« 2017年4月23日 - 2017年4月29日 | トップページ | 2017年5月7日 - 2017年5月13日 »

2017年5月 5日 (金)

★H.A.L.3 News★-4F Analog Player-

★H.A.L.3 News★-4F Analog Player-

皆様こんにちは。
4Fの天野です。
G.W.も中盤となりましたね。
秋葉原も観光の方が多くにぎわっています。

さて、先日、4Fではアナログに関する試聴会を終日行いました。
今回も沢山の方にご来場頂きました。
この分野がまだまだ人気な証拠ですね。

さて、先日の試聴会ではLUXMANのPD-171Aを四台用意して、アームの比較試聴等を行いましたが、レコードプレーヤー本体の試聴はおこないませんでした。

4Fでは常に数台のレコードプレーヤーを設置して、皆様にご試聴を頂けるようにセットアップしています。
本日は、それら4Fに展示しているレコードプレーヤーをご紹介致します。


LINN MAJIK LP12 定価¥430,000(別) フローティング型・ベルト(ゴム)ドライブ方式
Lp121_4 Lp122
レコード好きであれば、一度は持ってみたいと考えるのがLP12ではないでしょうか。
LINNのロゴマークにもなっているシングルポイント・ベアリングを始め、三点のバネでアームベース、プラッターをフローティングさせる方式を採用。
40年以上も変わらず作り続けられているオーディオ界の名器中の名器です。海外のオーディオ雑誌では「オーディオ100年の歴史の中で最も重要な製品」とまで評されるアナログプレーヤーです。LP12は外装のSONDEK LP12をベースに各種パーツを組み合わせて完成させます。4Fに展示しているのは、初期の組み合わせとしてMAJIK LP12を展示しています。LINNオリジナルのアームではなく、プロジェクト社製のアームが付けられています。カートリッジは、LINNの純正MMカートリッジ「ADIKT」が装着しています。
なぜLP12がこれほどに特別視されるのか…。先ほども書きましたが、LP12は外装のSONDEK LP12に各種パーツを組み合わせて完成を目指しますが、LINNから送られてきた段階では、ほぼバラバラの状態で入荷し、それを担当者が組み上げます。その組み上げには組み上げ・調整に数日かけます。さらにこだわる場合は、安定してから再度調整を行って、完成を目指します。これを今では私達が行いましたが、以前は、お客様自身で行って頂いていました。つまり、手間と時間をかけて最高のLP12を目指すわけです。その分愛着も沸きますし、レコード再生に対して技術や知識が無いと難しい為、ハードルの高いレコードプレーヤーとして知られるようになったのではないかと思われます。
今では、それらの作業を私達販売員が行うため、難しいものではありませんが、今でも、折角LP12を持ったのならば自分で…という方も少なくありません。


LUXMAN PD-171A 定価¥495,000(別) リジッド型・ベルト(ゴム)ドライブ方式
Pd171a1 Pd171a2
日本の老舗オーディオメーカーLUXMANがおおよそ5年程前に発表したレコードプレーヤーです。
このレコードプレーヤーの特徴は、「ハイエンドプレーヤーとしてのクオリティ」をしっかり持っているという事です。目立って新しい事をしているわけでもありませんし、突拍子もないデザインをしているわけでもありません。しかし、LUXMANならではの堅実で究極的に誤差の無い部品で、すべての個体で安定した動作を行います。レコードプレーヤーにとって、コンマ数ミリの誤差は致命的です。それが高い精度で行われているというのは技術力の高さを裏付けるものではないでしょうか。過去に数台のお納めを行っていますが、修理や再調整の依頼はほとんどありません。これを「信頼」といいます。…とはいってもPD-171Aならではのこだわりもあります。代表的な所では、15mm厚のアルミプレートで作られたメインシャーシに各パーツを吊るすアンダースラング方式を採用しているところです。レコードプレーヤーにとって悪影響となる振動を極力避ける目的です。他にもストロボによる回転の調整機能や、針先のランプ、カバー、純正アームのヘビーウエイト等、ハイエンドプレーヤーとして「欲しい」機能をしっかり装備しています。さらにアームレスタイプPD-171ALもあり、おおよそほぼすべてのメーカーのアームが取り付けることが出来ます。想い入れのあるトーンアームや手持ちのアーム等を付けることが出来るのも嬉しいですね。方式はリジット型ベルトドライブを採用しています。


TechDAS Air Force Ⅲ 定価¥1,800,000 フローティング型・ベルト(ゴム)ドライブ方式
Af1_2 Af2
先にご紹介しました二機種に比べると、ググッとハイエンド製品になりました。
「最強のレコードプレーヤーの系譜」という言葉を思わず使いたくなるレコードプレーヤーです。AirForceシリーズはこのⅢの上にⅡ・Ⅰがあります。Air Force oneは720万円、特別使用のAir Force One Premiumに至っては1000万円を超える、超弩級レコードプレーヤーです。AirForceシリーズの特徴は何と言っても、エアーフロートとバキュームによる、完全フローティングとプラッター吸着による質量の増大です。まず、フローティングですが、フローティングはバネで浮かす方法や、マグネットの反発で浮かすマグネットフローティング等があります。エアーフロートはバネの物理的なものや、マグネットの磁界等がありませんので、音質への影響が極力少なく、理想的なフロート方式ですが、空気を供給する為のポンプが必要になる為、ほとんど採用されません。そして、プラッター(ターンテーブル)とレコード盤を吸着させるバキューム方式は、盤の歪みを無くすだけではなく、プラッターの質量がそのまま盤の質量になりますので、圧倒的に盤が安定して、アナログ特有の歪みや、多少であれば、プチプチノイズもなくなります。ではなぜバキュームシステムを採用するプレーヤーが少ないのか。やはりこれもポンプが必要になる為です。過去、バキュームを採用しているプレーヤーはありましたが、ポンプの動作音や振動が押さえきれず、使用が難しいものでした(人によってはポンプを別の部屋においてホースを長くのばしている方もいらしたみたいです)技術や各部品の進歩により、ポンプ部分の改良が進み、AirForceシリーズでは、レコードプレーヤーの直近にポンプをおいても大きな影響はありません(それでも同じラックには置きたくありません)。AirForceⅢの特徴はこのエアーによるフローティングとバキュームですが、他にも、アルミの削り出しで作られた筐体や、最大4本までトーンアームが搭載できること等があります。ダブルアームでさえできるプレーヤーは少なくなりましたが、4本も付けられるとなると悩みますね…。


Hanss acoustics T-20SE 定価¥600,000(別/Jelco SA-250付き) 準リジット型・ベルトドライブ方式
T201 T202
デンマークのレコードプレーヤーメーカーです。
4Fでは、しばらく展示を行っていて、人気のあるプレーヤーです。デザインがオーセンティックな四角い筐体ではなく、流線形のデザインの為、好みが分かれるところではありますが、振動効率等が考えられていて、安定度の高い回転動作を行います。モーター部は本体とは別にあり、三本のシリコン製のベルトで駆動し、モーターのノイズを伝えることはありません。
今回のSEモデルは、これまでのアルミによる質感が極力抑えられ、シックな黒と木質な外観になります。このプレーヤーの面白い所は足元にあります。足元は球体のゴムが付いていて、このゴムの方さを調整することによって、リジッドにもなりますし、柔らかくするとフローティングのような効果を得ることも出来ます。また、本体・モーター・リモコン部分の三筐体で構成されていて、それぞれに干渉することを極力減らします。さらに、機能として回転のコントロールを行う事や、ダブルアームの取り付けを行う事も出来ます。通常は付属としてJelco SA-250が装着されたものになりますが、一本目のアームからご自身の好きなアームを付けて頂く事も出来ます。


以上の四機種が、現在4Fに展示しているレコードプレーヤーです。
それぞれキャラクターが異なりますが、いずれも素晴らしいプレーヤーたちです。
中には、短期間の展示製品もありますので、もし、ご試聴希望でしたら、事前のご確認をお勧め致します。


Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

★H.A.L.3 NEWS★展示情報 17.05.05

ゴールデンウィーク後半の期間限定展示となります。
Img_4181 Img_4182

●TechDAS Air Force III アナログプレーヤー 定価¥1,800,000(税別)
 
●GRAHAM PHANTOM III トーンアーム      定価¥1,350,000(税別)
 
●TechDAS TDC01 Ti  カートリッジ      定価¥850,000(税別)
 

上記3点セットでご試聴が可能となります。
今現在TechDASのエントリーモデルとなります。
抜群の安定感。そこにGRAHAMとTechDASのカートリッジの組み合わせ
アナログの素晴らしさを感じ取ってください。
 
Img_4180
 
●Hanss acoustics T-20SE+Jelco SA-250 アナログプレーヤー+アーム
本体¥530,000(税別)/アーム付き ¥600,000(税別)
 
T-20のスペシャルエディションヴァージョンが登場しました。
通常モデルの詳細はこちら
SEヴァージョンはベークライトをブラックアノダイザー仕上げのアルミニューム板でサン
ドイッチしております。
このデザインは非常におしゃれで、音質もS/Nが上がっており、グレードが上がっており
ます。こちらは受注生産品となります。
是非一度ご覧いただき、ご試聴いただければと思います。
 
 
Img_4184 Img_4186
 
●ZYX R50 Bloom カートリッジ ¥98,000(税別) 
 
●ZYX Ultimate DYNAMIC カートリッジ ¥580,000(税別)
 
●Audio-Technica  AT-ART1000 カートリッジ ¥598,000(税別)
 
●MY SONIC HYPER EMINENT カートリッジ ¥460,000(税別)
 
その他のカートリッジはこちら
 
カートリッジの比較試聴も可能となりますので、ご相談ください。

H.A.L.3 島/天野

|

2017年5月 4日 (木)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.64 The Very Thought of You

646437263849 VOL.57 The Very Thought of You / Emilie-Claire Barlow

DSD 5.6M

購入先はこちら

エミリー・クレア・バーロウはカナダ出身のジャズボーカリストになります。カナダと言えばホリー・コール、ダイアナ・クラールを思い出します。
1998年にファースト・アルバムを発売し、定期的にアルバムを発売しております。昨年の1月もCOTTON CLUBにてライブを行っております。

E-ONKYOにてダウンロードできる自身のアルバムは5枚。本アルバムも含めて、DSD音源での配信を行っているのは、Seule ce soir、Live in Tokyo、clear dayと4枚ございます。そのうち5.6Mでの配信はclear dayとこちらのアルバムです。
甘くキュートな声は気持ちを明るくしてくれます。またDSDの自然さが甘い声をより一層引き立たせてくれますね。
女性VOCALがお好きな方はコレクションのひとつにしてもらえればと思います。H.AL.3 島

|

2017年5月 2日 (火)

6F GWの展示品!

どうもこんにちは。
 
GW後半に向けて賑やかになっています!
Eastactive
STROMTANKS5000』も入荷しています!
 
それぞれのアンプの個性でSonus faberLilium』を演奏します。
※ご希望がある場合は事前に連絡をいただけると
 スムーズに試聴していただけます。
 
続いてはピカピカの新製品。
Andromeda
Constellation AudioAndromeda
新しいフォノステージの登場です。
Revelationシリーズの製品になります。
 
何度かPerseusの紹介をしてきました、購入いただいた方の
満足度も高い製品です。鮮度感が高く心躍るような音は
未だに憧れを持っている方もいらっしゃると思います。
 
しかし、価格のハードルが高いのは事実でした。
Revelationシリーズ登場前でしたがConstellationの方が来た時に
音はとても良いけどもう少し手を出しやすい価格が…と話したのを
覚えています。
 
同じブランドで次のグレードを考えると200万円弱の製品から
600万円付近と、なかなか踏み切るには覚悟がいると思います。
その間に導入されたRevelationシリーズにフォノまで
登場してくるとは思いませんでした。
 
入力がMC(XRL)、MC(RCA)、MM(XLR or RCA)という形になっています。
他、イコライザーの省略等で価格を抑えた製品になります。
Constellationらしい瑞々しさと丁寧な躍動感を楽しめます。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

試聴会のお知らせ・・・6/4(日)上杉研究所 アナログ試聴会!

2fev2017u220

上杉研究所の新型フォノイコライザー「U BROS220」が大好評。抜群のS/M、限りなくソースに忠実なイコライジングでベテランのオーディオファイルを唸らせています。今回は設計者である藤原伸夫氏にお越し頂き、設計思想とこだわりを語って頂きます。タンノイカンタベリーとオール管球式システムによるアナログ再生も必聴です!是非お越し下さいませ!!

■使用機器(予定)
アナログプレーヤー LUXMAN 「PD-171」、LINN「LP12」
フォノイコライザー 「U BROS220」
プリアンプ 「U BROS280」
パワーアンプ 「U BROS300」
スピーカー TANNOY 「CANTERBURY GR」他

■日時:6月4日(日曜日)  14時~15時30分 


■解説:上杉研究所 藤原伸夫氏 

■場所:ダイナミックオーディオ5555
    2F サウンドハウスフロアにて

■ご予約はメール(ken@dynamicaudio.co.jp
)もしくは、フロア直通電話 03-3253-2001にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。 

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2017年5月 1日 (月)

★H.A.L.3 News★-Analog Festival-

★H.A.L.3 News★-Analog Festival-

皆様こんにちは。
G.W.のご予定はお決まりですか?

Dynamicaudio5555では、G.W.中、各フロアにてD300として300万円システムを組み、ご紹介しています。
近い価格にてそれぞれのフロアがご提案する300万円の音色をお楽しみ下さい。


さて、昨日29日は、ここ4Fにてこんな試聴会を行いました。

「Analog Festival in H.A.L.3 Vol.1」

2
1

- tonearm - 「アームの重要性」  13:00~14:00
LUXMAN  PD-171A   アナログプレーヤー      ¥495,000(別)
LUXMAN  PD-171AL    アームレスレコードプレーヤー ¥395,000(別)
ORTOFON  RS-212D   トーンアーム         ¥200,000(別)
IKEDA   IT-345       トーンアーム         ¥390,000(別)
GRANTZ  MH-104S   トーンアーム         ¥650,000(別)
Photo
今回はLUXMANさんにご協力を頂きまして、LUXMANのPD-171をアームレスでご用意頂きました。
LUXMANの純正アームの他に、代表的なアーム3社をご用意しまして、各アームの音色の違いを聴いて頂きました。
国産の代表格IKEDAやオルトフォン、グランツ等、これらをしっかりと比較する機会もないので、なかなか貴重な時間になったのではないでしょうか。
カートリッジはMUTECHのRM-KANDAとPLATANUS2.0を使用しまして、クラシックとジャズボーカルで試聴を行いました。
途中、アームのスペシャリストであるカジハララボの梶原氏にトーンアームの基本的な構造や種類についてもご説明して頂きました。
レコードに刻まれた音楽信号をどれだけ正確にトレースすることが出来るのか…。
ダイナミックバランス型、スタティックバランス型、ストレート、S字、ショート、ロング…

- cartridge - 「カートリッジ特集」  14:10~15:30
PLATANUS     Platanus2.0S     MCカートリッジ    ¥360,000(別)
ZYX       Ultimate DYNAMIC  MCカートリッジ    ¥580,000(別)
TOPWING     青龍        MMカートリッジ    ¥500,000(別)
Ortofon     SPU-Royal G MK2   MCカートリッジ    ¥232,000(別)
Audio-Technica  AT-ART1000     MCカートリッジ    ¥598,000(別)
MUTECH      RM-KANDA            MCカートリッジ    ¥380,000(別)
Photo_2

アナログ再生において、カートリッジの特性や個性は最重要項目と言っても過言ではありません。
今回ご用意をさせて頂きましたカートリッジは合計6種類です。それぞれ、志向の違うもので、お客様の好みも大きく分かれたのではないでしょうか。
ここでは、トーンアームにIKEDA IT-345CR1とGRANTZ MH-104Sを使用して、アームと同じようにクラシックとジャズボーカルにて比較を行いました。
各メーカーの担当者にそれぞれの特徴をお話し頂きましたが、例えば、重量一つをとっても重ければ重いほうがいいというメーカーもあれば、軽いほうが正確なトレースが出来るという風に、まったく逆の考え方を持っているメーカーだったり、コイルの巻き方、インピーダンス、スタイラス、カンチレバー、筐体等、まったく違った仕様の製品達でした。
カートリッジのスペシャリストとして、楫音社(しゅういんしゃ)の長尾氏にカートリッジの簡単な説明をして頂きました。
数々のアナログ関連の製品を扱ってきた長尾氏ならではのお話しは、私天野的にとても面白いものでした。

- phono equalizer - 「フォノイコライザーとは」  15:40~16:50
aurorasound      VIDA         フォノイコライザー     ¥328,000(別)
LUXMAN      EQ-500       フォノイコライザー     ¥500,000(別)
上杉研究所    U・BROS-220    フォノイコライザー     ¥550,000(別)
OCTAVE      PHONO MODULE  フォノイコライザー     ¥1,120,000(別)
Photo_4

以外と軽視しがちなフォノイコライザーですが、おおよそ40年前にCDが誕生したことによって、フォノイコライザーの質が各段に上がりました。
これまでアンプの一つの機能として内蔵されていたものが、CDの登場によってマスト機能ではなくなった為、別途用意する事になり、音質へのこだわりが各社によって進化が遂げています。今回の試聴会では、4Fが常設を行っているAuroraSoundVIDAの他に、LUXMAN、上杉研究所、OCTAVEの三種類をご用意して、それぞれの個性を確かめて頂きました。
実際にフォノイコライザーを作っている方としてAuroraSoundの唐木氏にフォノイコライザーの説明をして頂きました。
R.I,A.A.カーブに関する基本的な考え方や、フォノイコライザーの音色を左右する要素等、作り手ならではの説明は普段ではなかなか聞くことが出来ないので、私自身も勉強になるところもあって、面白い時間になりました。
ここでは、TOPWING 青龍&GRANTZ MH-104SとPLATANUS Platanus2.0&IKEDA IT-345CR1の二通りのシステムでそれぞれの相性等をお楽しみ頂きました。

- music - 「アナログを楽しもう」  17:00~18:00
最後は今回ご参加頂いた各メーカーの担当者の皆様と島、天野がそれぞれ、想い入れのある音楽を紹介し、皆様に聴いて頂きました。
ここで注目は、各メーカーの方が、どのような製品を選ぶのか…
例えば、今回カートリッジの出展をしているTOPWINGの佐々木原氏はトーンアームにGRANTZ MH-104S、フォノイコはOCTAVE PHONO MODULEを選びました。
私達もですが、メーカーの方が実際に音作りを行う際に使用する機械やアクセサリーはやはり気になるところです。
今回はご用意した製品を自由に選んで頂きました。

カジハララボ 梶原氏
IKEDA         IT-345
MUTECH      RM-KANDA
セレクト↓↓
上杉研究所       U・BROS-220

楫音舎 長尾氏
PLATANUS         Platanus2.0
セレクト↓↓
IKEDA          IT-345
上杉研究所    U・BROS-220

TOPWING 佐々木原氏
TOPWING     青龍
セレクト↓↓
OCTAVE      PHONO MODULE
GRANTZ         MH-104S

アレグロ 荒井氏
ZYX       Ultimate DYNAMIC
セレクト↓↓
LUXMAN          オリジナルアーム
OCTAVE      PHONO MODULE

もちろん、今回ご用意した製品以外のものを使用しているメーカーが多いと思いますが、皆様の今後の製品選びの参考になればと思います。

Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10

さて、今回はVol.1という事で、アナログに関する試聴会を一日通して行いました。
4Fはデジタルに関する試聴会も多く行っていますが、アナログに関することも常にアンテナを張って、お客様にご紹介をしています。
極論を言ってしまうと、やはり音楽を楽しむことが私達の目的なわけですね。
今回はトーンアーム、カートリッジ、フォノイコライザーに絞った内容でしたが、肝心要のターンテーブルや、最近目覚ましい進化を遂げているレコードクリーナーの世界や魅惑のアクセサリー等、まだまだ皆様にご紹介したいことは沢山あります。
今後、Vol.2、Vol.3と続いていくと思いますので、是非、また皆様ご参加下さい!


Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2017年4月30日 (日)

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.72 TANNOY「CANTERBURY/GR SYSTEM」

Real_soundcheck_3

千葉県U様

Th_img_4938

リビングにビシっとセットされた機器。上杉研究所「UBROS20」「UBROS28」「UBROS30MK2」、LINN「LP12」、「KLIMAX DS/3」、TANNOY「CANTERBURY/GR」「GR SUPER TWEETER」という堂々たるシステムです。

今回はLINN「KLIMAX DS/3」とHANNL「Limited B Autom 24V DC」の納品、セッティングに伺いました。初めてDSを導入する方にはリッピングの仕方をお教えしていますが、すでにお持ちのCDに全て番号を振って管理されていて全てのタイトルにその番号を追加すれば良いとのこと。ご自身の中でその番号とレーベル、ディスクが整理されているということでした。レコードも同様の並べ方とのこと、感心しました。

これまではSACDプレーヤーをお使いでしたが、聴くのはアナログばかりだったとのこと。何枚かリッピングをした音源から再生すると「こんな音CDではしなかったよ、これならCDも聞けるね」と嬉しいご感想をおっしゃって頂きました。ケーブル類もこだわられ何時も試聴されてから導入して頂いておりますが、価格ではなくご自身の耳とシステムとのマッチングで選ばれています。非常に繊細でニュアンス豊かなサウンドを聴かせてくれます。

TANNOY「CANTERBURY/GR」はまだSpace Optimisationに対応してませんが、現在少しずつ対応機種を増やしております。一つ前の「CANTERBURY/SE」はリンジャパンで計ってもらい先日アップデートされました。GRも対応されましたらお伺いして調整致します。さらに良く鳴るのを是非お楽しみに。

U様、本当にありがとうございました!

その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

« 2017年4月23日 - 2017年4月29日 | トップページ | 2017年5月7日 - 2017年5月13日 »