« 2017年8月20日 - 2017年8月26日 | トップページ | 2017年9月3日 - 2017年9月9日 »

2017年9月 2日 (土)

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.80 LINN「LP12 SYSTEM」

Real_soundcheck_3

京都府T様


Img_55850209170251     

昨日は京都に出張でした。青空がとても綺麗でした!

Img_55700209170251

古都の町家が軒を連ねる路地を歩き歩きT様のマンションに到着しました。素敵・・・北欧インテリアと緑溢れるバルコニーからの光がやさしく調和して何とも気持ちの良いリビングでした。オーディオシステムは、Acustik-Labの「Stella Opus」
、ESOTERIC「X-50W」、Mark Levinson「NO.383L」。上品なサウンドクリエイト製のラックに収まっています。

Img_55600209170251

アナログプレーヤーは、LINN「MAJIK LP12」をベースにアームを「AKITO」に交換したシステムです。フォノイコライザーはSOUL NOTE「E-1」の限定版ブラックモデルを合わせて納品させて頂きました。
仕上げはオークになります。スピーカーと仕上げが合いますね。

音は
もちろん素晴らしかったです。音楽が鳴っている、身体にスッと入ってくる感じのとても魅力ある音がします。ずっと聴いていられますし、実際長々と居座ってしまいました。

Img_55770209170251

せっかく京都に来たのだからと柳月堂というクラシック喫茶をご紹介頂きました。チェンバロ、ピアノが置いてある小ホールに
オールホーンのスピーカーが置いてあります。音量は控えめでしたが、品のある再生音に驚きました。音楽チャージを取るのも納得の本格的な再生でした。

Img_e7ad6922abf91

お昼にご馳走になったいづうのお寿司は酢と塩の加減が絶品でしたし、お土産に頂いた生菓子の程よい甘さとそれが口の中でスッと溶けていく感じがたまりません。音楽と食文化・・・質の高い京のライフスタイルを垣間見れて充実した1日でした。

T様、奥様、お嬢様、本当にありがとうございました!

ご馳走様でした!

その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

★H.A.L.3 News★-期間限定G4新旧比較-

★H.A.L.3 News★-期間限定G4新旧比較-

皆様こんにちは。
今日は雨の秋葉原で、半袖だと少し肌寒く感じる一日になりました。

さて、数か月前にVividAudioのGIYAシリーズが「S2」として新しくなり発表されました。

4Fはこれまで、G2、G3、G4と展示してきました。
現在は4FではG4の旧モデルを展示しており、お客様から新モデルとの違いについてお問合せを頂いておりましたが、私達もなかなか比較試聴が出来ずにおりました。
今回、輸入元のご協力によって、現在、当フロアに展示している旧モデルと新モデルの比較試聴が実現致しました。

「GIYA G4 S2モデル」
-輸入元ステラwebより引用-
スピーカーを小型化するための要は、低音用ドライバーユニットの完成度です。設計者 Laurence Dickie は、新たな小型スピーカーのために、ローミッド用ドライバー C100S とベースドライバー C125L を新たに開発いたしました。
ローミッドドライバー C100S は、G1 から G3 までの GIYA シリーズに使用している C125S ローミッドドライバーと同じ磁気回路を使用し、口径を小型エンクロージャーに最適化した専用ドライバーです。強力なネオジウムマグネットによるロングギャップ・ショートボイスコイル方式により、優れたディストーション特性を得ています。

Newg4 Oldg4

今回のS2モデルでは、新しく開発されたユニットが採用されています。
技術的な事もありますが、外観上も大きく変化して、フロント部分に網状のデュフューザーが採用されています。
音場の拡散効果を狙った仕様だと思われます。実際、音色は旧モデルよりも自然でスムーズな広がりを感じるようになりました。


おおよそ一週間程の展示を予定しています。
比較試聴ご希望の方は、下記までご連絡を下さい。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.75 J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV 1001-1006

Uml00028948275380 VOL.66 J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV 1001-1006
 
ヘンリク・シェリング
 
DSF 2.8MHz/1bit
 
購入先はこちら

シェリングの代表アルバムの一つであるこのアルバムは今年1月にSACD(SHM)と同時にDSD音源として販売されました。またアナログのオリジナル盤は非常に価値も高く、高額で取引されており、名演奏の一枚として有名なアルバムです。
もちろんこの時代ですので、アナログになりますが、うまくDSD化されており、響きが非常に麗しく味のある演奏を聞かせてくれます。FRANCO SELBRIN ACCORODOで聞くこの演奏は心まで癒してくれます。H.A.L.3 島

|

2017年8月27日 (日)

★H.A.L.3 NEWS★-FUNDAMENTAL 試聴会の御礼

Img_5118

8月26日に開催いたしましたFundamentalの試聴会ですが、盛況の上終了することが出来ました。ご参加いただいたお客様にはこの場をお借りして御礼を申し上げます。

またFundamental代表の鈴木 哲氏にも御礼を申し上げたいと思います。

今回H.A.L.3のイベントとしては久しぶりのワンブランドでの試聴会でしたが、最終的には満席となりました。あまり表舞台に出てこないということもあるのかと思いますが、興味のあるお客様が多かったということ、そして鈴木哲氏の魅力なのだと思います。

さてこのイベントに関してですが、鈴木氏とは具体的な打ち合わせを行わず、その場の雰囲気で進行しようということで進めました。

まずはライヴ!/ラリー・カールトン・ウィズ・ロベン・フォード LiveのCDからスタートいたしました。

鈴木氏は設計者であり、ミュージシャンでもあり、そしてエンジニアとしての見方も出来る方で3つの顔を持っていると言っても過言ではありません。
このアルバムでは、ギタリストの立場からのコメント、そして音楽の聴き方。Fundamentalの音の魅力を語っていただきました。

Fundamentalという名前は基となるという意味がございます。
この4F H.AL.3の試聴室は別名fundamental areaと呼んでいます。

フロア案内はこちら

こちらは余談として話をさせていただきました。

それから1曲試聴いただき、鈴木氏のこの業界における歩みをお話しいただきました。

その後録音というエンジニア目線で同じ演奏家、同じ指揮者のレーベル違いのディスクを2枚ご紹介いただきました。ニュアンスの違いがしっかり再生され非常に面白い比較となりました。

どうしても鈴木氏はオーディオよりも音楽に話が行ってしまいますので、休憩をはさんで冒頭はハード面での話をしていただきました。お客様が長く使っていただくにあたり何が重要であるかということ。そして1台1台手作りにこだわっている理由、そしてハンダ、ネジひとつにとってもこだわっているということ。そこから生み出されるものについて熱く語っていただきました。私も非常にその熱意を感じることが出来ました。

Img_5005


それから鈴木氏のもう一つの顔でもあるミュージシャン。鈴木氏はNicogiというギターデュオを組んでおり、そちらの2枚目のアルバムの「ヨアケマエ」から♪departureをご試聴いただきました。その後は皆様にあまりお聞かせすることの無い音源もご紹介いただきました。ミュージシャンがどういった気持ちで音、そして音楽に取り組んでいるかが非常に参考になったのではないかと思います。

最後は山下達郎さんのRay Of Hopeのアナログ盤の中から「ずっと一緒さ」を再生しました。今回のNicogiのエンジニア中村辰也氏は山下達郎さんのエンジニアでもあります。
そういったこともあり最後はこのアルバムで締めさせていただきました。

鈴木氏が最後に
「フォーマットは何でも良い!!ディスクでも、アナログでも、ハイレゾでも。
雰囲気が伝わることが大事」

そういった鈴木氏だからこそFundamentalがあり、多くのファンがいるということを改めて感じることが出来ました。

個人的に私もギターは好きですので、鈴木氏との話は尽きることがありません。

是非また鈴木氏を呼んでイベントを開催したいと思っております。

その時は皆様是非ご参加ください。

また製品に関するお問い合わせお待ち申し上げます。

セットリスト

PRE AMPLIFIER  Fundamental LA10 ¥1,000,000

POWER AMPLIFIER Fundamental MA10¥800,000(当日は2台使用)
SPEAKER SYSTEM B&W 800D3 ¥4,500,000

CD/SACD PLAYER TAD-D1000MK2 ¥1,600,000

Fundamental ホームページはこちら

Nicogiホームページはこちら

H.AL.3 島 

|

« 2017年8月20日 - 2017年8月26日 | トップページ | 2017年9月3日 - 2017年9月9日 »