« 2017年5月14日 - 2017年5月20日 | トップページ | 2017年5月28日 - 2017年6月3日 »

2017年5月27日 (土)

B&W「804d3」展示しました!

Real_soundcheck_3

B&W「804d3」展示しました!

Th_img_5107

ピアノブラックです。


Th_img_5109

圧倒的な静けさ、自然な定位を持つリファレンススピーカー。これから当フロアで常設致します。


B&W「804d3」
定価¥1,520,000(税別、ペア)

販売価格お問い合わせ下さい!

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

その他の展示リストはこちらから。
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/list.html

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2017年5月26日 (金)

6F T1展示開始

どうもこんにちは。明日からはまたカラッと暑くなるみたいです。
 
正式に発売になりました!
Chprecision_t1
待ちに待った純正の外部クロックです。
10MHz出力の水晶発信機搭載です。
 
先日、最初のオーダーをいただいたお客様へ納品されました。
同時に何台か入ってきたのでデモ機も確保です!
在庫アリ!って良い響きhappy01
 
10MHzの出力はサイン波とスクエア波に対応しています。
CHのCDやDACのクロックボードはサイン波に対応いるので
わざわざスクエア波を使用する必要はないですが…
ちょっとスクエア波で音を鳴らしてみると荒っぽい音というか
これはこれで需要がある場合もあるのでは?
なんて思ってしまいます。長時間耐えるかは不明ですが。
荒いと言っても比べれば多少はというくらいです。
 
C1 monoを導入した時点でCD再生に関しては今までの限界値を
超えたところに到達しておりますが、
T1追加でもっと上の地点まで連れて行ってくれます。
 
D1単体に試してもしっかり効果がある製品です。
音の変化によって空間が研ぎ澄まされたような印象で
浸透力、説得力が格段に向上すると思います。
 
こうなるとX1とどっちが…という疑問も生まれてきますよね。
X1は強化電源なのでS/Nの向上、音の根本にある力強さが
しっかりする印象です。
 
どちらがより良いというのは求める音によると思いますが
どちらも入れてしまえば良いという答えもある気がします。
 
逆に、少数派だとは思いますがX1が気に入らなかった方でも
T1は良くなる部分が異なっているので、こちらは別物だと
興味を持ってもらっても良いのではないでしょうか?
 
しばらく展示しています。
事前に確認していただいた方が良いと思います。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

★H.A.L.3 News★ディスクメディアとHi-Res再生-

★H.A.L.3 News★ディスクメディアとHi-Res再生-

5月27日(土) 13:00~15:00
「ディスクメディアとHi-Res再生」

Fullsizerender

明日27日に予定しているディスクメディアとHi-Res再生ですが、徐々にお席が埋まってきました。
今回は試聴室内での試聴会の為、ご入場者数が18名までとさせて頂いております。
参加ご希望の方はお早目にどうぞ。


さて、今回の試聴会で使用する三社がいよいよ揃いました。

この三社に共通しているのは、CD再生にてセパレートシステムであるという事だけ。
三社三様の再生方法にて、CD・データ再生を極めようとしています。

それぞれに注目点はありますが、やはり、先日、新発売となりましたCHORD Blu MK2が皆様気になっているようですね。
しかし、今回ご紹介を致します、三社はそれぞれ違ったアプローチでとても面白パフォーマンスを聴かせてくれます。

ESOTERIC  P-02X/D-02X
Eso_2
言わずと知れた日本のハイエンドメーカーです。SACD/CDの再生にかけて、世界トップクラスの性能を誇るSACD/CDメカニックVRDS-NEOを有し、この業界を牽引する存在です。セパレートシステムとして、SACD/CDの再生が出来るのは、今回の三社の中ではESOTERICのみです。伝送方式は新たなES-LINKを使用、唯一マスタークロックも用意して、最高の形で楽しんで頂きます。

MERIDIAN 808V/ULTRA DAC
Meri
日本ではあまり馴染みのないメーカーですが、世界として見ると広く知れ渡っているイギリスのハイエンドメーカーです。LINNのEXAKTのように特殊な接続方法を用いて、ワンサウンドシステムを構築しているほか、今回ご紹介します製品のように、ハイエンド製品として皆様のシステムに組み込んで頂ける製品を紹介しています。特に、現在、配信が進んでいます新しい圧縮形式「MQA」に深い見識があり、今回の試聴会でも、MQAの面白さを皆様にご紹介できると思います。

CHORD Blu MK2/DAVE
Cho
今回の試聴会の台風の目ですね。一年以上先行して発売となりましたDAVEの世界的人気が拍車をかけ、いよいよ、相方となるBlu MK2を発表しました。CDトランスポートとしての使用はもちろんの事、アップサンプラーとしての半面を持ち、データ再生に特化したシステムの方にとっても大いに利のある製品です。



■アンプ・スピーカー■
今回の試聴会で使用するアンプとスピーカーをご紹介致します。

PreAmp:JeffRowland Corus + PSU ¥3,300,000(別)
Poweramp:JeffRowlamd Model 725 S II ¥4,620,000(別)
Speaker:B&W 802D3 PianoBlack ¥3,600,000(別)

Photo Jeff

まず、スピ―カーは4Fのリファレンス機の802D3です。稀代の再現性を持ち、現代スピーカーの代表格としてご紹介している802D3でそれぞれの音色を確かめて頂きたいと思います。
アンプはJeffRowlandをご用意致しました。4Fの試聴会やマラソン試聴会にて使用してきて、アメリカアンプの中でも特に写実性、出力スペックは申し分なく802D3を駆動致します。



4F 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.74 BRODMANN「F2 SYSTEM」

Real_soundcheck_3

東京都A様

Th_img_5083

BRODMANN「F2」を納品させて頂きました。数あるスピーカーの中でもブロッドマンのスピーカーの仕上げの美しさはトップクラスです。A様宅の素敵なリビングでも映えました。
プレーヤー、アンプは、MARANTZ「SA-11S3」「NA-11S1」「PM-11S3」とオールマランツのシステムです。気品と落ち着きのあるダイアナ・クラールのヴォーカル。美味しい珈琲を頂きながらの素晴らしい午後のひと時を堪能させて頂きました。

A様、本当にありがとうございました!

その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2017年5月24日 (水)

6F Taurus Mono展示中

どうもこんにちは。
 
新製品の展示をしています!
Taurus_constellation
Revelationシリーズのモノパワーです。
大きさ重さがちょうど良い製品です。
 
これで4つのシリーズ構成となるConstellation Audioです。
今回のはConstellationサウンドを手頃な価格で!と
発表されたInspirationシリーズの強化版です。
 
とにかく音に余裕を持たせるには電源強化!という事で
そのため筐体は奥行きが長くなっています。
Liliumのある部屋で演奏しています。
恐らくメインターゲットは800D3クラスのスピーカーだと
思います。
新しいAmatiとも相性が良さそうな気がします。
 
普段CentaurⅡを展示したりしています。こちらはモノの
用意がないためステレオですが、当然モノの方が
伸び伸びとなってくれると思います。
しかし、その分システム総額も跳ね上がってしまう。。。
それとステレオでも余裕があるので、深刻な問題には
なりません。
 
そこでVirgoⅢもあるこのタイミングで、アンプがプリパワー
それぞれが同じような価格での演奏になっています。
やはりモノアンプになると分解能力が高いですね。
1つ1つの音の堺にしっかり空間があるような
横方向の広がりがしっかりでます。
 
1つ注意点は奥行きが55cmくらいありますが、足はわりと
四隅になるのでラックに入れるのは難しい事が多いかも
しれません。
 
Taurus Monoを検討している方、お問合せお待ちしております。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« 2017年5月14日 - 2017年5月20日 | トップページ | 2017年5月28日 - 2017年6月3日 »