弊社の秋の祭典「第41回マラソン試聴会」を予定しています。
入場は無料ですので、お時間がございましたら是非お立ち寄りください。

第41回マラソン試聴会-VS(バーサス・サウンド)-

※当日会場にてお受付をさせて頂きますが、ご希望の方はご招待状をお送りさせて頂きますので、下記までお問合せ下さい。
Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
・ご住所・ご連絡先・お名前

さて、今回のマラソン試聴会のメインテーマは「VS(バーサス・サウンド)です。
様々なテーマで比較、対決、実演をもとにオーディオの真の価値に迫っていきます。

今年も、私天野は、当フロア担当の島のアシスタントとして参加させて頂く他、「スピーカー10選」というステージにて、二機種のスピーカーをご紹介させて頂きます。
このステージでは、プレーヤー・アンプを固定して、注目のスピーカー、おすすめのスピーカーを10ペアご紹介致します。
まさに、今回のメインテーマである比較試聴に沿った内容ですので、是非、お楽しみ頂ければと思います。

さて、私天野がご紹介を致します二機種はこちら↓↓↓

B&W 800D3 PianoBlack \4,500,000(別/ペア)

SonusFaber Amati Tradition \3,600,000(別/ペア)

いずれも、4Fの定番メーカーで、多くのお客様がご興味を持たれている、まさに、現在スピーカーの代表格ではないでしょうか。

このブログでは、マラソン試聴会に先立ちまして、時間の都合上マラソン試聴会ではご紹介しないと思われる、この二機種の天野的注目点をご紹介したいと思います。

≪B&W 800D3 PianoBlack≫
800d3_4 800d32_2
800D3はB&Wのフラッグシップモデル・50周年モデルとして一年前に発表したモデルです。
天野的800D3の注目点はその強度です。B&Wの内部の設計はマトリックス構造と呼ばれ、筐体内部に発生した音と空気の流れを理想的なものにしています。
これは、かつて人気を博したマトリックスシリーズから受け継がれてきて、新シリーズが発表されるたびに進化を遂げてきました。
私個人的に、D3シリーズにて、最も音質に影響しているのはこのマトリックスではないかと内心思っている程です。
簡単に言えば、前期SDモデルよりも、使用される部品の数を減らし、一つ一つの強度を高め、結果的にこれまでのマトリックスよりも、スムーズな空気の流れを作ると共に、共振による音質の変化を極力なくすことで、SDモデルを超える再生能力・正確な再現性を得ることが出来たのではないでしょうか。
言うは簡単ですが、これは、50年間培ってきたB&Wのスピーカーに対する豊富な知識と大手スピーカーメーカーならではの技術力が成した結晶と言っても過言ではありません。
D3シリーズは形状やユニット類の変化・進化にどうしても目が行ってしまいがちですが、こういった内部の構造も音質に多大な影響を与えるものだと、改めて感じさせられるスピーカーです。

≪SonusFaber Amati Tradition≫
Amati Amati2
ソナス・ファベールの代表シリーズHomageの最新作です。
天野的着目点は足元。エラストマー・サスペンション構造のスパイクが採用され、サイレントスパイクとダンプシェルフが連結されている事です。
フローリング、畳、コンクリート等、お部屋によって床の素材は変わります。ご承知の通り、スピーカーは足元によって音が変わります。
ソナスはそれら、異なる環境においても、しっかりスピーカーのポテンシャルを生かせるように工夫してきました。分かり易い所では、Guarneriは歴代、足元に御影石や大理石を使用してきました。これは、スピーカー自体を安定させる目的ですが、これによって、畳でもフローリングでも、ある程度スピーカー自体のパフォーマンスは生かすことが出来ます。もちろんそれでもオーディオボード等を使用すると音色は変わりますので、完全なアイソレートではありませんが…。このサスペンション構造のスパイクを採用している事と、ダンピングシェルフが連結されることによって、ある程度、どのような環境下においても、Amati Traditionの良さを損なうことなく鳴らすことが出来ます。もちろん、インシュレーターやボードでの変化はありますので、ご使用中、もしくはご購入を検討されている方には使用をお勧め致します。


先にも、書きましたが、この二機種は現代を代表するスピーカーで、皆様の注目も高いと思います。
各雑誌でも評価が高く、私なぞがご紹介するまでもないやも知れませんが、皆様に楽しんで頂けるようデモンストレーションさせて頂きますので、是非ご来場ください。


また、現在、各担当者がマラソン試聴会の内容や選曲を進めています。
4F担当としては、デジタル・アナログ、両面からオーディオの楽しさ、新製品等をご紹介致します。
天野的注目は何と言っても、日本が誇るハイエンドレコードプレーヤーのTechDASが新しく発表した「Air Force5」です。
バキューム方式等を採用したTechDASのエントリーモデルです。
アナログ界を震撼させたAir Force ONEから幾数年が経ち、いよいよ、普及モデルが登場、皆様にご紹介が出来ます。

問題は、あのステージで、緊張のあまり、針を飛ばさないか…
思った以上に手が震えるんです!あれ!

という事で、皆様のご来場を心よりお待ち致しております。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 2017年10月15日 - 2017年10月21日 | トップページ | 2017年10月29日 - 2017年11月4日 »