« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月28日 (木)

★天ノ視点★-CSフィールドオーディオショー-

★天ノ視点★-CSフィールドオーディオショー-

皆様こんにちは。
昨日の夜から降っていた雨も上がってきて、爽やかな空気の秋葉原です。
これから、各種イベントが行われますが、雨、降らないといいですね。

さて、今週末、有楽町の国際フォーラムでは、日本最大規模のオーディオショウ「インターナショナルオーディオショウ2017」が開催されます。
日本のメーカー、海外のメーカー等、多くのメーカー・商社が出展し、新製品や新規取り扱いのブランド等をご覧いただけます。

さて、そんな中、4Fでは、恒例となりました「CSフィールドオーディオショー」を行います。
土・日の二日間にわたり、日本の大手オーディオ輸入商社CSフィールドの商品を集中的に展示致します。

出展製品はこちらをご覧下さい↓↓↓
シーエスフィールド オーディオショー


そんな中で、私天野が注目している製品がこちら↓↓↓
PENAUDIO : CHARISMA SIGNATURE(新製品)¥860,000(税別/ペア)
Calisma


PENAUDIOというメーカーは雑誌や各種イベント等にはあまり表に出てこないので、ご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まずは簡単にこのメーカーのご紹介を致します。
今から約18年前にフィンランドにて創業された、比較的新しいスピーカーメーカーです。日本では2003年頃から発売が開始されました。
北欧フィンランドの豊かな自然で育ったバーチ材等の木材を使用して、とても耳に入りやすい音作りをしています。
ユニット類はモデルに応じて、作られており、俊敏かつ音場の豊かな響きが特徴的です。

今回新製品として発表されたCHARISMA SIGNATUREは、元々、日本で最初に扱いが始まったロングセラースピーカーのCHARISMAがベースになり、シグネチャーモデルとして新たに販売が始まりました。

内部側壁にビチューメン・シートを装着した特製フィンランド・バーチ積層にビザ・バーチの層を設けたキャビネットを採用し、ダンピング効果を高め、振動を相殺拡散を適切に行うことによって、他のスピーカーでは出すことが出来ない音楽性を発揮しています。
さらに、このスピーカーの為に開発されたマグネシウム・コーン・ミッドレンジ・ウーファー(120mm)を搭載し耐入力を向上させ、低域を 42Hzまで無理なく再生します。高域は高品質HEXADYMマグネット・システムを採用したSEAS製ドームツィーター(29mm)によって30kHzまで再生可能です。

シンプルな箱型のデザインですが、貴重な木材を最良な形で採用して、北欧系特有のストレスのない、スーと入り込む音色を持っていると共に、新開発の振動版からは現在スピーカーとして、しっかり、細かな所まで再現する情報量を持っています。

基本的に純正のスタンドはございませんが、輸入元のCSフィールドでは、扱いブランドで、ぴったりのスタンドを作っています。
JODELICA TUNING STAND 定価¥135,000(別/ペア)

JODELICAはCSフィールドのオリジナルブランドです。アクセサリーを中心に、色々な商品を扱っています。
スパイク、壁コンセント、電源コネクター等が主だったところですが、PENAUDIOの扱いに伴い、このスタンドも作られました。
がっしりとした具材ではなく、適切に振動を逃がす構造が採用されていて、外観を崩すことなく、スピーカーのキャラクターを生かします。
このスタンドは、PENAUDIO以外にもご使用頂けます。


CSフィールドオーディオショーでは、他にも、ELECTROCOMPANIETやKUZMAといった、マイナーながらも、確かな実力を持ったメーカーや、皆様ご存じのケーブルメーカーJORMA DESIGN(ヨルマ・デザイン)を揃えてお待ち致します。
特に、試聴会のような形式はとりませんが、ご試聴希望の製品等がございましたら、4Fスタッフや、この二日間特別在中しているCSフィールドの担当者にお声がけを頂ければと思います。

では、皆様のご来店をお待ち致しております。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2017年9月25日 (月)

試聴会のお知らせ・・・10/8(日)TANNOY レガシーシリーズ試聴会!

Tannoylegacy_2  
名機が更にレベルアップして「レガシーシリーズ」として登場しました!
ARDEN(アーデン)、CHEVIOT(チェビオット)、EATON(イートン)が勢ぞろいします!モデルによる音、鳴り方の違いをじっくりとご体感頂けます。
是非ご参加くださいませ!

■使用機材・・・調整中
■解説・・・エソテリック株式会社 徳永氏 
■日時:10月8日(日曜日)  14時~15時30分 
■場所:ダイナミックオーディオ5555 2Fサウンドハウスフロアにて
■ご予約はメール(ken@dynamicaudio.co.jp)もしくは、フロア直通電話 03-3253-2001にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。 

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2017年9月24日 (日)

LUXMAN「L-509X」試聴会を行いました!

Real_soundcheck_3

本日はLUXMAN「L-509X」試聴会を行いました。

20170924_140408_2

ご来場頂きましたお客様、誠にありがとうございました! ラックスマン株式会社小柳氏より詳しい解説をして頂きました。3代目、6年ぶりのフラッグシップアンプ「509」、スピーカーのドライビリティー、音の純度の高さは目を見張るものがあります。「L-509X」は同社としては最高価格の一体型アンプになりましたが、個人的には「ワンボディーセパレート」の内容と音質を考えるとむしろコストパフォーマンスは高いと感じております。

 Img_6003_2

FOCAL「SOPRA NO.2」は音色が多彩で、ベースの押し出しが良く聞いていて楽しいスピーカーです。「L-509X」は当フロアで常設展示致します。来週から様々なスピーカーとの組み合わせで魅力を引き出して行きます。是非ご注目下さい。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.78 re:Action

Aucl218 VOL.70 re:Action スキマスィッチ
 
WAV 48kHz/24bit

購入先はこちら
 
今回はJ-POPから選ばせていただきました。こちらのアルバムは2007年に2月の発売となります。
このハイレゾコーナーで先に紹介させていただいた山崎まさよし、秦 基博と同じ事務所オフィスオーガスタであります。

さて私が毎年必ず見る音楽番組が「クリスマスの約束」という小田和正が長年色々なアーティストとコラボしてライブをやるという番組です。その中の準レギュラー的な存在がスキマスィッチのお二人だったりします。

このアルバムは彼らの楽曲を色々なアーティストとコラボするだけではなく、アレンジもそのミュージシャンに行ってもらうという斬新なアルバムです。

アルバムの詳細はこちら

今回小田和正のアレンジには松たか子がコーラスで参加したり、TRICERATOPSの和田 唄も参加。また奥田民生、KAN。そして異ジャンルとも思える方々にもリプロデュースしてもらっております。

今回の紹介がハイレゾコーナーである必要性があったのかはCDを聞いておりませんので、何とも言えませんが、素敵なアルバムだと思い、ご紹介させていただきました。

オリジナルが良いということもありますが、それぞれのミュージシャンの血を入れること化学反応を起こし、素敵なことが起きるのも音楽なのかもしれないです。

H.A.L.3 島

|

★H.A.L.3 News★-各種イベント情報-

★H.A.L.3 News★-各種イベント情報-

皆様こんにちは。
弊社の総決算も終わり、これから、大小色々な試聴会・イベントが予定されています。
それらのスケジュールをまとめましたので、ご参考になさって下さい。

■オーディオ業界全体■
Intalogo
日程:9月29日(金) 10:00~19:00
       30日(土) 10:00~19:00
     10月1日(日) 10:00~17:00
場所:有楽町 国際フォーラム
日本の国内メーカー・輸入商社が一堂に集結して行われる日本オーディオ界で最も規模の大きなオーディオショウです。

Hilogo
「大阪ハイエンドオーディオショウ2017」
日程:11月10日(金) 10:30~19:00
        11日(土) 10:30~19:00
        12日(日) 10:30~17:00
場所:大阪 ハートンホテル心斎橋
関西のインターショウともいうべき、大きな規模のオーディオショウです。


■ダイナミックオーディオ■
Marasonlogo
「第41回 マラソン試聴会」 リンクwebサイト現在作成中
日程:10月28日(土) 時間未定
     29日(日) 時間未定
場所:東京 青山 「梅窓院:祖師堂」
我がダイナミックオーディオの秋の祭典です。今回で41回目になります。今回も皆様に楽しんで頂けるよう試行錯誤しながら、現在内容を作成中です!


■5555 4F■
Event20170929a
日程:9月29日(金)~10月1日(日) 11時~18時
場所:ダイナミックオーディオ5555 4F
日本を代表するオーディオ輸入商社の一つCSフィールド。4Fでは、毎年、インターショウの開催と合わせて、CSフィールドの製品を重点的に集めて、皆様にご紹介しています。当日はCSフィールドから担当者の方に常駐して頂き、商品のご紹介やご説明を頂きます。普段気になっていた商品等ございましたら、お気軽にお声がけ下さい。

Naspeclogo
「ナスペック製品試聴会」
日程:10月9日(月/祝) 14:00~16:00
場所:ダイナミックオーディオ5555 4F 試聴室
多くの人気オーディオメーカーを輸入しているナスペック。4Fでは、モニターオーディオのフラッグシップスピーカーPL-500Ⅱと人気機種のPL-300Ⅱを常設展示して皆様にご紹介をしておりますが、今回はモニターオーディオ本国より、アジアセールスマネージャーの方に来場頂き、モニターオーディオの魅力について語って頂きます。

Event20171014a
「OCTAVE比較試聴会」 ※情報公開25日(月)予定!
日程:10月14日(土) 13:30~16:00 
場所:ダイナミックオーディオ5555 4F 試聴室
人気のアンプメーカーOCTAVEの各種比較試聴会を予定しています。プリメインアンプの比較、ブラックボックスを使用した場合、セパレートアンプの比較等、皆様が機になっていることをしっかりやっていきたいと思います。



以上が、現在予定している試聴会・イベントです。
他にも、各種団体の試聴会やダイナミックオーディオの店内でも各フロアが企画しているものもあります。
本日、2Fでは、LUXMANの新製品の試聴会を行っていますが、LUXMANが扱いを始めたFOCALのスピーカーも来ています。
私天野も後で聴きに行こうかと思います。

ゆっくり色々な試聴会でお楽しみ下さい。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

【1F最新情報】新製品 L-505UX markⅡ 好評デモ中です。

1F 最新情報 LUXMAN L-505UXmarkⅡ 好評です。

新製品LUXMAN L-505UXmarkⅡが発表されてからデモも
一か月が経過しました。

L505ux2

LUXMAN L-505UXmarkⅡ

標準希望小売価格:税別 268,000円

販売価格 お問合せ下さい。

http://www.luxman.co.jp/presspro/l-505ux2 

エージングも程よく進んできて L-505UXとの本質的な違い
も明確にわかるようになってきました。前作との違いは
聴いていて明らかに よりボリュームのタッチが滑らかに
なったこと。中低域にかけての音像が太くなった感があります。

結果的に 今回のモデルチェンジでより色んなミドルクラスの
スピーカーにも合わせやすくなりました。

当店1FでデモしておりますのでこのVUメーター付き 
プリメインアンプのスタンダードにしてロングセラーシリーズ
の最新作 L-505UXmarkⅡを是非、ご体感いただければと
思います。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!

今、こんなDISC聴いてます。!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

|

2017年9月23日 (土)

★H.A.L.3 NEWS★-FURUTECH NCF Booster 続報

FURUTECH NCF Booster
 
コネクターケーブルホルダー 定価¥32,800(税別)販売価格¥28,340(税込)

前回ご紹介をさせていただきましたが、お問い合わせも非常に増えてまいりました。実は発売に関してフルテックさんと色々とやりとりを続けてきました。

なんと電源コンセントまで対応させるためにパーツを別売で販売することになりました。

エクストラシャフトバー ¥3,000(税別)10本セット 販売価格¥2,600(税込)

セット価格¥30,940(税込)

通常NCF Boosterのバーは4本(各2本のジョイント)で80mmから高さ140mmまで対応となっております。

まず一番短い状態での使用

Img_5255_3

写真はTAD TAD-C2000

*通常トップ部分のバーはフラットタイプを使用します。

2セット使用の場合
 
Img_5254_3 Img_5249_3

写真はTAD TAD-D1000MK2    ACCUSTIC ARTS DRIVE II

どうしても電源ケーブルが太いと下に下がってしまい、横から見ると若干抜けかかっているようにも見えます。NCF Boosterを使用することで安定感が増し、音質も向上いたします。

さてここまでは前回のお話に使用例を増やしましたが、今回別売りのシャフトを使用することで
 
Img_5260_2 Img_5261_3
 
壁コンセントへ対応できるようになりました。

壁コンセントに2本ケーブルをご使用の場合は2つ挟み込んで使用することになります。
ただ太いプラグの場合はプラグどうしが干渉してしまいます。その辺りは今後製品が発売された際にもう少し研究したいところはあります。
通常電気工事にあたり、電源コンセントの高さは下から30cmぐらいのところにコンセントの中心がくるように取り付けるのが一般的なようですが、おそらく色々なケースがあると思います。
別売のシャフト71mmが5セット(10本)セットを追加いただければもう少し高い位置でも対応可能です。低い部分に関してはシャフトのジョイントを調整してください。

音質に関しては、やはり効果が大きく、音像がしっかりして、S/Nが非常に良くなり、背景が良く見えるようになりました。音像は少し前にきた印象を持ち、定位が若干下がったように感じます。
この辺りが難しいところで、雑味が解放感を生み出したり、派手さを演出することがあります。このプラグは静電気の対応もしております。除電することで、静けさは良くなりますが、おとなしく感じる場合もあると思います。
私個人としては、まずは壁コンセントで試していただき、その後に機器という順番に試していただきたいと思います。
また音の傾向から考えると特にパワーアンプはエネルギー感が増し、音色と効果のバランスが良いようにに感じます。前段機器の場合は効果は高いですが音色が若干乗るような感じになります。
まずは1個お試しいただき、効果的な場所を探すのも面白いのではないでしょうか。

Img_5266_2

別売シャフトバーをつけております。


昔から熱望していた商品ですので、非常にうれしいです。
H.AL.3 島 健語  shima@dynamicaudio.co.jp

|

2017年9月22日 (金)

FOCAL「Sopra N ゚2」展示しました!

Real_soundcheck_3

FOCAL「Sopra N ゚2」展示しました!

Img_5976              
18cmウーファーを2個搭載したトールボーイ型スピーカー。解像度、フォーカス感に優れているだけでなく、低域の押し出しもあるハイパフォーマンスモデルです。

Img_5982

9/24(日)の「L-509X」試聴会ではこちらを使用します!

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/09/924luxmanl-509x.html

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

LUXMAN「L-509X」展示しました!

Real_soundcheck_3

LUXMAN「L-509X」展示しました!
http://www.luxman.co.jp/presspro/l-509x

Img_5944             
同社最高峰のプリメインアンプです!フロントパネルはおなじみの顔ですが・・・

Img_5958

天板が「M-900U」譲りの肉厚なヘアラインパネルになっていて高級感が漂います。プリ部分も「C-900U」と同等のディスクリート構成によるバッファー回路を搭載しています。完成度の高いセパレートアンプといった印象で悠々としたスケール感、能率の低いスピーカーも難なく鳴らすドライブ力に驚かされました。音色の個性は少なく、クリアで純度の高い音質でハイエンドスピーカーも鳴らせるパフォーマンスを秘めております。

9/24(日)に「L-509X」の試聴会を行います。是非ご参加下さいませ。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/09/924luxmanl-509x.html

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2017年9月19日 (火)

★天ノ視点★-ESOTERIC G-0s 中古-

★天ノ視点★-ESOTERIC G-0s 中古-

皆様、こんにちは。

ダイナミックオーディオの総決算も間近になってきました!
現在、ダイナミックオーディオでは決算セールを実施しています。
中古・展示デモ機はもちろん、新品の製品でも、商品によっては特別な条件が出ることもありますので、ご購入検討されている製品がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

さて、天野のおススメの中古を昨日に引き続きご紹介致します。

ESOTERIC G-0s 定価¥1,200,000(別)
→通常中古価格¥280,000(別)
→決算セール価格¥240,000(別)
元箱無し・説明書あり(印刷)・電源ケーブル付属

G0s1 G0s2 G0s3 G0s4

ESOTERICのルビジウムを搭載したマスタークロックジェネレーターです。
44.1、88.2、176,4等の出力が可能です。
XシリーズやKシリーズのプレーヤーをお使いの方、P-02/D-02、P-01/P-01等のセパレートシステムをお使いの方には特におすすめです。
一つ一つの音のピントが合うようなイメージです。
現状にご満足されている方でも、この変化はお試しの価値があります。
元箱がございませんので、都内近郊にお住まいの方に関しては、私天野がお届けさせて頂きます。
遠方にお住まいの方は、適切な梱包を致しまして、お送りさせて頂きます。
※送料は弊社が負担させて頂きます。


Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2017年9月18日 (月)

【1F最新情報】LCD-4 V16シングルエンドデモご来店ありがとうございました。

1F 最新情報 LCD-4 + V16シングルエンド
          試聴会イベントご来店ありがとうございました。

3日間限定デモ OCTAVE V16シングルエンド + AUDEZE LCD-4
ご試聴ありがとうございました。悪天候の中、遠路はるばる弊社迄
御来店いただきまして、感謝の念で一杯です。
重ね重ねありがとうございます。

V16lcd4

ご来店の方々にはLCD-4 + V16シングルエンド +K-01X
の組み合わせで少なくとも30分は静かな環境で真剣試聴を
していただきました。

試聴結果としては大変良好なご意見を多くいただくことが
できたと思います。

また、次回素晴らしいシステムご案内をしていきたいと思います。!

今回のAUDEZE LCD-4、OCTAVE V16シングルエンド、エソテリック
K-01X 等 何かございましたら お問合せ下さい。

ご来店ありがとうございました。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!

今、こんなDISC聴いてます。!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Sale

|

★天ノ視点★-中古VividAudio G4-

★天ノ視点★-中古VividAudio G4-

皆様こんにちは。
今日の秋葉原は台風一過で、少し暑いくらいの陽気ですね。
昨日は、配達中、冷たい空気で、暖房を使ったのがうそのようです。
寒暖差が大きくて、皆様も体調にはお気を付け下さい。

さて、現在、ダイナミックオーディオは9月20日の総決算に向けてセールを行っています!

中古品・展示デモ機を中心に通常の販売価格からググッとお値段を下げてご紹介しています。
また、新品の販売に関しても、製品によりますが、普段よりも良いご条件をお出しさせています。

さて、その中で、私天野が特に気になっている中古品をご紹介させて頂きます。

G41 G42 G43

Vivid Audio GIYA G4 Black 定価¥2,900,000(別) ※現S2モデルではありません
税別定価¥2,900,000→税別¥1,450,000→¥1,400,000/1,512,000(配送別)
使用期間:約4年
多少傷あり(都内近郊の方は是非、来店にて状態をご確認下さい)
付属品:純正ジャンパーケーブルのみ

先日、S2モデルが発表され、ますます人気が高まったGIYAシリーズですが、4Fの常駐スピーカーG4が中古で出ています。
GIYAシリーズの中で末弟にあたるG4ですが、とても広がりのある音楽を楽しませてくれます。
通常の一般家庭で楽しまれる事を考えますと、上位機のG3やG2よりも収まりが良く、プリメインアンプ等でもしっかり鳴ってくれる特徴があります。
4Fでは、試聴環境の兼ね合いで、特注のオーディオボードを使用して約10cm程、高くしていますが、約1mの高さのスピーカーなので、リビングでソファでくつろぎながら音楽を楽しまれるには、とても良いサイズ感です。

都内近郊でしたら、私天野が配達・セッティングにお伺いさせて頂きます。
皆様のシステムでしっかり鳴るようにセットアップさせて頂きますので、お気軽にご用命ください。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

【1F最新情報】9月20日まで 決算SALE中です。

Sale

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報  9月20日まで 決算SALE中です。

ダイナミックオーディオ9月20日の本決算まで 
あと3日となりました!
今日は決算前最後の休日です。
是非、ご利用ください。

展示品、在庫分、新品分も含めて1Fでは本決算と
いうことで(一部の商品を除いて)お求め安くご案内
していきたいと思います。

是非、このお得なシーズンをご活用下さい。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!

今、こんなDISC聴いてます。!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Sale

|

2017年9月17日 (日)

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.83 LINN「MAJIK DSM/3」

Real_soundcheck_3

埼玉県H様
先月お引越しに伴う機器の移動とLINN「MAJIK DSM」のご相談を頂きました。お話を伺うと新築でオーディオルームも設けたとのこと。あの「BB5」を聞かせて頂くのを楽しみにしておりました。本当は本日お伺いする予定でしたが、台風が接近しているとのことで、昨日伺いました。

Img_bc4493b71ee31_2

DSMのアップデート、各種ダウンロードを待っている間にオーディオルームを覗かせてもらいました。良いお部屋、12畳はちょうど良い広さだと思います。写真からもスピーカー、ケーブルのセッティングがビシッと決まっているのが伝わると思います。スピーカーの背面の壁はLIXILのエコカラットだそうです。防音対応にしているとのことですが、天井も高く、響きも良かったです。

Th_img_5815

ゴンチチ、ビリー・ジョエル、私が持って行ったカウント・ベイシーを聴かせて頂きました。最近は小型スピーカーも低音は伸びていますが、この大きさならではの、さらにトランスミッションラインの深く伸びのある低音が何気ないギターからも凄みを感じます。ヴォーカルも生々しいし、ベイシーも圧巻のスケールで思わずのけぞりました。
システムは、ESOTERIC「K-01」、Spectral「DMC-30SS」、VITUS AUDIO「SS-010」、PMC「BB5」という個性溢れるハイエンド機器。長年のキャリアと愛情で完全に手中に収めている感じがします。いつでもこのサウンドが聴けるのは本当に羨ましいです。

Th_img_5827    

さて、DSMはリビングのサブシステムにということでスピーカーはKEF「R300」と合わせました。「BB5」と比べると小さなスピーカーですが、
低域の量感、出方が素直でLINNとピッタリでした。各種設定、リッピング、SPACE OPTIMISATIONとお伝えしなくてはいけないことが多く時間が経ってしまいました。夕飯まで用意して頂いて申し訳ありません。ご馳走様でした!

メールでご感想を頂きました。
「昨日は有り難う御座いました。朝からBGM的に曲を流していますが、普段聴いていない曲の中にも「こんな良い曲あったの!」って感じで何となく新鮮な気持ちです。DSM導入した甲斐がありました。」

H様、本当にありがとうございました!

その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

★H.A.L.3 NEWS★-特価情報

<展示処分情報>
 
Img_5242 Img_5243
●TIGLON MGL-A1 電源ケーブル
 
1.2m ¥66,000 (税別) 販売価格 ¥42,800(税込)
 
1.8m ¥74,000  (税別) 販売価格 ¥47,900(税込)
 
1.2m ×4本 1.8m 3本 ございます。

箱はございません。
 
4F試聴室にて使用しておりますTIGLONの電源ケーブルを新製品入れ替えに伴い展示処分を行います。

TIGLONホームページはこちら
エネルギー感の中にあるしっかりとした情報量。少し濃い味ではありますが、電源タップ、パワーアンプなどに特にマッチします。4Fではデジタル製品にて多用しております。

<中古情報>
 
Img_5246_2

アンダンテラルゴ SM-7A ブラック 8枚セット スパイクマウント
定価¥80,000(税別) ご成約

今は新タイプになっておりますが、この価格であれば非常に魅力的ではないかと思います。スピーカーの足回りの重要性を感じ取っていただけるのではないでしょうか。

箱、フェルトはございません。


<在宅中古情報>
 
●JEFF ROWLAND CORUS プリアンプ
定価¥2,120,000(税別) 販売価格¥850,000(税別)/ご成約
 
代理店ページはこちら
 
●JEFF ROWLAND MODEL625 パワーアンプ
定価¥1,800,000(税別) 販売価格 ご成約
 
今の現行品はMODEL625 S2となっております。
参考資料はこちら
大きな変更点では625 SⅡではセラミック基板に変わっています。
(現行モデルではコーラス、725、825、925で採用しています)
XLR入力端子がカルダスCG/XLR端子に変更されています。
(現行モデルでは725、825、925で採用しています)
出力素子のトランジスタに変更はありません。
スペック上では出力が300W→325W(8Ω)、550W→600W(4Ω)に変更されました。
(MODEL625 S2)
 
箱はございません。
 
ワンオーナー品で、2013年2月のご購入いただいております。
10月中旬に入荷予定となります。
セットでご希望のお客様はセット価格をご用意しております。
お問い合わせいただければ幸いです。

H.A.L.3 島 (shima@dynamicaudio.co.jp)

|

2017年9月16日 (土)

★天ノ視点★-Guarneri Tradition-

★天ノ視点★-Guarneri Tradition-

皆様こんにちは。

発売から数か月が経ち、雑誌等でも特集され、お客様から試聴のご要望が増えてきたSonusfaberのTraditionシリーズです。
4Fでも、発売開始から、常時展示をしていましたが、ここ最近は他フロアにて、各担当のシステムで鳴らしていました。

P1030495

先日から4Fに戻り色々なアンプで試していますが、今日は、こんなプリメインアンプで鳴らしてみました。

KR Audio Electronics VA880 定価\980,000(別)
Va880
オーディオメーカーとしてはあまり耳にすることが無いメーカーですが、真空管がお好きな方や、自作をされている方はお馴染みやもしれません。
特に300B管が有名で、今回ご紹介をしますVA880とは別に自社の300Bを使用したVA830という製品もあります。
VA880にはGenalex Gold Lion KT88(ロシア製)が使用されておりますが、真空管メーカーらしい、真空管の良い所をしっかり引き出したアンプです。
出力は50W×50Wと真空管アンプとしては標準的な出力が得られ、Guarneri Taditionを鳴らす上では充分なパワーを持っています。
質感としては少し柔らかさを持っていますが。、KT88らしい芯の太さがあります。

EINSTEIN The Tune II 定価1,200,000(別)
The_tune2
数年前から日本でも輸入が再開され、真空管アンプとして人気のあるEINSTEINです。
このThe Tune 2は真空管ではなく、トランジスタのアンプとして設計されました。
真空管アンプとして名高いEINSTEINですが、最初に設計されたアンプは25年前に発売されたトランジスタアンプが始まりだったそうです。
このTune2はトランジスタながら、EINSTEINらしい深みのある音色を持っており、Guarneri Taditionのキャラクターを生かしつつ、しっかり自身のキャラクターもしっかり表現する実力を持っています。
80W/8Ω、130W/4Ωのプリメインアンプとしては、しっかりした出力があり、今回のGuarneri Taditionだけではなく、上位モデルのSerafino Traditionクラスでもしっかり駆動してくれます。

他にも、4Fでは、OCTAVE V110SEやSPEC RSA-M等も常設していますので、比較してみたい!という方はお気軽にご予約下さい。

Sonu faberのGuarneri Taditionはブックシェルフ型のスピーカーですので、形としてはプリメインアンプと組み合わせるのが、シンプルかと思いますが、過去のGuarneriではLUXMANや今回ご紹介したEINSTEINのセパレートアンプで鳴らしている方も少なくありません。
それだけのポテンシャルを持っているスピーカーだと思いますが、まずは、プリメインアンプでスキッと鳴らしてみましょう。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

【1F最新情報】V16シングルエンド + LCD-4 デモ開始!

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 AUDEZE LCD-4+OCTAVE V16 夢の競演 

 
只今、閉店後にフューレンコーディネートから届いたV16シングルエンド
をつなげております。AUDEZE LCD-4も数日前から届きまして事前に
音出しはしておりました。
(LCD-4は最新仕様かつ、常設展示予定です。)
V16lcd4_8
ここにエソテリックK-01Xも準備しました。この魅惑の三機種
を組み合わせて聴いてみますとパイプオルガンの響きなど 
なかなか表現できない生々しい音色が現れ、これこそ!と
思うような素晴らしい鳴り方にただただ感動を覚えます。
素晴らしいスピーカーシステムをお持ちの方にも是非、
経験して欲しいシステムと思っております。
 
 
V16lcd4
---------------------------------------------
期間:9月16日(土曜日)から9月18日(月曜)
試聴機材:AUDEZE LCD-4
       OCTAVE V16シングルエンド
       ESOTERIC K-01X
 
場所:5555店 1F
 
*ご試聴予約で30分試聴可能です。
*通常はスピーカー再生デモしておりますので事前に
 ご試聴予約が要となります。予めご了承ください。
*V16はKT120仕様にする予定です。
(SUPER BLACK BOXもご用意する予定です。)
*LCD-4は新仕様ケーブルになっております。
*LCD-4を狙っていた方には 只今 嬉しい特典がございます。
---------------------------------------------
 
3日間限定ですが 
是非、ハイエンドヘッドフォンの素晴らしい世界をお楽しみください。
 
*今回は この固定システムでのご試聴になりますので予めご了承ください。
詳しくは5555店 1Fまでお尋ねください。
(ご試聴予約承ります。)

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!

今、こんなDISC聴いてます。!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Sale

|

2017年9月15日 (金)

TANNOY 「ARDEN」展示しました!

Real_soundcheck_3
 
Th_img_5785       

TANNOYの「ARDEN」入荷しました!レガシーシリーズのトップモデルです。

Th_img_5788  

15インチユニットですが、意外にコンパクトに感じました。

Img_5794  

上杉研究所の真空管アンプと組み合わせました。おおらかで良い音がします。今のスピーカーにはない良さがあります。是非お聴き下さいませ!

TANNOY 「ARDEN」
http://www.esoteric.jp/products/tannoy/legacy_arden/index.html
定価¥1,200,000(税別)

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.82 LINN「KLIMAX DS/3」

Real_soundcheck_3

神奈川県K様

 
昨日はDSのセッティングに伺いました。

Img_5747_6    

K様より久しぶりのお問い合わせ、今回はDSにご興味がおありとのこと、AKURATEとKLIMAXをご自宅に持って伺いました。まずAKURATEを聞いて頂いたところ「クリアで良いね・・・クライマックスはもっといいの?」「もちろんです!これからセットしますね」と私が言うと「これより良いんだったら聞かなくてもいいよ」とのことであっさりKLIMAX DS/3に決まってしまいました。
先月KLIMAX DS/3とFIDATAのNASを納品させて頂きましたが、お使いのスピーカー、TANNOY「CANTERBURY/GR」がその時点ではSPACE OPTIMISATIONに対応していませんでした。リンジャパンにリクエストして店頭のスピーカーを計測してもらい、つい先日アップデートされたのです。

Th_img_5741

というわけで調整に伺った昨日、すでにKLIMAXならではの腰が据わった音を聞かせてくれていました。K様のご自宅は広いし天井も高い、本当に羨ましい環境ですが、数値を入れると結構凹凸が出ます。かけるかけないだと特にウッドベースのリアル感が全然違って聴こえます。窓のほか、TVも数値を打ち込むとよりリアルな方向へ、額も入れていくと見えてきました・・・20Hzのゲインを調整するとさらに生々しい。K様も「これ良いんじゃない!?」ということで決めて行きました。ヴィヴィッドなキャノンボール・アダレイ、コルトレーンが耳を捉えて離しません。素晴らしいです。

Th_img_5775

帰り際に「上遠野さん、これお土産」とぶどうを頂ました。甘みが濃厚で本当に美味しかったです!ご馳走様でした!

K様、本当にありがとうございました!


その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.77 Aja & Gaucho

B_uml45264_2Uml00602537435999_2

VOL.68 & 69  彩(Aja) & Gaucho  /Steely Dan
 
FLAC 192kHz/24bit(Aja) /FLAC 96kHz/24bit

購入先はこちら(彩Aja) /こちら(Gaucho)

本日はこの2タイトルをご紹介させていただきます。オーディオ業界でも有名なアルバムで試聴会でもよく使用します。お持ちのお客様も多いのではないでしょうか?
ディスクとしてもSACD、DVD-AUDIOなど高音質と言われている企画に対して多く発売されており、複数枚お持ちのお客様も多いのではないでしょうか。

今まで紹介を躊躇しておりましたが、この度メンバーのお一人であるウォルター・ベッカー氏が今月お亡くなりになりました。Steely Danはグループですが、実質Gauchoアルバム発売時はドナルド・フェイゲン氏とこのウォルター・ベッカーのお二人になっております。

懐かしい話ですが、2007年に東京赤坂に東京ミッドタウンが出来ましたが、その中にビルボードライブ東京がオープンし、そのこけら落としがSteely Danで、足を運んだお客様を何人も知っております。

実際Steely Danをジャンル分けすると難しいですが、録音時のメンバーはFusionで活躍しているメンバーを多用し新たな世界を作り出したのが、このアルバムになります。

あまり私が語ってしまうのはおごかましいアルバムですが、エンジニア、そしてリスナーにこれだけ評価されているアルバムは少ないでしょう。

SACD発売時には新たにリマスタリングされ色々と比較されておりましたが、非常に興味深いところがありました。
さてこの2枚のアルバムを紹介するか迷った理由がございます。海外ではGauchoのDSD音源が存在ます。海外のお客様に聞かせていただいた時に非常に素晴らしく、日本での発売を期待しておりました。そう考えている間に訃報が届いてしまいました。

今回は哀悼の意味を込めてこの2枚のご紹介をさせていただきました。

CD、SACD、アナログ、ハイレゾ。それぞれの楽しみ方でがSteely Danが残した音楽を感じ取ってください。H.A.L.3 島

|

★H.A.L.3 News★-ナスペック製品試聴会-

★H.A.L.3 News★-ナスペック製品試聴会-

皆様こんにちは。
本日の秋葉原は、初秋の爽やかな晴模様です。

さて、10月9日(月曜日/体育の日)はこんな試聴会を予定しています。

「ナスペック製品試聴会」

2017年10月09日(月/祝日)開催!
14:00~16:00(開場13:30)
定員数:18名(先着順)

≪Special Guest≫
Monitor Audio  Asia sales manager
Sylvain Quainon (シルバイン・クアイナン) 氏


ナスペックは、日本のオーディオ輸入商社として、世界中の優れたオーディオ製品を輸入しています。
代表的な所では、イギリスの有名メーカーMonitorAudioやオーストリアの人気メーカーVienna Acoustics、またはPlayback DesignsやdarTZeelなどのハイエンドブランドを有し、最近では、クリーン電源で名が知れたIsoTekや、有名ケーブルメーカーのWireworld等も扱っています。

今回の試聴会は、9月末に行われる、日本最大級のオーディオショウ、インターナショナルオーディオショウの開催に伴い、MonitorAudio本国より、アジア統括セールスマネージャーの方が対日されるという事で、今回の試聴会にもご参加して頂き、4Fが常設展示を行っているMonitorAudio PL-500Ⅱ/PL-300Ⅱを始めMonitorAudio製品についてお話しを頂きます。

また、クリーン電源として人気があるIsoTekを使用して、電源の重要性についても、ご説明をしたいと思います。

≪試聴会内容≫
act1:「Monitor Audio シルバイン氏による講演」
シルバイン氏よりMonitorAudioの魅力や開発におけるお話しを頂きます。
MonitorAudioが目指しているサウンドや、スピーカーの可能性について、普段、きけないお話しに注目です。

act2:「4F担当&商社担当によるIsoTekの実演」
クリーン電源製品として人気の高いIsoTekですが、実際に音質的にどのような効果があるのかを、説明を交えながら、皆様に体感して頂きたいと思います。

act3:「シルバイン氏と担当島のトークセッション」
今回のスペシャルゲスト、シルバイン氏と当フロア担当島によるトークセッションです。スピーカーメーカーと販売店が思う「スピーカー」とは…。


≪使用製品≫
Monitor Audio
EVO3 AQUARIUS ¥270,000
Event20171009f_2 Event20171009g Event20171009h Event20171009i_2


ケーブル類:Wireworld
Event20171009k


約2年前からナスペックが扱いを始めたMonitorAudioは、日本ではまだまだ知名度はそれほど大きなものではありませんが、世界的にみると、指折りのスピーカーメーカーで、完成度が高く、コストとクオリティのパフォーマンスが良く、今後、日本でももっと人気が高まると思われます。
そんなMonitorAudioのアジア圏内を統括しているシルバイン氏から色々お話しが聴けるチャンスは多くは無いと思います。是非、この機会にモニターオーディオの魅力に漬かって見て下さい。
そして、IsoTekの電源も然り、最近では4Fでもあまり展示を行わないdarTZeel等にも注目してみてください。

今回の試聴会は試聴室内で行いますので、定員は18名です。
ご予約の方が優先となります。
では、皆様のご来場・ご予約を心よりお待ち致しています。

Dynamicaudio 5555 天野
03-3253-5555
amano@dynamicaudio.co.jp

|

2017年9月14日 (木)

【1F最新情報】AUDEZE LCD-4 + OCTAVE V16 デモご案内

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 AUDEZE LCD-4+OCTAVE V16 夢の競演 

9月16日(土曜日)から9月18日(月曜)の3連休 デモのご案内です。
 
最高級ヘッドフォンのひとつとして君臨するAUDEZE LCD-4 
でありますがついにOCTAVE V16 シングルエンドとの組み合わせで
デモする日がきました。!
V16lcd4
---------------------------------------------
期間:9月16日(土曜日)から9月18日(月曜)
試聴機材:AUDEZE LCD-4
       OCTAVE V16シングルエンド
       ESOTERIC K-01X
 
場所:5555店 1F
 
*ご試聴予約で30分試聴可能です。
*通常はスピーカー再生デモしておりますので事前に
 ご試聴予約が要となります。予めご了承ください。
*V16はKT120仕様にする予定です。
(SUPER BLACK BOXもご用意する予定です。)
*LCD-4は新仕様ケーブルになっております。
*LCD-4を狙っていた方には 只今 嬉しい特典がございます。
---------------------------------------------
9月13日から発売が決まった OCTAVE V16については
残念ながら今までLCD-4については試すことができませんでした。
今までこの組み合わせでどうなるのか、興味があった方も多いか
と思います。
そして.....
ついにデモが実現できることになりました。!

●AUDEZE LCD-4

https://www.ask-corp.jp/products/audeze/headphone/lcd-4.html

Lcd4_3

●OCTAVE V16 シングルエンド

http://www.fuhlen.jp/octave/news.html

Octavev1602 

尚、AUDEZE LCD-4を以前から狙っていた方は
最新の仕様を知る機会にもなりますし、今回ダイナ独自の
大変魅力的な特典がございます。!

プレーヤーにつきましても この3日間高級プレーヤーとして 

K01x

エソテリック K-01Xを使う予定です。

http://www.esoteric.jp/products/esoteric/k01x/

是非、ハイエンドヘッドフォンの素晴らしい世界をお楽しみください。
 
*今回は この固定システムでのご試聴になりますので予めご了承ください。
詳しくは5555店 1Fまでお尋ねください。
(ご試聴予約承ります。)

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!

今、こんなDISC聴いてます。!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Sale

|

2017年9月13日 (水)

LUXMAN「L-509X」、FOCAL「Sopra N ゚2」試聴しました!

Real_soundcheck_3

昨日は株式会社ラックスマンの試聴室に伺いました。

Img_5694           

新規取扱ブランドFOCALのスピーカーが勢ぞろいしていました。

Img_5692_3
 
説明の後Sopra N ゚2を試聴しました。トールボーイスピーカーですが、明瞭な中高域、低域は非常に豊かでダイナミックなサウンドです。全てフランス国内で生産しているとのこと。仕上げもとても綺麗でした。

Img_5691_3

アンプは「L-509X」です。設計者の長妻氏にたくさんお話を聞けて勉強になりました。広い試聴室を悠々と音楽で満たせるドライビリティーと広々としたサウンドステージを感じました。完全にセパレートアンプのサウンドクオリティーですね。展示しましたらこちらのページでお知らせします。

9/24(日)に「L-509X」の試聴会を行います。是非ご参加下さいませ。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2017/09/924luxmanl-509x.html

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2017年9月10日 (日)

1F特価情報のお知らせ

まだ暑いと言いながらも、だんだんと秋らしい空気になってきている秋葉原です。

ダイナミックオーディオは毎年9月20日が本決算となっております。

そんな本決算にちなみまして、1Fの特価品をご紹介致します!

Img_2020DENON
DCD-SX1

定価 \594,000 ⇒ 売価 \297,000 (税込)
備考:B級品となります。2014年モデル、元箱ヨゴレ、状態は良好、メーカー保証あり。

 

Img_2021KRIPTON
PB-HR700

定価 \102,600 ⇒ 売価 \48,600 (税込)
備考:中古品です。元箱なし本体のみ、状態良好。

 

Img_1544_2PhaseTech
HD-7A

定価 \280,800 ⇒ 売価 \49,800 (税込)Web限定特価!!
備考:中古品です。元箱なし、取説、ACケーブル、USBケーブルあり。外観に若干キズあり。

 

本日は以上

ご検討よろしくお願いいたします。

※9月20日以降は価格が変更になる場合もございます。

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田 まで (月曜定休)
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp

|

【1F最新情報】OCTAVE V16 シングルエンド 9月13日発売!

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 OCTAVE V16シングルエンド 9月13日発売!

オクターブV16シングルエンドでございますが
代理店フューレンコーディネートのHPに発表がありまして
正式発売日が9月13日となりました。

http://www.fuhlen.jp/octave/news.html

Octavev1602

今回は9月16日(土曜日)から9月18日(月曜)の3連休の
間にハイエンドヘッドフォンと高級プレーヤーもご用意して
5555店1Fにて再度デモしたいと思います。
(実は今日も先行で試しておりました。)
 
機材は交渉中なので正式に組み合わせる機材が
決まりましたら今週中にこのブログと1Fツイッターでご案内
したいと思います。
正統派なヘッドフォンアンプの頂点の一つとして
このV16シングルエンドはありだと思います。

是非、ハイエンドヘッドフォンとの組み合わせでお楽しみください。
 
詳しくは5555店 1Fまでお尋ねください。
(ご試聴予約承ります。)

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!

今、こんなDISC聴いてます。!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Sale

|

2017年9月 9日 (土)

★天ノ視点★-B&W800D3-

★天ノ視点★-B&W800D3-

皆様こんにちは。
4Fはただ今B&Wの803・802・800の比較試聴が好評です!

そういえば、800D3が4Fに来てからちゃんとレポートをしていなかったとちょっと反省致しまして…。
ということで、今回のブログでは、私天野なりに、B&W800D3を皆様にご紹介したいと思います。

B&W 800D3
ピアノ・ブラック  \4,500,000(ペア/別)
ローズ・ナット   \4,250,000(ペア/別)

800d3

「B&W創業50周年記念モデル」
B&Wの始まりは、創業者ジョン・ボワーズが友人のRay Wilkinsと共同経営する電気店の裏で、ウェスト・サセックス州ワーシングの地元の顧客のためにスピーカー・システムを手で組み立てることから始めました。1966年には第一号機となる「P1」を発表。それからオーディオ界の歴史に刻まれる、名器を次々に輩出していきます。1974年には、約40年の長きに渡って採用されていたミッドレンジユニット「ケプラーコーンユニット」を開発。マトリックスや数々の名機を輩出しながら、今から約25年前には、歴史的名器「Nautilus-ノーチラス-」を発表します。その後、800シリーズが作られ、おおよそ5年の周期で「N(ノーチラス)」→「D(ダイヤモンド)」→「SD(シリーズダイヤモンド)」と形を変え、いよいよ、2015年には革新的な進化を遂げた「D3」が登場します。先行して802以下4機種を発表し、オーディオ業界を大いに賑わせてくれました。そして、昨年2016にB&Wの創業50周年を記念するモデルという事で発表されたのが、800シリーズの最上級機800D3です。
これまでB&Wの周年モデルは、通常のラインナップからは離れ、特別仕様のものでしたが、今回の通常モデルを周年機にしたのには、B&Wの並々ならぬ想い入れが感じられます。
これまでの50年を集約し、これからの50年を作るモデルといったところでしょうか。

「B&Wのスピーカーとして」
B&Wは世界でも有数のスピーカーメーカーです。特に日本では、各メーカー・各オーディオ雑誌のリファレンススピーカーとして使用されていることが多く、仕様されているユーザー様の数も相当数いらっしゃると思います。B&Wの800シリーズはその世代ごとに、その時代の基準スピーカーとなってきました。その為、私達販売店では、B&Wと比較してどうなのかという事をよく行います。SonusfaberとB&Wでは?、WilsonaudioとB&W、MagicoとB&W…のように。もちろん、それぞれの個性によって皆様の選ばれ方は異なります。B&Wの魅力は、スピーカー自体の強い個性ではなく、絶対的なクオリティの高さです。他社のスピーカーはそのクオリティに追随しつつ、個性があり、お客様によってお好みが分かれるところだと思います。その基準となるB&Wのスピーカーのクオリティが上がったという事は、今後の各社のスピーカー作りにも影響が出るのではないでしょうか?

「最上級機800D3」
さて、では800D3は802D3・803D3とどこが違うのでしょうか。
802D3・803D3は同時期に発表され、ユニットの大きさ・筐体の大きさ以外は、ネットワーク回路等に大きな違いはありません(もちろんユニットサイズが異なりますのでクロスオーバー等は異なります)
つまり、802D3と803D3はほぼ完全な形で兄弟機となり、お部屋の大きさや組み合わせるアンプ等によってそれぞれをお選び頂きたいと思いますが、800D3に関しては、それが異なります。
異なる部分として輸入元から説明があった部分としては…
・ネットワーク回路に使っている部品がより高品位になっている
・スピーカー底面部のベースが硬度を保ちつつ軽量の素材に変更
・ユニットを受けているフレームの設計
以上の三点が主だった変更点との事です。
特にネットワーク回路の部品に関しては、直接的に音色に関わってくる重要な部分になり、802D3・803D3よりも、高いクオリティを実現している大きな要因ではないでしょうか。

「組み合わせアンプ」
B&Wの特徴として、同価格帯の他社スピーカーに比べて、比較的鳴らしやすい事、スピーカー自体の音色よりも、アンプの個性が出やすいという特徴を持っています。
この「D3」になってからは、私天野としては、少しパワーを入れてあげたほうが良いように感じますが、それでも、全体的にみれば鳴らしやすいほうではないでしょうか。
しかし、「鳴らしやすい」という事と「しっかり鳴っている」という事は別で、特に800D3に関してはB&Wの最上級機という事もあり、超級のアンプを持ってきても、しっかりそれにこたえる懐の深さがあります。
4Fでは、通常、LUXMANのM900uをモノラルにして組み合わせています。定格出力で600W(8Ω)/モノラル時というハイパワーを持っていますが、800D3はそれでも、まだまだ余裕がありそうです。
上にも書いた通り、B&Wは有名スタジオ等でもモニタースピーカーとして使用されるようにとてもニュートラルな半面、アンプの良し悪し、入力ソースのキャラクターが良く出てます。
それを踏まえた上で、4Fのアンプ郡の中から、それぞれの音楽を合わせてご紹介をしたいと思います。

≪LUXMAN M900u(常設)≫
M900u
LUXMANのフラッグシップアンプです。フラッグシップアンプと言っても、コントロールアンプのC900u、モノラルで使った場合のパワーアンプM900uの三筐体で定価330万円というのは、このクラスのアンプとしてはかなりパフォーマンスの高いシステムではないでしょうか。(もちろんお安いという事ではありませんが…)
充分な出力量でユニットをしっかり駆動しつつ、角の取れた聴きやすい音色を持ち、800D3と組み合わせることによってとても広い音場を表現してくれます。
音楽としては質感をしっかり出したいクラシックや女性ボーカル、静かなジャズに向いているように感じます。

≪ESOTERIC Grandioso S1(常設)≫
Grrans1
ESOTERICらしいキレのある音色と充分な駆動力でしっかり800D3のユニットを動かします。ステレオパワーアンプにして4Ω時300Wの定格出力を持っています。国産メーカーらしい丁寧に作られた音色と、情報量の多さは特筆したいところです。
音楽としては、あえて言うとフュージョンやポップス等のスタジオ録音系の音楽が得意のように思いますが、LUXMANと同じように、広がり・奥行きもしっかり表現するので、大編成のクラシックもおすすめです。

≪Constellation audio STEREO 1.0(期間限定)≫
Ste10
アメリカのアンプメーカーConstellation audio(コンステレーションオーディオ)です。アンプ作りのプロフェッショナルが集まって究極のアンプを目指しています。このSTEREO1.0はConstellationのエントリーモデルになりますが、ステレオ筐体4Ω時400Wのハイパワーを持ち、充分なパワーで800D3を鳴らします。
音色は、音の厚みを持ちつつも、押し付けるようなところが無く、聴きやすい音色が特徴です。とても品があり、エントリーと言えども800D3を鳴らせるアンプです。
音楽としてはオールマイティに鳴らしてくれますが、おすすめはESOTERIC同様にフュージョン系でしょうか。とてもS/Nが低く、自然な広がりを聴かせてくれますが、少し元気の良い粗さがあり、前にググッと押し出してくれる印象です。


4Fで定期的にご試聴頂ける3機種をご紹介致しましたが、他の合わせてご試聴してみたいメーカー・製品がありましたら、事前のご予約で、ご用意させて頂きます。

Dynamicaudio 5555 4F 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.81 LINN「MAJIK LP12」

Real_soundcheck_3

神奈川県I様


Img_0173        

I様は5年ほど前にドクトル・ファイキャルトを導入して頂いて以来のお付き合いさせて頂いているお客様です。ご来店時にお話される内容のディープさ、ご質問の細かさから相当なオーディオファイルだと感じておりました。今まで全てセッティングもご自身で行って来られたためお伺いする機会がありませんでした。一度ご自宅の音を聞いてみたいと思っていたのです。2階のオーディオルームに入ると12畳の洋間にタンノイとウィーンアコースティックのシステムが目に入ってきました。メインは自作WE300Bのオリジナル、良い音しそうです・・・実際素晴らしかったです。

Img_0157

納品させていただいたのは、LINN「MAJIK LP12」のオークで
す。ここ最近LP12は4台続けてオーク仕上げでご注文頂きました。とても人気があります。念入りに調整してお届けしました。

Img_0163

メインシステムの反対側に設置されたサブシステムです。LINN「MAJIK LP12」、PHASEMATION「EA-300」、自作プリ、2A3シングルのパワーアンプ、JM Lab「MICRO TITANE」です。

Img_0164

さりげなく置かれていますが、抜群の音でした
。大きさが信じられないスケールの大私、ポール・チェンバースのベースが太く弾みます。2A3のシングルということは出力は2,3Wだと思いますが、かなりの大音量です。

Img_5681

聞かせて頂いた"Garland of Red""True Blue"。結局3つのシステムで聞かせて頂きましたが、共通する確りしたバランスと音楽の躍動感は流石です。アナログが中心のシステムでカートリッジ、アーム、フォノイコの組み合わせも吟味されていてオーディオも満喫されているのが伝わってきました。そんなI様から「MMでもリンは良い音だね。高いからだいぶ迷ったけど買って良かったよ!」とおっしゃって頂けたのがとても嬉しかったです。

I様、本当にありがとうございました!


その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

★H.A.L.3 NEWS★-FURUTECH NCF Booster

FURUTECH NCF Booster
 
コネクターケーブルホルダー 定価¥32,800(税別)
 
Img_5160 Img_5162
Img_5167 Img_5155
 
ケーブル、アクセサリーメーカーのFURUTECHからコネクター、ケーブルホルダーのNCF Boosterが10月に発売されます。
 
マテリアルハイブリット構造
コンポーネントや壁コンセンに接続されたコネクターやケーブルの振動を効果的に吸収し、それぞれのパフォーマンスを飛躍的に向上させます。
静電気対策として特殊素材「NCF」を調合。強力な制振効果に加え、静電効果が高まりました。これによりノイズの発生を抑え、静寂感が高まり、音の濁りがなくなることにより、埋もれていた音源本来の魅力を引き出します。
 
特徴と素材
・フルテック独自の調合によるマルチマテリアルハイブリット構造
・コネクターホールド下部:オーディオグレードABS樹脂とNCF調合ナイロン樹脂
・コネクターホールド上部:ステンレスブロックとオーディオグレードNCFナイロン樹脂
・ベースユニット:オーディオグレードABS樹脂とカウンターウェイト付き滑り止め
         衝撃吸収シート
・外部寸法:94×99.7mm 
 高さ:基本設定80mm/延長設定140mm 調節可能(ポール延長式)
・重量:710g(sample Size)
 
既に雑誌にも掲載されており、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、すでにご注文をいただいているということもあり、先日店頭にて試聴させていただきました。
 
LUXMANのプリアンプC900uに接続している電源ケーブルに設置
 
一聴してその変化は現れました。静寂感の中にエネルギー感が増え、音の芯がしっかりする印象を持ちました。若干キャラクターが乗るイメージもありますが、ここまでの変化をもたらすというのは正直驚きでした。
また解放感が減った印象を持ってしまいますが、それ以上に良くなることが多く、個人的には好印象でした。
 
その後電源タップにさしている電源ケーブルに設置してみました。ケーブルが同じベクトルということもあるかと思いますが、ここでも芯がはっきりして、嫌みな情報量のアップではなく、芯を持ちながらS/Nを向上させ、情報量を上げているように感じます。
正直これは欲しいと思わせるような逸品です。
 
以前あるメーカーさんに壁のコンセントを固定できるような製品を作ってくれないかと依頼したところ、色々な条件面で断念をしました。
今回のNCF Boosterもそこまでの高さまでにはなりませんが、何かでかさ上げをすることで対応が出来るのではないかと思います。
今回実験ができませんでしたが、発売後色々と検証していうこと思っております。
ケーブルのインシュレーターとなりますと、各メーカー個性が出てしまうところもありますので、一概には言えませんが、ケーブルを浮かすという役目もございます。
まずは電源のコネクター部分に設置することで、大きな音質アップになると思います。
発売は10月になりますが、先行して情報をお届けいたしました。

H.A.L.3 島 shima@dynamicaudio.co.jp

|

6F バッテリーS2500登場

どうもこんにちは。
秋晴れという感じの爽やかな秋葉原です。
 
新製品を期間限定展示中です!
Stromtank_s2500
STROMTANKS2500
希望小売価格¥3,300,000 (税別)
小型タイプの登場です。
 
大きさ、価格と色々衝撃だったS5000
人によってはパワーアンプ用にと2台目を購入という事もありました。
音の変化は好評でしたが1番の問題は大きさでした。
 
そこで容量は半分になりましたが、小型化を果たし
サイズ的にラックに収納することも可能になりました。
Stromtank_s2500b  
幅は48cm、高さ29.5cm、
奥行きは46.5cm(メーターの出っ張り+1cm、裏側に2cm弱の突起アリ)
ラックによってはスッポリ入るサイズですね。
重さの61kgがネックでしょうか。
小部屋での展開で前段機器に使用していますが、5時間弱で
まだ満タン表記ですね。。。
CDtransport、DAC、Preamplifier、PhonoEQ、Turntableの
5機種が繋がっていますがたいして電力消費しないのでしょう。
 
ここにパワーアンプ2台を繋ぐと一気に消費量が増えるので
数時間後にはバッテリーの放熱が追い付かずに保護のために
シャットダウンすると思います。S5000で5時間半後になりました。
 
S2500とS5000の単純比較は行っていませんが、
相変わらずの圧倒的な静寂感は他ではなかなか体験できません。
この瑞々しさはとても説得力があり、パワーアンプにも使えば
何段階もレベルアップした音になります。
 
最後の写真はメーター部分も消灯できるようになったので。
恐らく右側の緑ランプが残量を表しているのだと思います。
これで大きさと眩しいという問題が解決です!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
S2500_stromtank_3

|

【1F最新情報】B&W NEW700シリーズデビュー

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 B&W NEW 700シリーズデビューしました。 

Bw700

B&W CMシリーズが生産完了となりまして、期待されていた
次のラインナップがとうとう9月8日日本国以内でも発表
となりました。

カーボンドームツイーター、コンティニュアムコーン、
エアロフォイルコーン等 800 D3の技術を踏襲した仕様は
実に期待が持てます。

Bw702

写真は 702S2(色:ピアノブラック)
↑ ↑
詳しくこちらでご確認いただけます。(メーカーHP)
 
カラーバリエーションはピアノブラックとローズウッドの2色
お値段はCMシリーズと比べてもユニット刷新したことを
考えればコストパフォーマンスは大変高いと考えます。
Bw7002
私もD&Mショールームで702S2から707S2までのモデルに
つきまして試聴をそれぞれ してきましたが、広い音場感
と静けさの表現はとても秀逸でB&W NEW700シリーズの
能力の高さを感じました。ウーハーのマグネットはフェライト
を使っており色んなアンプにも合わせやすいはずです。
 
Bw7003
 
メーカー情報によると11月からのデリバリーとなるよう
ですが実に楽しみな商品だと思います。
 
それぞれ1セットのみですが最終新品在庫も
確保しております。
 
詳しくは5555店 1Fまでお尋ねください。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!

今、こんなDISC聴いてます。!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

|

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.76 モーツァルト:オーボエ協奏曲ハ長調 K. 314 /ハイドン:協奏交響曲変ロ長調 Hob.I-105

Cd1302 VOL.67 モーツァルト:オーボエ協奏曲ハ長調 K. 314 /ハイドン:協奏交響曲変ロ長調 Hob.I-105
モーツァルト管弦楽団&クラウディオ・アバド  

WAV96kHz/24bit

購入先はこちら 

お客様宅訪問時に大きな発見の一つはやはり音楽です。先日FRANCO SELBIRIN ACCORDOをご購入いただいたお客様宅にお邪魔いたしましたが、その時のかけていただいた一枚目のディスクがこちらのアルバムでした。演奏が素晴らしくまたACCORODOとEINSTEINのプリメインアンプにマッチして非常に気持ち良く聞くことが出来ました。早々と購入しようと思いましたが、最近ではついついハイレゾで発売されているか確認をしてしまいます。
発見しました。

アバド氏はロンドン、ウィーン、ベルリン時代それぞれに名演奏がありますが、ベルリンフィル退任後アバド氏が亡くなる一年前に録音されたされた演奏となります。
レーベルはスイスのClavisレーベル。普段あまりオーボエを主に試聴することはありませんが、録音といい演奏の素晴らしさといい良いオーディオで聞くCLASSICの感動をただただ感じてしまいます。H.A.L.3 島 健語

追伸
ご紹介いただいたお客様宅写真
 
Img_5187


|

2017年9月 4日 (月)

6F 再登場2機種

どうもこんにちは。だんだん涼しい時間が増えてきたような。
このまま秋らしい秋に突入してくれると良いですね。
 
さて、改めて登場している製品の紹介。
Atm3211
出力段に211管を使用したモノパワーアンプ。
ハイスピードと濃さを体験させてくれるアンプです。
 
Kalista_cd_dac
           『Kalista DAC
 
 
変わらない音と最新の音に対応したDAC。
そして新たにDACに合わせたデザインと新しい電源部を採用した
トランスポート。
 
組み立てていてこれほどワクワクするCDプレーヤーは他にないです。
ピカピカに!水平とりながら~と楽しんでいます。
 
両機種ともしばらく展示しています。
お問合せください。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

試聴会のお知らせ・・・9/24(日)LUXMAN新製品「L-509X」試聴会!

Lux509x

LUXMANから「L-509fSE」、L-509u」に続く3世代目のフラッグシップモデル 「L-509X」が発表されました!

http://www.luxman.co.jp/presspro/l-509x

プリメインアンプとしては高額ですが、プリアンプ、パワーアンプが1つのボディーに入っている本当の意味での「ワンボディーセパレートアンプ」です。 解像度、音場表現、クリアネス、ドライブ力・・・ お聴き頂ければご納得頂けます。是非ご参加くださいませ!

■使用機材・・・調整中 
■日時:9月24日(日曜日)  14時~15時30分 
■解説:ラックスマン株式会社 小柳氏 
■場所:ダイナミックオーディオ5555 2Fサウンドハウスフロアにて
■ご予約はメール(ken@dynamicaudio.co.jp)もしくは、フロア直通電話 03-3253-2001にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。 

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

★H.A.L.3 News★-カートリッジ色々-

★H.A.L.3 News★-カートリッジ色々-

皆様こんにちは。
本日の秋葉原は、初秋の雨で半袖だとちょっと寒く感じますね。

さて、お客様からのご要望もあり、4Fおすすめのカートリッジを集めてみました。

ラインナップはこちら↓↓↓
カートリッジエンジニアとして長いキャリアを持つ助廣 哲也氏、渾身の一作です。
ベース部分、ボディー部分共に、アルミの合金に作られていて、カートリッジとしてはとても重量のある仕上げですが、剛性の高さから音のゆるみが全くなく、スタイラスがトレースした信号をそのままに出力します。まさに、この時代が生んだハイファイカートリッジの代表格と言っても良いのやも知れません。

Atart1000
日本の定番オーディオアクセサリーメーカーAudio-technicaです。カートリッジもモノラルやVM型等を総合しますと20種類以上のラインナップがあります。その中で昨年、フラッグシップモデルとして発表されたのがこのAT-ART1000です。スタイラスの直上にコイルを配置し、カンチレバーの影響を極限に無くしたモデルです。ストレートで損失の無いフラットな音色は他のカートリッジでは再現が難しい一品です。

Cadenza_black_2
ortofon Cadenza Black 定価\270,000(別) ※期間限定 9/5~9/12
お馴染みのメーカーオルトフォンのカートリッジ単独のモデルです。このCadenzaシリーズはレッド、ブルー、ブロンズ、ブラック、モノの5種類があり、価格に応じてお選び頂けます。
オルトフォンらしい音の厚みもさることながら、情報量を持った現代カートリッジです。

Cadenza_bromz
ortofon Cadenza Bronze 定価\222,000(別) ※長期展示中
価格的にはBlackの弟分にあたるカートリッジですが、使用素材等にこだわって、Blackとは少し違ったキャラクターを持ちます。Blackよりも少し軽やかな印象があり、クラシック等を多く聴かれる方のは、こちらの方が合わせやすいかもしれません。

Spu_ry
ortofon SPU Synergy 定価\196,000(別) ※長期展示中
オルトフォンの代名詞「SPU」シリーズ。その中で最もパワフルという触れ込みですが、SPUらしい厚みの中に、しっかり情報量や音楽性の高さを持っていて、とてもパフォーマンスの良いカートリッジです。いつかはSPUを持ってみたい…と思っていた方は、これはおススメです。
Spu_1s

ortofon SPU♯1S 定価\58,000(別) ※長期展示中
SPUシリーズ最も、コストパフォーマンスに優れたカートリッジの登場です。「マイファーストSPU」というコンセプトのもと、オールドサウンドを引継ぎ、SPUの音色をもっとたくさんの方に楽しんで頂きたいという想いから作られた一品です。丸針と楕円針が用意されていますが、これは丸針のモデルです。

Spu_1s_2
ortofon SPU♯1E 定価\69,000(別) ※長期展示中
SPUシリーズ最も、コストパフォーマンスに優れたカートリッジの登場です。「マイファーストSPU」というコンセプトのもと、オールドサウンドを引継ぎ、SPUの音色をもっとたくさんの方に楽しんで頂きたいという想いから作られた一品です。丸針と楕円針が用意されていますが、これは楕円針のモデルです。

Pp500
Phasemation PP-500 定価\220,000(別) ※期間限定 9/5~9/12
人気メーカーフェーズメーションの最新作です。カートリッジ、フォノイコラーザー、トランス等、アナログに関する総合メーカーらしい丁寧な完成度のカートリッジです。フラッグシップ機PP-2000の技術を継承しつつ、カートリッジ自体の軽量化をはかりトレーシング能力を高めています。

Emigl
My Sonic Eminent GL 定価\350,000(別) ※長期展示中
「低インピーダンス・高エネルギー出力」をモットーにハイエンドカートリッジを作っているマイソニックラボ。人気シリーズEminent(エミネント)のエントリーモデルです。
コイルの巻き線を少なくし、発電による内部損失を極限まで抑えたEminentは高解像度で、はっきりとした音色を持っています。
Emihy

My Sonic Hyper Eminent 定価\460,000(別) ※長期展示中
EminentGLの外装に注目をして、超々硬度のジュラルミンを採用する等、硬化を図ると共に、サスペンション等の振動系も改良して、より解像度や音楽の厚みが増しています。
全てはDL-103から始まるといっても過言では無いくらい、標準的なカートリッジです。沢山のハイエンドカートリッジを持っている方や、超級レコードプレーヤーをお持ちの方でも、基準となるカートリッジという事で、多くの方が使用されています。



以上が4Fでお楽しみ頂けるカートリッジ達です。
中には、他でご試聴頂けないもの等もあります。
是非、皆様のお好みの音色を探してみてください。
※製品によっては一時的に展示が無い製品をございます。ご来店前に一度、ご連絡を頂ければご試聴の可否をお答えさせて頂きます。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2017年9月 2日 (土)

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.80 LINN「LP12 SYSTEM」

Real_soundcheck_3

京都府T様


Img_55850209170251     

昨日は京都に出張でした。青空がとても綺麗でした!

Img_55700209170251

古都の町家が軒を連ねる路地を歩き歩きT様のマンションに到着しました。素敵・・・北欧インテリアと緑溢れるバルコニーからの光がやさしく調和して何とも気持ちの良いリビングでした。オーディオシステムは、Acustik-Labの「Stella Opus」
、ESOTERIC「X-50W」、Mark Levinson「NO.383L」。上品なサウンドクリエイト製のラックに収まっています。

Img_55600209170251

アナログプレーヤーは、LINN「MAJIK LP12」をベースにアームを「AKITO」に交換したシステムです。フォノイコライザーはSOUL NOTE「E-1」の限定版ブラックモデルを合わせて納品させて頂きました。
仕上げはオークになります。スピーカーと仕上げが合いますね。

音は
もちろん素晴らしかったです。音楽が鳴っている、身体にスッと入ってくる感じのとても魅力ある音がします。ずっと聴いていられますし、実際長々と居座ってしまいました。

Img_55770209170251

せっかく京都に来たのだからと柳月堂というクラシック喫茶をご紹介頂きました。チェンバロ、ピアノが置いてある小ホールに
オールホーンのスピーカーが置いてあります。音量は控えめでしたが、品のある再生音に驚きました。音楽チャージを取るのも納得の本格的な再生でした。

Img_e7ad6922abf91

お昼にご馳走になったいづうのお寿司は酢と塩の加減が絶品でしたし、お土産に頂いた生菓子の程よい甘さとそれが口の中でスッと溶けていく感じがたまりません。音楽と食文化・・・質の高い京のライフスタイルを垣間見れて充実した1日でした。

T様、奥様、お嬢様、本当にありがとうございました!

ご馳走様でした!

その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

★H.A.L.3 News★-期間限定G4新旧比較-

★H.A.L.3 News★-期間限定G4新旧比較-

皆様こんにちは。
今日は雨の秋葉原で、半袖だと少し肌寒く感じる一日になりました。

さて、数か月前にVividAudioのGIYAシリーズが「S2」として新しくなり発表されました。

4Fはこれまで、G2、G3、G4と展示してきました。
現在は4FではG4の旧モデルを展示しており、お客様から新モデルとの違いについてお問合せを頂いておりましたが、私達もなかなか比較試聴が出来ずにおりました。
今回、輸入元のご協力によって、現在、当フロアに展示している旧モデルと新モデルの比較試聴が実現致しました。

「GIYA G4 S2モデル」
-輸入元ステラwebより引用-
スピーカーを小型化するための要は、低音用ドライバーユニットの完成度です。設計者 Laurence Dickie は、新たな小型スピーカーのために、ローミッド用ドライバー C100S とベースドライバー C125L を新たに開発いたしました。
ローミッドドライバー C100S は、G1 から G3 までの GIYA シリーズに使用している C125S ローミッドドライバーと同じ磁気回路を使用し、口径を小型エンクロージャーに最適化した専用ドライバーです。強力なネオジウムマグネットによるロングギャップ・ショートボイスコイル方式により、優れたディストーション特性を得ています。

Newg4 Oldg4

今回のS2モデルでは、新しく開発されたユニットが採用されています。
技術的な事もありますが、外観上も大きく変化して、フロント部分に網状のデュフューザーが採用されています。
音場の拡散効果を狙った仕様だと思われます。実際、音色は旧モデルよりも自然でスムーズな広がりを感じるようになりました。


おおよそ一週間程の展示を予定しています。
比較試聴ご希望の方は、下記までご連絡を下さい。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.75 J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV 1001-1006

Uml00028948275380 VOL.66 J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV 1001-1006
 
ヘンリク・シェリング
 
DSF 2.8MHz/1bit
 
購入先はこちら

シェリングの代表アルバムの一つであるこのアルバムは今年1月にSACD(SHM)と同時にDSD音源として販売されました。またアナログのオリジナル盤は非常に価値も高く、高額で取引されており、名演奏の一枚として有名なアルバムです。
もちろんこの時代ですので、アナログになりますが、うまくDSD化されており、響きが非常に麗しく味のある演奏を聞かせてくれます。FRANCO SELBRIN ACCORODOで聞くこの演奏は心まで癒してくれます。H.A.L.3 島

|

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »