« SOUNDHOUSE 1F 中古情報 12/17 | トップページ | 6F 077 with PSU »

2017年12月17日 (日)

★H.A.L.3 News★-Stereo Sound GP-

★H.A.L.3 News★-Stereo Sound GP-

皆様こんにちは。
さぁ、いよいよ年の瀬が近くなってきましたね。
4Fは年内のお届けで、担当者が不在になることが、多くありますので、もし、ご試聴希望がございましたら、ご来店前に、一度ご連絡頂ければ幸いです。

さて、現在、ダイナ5555では、こんな企画を行っています。

「Stereo Sound Grand Prix on Stage!」

毎年恒例となっていますが、StereoSound誌が優れたオーディオ製品を選ぶグランプリが発表されました。
ダイナ5555では、数年前からこのグランプリ受賞製品を一定期間揃えて、皆様にご試聴頂いております。

ちなみに、今回の受賞製品はこちら↓↓↓
https://cimanydaudio.wordpress.com/stereo-sound-grand-prix-on-stage/

上記の製品のうち4Fに展示される予定の製品がこの三機種↓↓↓

●PIEGA <Coax 711> 4F 12月末まで!

●SFORZATO <DSP-Vela+PMC-Circinus> 期間未定

●ConstellationAudio <Taurus(Stereo)> 4F 12月末まで!

本日現在、4Fに来ているのはPIEGAとConstellationAudioの二機種です。

<PIEGA Coax711>
Coax711
PIEGAのCoax711は現在入り口直ぐのシステムで、映像と一緒にお楽しみ頂けます。
Coax711はこれまでのPIEGA製品同様に、アルミのキャビネットを採用しており、強固で安定した鳴りを聴かせてくれます。
外観がアルミのため、キンキンとした硬い音を想像してしまいがちですが、実は瑞々しい音色を聴かせてくれて、クラシック、JAZZ、POPSと問わず鳴らしてくれます。
特に、今回の新シリーズはその傾向が堅調に表れていて、より聴きやすい音になりました。これは、やはり、同軸リボンの影響でしょうか。同軸リボンは以前から採用されていましたが、今回の新シリーズは各ユニットの設計が新たに行われましたが、特に同軸のリボンツイーターはサイズ・特性が変わり、以前に比べて、より濃密で余裕のある鳴りになったように感じます。

<ConstellationAudio Taurus(Stereo)>
Taurus
Taurus(タウルス)の登場は今年の春頃だったと記憶しています。その少し前に、エントリーラインとなるインスピレーションシリーズを発表しました。
インスピレーションはエントリークラスとして、他社のアンプと比べても高い性能と音色を持っていますが、上位機種に比べると、パワー感や音の細かさにおいてどうしても目おとりしてしまう部分があります。そこで、このTaurusが登場しました。上位モデルのCENTAUR2の基本設計思想はそのままに、各品類をインスピレーションシリーズと合わせることによって、コストを下げてご紹介できるようになりました。もちろん、CENTAUR2と同じ音とは言えませんが、インスピレーションシリーズのSTEREO1.0で使用している電源トランスを2倍に増やし、電源コンデンサーの容量を実に3倍に拡張することにより、 破格のドライブ力を得ています。


以上2機種が現在展示を行っているグランプリ製品ですが、今後、4Fでは、スフォルツアートの新製品DSP-Vela+PMC-Circinusも期間を区切って展示をしたいと思います。
その時には、またご紹介をさせて頂きます。

本日ご紹介の二機種は年内いっぱいの展示です。
ご試聴希望の方は是非この機会に4Fまで!!

Dynamicaudio 5555 天野

|

« SOUNDHOUSE 1F 中古情報 12/17 | トップページ | 6F 077 with PSU »