« ハイレゾ音源のご紹介 VOL.60 ラ・ラ・ランド (オリジナル・サウンドトラック) | トップページ | 中古品情報 サウンドハウス2F »

2017年3月19日 (日)

★H.A.L.3 News★-Sonusfaber 師弟のスピーカー試聴会-

★H.A.L.3 News★-Sonusfaber 師弟のスピーカー試聴会-

皆様、こんにちは。
日に日に暖かくなってきますね。今日もちょっと風は冷たいですが、日差しは暖かくて、シャツ一枚の方もちらほら。

さて、以前にこのブログでもご紹介をしましたが、SonusfaberのロングセラースピーカーElipsaがいよいよ生産完了になります。
只今、輸入元では最後のご予約を受け付けております。

今週末25日・26日(土・日)の二日間はElipsa Redを集中的に鳴らします。
ご検討中の方は、是非この機会をお聴き逃しなく!

さて、Elipsa Redの集中鳴らし込みに合わせて、こんな試聴会を企画してみました。

「師弟のスピーカー試聴会」

Sonus_logo

■開催日時:2017年3月26日(日曜日) 13:00~14:30
■場所  :4F 試聴室内
■参加定員:18名(※先着順とさせて頂きます)

Sonusfaberはフランコ・セルブリン氏が創業以来数々の名器を輩出し、オーディオ界にその名を刻みました。
そして、その意志を継ぐべく、フランコ氏に弟子入りしたのが、現在のSonusfaberのチーフデザイナーである、パオロ・テッツォン氏です。
ストラディヴァリ・オマージュやガルネリ・メメントと言ったその時代を彩った名器たちが作られるのを傍らでサポートし、今日現在では、世界有数のスピーカーメーカーの設計者として、IL Cremonase(イル・クレモネーゼ)やLilium(リリウム)といった大型スピーカーからヴェネレシリーズやカメレオンシリーズのような、気軽にソナスの音色を楽しんで頂きたい製品まで幅広く、設計しています。

そして、フランコ氏、パオロ氏、師弟の合作として世に出てきたスピーカーがElipsa Redです。

フランコ氏は、晩年自身が創業したソナスを離れ「Studio Franco Serblin」を作りました。
ちょうど、フランコ氏がソナスを離れる直前に設計したスピーカーがElipsaです。
その後、その設計図を引き継ぎ、パオロ氏が形を仕上げたという世代の橋渡しのように作られました。

この試聴会では、現行製品として販売をしている両者のスピーカーとElipsa Redを聴いてみたいと思います。

Sonusfaber Venere Signature \790,000(ペア/別)
Venere(べネレ)シリーズはソナスのエントリーラインとして数年前に作られ、そのコストパフォーマンスの高さから人気の高いラインです。
しかし、コストを抑える為にも生産ラインは他国に依頼しました。
このVenere SignatureはSonusfaberが創業から誇る木工技術を使いエンクロージャーを仕上げ、エントリーラインにして、ソナスの音色を色濃く持つスピーカーというのが私が思っているVenere Signatureですが、実は、4Fではこのスピーカーをしっかりと鳴らしたことが無く、この機会に音色を楽しんでみたいと思いました。
現行ソナスは沢山の製品を発表していますが、今回はこのスピーカーの音色を楽しむと共に、これからのSonusfaberが目指すものを探ってみたいと思います。

Studio Franco Serblin Accordo \1,230,000(ペア/別)
フランコ・セルブリン氏最後の作品。発売から5年程経った製品ですが、未だに人気が衰えることが無く、各雑誌媒体でも、多く取り上げられるモンスター級のスピーカーです。
何故未だに人気が衰えないのか。それは「このスピーカーにしかない魅力を持っている」この一点に尽きると思います。音色、デザイン共にフランコ・セルブリン氏ならではのもの。
4Fも、発売から常に展示を続けていて、多くの方にお納めさせて頂きました。
既に、聴いたことあるよという方も多くいらっしゃると思いますが、もう一度、フランコ氏の音を楽しんでみましょう。


今回の試聴会は比較試聴会ではありません。
それぞれの特徴を感じて頂けるように進行していきたいと思います。

担当島と私天野がそれぞれご紹介させて頂きます。

最後のElipsa、そして、人気製品二機種。
是非お楽しみ下さい。


参加ご希望の方はこちら↓↓↓
■お申込み方法:電話・メールにて島、天野までご連絡ください
島  shima@dynamicaudio.co.jp
天野  amano@dynamicaudio.co.jp

お電話でのお申込み

03-3253-5555 4F 島、天野まで

|

« ハイレゾ音源のご紹介 VOL.60 ラ・ラ・ランド (オリジナル・サウンドトラック) | トップページ | 中古品情報 サウンドハウス2F »