« REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.71 TANNOY「GRF90 SYSTEM」 | トップページ | 「4F D300 System 紹介」 »

2017年4月22日 (土)

6F EINSTEIN登場

どうもこんにちは。先一週間は雲が多い天気になりそうですね。
カラッと晴れて清々しい春の日はあと何日くらいあるのか。。
 
さて、相変わらず良い音だしますね、紹介します。
Finalcutmk602
真空管(6C33)が直接スピーカーを
ドライブするパワーアンプです。
 
※ほぼ同じなのでMk70のページをリンクしています。
 
同じ商社の取扱なので遠慮なく名前をだしますが
ConstellationCentaurⅡ』と音の違いが面白いですね。
 
CentaurⅡは驚異的なS/Nの良さだったりステレオとは
思えないドライブ力、何よりきめ細やかな音作りは
現代においてできること、或いは求められることを
見事に取り込んだ製品に思えます。
 
そこからFinal Cutに切り替えた時に感じる緩さが
また心地よいですね。
中域から低域にかけてふくよかに感じ、温度感があります。
それでいて見通しが効き、水のように浸透していく感覚を
最初ここに登場した時からかわらずに得られます。
 
どちらのアンプもLilium(6スピーカ+パッシブラジエータ)
というスピーカをそれぞれの表現で気持ちよく鳴らすので
迷っちゃいますね。
 
難点は発熱量です。部屋がとても暑くなる可能性があります。
また熱がこもるような設置場所はNGです。
2台合わせて1,000W近い電力を消費しますが、
代えがたい音がでます。
 
残念ならが生産は終了してしまったモデルですので、
現品ということでお得な条件がだせます。
買い逃したぁぁぁ!!!と思っていた方の
お問合せをお待ちしております。
 
※真空管を新品に交換しているので、
 お店で電源を入れて使っていることはないです。
 ご来店前にお問合せください。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.71 TANNOY「GRF90 SYSTEM」 | トップページ | 「4F D300 System 紹介」 »