« ハイレゾ音源のご紹介 VOL.75 J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV 1001-1006 | トップページ | REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.80 LINN「LP12 SYSTEM」 »

2017年9月 2日 (土)

★H.A.L.3 News★-期間限定G4新旧比較-

★H.A.L.3 News★-期間限定G4新旧比較-

皆様こんにちは。
今日は雨の秋葉原で、半袖だと少し肌寒く感じる一日になりました。

さて、数か月前にVividAudioのGIYAシリーズが「S2」として新しくなり発表されました。

4Fはこれまで、G2、G3、G4と展示してきました。
現在は4FではG4の旧モデルを展示しており、お客様から新モデルとの違いについてお問合せを頂いておりましたが、私達もなかなか比較試聴が出来ずにおりました。
今回、輸入元のご協力によって、現在、当フロアに展示している旧モデルと新モデルの比較試聴が実現致しました。

「GIYA G4 S2モデル」
-輸入元ステラwebより引用-
スピーカーを小型化するための要は、低音用ドライバーユニットの完成度です。設計者 Laurence Dickie は、新たな小型スピーカーのために、ローミッド用ドライバー C100S とベースドライバー C125L を新たに開発いたしました。
ローミッドドライバー C100S は、G1 から G3 までの GIYA シリーズに使用している C125S ローミッドドライバーと同じ磁気回路を使用し、口径を小型エンクロージャーに最適化した専用ドライバーです。強力なネオジウムマグネットによるロングギャップ・ショートボイスコイル方式により、優れたディストーション特性を得ています。

Newg4 Oldg4

今回のS2モデルでは、新しく開発されたユニットが採用されています。
技術的な事もありますが、外観上も大きく変化して、フロント部分に網状のデュフューザーが採用されています。
音場の拡散効果を狙った仕様だと思われます。実際、音色は旧モデルよりも自然でスムーズな広がりを感じるようになりました。


おおよそ一週間程の展示を予定しています。
比較試聴ご希望の方は、下記までご連絡を下さい。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« ハイレゾ音源のご紹介 VOL.75 J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV 1001-1006 | トップページ | REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.80 LINN「LP12 SYSTEM」 »