« 2017年1月15日 - 2017年1月21日 | トップページ | 2017年1月29日 - 2017年2月4日 »

2017年1月28日 (土)

【1F最新情報】1F ツイッター リニューアルで始めました~。

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 
つぶやきます.............

寒い中、年始からずっと大勢のお客様にご来店いただきまして
ありがとうございます。皆様には感謝の念で一杯です。

 遠方のお客様にも可能な限り旬な情報をお届けしたい
と考えてはおりましたが なかなかスピードが追いついて
いませんでした。

そこで........

アンプやスピーカーは勿論、アクセサリーやヘッドフォンの
最新情報に対してツイッターを再度 
1Fでも活用することにしました。!

https://twitter.com/Dyna5555_1F

特に期間限定展示などで発揮できるかな?と思っております。

継続して つぶやいていきます。!

---------------------------------------------------

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!

今、こんなDISC聴いてます。!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
感動!の第40回マラソン試聴会  ありがとうございました。
http://www.dynamicaudio.jp/marathon/40/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2017年1月25日 (水)

中古品入荷のお知らせ・・・SONY 「SS-NA2ES」(売約済)

Special_3

Th_img_4166

Th_img_4167  

SONY
「SS-NA2ES」の中古品入荷しました!程度は良好です。付属品、サランネット、取説。中古6か月保証付です。

SONY 「SS-NA2ES
標準販売価格:¥380000(税別)
お買い上げありがとうございました!

***********************************************
上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

その他の特価品リストはこちらです。

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/sale.html

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

TODAY'S LUNCH!! VOL.145

週替わり限定メニューなので今週は今日くらいしか食べられない。今日もポトフを食べに行きました。須田町食堂 秋葉原UDX店です。これでサラダと食後のコーヒーが付いて税込み930円です!!美味しかった~今日も満足! ごちそうさまでした!! さあ、仕事だ~!!

2017012501 2017012502

|

2017年1月24日 (火)

TODAY'S LUNCH!! VOL.144

私の子供時代といえば、もう半世紀前のことです。当時の家庭料理のカレーと言えば(うちの場合だけでしょうが)鶏ガラでダシをとり、豚肉と野菜を煮込んでカレー粉を入れて少しの塩で味付けして片栗粉でとろみをつけた黄色いカレーでした。ですから甘さなどはなかったものです。カレールーとして固形の調味料が市販される前はSB食品の缶入りカレー粉が当たり前で、風味付けだけでカレー粉には味はついていなかったものでした。そんな昔のおふくろの味という感じのカレーが好きな私は、今時のレストランで出されるカレーの味付けというのは甘くていけません。子供や女性が好みで家族みんなに受ける味付けなのでしょうが、外食で本当に美味いと私が思うカレー屋さんは本当に少ないもので唯一の例外がこのお店でした。

しかし、昨年から看板がなくなり閉店してしまったのかと残念に思っていましたが、入居していたビルの老朽化で移転していたということが最近分かりました。ネットで調べてみたら、なんと今度のお店の方が当店に近い場所にあることが分かりました。店名も変わってアロマズ オブ インディア  ということが分かり、早速今日は混みあう前にと出かけてみました。ここのシェフ アミットさんの作るカレーは甘くないのです!
その懐かしいカレーが食べたいと徒歩で数分のお店にたどり着くと、店長ホール担当のけいこさんが出迎えてくれました。と言っても数回しか行っていないので私のことなど覚えているはずはないのですが。ランチメニューを見て以前にも頼んでいたDランチ、タンドリーで調理した肉料理付きを注文して待つことしばし。あ~、いい香りがしてきました。
20170124
久しぶりに見る本場のナンの大きいこと!二種類のカレーの名前は忘れてしまいましたが、左側は豆と玉子のカレーで、まろやかな味でゆで卵がごろっと入っています。右側がチキンカレーなのですが、このスパイスのきき方が絶妙で程よいしょっぱさの私好みの味付け。
気が付くと女性客が多いのですね~、皆さん上品に召し上がっていますが私は早々にライスを食べてしまい、大ぶりのナンをがっつりつまんで二種類のカレーでゆっくりと味わってしまいました。すると頭皮から額からジワ~と汗が噴き出してくるではありませんか。舌で味わう香辛料のうま味も勿論ですが、体内から湧き上がってくる熱で体温も上がりました。
お会計の時にけいこさんが「前にもいらっしゃいましたっけ?」と言われ、こんな私に気が付いてくれたのでしょうか。「久しぶりに味わって美味かったね~、前の店よりこっちの方が近いので助かるよ」と、言うと満面の笑みでディナーのサービス券など頂いてしまいました。このお店は間違いなく推薦出来ます。当店にお越しの前に腹ごしらえということになりましたら是非ご利用下さい。美味しいカレーでひと汗かいて良い腹心地で良い音を聴いて頂くと幸せ気分になれますので!

|

2017年1月23日 (月)

TODAY'S LUNCH!! VOL.143

日々のランチをどうしようかと悩むことが多い私ですが、今日は出社前からこれにしようと決めていました。二年ぶりのポトフです。TODAY'S LUNCH!! VOL.140 で紹介しており、前回も昨年末にクリスマスプレートということで紹介した須田町食堂 秋葉原UDX店の週替わりメニューで、今週はポトフだというので楽しみにしていました。早く行かないと売り切れてしまうので、寒風吹きすさぶ秋葉原の街中を歩きUDXビルを目指しました。最近、女性店長になられたSさんが笑顔で出迎えてくれ、何も言わなくても「ポトフですね!」と注文完了。そうです、このSさんには以前から「あの時のポトフが美味しくて、家内に言って作ってもらい、以来我が家のメニューに加わったんですよ~」と、ポトフ復活を期待していると話していたものでした。それが店頭の黒板に週替わりで書き出された時には喜んでしまいました。そのような経緯で、いつもの窓際に席に着くと先ずサラダが出てきました。

2017012301
普通のランチはスープなのですが、ポトフということで結構なボリュームのあるサラダを先ず頂きました。シーザーサラダのドレッシングかと思いますが、食べごたえありましたね~。
午前中なのに妙に食欲がありむしゃむしゃと食べ終わったころに念願のポトフ登場です!!
2017012302   いソーセージという充実感。お約束の玉ねぎ半分がごろっとしてキャベツも芯がついたままゴロリ。ニンジンとジャガイモ、ブロッコリーもコンソメスープに浸されても存在感しっかりです。そうそう、お皿の右端にあるマヨネーズみたいなもの(前回はそう思っていました)は何ですかとスタッフに尋ねると、キッチンに聞いてきますということで正体が分かりました。サワークリームだそうです。これを具材につけてスープにも溶かして頂くと、さわやかな酸味が加わってコンソメスープの新たな一面が味わえるというもの。これは自宅ではリクエストしにくいかな~、こんど家内に話してみましょうか。マーガリンを先に塗っておいたパンをかじって三種類のお肉といっしょに味わうと実に美味い!!生野菜は量を食べられませんが、ポトフでは軽く美味しく野菜が食べられるのはいいですね~。それから胃にもたれないので食後も気持ちいい満腹感です。食後には香りのいいアイスコーヒーを頂いて、新しくした携帯で二年前のブログに掲載したポトフの写真を画面に出してSさんに見せたら懐かしいですと喜んで頂きました。さあ、今週はもう一度か二度、このポトフを食べに行こうと思います。しかし、限定ものなので午後には売り切れなので皆様には申し訳ないな~と思いますが、他店では食べられないお薦めのランチです。そうそう、私の仕事でも日替わり、週替わりというか限定ものシステムを日々演奏しています。近年にない最高音質と自負している下記のオーディオシステムも話のタネにご覧になって下さい。こちらは私の推薦レシピです!!
どうですか、このボリューム!!厚切りベーコンに鶏肉、プリッと皮がはちきれた太

|

2017年1月22日 (日)

「富嶽百景 FUJIYAMA」がガラスCDで登場!

『鬼太鼓座 / 富嶽百景 FUJIYAMA』がガラスCDで登場!
 
      故長岡鉄男氏激賞の超名盤、
  鬼太鼓座の「富嶽百景」がガラスCDで登場!
 究極の録音芸術がさらに深化、比類のない音像。
最高級フォーマットによる完全限定・予約受注生産!
 
『富嶽百景 FUJIYAMA』※ 3月20日発売予定(受注生産商品) ※
Gcac_1001_3 Gcac1001_2
   ジャケット          外装箱
http://www.kinginternational.co.jp/classics/gcac-1001/
■鬼太鼓座 / 松田惺山(⑧尺八)
 録音:1997年4月
 GCAC 1001 / 販売価格¥100,000+税
 
[収録曲]
①鬼太鼓囃子
②弓ヶ浜
③富嶽百景
④花や今宵の
⑤三国
⑥鼕々 -坎としてそれ鼓を撃つ-
⑦阿吽三味線
⑧明暗
⑨モノクロームⅡ
 
■ガラスCD(クリスタルCD)はその名の通り基板にガラスを用いたもので、従来のCDに比べ複屈折や経年劣化が無く、よりクリアな音で永く聴き続けることが出来る究極のフォーマット。
通常のCDプレーヤーで再生可能ですが、その音質向上度はまさに驚くべきものです。
空気そのものを再生するような美しさがあり、かつどこまでも大迫力な音を聞かせます。
 
 
まずは一聴、お試しあれ。
 
キングインターナショナルHP
 
 
 
     ◆◇◆ こちらも宜しく! ◆◇◆
       (こんな感じで営業中)
 
 
※  ご注文(お取り寄せ)販売で承っております  ※
※※ ソフトのご注文は下記まで、お気軽にどうぞ ※※
 
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
     1階はソフト&ハードのコラボ空間!
       是非、遊びに来て下さい!
      サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
       担当:矢部(木曜日定休)
     【info_spd@dynamicaudio.co.jp
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

MARANTZ「PM-10」の試聴会を行いました!

Th_img_4157_2

本日はマランツから発表されたフラッグシッププリメインアンプ「PM-10」の新製品
試聴会を行いました。沢山のご来場、誠ありがとうございました!解説はサウンドマネージャーの尾形好宣氏にお越し頂きました。録音に入っている音をそのまま出す、ヴェールを1枚2枚と剝いだ音を目指したとのことです。

Th_img_4151

SACDプレーヤー「SA-10」と前作「SA-11S3」、B&W「804d3」のシステムをご用意しました。


Th_img_4154_2 左が前作「PM-11S3」、右が「PM-10」です。外観は非常に似ていますね。
比較試聴は、打ち込み(Dido)、オーケストラ(展覧会の絵)、ドラムス(deadmau5)の3曲で聴き比べをしました。一聴してS/N感、空間表現、音の抜けが違いますね。バスドラムの解像度、押し出しが良いです。802クラスも十分鳴らせると思います。


Th_img_4150_3 大型のトロイダルトランス、パワーアンプとしてもいけそうな大きさですが、贅沢にもプリ部用です。「PM-11S3」までと大きく異なるのはプリとパワーの電源を完全に独立させたことだそうです。









Th_img_4147_2
こちらがパワー部のスイッチングパワーサプライ。オランダHypex社製です。左右独立で1基ずつ使用しています。















Th_img_4148_2 同じくHypex社スイッチングアンプモジュール。こちらを片chあたり2基、合計4基使用するBTL構成により400W/4Ωの大出力を実現しています。これは「PM-11S3 」の倍。スイッチングアンプモジュールを使ったのは「SC-7S2」「MA-9S2」セパレートアンプの独立電源構成を1筐体に収めるためとのこと。


Th_img_4146
左がアンバランス基盤。上部が反転回路になっていて右のバランス回路に送ります。「PM-10」はフルバランス構成になっています。















Th_img_4143_2 リアパネルに固定されたフォノイコライザー部分。従来のNFB型、CR型の課題を克服した「コンスタン・カレント・フィードバック・フォノイコライザー」を搭載しています。銅メッキの鋼板でシールドが厳重に施されています。
本日はアナログの再生はしませんでしたが、非常に音質にこだわった設計になっています。


価格は「SA-10」と同じ¥600,000(税別)。前作から価格は上がりましたが、フルバランス構成で内部もプリ、パワーと電源部から完全に分かれるという常に濃い製品に仕上がっています。発売は2月下旬とのこと。入荷しましたらすぐにこちらのブログにてお知らせします。是非ご期待下さいませ!


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

« 2017年1月15日 - 2017年1月21日 | トップページ | 2017年1月29日 - 2017年2月4日 »