« ★H.A.L3 NEWS★ LINN サラウンドシステム | トップページ | ハイレゾ音源のご紹介 VOL.69  Purple Rain Deluxe (Expanded Edition) »

2017年6月25日 (日)

★H.A.L.3 News★-ANALOG FESTIVAL in H.A.L.3 Vol.2-

★H.A.L.3 News★-ANALOG FESTIVAL in H.A.L.3 Vol.2-

皆様こんにちは。
今日は梅雨らしいしとしと雨の秋葉原です。

さて、来週土曜日7月1日はこんな試聴会を企画しています。

ANALOG FESTIVAL in H.A.L.3 Vol.2

7月1日(土) 13:00~16:15 (休憩15分)

4月末に第一回目を行ったANALOG FESTIVALですが、好評のお声を頂きまして、第二回目を早速行います。
今回は、3時間以上の長丁場ですが、アナログプレーヤーに注目して、皆様にご紹介していきたいと思います。
今回は合計4社のメーカー・輸入元の担当者に来場頂き、扱い製品について詳しくお話し頂きます。

では、少しづつ各社のご紹介をしたいと思います。

LINN  13:00~13:45
Event20170701b
≪プレゼンター≫LINN japan 山口氏
LINNは何と言っても40年以上も変わらないデザインで多くのお客様にご愛用を頂いているLP12があります。
ベースとなるSONDEK LP12はLINNのロゴマークにもなっているシングルポイント・ベアリングや、プラッターとアームベースを一体化させてスプリングによるフローティング構造を採用されています。そして、アームやカートリッジの他に、内部プレートや電源といったアイテムをグレードアップさせることによって、徐々に高音質化を狙っていきます。今では、Majik、Akurate、Klimaxといった三段階にシステムをご紹介をしています。

Hanss Acoustics 13:45~14:30
Event20170701d
≪プレゼンター≫Audio Reference 木口氏
あまり広く知られていないプレーヤーメーカーですが、その実力は4Fの折り紙付きです。基本構造はリジット型・ベルトドライブ方式です。今回ご紹介するのはT-20SEというエントリーモデルの新製品です。もともと、シルバーのアルミが採用されていたT-20ですが、今回SEモデルという事で、ブラック・木目を前面に出し、外観上とても落ち着きのある趣になっています。3本のベルトで安定した回転が特徴的なレコードプレーヤーです。

----休憩15分----

CLEAR AUDIO 14:45~15:30
Event20170701e
≪プレゼンター≫ヨシノ・トレーディング 畑山氏
世界有数の規模を誇るレコードプレーヤーメーカーのClearaudio。プレーヤー、アーム、カートリッジ、フォノイコ、レコードクリーナーと総合的にご紹介をしています。今回ご紹介をしますのは、新製品のPerformance DC with TT5 and MC Essenceという組み合わせのプレーヤーです。注目は何と言っても、今回ご紹介をするメーカーの中で唯一のリニアトラッキングを採用したアーム「TT5」です。通常のアームでは、どうしても発生してしまうトラッキングエラーを無くすことが出来るリニアトラッキングは、理屈上理想的なアームですが、その反面扱いの難しさや生産の難しさ等の問題があります。そのあたりをどのように克服しているのか。レコード総合メーカーだから出来るプレゼンにご期待下さい。

TechDAS 15:30~16:15
Event20170701f
≪プレゼンター)ステラ 堀川氏
日本が生んだモンスター級プレーヤーTechDAC(テクダス)のAir Forceシリーズ。
その名の通り、空気の力を利用したレコードプレーヤーです。
上位モデルのAir Force Oneは登場するやいなや、日本にとどまらず、世界各国で絶賛されました。その完全なる血筋にして、最新作が今回ご紹介するAir ForceⅢです。
エアーポンプを用いて、レコード盤を無垢のアルミ材から削り出された、重さ9kgのプラッターに吸着させ、最大級の安定感を実現しています。



以上が今回ご紹介をしますレコードプレーヤーとメーカーです。
それぞれが違った見方で究極のレコード再生を目指しています。
他にも、4Fがおススメしているレコードプレーヤーは沢山ございますが、今回はメーカーや輸入元の担当者の生の声で皆様に楽しんで頂きたいという事もあり、4社に絞ってみました。
普段、私達も、お客様のご要望に合った商品をご紹介していますが、そんな私とは違った魅力の発見があるかと私達自身も楽しみにしています。

今回は4F試聴室で行いますので、定員数は各セクション18名となっています。
皆様の、ご参加を心よりお待ち致しております。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« ★H.A.L3 NEWS★ LINN サラウンドシステム | トップページ | ハイレゾ音源のご紹介 VOL.69  Purple Rain Deluxe (Expanded Edition) »