« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »

2017年5月19日 (金)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.65 Vivaldi: The Four Seasons

B_uml6468 VOL.58 Vivaldi: The Four Seasons
 
Janine Jansen
 
FLAC 96kHz/24bit
 
購入先はこちら

CDでも所有しているJenine Jansenの「四季」

四季をかけて欲しいと言われると私はこちらのディスクを良くかけておりました。それが最近ではこちらのハイレゾをかけております。

少数の楽器で演奏しておりますので、それぞれの楽器の良さが素直に伝わってきます。またそれぞれの楽器の位置もしっかり解りますので、オーディオ的なチェックにも持って来いですね。
こちらはディスク時代から愛聴しておりますが、ハイレゾで聞くとチェロのエネルギー感は薄く感じますが、伸びる高域はハイレゾならではです。

ジャケットが素敵な分ディスクを手にしたくなってしまいますが・・・

H.A.L.3 島

|

2017年5月18日 (木)

★H.A.L.3 News★-Blu MK2-

★H.A.L.3 News★-Blu MK2-

皆様こんにちは。

気持のよい青空が広がる秋葉原です。ここからどんどん暖かくなっていくのでしょうかね。
さて、今月の最終土曜日27日(土)はここ4Fの試聴会です。

「ディスクメディアとHi-Res再生」
5月27日(土曜日) 13:00~15:00
※お申込みご希望のかたは下記までご連絡下さい。
メール:amano@dynamicaudio.co.jp
電話:03-3253-5555
・お名前
・ご連絡先
・ご参加人数
※宜しければお目当ての製品や内容をご記載下さい。

Blu2

昨日、日本に一台のCHORD BluMK2がここ4Fに届きました。
試聴会当日にプレゼンターを担当して頂く、輸入元の担当者の方も来て、当日にどのようなプレゼンを行うかの打ち合わせをしましたので、試聴会の内容を少しお話ししたいと思います。

「シングル接続編」
マッチングとしてはDAVEとの組み合わせを推奨しているBlu MK2ですが、CDトランスポート単体としてとらえた場合、BluMK2はどのような音色を持っているのでしょうか。
他社DACとの組み合わせや旧モデルと組み合わせを考えている方もいるかとおもいます。今回はDAVEにシングル接続を行って、通常のセパレートシステムと同じように再生を行います。

「デュアル接続 CD編」
BluMK2とDAVEの組み合わせは基本的なセッティング方法にて、BluMK2でCDを再生した音を楽しんで頂きたいと思います。

「デュアル接続 ハイレゾ編」
BluMK2はCDトランスポートですが、アップランプラーとしての側面を持ちます。日本からの提案でUSB入力が付けられ、データ再生・ファイル再生を行う上で、大いに恩恵を受けました。DAVE単体でデータ再生・ファイル再生を楽しんでいる方にとっても、BluMK2の登場は意味のあるものです。


以上が今回の試聴会にてCHORDのプレゼンになります。今回は全体的に2時間ですので、CHORDは40分程の時間になりますが、皆様にBluMK2の魅力、そしてDAVEの面白さをご紹介していきたいと思います。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2017年5月17日 (水)

エソテリック名盤復刻SACDソフト(6/10 & 6/20)新譜情報!

季節は廻り、穏やかな春の装いに夏の気配が見え隠れする今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
鬱陶しい梅雨の時期を吹き飛ばす熱いお知らせが届きました!
 
【エソテリックSACDソフト発売情報!!】
 
今回は、クラシック名盤復刻シリーズの2タイトルの他、ジャズ・セットもチョット時間差で発売されます。
 
《6月10日発売》
【1】J.S.バッハ:ピアノ作品集
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/essg90161/index.html  
Essg90161 ■品番:ESSG-90161
■仕様:Super Audio CDハイブリッド
■定価:3,143円+税
■レーベル:DG(ドイツ・グラモフォン)
■音源提供:ユニバーサルミュージック合同会社
■ジャンル:器楽曲
 
□DSD MASTERING/Super Audio CD層:2チャンネル・ステレオ[マルチなし]
美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用
 
ピアノで弾かれたバッハの最高峰の一つ。
 
 
【2】レスピーギ:交響詩《ローマの松》&《ローマの噴水》、
  アルビノーニのアダージョ 他
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/essg90162/index.html
Essg90162 ■品番:ESSG-90162
■仕様:Super Audio CDハイブリッド
■定価:3,143円+税
■レーベル:DG(ドイツ・グラモフォン)
■音源提供:ユニバーサルミュージック合同会社
■ジャンル:管弦楽曲
 
□DSD MASTERING/Super Audio CD層:2チャンネル・ステレオ
 [マルチなし]
美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用
 
1970年代のカラヤン/ベルリン・フィルの堂々たる充実ぶりを刻印したレスピーギ。
1969年のサン・モリッツ録音の名品をカップリング。
 
 
それだけじゃ終わらない6月度、、、
 
 
《6月20日発売》
『Verve 6  GREAT JAZZ』(限定3,000セット/6枚組)
Essv9016368_2
  
  
  
  
  

[収録アルバム]
①エラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロング
  /エラ・アンド・ルイ (Mono)
②デューク・エリントン&ジョニー・ホッジス
  /バック・トゥ・バック (Stereo)
③レスター・ヤング&テディ・ウィルソン
  /プレス・アンド・テディ (Mono)
④イリノイ・ジャケー
  /スウィングズ・ザ・シング (Mono)
⑤ディジー・ガレスピー、ソニー・スティット、ソニー・ロリンズ
  /ソニー・サイド・アップ (Mono)
⑥アート・テイタム~ベン・ウェブスター・クァルテット (Mono)
 
 
■品番:ESSV-90163/68(6枚組)
■仕様:Super Audio CDハイブリッド
■定価:19,444円+税
■レーベル:ヴァーヴ
■音源提供:ユニバーサルミュージック合同会社
■ジャンル:ジャズ
 
□DSD MASTERING/Super Audio CD層:
 2チャンネル・ステレオ(ESSV-90164)
 モノーラル(ESSV-90163、65、66、67、68)
□美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用
 6枚組ボックスセット
 
今回はノーマン・グランツ(プロデューサー)の息がかかったジャズ界の重鎮の名演にスポットを当てた50年代の作品6点が選ばれています。
登場人物をざっと見渡してもジャズ界にその名が轟く大物ばかりです。
 
 
まずは一聴、お試しあれ。
 
エソテリックSACDホームページ
 
 
 
     ◆◇◆ こちらも宜しく! ◆◇◆
       (こんな感じで営業中)
 
 
※  ご注文(お取り寄せ)販売で承っております  ※
※※ ソフトのご注文は下記まで、お気軽にどうぞ ※※
 
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
     1階はソフト&ハードのコラボ空間!
       是非、遊びに来て下さい!
      サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
       担当:矢部(木曜日定休)
     【info_spd@dynamicaudio.co.jp
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

2017年5月15日 (月)

★H.A.L.3 News★-ディスクメディアとHi-Res再生-

★H.A.L.3 News★-ディスクメディアとHi-Res再生-

皆様こんにちは。
先日13日(土)は、Sonusfaberの新製品試聴会を行いました。
お足元が悪い中、ご来場下さいましたお客様、ありがとうございました。

さて、今月27日(土)にはこんな試聴会を予定しています。

「ディスクメディアとHi-Res試聴会」
2017年5月27日(土) 13:00~15:00
4F試聴室内 定員18名 ※満席となり次第お受付終了させて頂きます。

ハイレゾに代表されるデータ再生・ファイル再生が盛んになっていく中、デジタルデータを再生するという事にかけて、急激な進化が各メーカー商社で見られます。
CDも歴としたデータ再生のメディアで、多くの方が楽しんでいらっしゃいますし、各社から新製品が続々と登場しています。…というよりも、今だからこそ新しい技術を搭載したCDプレーヤーが作られているという印象です。

さて、今回の試聴会では、それらディスクメディアにもう一度スポットをあてて、この時世だからこそ面白いディスク再生をご紹介したいと思います。
このブログでは、今回ご紹介をしますメーカーと製品を少しですが、ご紹介したいと思います。


CHORD Blu MK2 ¥1,400,000 / DAVE ¥1,500,000
≪プレゼンター≫ 株式会社タームロード 村上氏

Blumk2_2 Dave

まずはこのメーカーCHORD。
4Fが常設展示を行っています人気DAC「DAVE」の相方としていよいよ登場するCDトランスポート「Blu MK2」
もともと、CHORDはCDトランスポートを作っており、過去の製品QBD76やDAC64等と合わせてディスクの再生を提案しています。
一昨年発売したDAVEが世界的に人気を博しましたが、やはり、その背景にはハイエンドオーディオにおいてデータ再生・ファイル再生の普及があると思います。ではCDトランスポートの意味がないのではないでしょうか。そこにCHORDは目を向けました。DAVEの情報処理の能力を用いることで、CDの再生はこれまでの再生を凌駕する処理で行うことが出来、そこには限界かと思われたCDの再生を一枚も二枚も超える再生能力を有することが実現したわけです。さらに、それだけではなく、日本側からの要望で、CDトランスポートであるBlu MK2にUSBの入力を装備させて、DAVE単体でのUSBによるデータ再生も音質が向上しているとの事です。おのUSB入力が装備されているBlu MK2は販売店としては、今だどこでも公開をされていないだけに、私達も興味津々です。


MERIDIAN 808V6 ¥2,000,000 / ULTRA DAC ¥2,500,000
≪プレゼンター≫ ハイレス・ミュージック株式会社 鈴木氏

808 Ud

続いてMERIDIANです。
日本ではここ数年、販売店での展示も少なく、今ではなかなか馴染みの少ないメーカーですが、デジタルの伝送に関しては、独特の考えを持って製品作りを続けていて、世界中にファンを持つメーカーです。ここ4Fでは、ハイエンドDACのULTRA DACをしばらく展示を行って、諸々の検証を行っています。
今回、このMERIDIANで注目すべきは「MQA」という新たなフォーマットの再生に関してです。今後のデータ再生として、高いクオリティをもつフォーマットとして注目されていますが、このMQAをデータ再生・ファイル再生だけではなく、「MQA-CD」としてディスクメディアで再生しようという試みがあります。今回ご用意をしていますMERIDIAN 808V6はMQA-CDを再生することが出来、これまでのCDプレーヤーでは出来なかった176kh/24bitのハイレゾサウンドをディスクとして再生します。こういった再生が今後のディスクメディアにどのように影響してくるのか…当日はMERIDIANの正規輸入元ハイレス・ミュージックより、担当鈴木氏に説明をして頂きます。


ESOTERIC P-02X ¥1,400,000 / D-02X ¥1,400,000
≪プレゼンター≫ ESOTERIC 担当佐伯氏

P02x D02x

最後は日本のESOTERICです。
他の二社はどちらかというと、DAC側からのアプローチが印象的なメーカーに対し、ESOTERICは言わずと知れた、SACD/CD再生において日本を代表するメーカーです。SACD/CDメカニック部分の「VRDS-NEO」は世界中のハイエンドプレーヤーに採用されています。先に発売となったフラッグシップラインGrandiosoで使用されてた、HDMLを用いた新しい伝送方式「ES-LINK4」を採用して信号処理を送り出し側で行い、DAC側の負担を減らし、伝送をより完全なものにしました。さらにクロックの接続はP-02X/D-02XをBNCケーブルで接続をして、ESOTERIC独自のPLL レス・ダイレクトマスタークロックLINKを採用。トランスポート、DAC、マスタークロックとそれぞれ見ても隙の無い完成度を実現しています。
やはり、セパレートプレーヤーと言えばESOTERICのお家芸ですね。


以上が今回ご紹介を致しますメーカーです。
私天野も、知らない内容が続々ときけると楽しみです。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

★H.A.L.3 NEWS★-期間限定展示 Constellation audio、TECHDAS

5月16日(火)~5月31日(火)

Img_4258

●TechDAS Air Force Two アナログプレーヤー ¥3,600,000
 
Img_4260
●Constellation audio ANDROMEDA ( アンドロメダ )フォノイコライザー¥2,600,000

Img_4261

●Constellation audio PICTOR ( ピクター ) プリアンプ  ¥2,400,000 
 
Img_4262
●Constellation audio TAURUS ( トーラス )パワーアンプ  ¥2,700,000

Constellation audioの新ラインナップのレヴァレイション・シリーズが登場いたしました。

音場表現に優れ、長時間聞いていても疲れないサウンドです。

是非この機会にご試聴いただければ幸いです。

H.A.L.3 島 健悟
 

|

2017年5月14日 (日)

6F 新AMATIを聴きました。

どうもこんにちは。神田祭で賑わっています。
 
そんな中、6Fも新作スピーカーが本日限りで来ています。
Amati_sonus1
5555店でTradition3作品の
常設展示を計画しております。
 
HP上の写真だとチョコレートっぽい色合いだと思っていましたが、
実物は結構濃いめでした。奥のLiliumとの比較でイメージできる
かと思います。
 
Amati_sonus2_2
この写真の天板が色味としてはよく撮れてると
思います。
 
縦長のポートが上から下まで3つあります。
これは全てのユニットの音が後ろに向かって
放出されています。
 
よく見ると薄いスポンジのようなものがあり
ユニットの裏側がなんとなく見える構造なので
感覚としては4kHzより上くらいからガッツリ
減衰していますが、アンビエント効果も期待
できる構造ではないでしょうか。
 
普段、贅沢なことにLiliumばかり聴いているので
下向きウーファと上向きパッシブラジエータによる
低域の出かたとはだいぶ違いますね。
 
比較もこの辺までとして、ここからはAMATI単独の印象です。
 
まだ日本に1セットしかないと思いますが、聴いた感じだと
初期のエージングは終わっていると思いました。
ユニット間の繋がりは格段に良くなっていると思います。
 
25年程前の録音でピアノ+女性ボーカルのCDをかけました。
録音は良いのですが、なんとなくぬけが悪い印象でしたが、
中高音をとても美しく聴かせてくれます。
※あまり低域の入ってないディスクです。
 
声の生々しさも昨今のSonus faberらしく息をのんで
聴いてしまいます。
 
さて、となると実は高域のうるさいスピーカでは?と
疑問が浮かびます。大丈夫か?
同じレーベルで最近の録音、そして特性としては少し
ハイ上がりだと思っているディスクに入れ替えます。
 
予想に反してこちらも良い音で聴けました。
先のCDより抜けも良く高域のアタックも力強いですが
うるさくないです。
 
パイプオルガンをかけても余裕たっぷりに歌い上げます。
 
常設が楽しみです。
早く皆様にいつでもお越しくださいと呼びかけたい作品です。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »