« 【1F最新情報】V16シングルエンド + LCD-4 デモ開始! | トップページ | ★H.A.L.3 NEWS★-特価情報 »

2017年9月16日 (土)

★天ノ視点★-Guarneri Tradition-

★天ノ視点★-Guarneri Tradition-

皆様こんにちは。

発売から数か月が経ち、雑誌等でも特集され、お客様から試聴のご要望が増えてきたSonusfaberのTraditionシリーズです。
4Fでも、発売開始から、常時展示をしていましたが、ここ最近は他フロアにて、各担当のシステムで鳴らしていました。

P1030495

先日から4Fに戻り色々なアンプで試していますが、今日は、こんなプリメインアンプで鳴らしてみました。

KR Audio Electronics VA880 定価\980,000(別)
Va880
オーディオメーカーとしてはあまり耳にすることが無いメーカーですが、真空管がお好きな方や、自作をされている方はお馴染みやもしれません。
特に300B管が有名で、今回ご紹介をしますVA880とは別に自社の300Bを使用したVA830という製品もあります。
VA880にはGenalex Gold Lion KT88(ロシア製)が使用されておりますが、真空管メーカーらしい、真空管の良い所をしっかり引き出したアンプです。
出力は50W×50Wと真空管アンプとしては標準的な出力が得られ、Guarneri Taditionを鳴らす上では充分なパワーを持っています。
質感としては少し柔らかさを持っていますが。、KT88らしい芯の太さがあります。

EINSTEIN The Tune II 定価1,200,000(別)
The_tune2
数年前から日本でも輸入が再開され、真空管アンプとして人気のあるEINSTEINです。
このThe Tune 2は真空管ではなく、トランジスタのアンプとして設計されました。
真空管アンプとして名高いEINSTEINですが、最初に設計されたアンプは25年前に発売されたトランジスタアンプが始まりだったそうです。
このTune2はトランジスタながら、EINSTEINらしい深みのある音色を持っており、Guarneri Taditionのキャラクターを生かしつつ、しっかり自身のキャラクターもしっかり表現する実力を持っています。
80W/8Ω、130W/4Ωのプリメインアンプとしては、しっかりした出力があり、今回のGuarneri Taditionだけではなく、上位モデルのSerafino Traditionクラスでもしっかり駆動してくれます。

他にも、4Fでは、OCTAVE V110SEやSPEC RSA-M等も常設していますので、比較してみたい!という方はお気軽にご予約下さい。

Sonu faberのGuarneri Taditionはブックシェルフ型のスピーカーですので、形としてはプリメインアンプと組み合わせるのが、シンプルかと思いますが、過去のGuarneriではLUXMANや今回ご紹介したEINSTEINのセパレートアンプで鳴らしている方も少なくありません。
それだけのポテンシャルを持っているスピーカーだと思いますが、まずは、プリメインアンプでスキッと鳴らしてみましょう。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 【1F最新情報】V16シングルエンド + LCD-4 デモ開始! | トップページ | ★H.A.L.3 NEWS★-特価情報 »