« 6F 最強のレコード内袋 | トップページ | REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.77 LINN「AKURATE LP12SYSTEM」 »

2017年6月16日 (金)

★H.A.L3 NEWS★ Sonus faber Guarneri Tradition 入荷

Sonus faber Traditionシリーズ Guarneri Traditionが入荷しました。

■Sonus faber Guarneri Tradition  定価¥2,000,000(税別)
 
代理店ホームページはこちら

島試聴レポートはこちら

開梱、組み立て作業をご紹介いたします。
 
Img_4348 Img_4352
 
Img_4382_2 Img_4357_2
 
Img_4362

Guarneriシリーズは今回も木箱に入っております。

ドライバーで上のねじを外してオープン。

そうするとまずは付属品が出てきます。
オーナーズマニュアル、サランネット、そしてクリーナーとなります。
このクリーナーは表面の皮の部分ではなく、ボディ-を磨くためのものとなります。

付属品の入ったパッキンを外すと本体登場。
取り出す時はビニールを垂直に持ち上げてください。ピッタリ入っておりますので、ちょっと力がいると思います。とにかく片側のスピーカーにぶつけないように引き上げてください。
それからビニールと専用の袋を外してください。下がフローリングの場合は傷防止の為マットなどを敷いて作業すると良いと思います。
 
Img_4363 Img_4367
 
Img_4370     Img_4374
 
Img_4377     Img_4379
 
Img_4381
 
今回のスタンドはベースを取り付けるという作業となります。
以前は大理石や御影石でしたので重量がありましたが、今回はベース部分が軽くなっておりますので、作業は非常に楽になっております。
スタンドを逆にして、付属されているレンチで4か所固定します。

今回のGuarner Traditionはスタンドが要になっております。特にスパイク部分は非常に重要だと思います。スパイク受けは裏がフェルトになっておりますので、傷防止となります。
スタンド上面は突起しているしている部分があります。そこに合わせて本体を設置してください。
 
Img_4395
Img_4390  
 
スピーカーターミナルはバイワイヤーになっており、縦に配列されております。
ジャンパープレートがついておりますので、バイワイヤーでご使用される場合は必ず外してください。Yラグのスピーカーケーブルを使用の場合は、プレートよりYラグ部分が本体側になるように接続したほうが好ましいと思います。やはり違いは出てきますので、試してみてはいかがでしょうか。

新しいスピーカーが来るとやはりうれしいものです。

後は育てていくという作業になりますが、色々な音楽を歌わせていきたいと思っております。

H.A.L.3 島 

追伸
日本ファーストオーナーへの納品も完了いたしました。
 
Img_4445
 

|

« 6F 最強のレコード内袋 | トップページ | REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.77 LINN「AKURATE LP12SYSTEM」 »