« ★H.A.L.3 News★ディスクメディアとHi-Res再生- | トップページ | B&W「804d3」展示しました! »

2017年5月26日 (金)

6F T1展示開始

どうもこんにちは。明日からはまたカラッと暑くなるみたいです。
 
正式に発売になりました!
Chprecision_t1
待ちに待った純正の外部クロックです。
10MHz出力の水晶発信機搭載です。
 
先日、最初のオーダーをいただいたお客様へ納品されました。
同時に何台か入ってきたのでデモ機も確保です!
在庫アリ!って良い響きhappy01
 
10MHzの出力はサイン波とスクエア波に対応しています。
CHのCDやDACのクロックボードはサイン波に対応いるので
わざわざスクエア波を使用する必要はないですが…
ちょっとスクエア波で音を鳴らしてみると荒っぽい音というか
これはこれで需要がある場合もあるのでは?
なんて思ってしまいます。長時間耐えるかは不明ですが。
荒いと言っても比べれば多少はというくらいです。
 
C1 monoを導入した時点でCD再生に関しては今までの限界値を
超えたところに到達しておりますが、
T1追加でもっと上の地点まで連れて行ってくれます。
 
D1単体に試してもしっかり効果がある製品です。
音の変化によって空間が研ぎ澄まされたような印象で
浸透力、説得力が格段に向上すると思います。
 
こうなるとX1とどっちが…という疑問も生まれてきますよね。
X1は強化電源なのでS/Nの向上、音の根本にある力強さが
しっかりする印象です。
 
どちらがより良いというのは求める音によると思いますが
どちらも入れてしまえば良いという答えもある気がします。
 
逆に、少数派だとは思いますがX1が気に入らなかった方でも
T1は良くなる部分が異なっているので、こちらは別物だと
興味を持ってもらっても良いのではないでしょうか?
 
しばらく展示しています。
事前に確認していただいた方が良いと思います。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« ★H.A.L.3 News★ディスクメディアとHi-Res再生- | トップページ | B&W「804d3」展示しました! »