« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ

2017年6月23日 (金)

★H.A.L3 NEWS★ LINN サラウンドシステム

LINN AKURATE DSM を使用したマルチチャンネル再生
 
Img_4487_2
Img_4488_2 Img_4489_2
 
次々と新しい世界を切り開くLINNですが、今回AKURATE DSMを使用したマルチチャンネル再生(サラウンド)のご提案をさせていただきます。
 
<システム>

●ユニバーサルプレーヤー OPPO BDP-105DJP
   ↓ HDMI

●ネットワークプレーヤー&プリアンプ

 LINN AKURATE DSM  ¥900,000
 
    ↓

●メインスピーカー LINN Series 530 (Linn Collection)  ¥1,850,000
 
●リアスピーカー  LINN Series520 (Timorous Beasties)  ¥1,350,000
 
LINN
 Series5はアンプが本体に内蔵されております。
AKURATE DSMからLAN CABLEでメインスピーカー及びリアスピーカーに接続をいたします。

Konfig3_3
 
Konfig2_2
 
Konfig1

設定に関しては、LINN設定送ソフトkonfigで行います。もちろんリアの音量調整も可能ですし、Space Optimisation(スペース・オプティマイゼーション)も同時に設定可能です。

Space Optimisation
 
またフロントだけ他社のスピーカーをご使用になりたい場合はリアだけLINN Series5シリーズの導入ということも推奨しております。

ステレオ再生では味わえない魅力と、DSMシリーズだからこそ楽しめるサウンドと機能をお楽しみください。
 
こちらの展示は23日~72日までのデモンストレーションを予定しております。

H.A.L.3 島

|

2017年6月22日 (木)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.68 A Tribute To Art Blakey And The Jazz Messengers

Uml00602557443974 VOL.61 A Tribute To Art Blakey And The Jazz Messengers
      TONY ALLEN(トニー・アレン)

FLAC 96kHz/24bit
 
購入先はこちら

ナイジェリア出身のベテランドラマーのトニー・アレンがアートブレーキ―をトリビューとした4曲入りのアルバムとなります。レーベルはBLUE NOTE RECORDSとなります。

何と12本のマイクを使用したライブ一発どりとなっております。
エンジニアの腕、そして、ミュージシャンの一体感を感じられる音源になっております。
ハイレゾの特徴でもある素直さを持ちながら、中低域の厚みが非常に良く、グルーブ感を感じることが出来ます。
1曲目からアートブ・レーキ―の代表作♪Moanin
4曲という曲数ですが、十分にトニーアレンの良さが楽しめるアルバムです。H.A.L.3島

|

2017年6月21日 (水)

6F 展示品紹介

どうもこんにちは。凄まじい雨でしたが静かになってきました。
風は強いので皆様お気を付けください。
 
さて、再展示の製品2点!
Stromtank
大型のバッテリー電源。
既に2台導入の家庭も?!
 
店頭での試聴でも圧倒的な支持をいただいております。
確かな効果を得られるので電源回りの悩みも解消できそうです。
 
小型モデルの情報が出てきてますね。
本体の小型化と容量を小さくするようですが同じ制御システム、
クオリティなので半額は難しいかもしれませんね。
 
Techdas
SATのアーム付きで再登場。
「まさかここまでとは…」とよく言われます。
 
既に上位モデルの開発が終盤にさしかかろうという状況でしょうか。
さらに上がくるという状態ではありますが、「現状では最高」
なんて飾り言葉は必要ないレベルの音を出してきます。
 
別売のタングステン スタビライザーに瞬殺されたユーザーも
多くなってきました。音的な意味でです。
こちらは生産が極めて僅かなので、在庫がない時もあります。
Air Forceシリーズならどのモデルでも使用可能です。
※スタビライザーは後日から試聴できます。
 
試聴申し込み、お問合せをお待ちしております。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2017年6月20日 (火)

★天ノ視点★-Guarneri Tradition-

★天ノ視点★-Guarneri Tradution-

皆様こんにちは。

ダイナミックオーディオと御茶ノ水の間にあるバーが新店をオープンさせたという事で、先日、お邪魔してきました。その時に頂いたお酒が、青森の弘前工場のみ販売をしているアップルブランデー「HIROSAKI」です。
Fullsizerender
アップルブランデーは、フランスのノルマンディ地方で作られるカルヴァドスが有名ですが、日本のメーカーでも作られており、カルヴァドスに比べるととても丁寧に作られている印象です。華やかさや香りの広がりは控えめですが、スーと喉を通っていく飲みやすさは格別でした。


さて、数日前から待望の新製品Sonus faber Guarneri Traditionが入荷し、連日鳴らし込みを進めています。
展示開始から数日しか経っておりませんが、その実力は想像以上です。

ダイナミックオーディオでは、新生HOMAGEシリーズを全機種展示して皆様にご紹介をしていこうと思っておりますが、先だって4FではGuarneri Traditionの展示が始まったこともあり、合わせるシステムをご紹介していきたいと思います。

「Homage Tradition series System Coodinate」

P1030343 P1030344
P1030345 P1030346_2

Guarneri Tradition + LUMAN C-900U & M-900U

Speaker:Sonus faber Guarneri Tradition
PowerAmp:LUXMAN M-900U
PreAmp:LUXMAN C-900U
SACDPlayer:LUXMAN D-08U

Sonus faberのスピーカーと相性の良い国産メーカーと言えばLUXMANです。
充分な情報量・出力容量を持ちつつ、受け継がれてきたラックストーンは少し角がとれた聴きやすい音色で、Sonus faberの流れるような独特の音色を助長してくれます。

さて、今回の新製品Guarneri Traditionの特長はどのようなものでしょうか。
初代Guarneri Homageが誕生したのが約25年前、その後Guarneri mementoが誕生。現チーフデザイナーのパオロ氏によって「進化」の名が付けられたGuarneri Evolutionが登場します。
Sonus faberを象徴するHomageシリーズはGuarneriから始まりました。
各Guarneriにはそれぞれ特徴がありますが、今回のTraditionはそれら過去のGuarneriに使われてきた技術を踏襲しているように思います。
まず基本概念である、2ウェイ2ユニットの構成は初代Guarneriから変わらず受け継がれ、Guarneri mementoにて採用されたリング・ラジエーターツイーターはアローポイントDAD(Damped Apex Dome)に姿を変え採用。Guarneri Evolutionからは、上下のダンプシェルを備えた「EXOSPUELETON」が採用されています。
そして、Tradition(伝統)の名の通り、Sonus faberが培ってきた木工技術や革の加工技術が惜しみなく投入されたスピーカーです。

■Tradition Sound■
では、肝心の音はどうでしょう。
Guarneri TraditionはHomageシリーズの中で唯一のブックシェルフ型スピーカーです。2ウェイ2ユニットが採用され、まとまりが良く、雑味の無い自然な音色が一聴して分かります。
また、Sonus faber特有の流れるような質感・色気をしっかりと持っており、ソナスファン納得の「ソナスらしさ」があるのではないでしょうか。

■ユニット■
Sonusfaber独自開発のムービング・コイル・ドライバーに、リングラジエーターの特性を融合したアローポイントDADを採用しています。ウーハーユニットも自社開発の150mmコーンユニットを採用しています。注目は何といってもアローポイントDAD(Damped Apex Dome)です。先にも書きましたが、かつてSonus faberのスピーカーに採用されていたリング・ラジエーターツイーターは張り詰めるような独特の音色を持っていて、「ソナスの音」をしっかり作っていました。その技術が応用されることによって、Traditionのニュアンスがこれまでのスピーカーに近いものになったように感じます。

■Color■
Sonus faberと言えば、伝統的に使われてきたバイオリンを思わせるRED仕上げが印象的ですが、今回のTraditionには、新たにWENGE(ウェンジ)仕上げが追加されました。
濃い茶系のカラーで、深みがあり、これまでのHomageシリーズには無かった落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

■Stand■
Guarneriのスタンドと言えば、御影石や代理石を用いた足元からサランネット同様にゴムを張り詰めたネットの裏に強固な柱がありました。これを本体とネジで固定し、ブックシェルフ型にしてトールボーイ型と同じような仕様でした。今回のGuarneri Homageは支柱にカーボンを使用し、軽さと剛性の高さを上げ、足元には石ではなく、Sonus faberの新技術ZERO VIBRATION TRASMISSIONが採用されています。もともと、足元に重量・質量のある石素材を用いることによって、床の素材が畳やフローリング等の異なる素材であっても、変わらないパフォーマンスを発揮する目的がありました。ZERO VIBRATION TRASMISSIONはゴム製のクッション材を使用することによって、床とスタンドの干渉を減らす目的があります。これはHomageシリーズよりも前のスピーカーから採用されていて、高い効果を発揮しています。


≪Sonus+LUX≫
先にも少し書きましたが、Sonu faberのスピーカーと合わせるアンプとして国産LUXMANは多くお方に愛用されている組み合わせです。
プリメインアンプ、セパレートアンプ、多くの製品があり、ご予算によって様々なご紹介が出来ます。
今回は、LUXMANのフラッグシップラインである900UとD-08Uを組み合わせてみました。
2ウェイ2ユニット公称インピーダンス4ΩのGuarneri Traditionに対し、300W+300Wという贅沢なパワーですが、これまでのハイパワーで鳴らすことによって、深み、余裕感が生まれ、トールボーイ型に負けない量感を得ることが出来ます。
そして、音色のキャラクターを作っているコントロールアンプC-900UはLUXMANのフラッグシッププリアンプという事もあり、長く引き継がれているLUXトーンを持ちつつも、情報量、繊細さ、正確さは世界中のアンプの中でも指折りではないでしょうか。
LUXMANの音色は、スピード感やパワーの押し出しではなく、角の取れた聴きやすい音色が特徴的です。その為、クラシックが得意とされているSonusfaberとは昔から相性が良く、トランジスタアンプ、真空管アンプ共におススメできるメーカーです。


≪こんな音楽を聴いてみたい≫
Mutter
ソロ演奏よりも協奏曲が良いように感じます。Guarneri Traditionは2ウェイ2ユニットスピーカーですが、量感もしっかりあり、まとまりが良いので、交響曲や協奏曲を聴いてもとても楽しめます。
5月中旬に配信が始まったダイアナ・クラールの新譜です。美しいだけではなく、良い感じに枯れたハードボイルドが妙な色気を感じさせてくれます。
Guarneri Traditionの15cmユニットの反応の良さをお楽しみ下さい。


Guarneri Traditionは、今後4Fに常設となりますが、しばらくは各フロアにて、色々なシステムで、演奏される予定です。
ご試聴希望の場合は、事前にお問合せ下さい。


Dynamicaudio 5555 天野
amano@dyanamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2017年6月19日 (月)

BRODMANN「F1」「VC1」展示しました!

Real_soundcheck_3

スポットですが、BRODMANN「F1」「VC1」を展示しました!

Th_img_5198

サイズはほぼ同じです。


Th_img_5194


どちらも美しい響きを持つ素敵なスピーカーです。プライマーの「CD32」「I32」のシンプルなシステムでお楽しみ下さい。


BRODMANN「F1」
¥770,000/ペア(税別)
BRODMANN「VC1」
特注仕上げ(受注発注) ¥1,460,000/ペア(税別)

販売価格お問い合わせ下さい!

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

その他の展示リストはこちらから。
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/list.html

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2017年6月18日 (日)

Sonus faber Guarneri Tradision 推奨システムVOL.1

こちらのコーナーはSonus faber Traditionシリーズ発売に伴い、様々なシステムで試聴を行いレポートをしてまいります。
 
Img_4473
 
Sonus faber Guarneri Tradition ¥2,000,000
 
Img_4469 Img_4471
 
Img_4470 Img_4472
 
MUSIC SERVER FIDATA HFAS1-S10 ¥370,000
 
D/A CONVERTER CHORD DAVE   ¥1,500,000
 
PRE AMPLIFIER OCTAVE HP700  ¥1,700,000
 
POWER AMPLIFIER OCTAVE RE290 ¥1,200,000
 
Guarneri Memento発売時にセット販売として非常に人気があったのがGOLDMUNDになります。
お客様訪問ページでも多く紹介させていただいております。

お客様訪問ページはこちら
 
その後人気が徐々に上がってきたのが、ドイツのOCTAVEとなります。
Memento後期には多くのお客様にご購入いただいております。
今回Guarneri TraditionもH.A.L.3人気のOCTAVEのセットでまずはご提案させていただきます。
 
 
Biscd1131 B_ptc51860954_2 0007009752200
B_aucl167 Uml00602557033960
 
♪Bach, J.S.: Cantatas, Vol. 16 - Bwv 119, 194

購入先はこちら
 
まだまだ本領発揮とまでいかないものの、中低域が朗々と響き余裕のあるサウンドは今までのGuarneriシリーズとは別格に感じます。試聴室で試聴を行いましたが、音の広がり、音の艶やかさ、立体感など正直驚きを隠しきれません。
OCTAVE自身は昔ながらの真空管サウンドではなく、純度の高いサウンドですが、CHORDのDAVEの暖かみのあるサウンドと組み合わせって気持ち良い空間を作ってくれます。
中域の若干の癖を感じるところは、おそらくスピーカーの特徴なのではないかと思います。
今回セパレートアンプですので、しっかりドライブしてくれていることもあり、スピーカーの存在をしっかり消すことができます。指向性もやや広めとなっております。
 
 
♪Tchaikovsky: Violin Concerto / Souvenir D'Un Lieu Cher / Serenade Melancolique
/ Valse - Scherzo
 
 購入先はこちら
 
こちらの曲は試聴会でも良く使用する曲ですが、やはりサイズを感じさせない鳴りっぷりです。ヴァイオリンの音色に関しては、以前のような個性というよりも当たり前に鳴らしながらも艶やかさを感じます。これがOCTAVEとの組み合わせの相乗効果ではないかと思います。スピーカーの角度に関しては、多少ふり角度が強くても響きがありますので、ステージが狭くなりすぎることはないように感じます。
 
♪MISIA星空のライヴSONG BOOK HISTORY OF HOSHIZORA LIVE/MISIA
 
 購入先はこちら
 
ブックシェルフですので、量感は少なく感じますが、逆に余計な低域がまとわりつきませんので、非常にVOCALが浮かび上がります。
音像もツィーターの位置よりも上の方に定位しております。今回スピーカー自身に角度がついておりませんので、高さ表現が気になっておりましたが、十分高さ表現が出来ており私が好きなVOCALの高さとなっております。音像ですが、全体的に前に来ているように感じます。角度をつけることでVOCALの焦点を合わせますが、角度はある程度つけた方が良い印象です。
ハイファイ的なサウンドではございませんので、長時間聴いていたいと思わせる音色です。このVOCALの透明感と暖かみはOCTAVE、CHORDの組み合わせならではのサウンドだと思います。
 
♪evergreen /秦 基博
 
 購入先はこちら
 
弾き語りによるアルバムですが、ギターとVOCALが非常にうまく絡んで、音楽というものが心地よく届いてきます。ただやはり気になるところがVOCALの前後の位置になります。ここでもやはりエネルギーが強いせいか全体的に前に感じます。プロのモニタースピーカーの要素もどこかに持ちつつ、音楽的な表現でうまくまとまっております。
 
♪Greatest Hits /QUEEN
 
 購入先はこちら
 
反応の良さと、低域の量感と切れ。比較的大きめに音量をいれても破たんすることも無く、しっかりとした低域を出してくれます。何度も思いますが、このサイズで本当に驚きです。試聴室ではスピーカーの間隔は、2.6mとなりますが、中抜けすることもなく、しっかりとサウンドステージを作ってくれます。
今回他にも色々な音楽で試聴しましたが、まずは音色よりもその絶対クオリティに驚きを得ます。小型でありながらのこの量感。本日時点ではまだ50時間も満たないエージングですが、ユニットのつながりを除けばここまで最初から出てくれれば文句はないでしょう。
やはりアンプがしっかりドライブしているということ、そしてCHORD、OCTAVEが持つ個性とこのGuarneriの個性がうまく交じり合い素敵な音楽を奏でてくれます。
このトリオは恐るべき音楽性とクオリティを生み出してくれます。
是非一度このシステムでご試聴いただきたいと思います。
 
H.A.L.3 島 健悟

|

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.77 LINN「AKURATE LP12SYSTEM」

Real_soundcheck_3

長野県S様

Th_img_5189  

DD66000 EVEREST」を導入して頂いた際にいつかはアナログのグレードアップをとおっしゃっていたのですが、今回LINNのLP12を導入して頂きました。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2015/09/real-sound-chec.html

「AKITO」や「LINGO」電源、「KRYSTAL」を搭載した「AKURATE LP12」になります。
S様のシステムはMYTEK DIGITAL「MANHATTAN DAC」、ORIO SPEC「RITMO」の強力なデジタルシステムがあるので、ハイレゾ音源を聴きながらのセッティングでしたが、驚いたのは音が良い・・・いや前回も凄く良かったのですが、明らかに良くなっている・・・伺うと今年の2月くらいから急に良くなったとのこと。素敵なご自宅も建てて3年とのことで落ち着いてきたのでしょうか、とにかく素晴らしかったです。必要ならセッティングを触ろうかと思ったのですが、全く必要なかったです。

Th_img_5177

「こう見るとずいぶんちっちゃいね」「でも音は良いですよ」「このプレーヤーに向いているジャンルは?」「ありません、なんでも来いです」お話ししながらハイレゾにLP12は負けられないと思いつつセッティング終了、造りつけのレコードラックに美しくレイアウトされているLPから何枚かお借りしました。エルトン・ジョンの「スカイライン・ピジョン」体にすっと染みてくる音は「LP12」ならではの世界、「メチャクチャ良いね!」「すごい自然」とS様と奥様に喜んで頂き私も嬉しかったです。コルトレーン、ショパン、ストーン・ローゼズと音楽のエッセンスを余すことなく聞かせてくれます。空気も良いし美味しいお店は多いし・・・そしてこの音!ご馳走様でした!!


S様、奥様、本当にありがとうございました!


その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ