« ハイレゾ音源の紹介 VOL.86 SHAKE | トップページ | 新年のご挨拶 4F »

2017年12月31日 (日)

★H.A.L.3 News★<年末年始のご案内>

★H.A.L.3 News★

<年末年始 営業のご案内>

皆様こんにちは。
ダイナミックオーディオはこの年末年始は下記の通りに営業致します。

12月31日(日曜日) 10:00~15:00まで営業
1月1日・2日・3日 お休みを頂きます。
1月4日(木曜日)  10:00~20:00 通常営業

4FH.A.L.3スタッフ
島  4日~
天野 5日~


さて、4Fに展示しているオーディオ機器類で今年一年を振り返ってみましょう。

まず、今年一年を振り返りますと、象徴的なのは相変わらずの人気を誇ったCHORD DAVEの存在です。
Burogu2
DAVEは一昨年のインターナショナルオーディオショウで発表されてから、4Fでの展示が始まったDACですが、今年一年を通して、お客様からのご要望が最も多かった製品ではないでしょうか。脅威的なのは、このデジタル戦国時代において、二年の月日が経っても未だに人気が衰えないということです。実際に使用されているユーザーのインターネットへの書き込みや雑誌での評判の良さもありますが、二年もの間、人気が保たれているのはなぜでしょう。私天野が思うには、この数年続いたデジタル技術競争が実用的なところで、ある程度収まったのではないではないかと思われます。その先にあるものは、スペック主体ではなくアンプやスピーカーと同じように、メーカー独自の音色・デザイン等のキャラクター/個性が重要になってくるということです。

似たような例を挙げますと、4Fで展示を行っているフランコ・セルブリンのAccordoも同じです。
Burogu3
このスピーカーも早いもので、発売から7年程が経とうとしています。シリアルNo,4のデモ機がここ4Fに来てから本当にたくさんの方にお納めさせて頂きました。
今年一年だけでも、数ペアの納品実績があります。発売開始から7年ですよ!理由は簡単で、Accordoにしか出せない音があるからです。こういったところがハイエンドオーディオの面白さだと思います。

さて、DAVE、Accordoのほかにも、注目したい製品があります。

まずは、LUXMANが輸入を始めたフランスのスピーカーメーカーのFocalです。
Burogu4
Focal自体はこれまでも、日本に扱いがありましたし、世界で見ても自社開発自社製造の規模という面では指折りのメーカーです。
言わずと知れた日本のメーカーであるLUXMANが輸入を行ったことによって、今後、より皆様にお楽しみ頂けるようになりました。また、価格も見直されて、これまでの定価よりもかなり良い形でご紹介できます。ダイナミックオーディオでは早速数機種の展示を行って皆様のご試聴をお待ちしています。

そして、つい先日展示が開始となった日本スピーカー界の雄、ダイヤトーンです。
Burogu5
三菱のダイヤトーンといえば、過去に数々の名器を輩出して、今でもリファレンススピーカーとして使用されている方も多いのではないでしょうか。
ご存じの方もいらっしゃると思いますが、実はダイヤトーンは、今回の新製品の前のモデルも直販にて販売していました。今回、三菱の中での担当部署と方針が変わったということで、私たちも扱えるようになりました。久しぶりのダイヤトーンを現在、いろいろ鳴らしこんでいますので、ご興味おありの方は是非4Fまで!

Sonufaber Hogame traditionシリーズも今年の登場ですね。
Burogu1
ソナスの人気シリーズHomageシリーズのうちAmati/GuarneriにSerafinoが加わりました。Homageシリーズはソナスの中でもかなり重要なポジションです。それが一新されたということは、今後のソナスに対する注目度も変わっていきます。

ネットワークプレーヤーでは、ESOTERICのN-01が登場しました。
Burogu6
DELA、fidataの登場で、ネットワークプレーヤーの必要性が少し薄くなったよう思われる中、満を持して発売となったN-01。ネットワークプレーヤーとしても、DACとしても国産のトップエンドとして、注目を集めました。これから他の国産メーカーからも、こういった製品が多く出てくれることを期待したいところですね。

4Fのイベントでは、すでに3回行っている「ANALOGFESTIVAL」が好評です。
デジタルが盛んになるにつれて、比例するように、人気が最熱されてきたアナログの世界。こちらも国産のテクダスAir Force3がいよいよ登場となり、アナログ需要に拍車がかかりました。カートリッジやトーンアームも続々と新製品が出ていますし、2018年もアナログの世界から目が離せません。
Burogu7

今年も沢山の面白い製品が登場しましたし、4Fがリファレンスとしてご紹介しているB&Wも元気よく音楽を奏でています。

2018年も、どんどん皆様に楽しいオーディオをご紹介していきたいと思いますので、Dynamicaudio 5555 4Fをよろしくお願い致します!

皆様が素晴らしい年をお迎えくださるよう、お祈りしています!

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« ハイレゾ音源の紹介 VOL.86 SHAKE | トップページ | 新年のご挨拶 4F »