« ★H.A.L.3 News★-MSB Technology REFERENCE DAC- | トップページ | 6F Boulder 1100 登場 »

2017年11月26日 (日)

6F 接点

どうもこんにちは。
 
今日は高級ですがわりと気軽に持ち帰れる液体を紹介
Tmd10  
Andante Largoより登場した接点 クリーニング/拡張安定剤です。
製品名は『Trans-Music Device』 以下 TMD
過去にあった接点復活用の製品と基本的な使い方は同じだと思います。
 
接点部分をしっかり綺麗にする。洗浄液をしっかり取り除く。
ポリマーを塗って浸透させたらしっかり拭き取る。
 
TMDのポリマーが特徴です。
一般的には油性で熱や酸化によって変質し音に影響が出てしまう。
なのでTMDでは金属内部に浸透すると水性に変化して乾燥定着する
特殊な液体になっています。
※表面はしっかり拭き取ります。
 
熱や時間経過における変質のリスクが大きく減っているのが
先の手間を考えると良い点でしょう。
詳しくはメーカーHPに記載があるのでそちらをご覧ください。
 
問題は使用して音がどうだったかですね。
 
パッと聴いて思ったことは確かに音が変わるということ。
それは何かを付け足したような音になったのではなく
無駄なく正確な信号によって届けられる純粋な音楽でした。
空気中の目にも見えない塵が取り除かれたような感覚です。
 
この曲のこの音は本来こうあるべきなんだと思わせてくれて
活き活きと豊かな表情があるように感じます。
ちゃんとスピーカーが動いてくれているような印象もありました。
 
ここ6Fでハイエンドで聴いているからわかるような事ではなく
他の価格帯であっても、まず音ではない部分の透明感に驚けると
思います。そのためしっかり各楽器の音が浮かび上がり、
スピーカや機械の個性を伴って音楽を構成してくれます。
 
ひと手間ではありますが、お勧めです。
6Fには同時間エージングし、TMDの使用・不使用の
ケーブル試聴比較もできます。
在庫もあります。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« ★H.A.L.3 News★-MSB Technology REFERENCE DAC- | トップページ | 6F Boulder 1100 登場 »