« ハイレゾ音源のご紹介 VOL.66 Turn Up The Quiet | トップページ | 明日は上杉研究所 アナログ試聴会です、残りわずかです! »

2017年6月 2日 (金)

★H.A.L3 NEWS★KS-Remasta 取扱い開始

シェルリード専門工房 KS-Remastaの製品の取り扱いを開始いたしました。

Ksremasta
 
スタンダードモデル 
KS-LW-4000MR            ¥4,000
KS-LW8100EVO.1           ¥10,000
KS-LW-1500EVO.1           ¥10,000
 
エントリーモデルになります。
 
繊細なサウンドの8100EVO.1
厚みのあるあるサウンドの1500EVO
 
ハイエンドモデル
  
KS-STAGE101 EVO.1 ¥15,000
KS-STAGE201 EVO.1 ¥20,000
KS-STAGE203 EVO.2 ¥20,000
KS-STAGE301 EVO.1 ¥30,000
KS-STAGE303 EVO.2 ¥30,000
KS-STAGE401 EVO.1 ¥50,000
KS-STAGE403 EVO.2 ¥50,000
 
数字の最初の一桁は導体の鏡面加工仕上げの行程の違い
 
3桁目は線材の違い 1 高純度OFC 3 TRIPLE C
 
EVO.1 EVO.2 はハンダによる違い
ラインナップはもっとありますが、こちらに絞り在庫をさせていただいております。
 
ヴィンテージシリーズ
 
 
KS-VWS-3024D              ¥4,000
KS-VWS-3024D MONO            ¥4,000
KS-VWS-Spirit.2N            ¥10,000
KS-VWS-Frontier IN           ¥15,000
KS-VWS-REX.2N             ¥25,000
KS-VWS-Tempest.1/N-VK         ¥50,000
KS-VWS-Tempest.1/SR-NVK       ¥80,000
KS-VWS-Legend/SR-NVK         ¥200,000
 
ヴィンテージの線材を使用し、ハンダに関してもヴィンテージハンダを使用しております。
現代サウンドではなく、昔ながらのアナログサウンドをイメージしていただければと思います。
 
お勧めはKS-VWS-REX.2N辺りではないかと思います。
今回のお取り扱いに関しては、私も10種類以上5時間以上にわたり試聴を行いましたが、リード線による音質の違いをしっかり感じることが出来ました。
リード線の交換に関しては、お客様にとって神経を使う作業ですので、なかなかご案内しにくいところがございましたが、重要なファクターであるということを再認識いたしましたので、ご案内をさせていただきました。
 
高級モデルになりますと、アームに直付けとなりますが、ヘッドシェルにカートリッジを取り付けているお客様は是非チャレンジしていただきたいと思っております。
 
YOU TUBEにてリード線取り付けのの動画がございますので、是非ご覧ください。
 
動画はこちら
 
ご試聴可能なモデルは
KS-LW8100EVO.1          ¥10,000
KS-LW-1500EVO.1         ¥10,000
 
DENON DL103に両モデルとも装着しております。

お問い合わせはH.A.L.3 島まで

|

« ハイレゾ音源のご紹介 VOL.66 Turn Up The Quiet | トップページ | 明日は上杉研究所 アナログ試聴会です、残りわずかです! »