« ★H.A.L3 NEWS★-17.2.10 期間限定展示 | トップページ | ★H.A.L.3 News★-中古情報- »

2017年2月11日 (土)

★天ノ視点★-電源試聴会タップインプレッション-

★天ノ視点★-電源試聴会タップインプレッション-

皆様こんにちは。
本日は春のような陽気で気持ちの良い秋葉原です。

さて、昨日は、ここ4Fにて、電源試聴会を二週にわたって行いました。
ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。
一日目・二日目と続けてご参加下さった方も多く、この分野への皆様の注目度の高さが伺われます。

さて、簡単にですが、初日に行ったタップのインプレッションを私天野の主観でご紹介したいと思います。

第一部「電源タップ比較試聴会」
試聴会のだいご味、完全比較試聴を行いました。
今回ご用意した製品は総勢11機種。

■エントリークラス■
メーカー名  型番    定価   口数
オーディオアクセサリーメーカーとして、インシュレーターやオーディオボード、スタンド等も作っているアクセサリー総合メーカーであると同時に、オリジナルスピーカーも輩出しており、ハード機器への思慮も深く持っています。特徴は電源フィルター回路の2回路化することにより、アンプ等の大電流機器・高ノイズ機器とプレーヤー等の小電流機器を分けて使用することが出来ます。これにより、各機器間の相互ノイズの影響を軽減することが出来ます。音色は少し大人しい印象で、ピアノの高域がキレイに出ていました。ステンレスの筐体が影響しているのやもしれません。

OYAIDE    MTB-4        \45,000   4
Mtb4
秋葉原に販売店をかまえ、私達も良く利用させて頂くオヤイデ電気。各種ケーブル、壁コンセント関連、スタビライザー等、細かな部品から扱いがあり、それらすべてが高音質を目指して作られる「オーディオの便利屋」です。そのオヤイデが作っているタップがMTB-4。他にも四角い箱のOBCシリーズがありますが今回は使用しませんでした。MTB-4はオヤイデらしくいまとまりの良さを持っていて今回集まったタップ類の中でも標準的な音色です。何を使っていいかわからないという事であれば、MTB-4がおススメです。

LUXMAN     ES-35        \55,000   4
Es35
ハード機器の印象が強いLUXMANですが、このES-35を始め、ケーブルやターミナルプラグ、セレクター等も作っていることはご存知でしょうか?今回のES-35は発売から一年程の若い製品ですが、余計なものは加えないシンプルな音色です。まさに高純度電源タップということろでしょうか。ベース、ハイハットのキレの良さを感じました。

Chikuma    Eminent75-4  \68,000   4
Nophoto
今回千曲からは新製品のタップをご用意頂きました。ここ4Fの試聴室内でも常時、千曲のタップは使用していますが、今回の新製品もとても良いですね。見た目は普通ですが、音色はノビがあって、耳当たりの良さを感じます。クラシック、特に室内楽等をお好きな方にはハマるやもしれません。

■ミドルクラス■
PB-HR500の上位機になります。外装には厚みのあるステンレスと上蓋に三層構造のカーボンが採用されています。コンセント部分にはホスピタルグレードのものを使用。クリプトンの最上位タップです。音色はHR500と比べて、制振性が上がっていることもあり、明瞭度や情報量が上がるイメージです。

RGPC     400Pro       \182,000  4
400pro
4Fの前段機器(特にプリアンプ)に採用しているタップ(ボックス?)です。第二部への参加か迷いましたが、クリーン電源(電源コンディショナー)とも違いますので、こちらでのエントリーです。パラレルチョーク回路(並列回路)が採用されており、エネルギーを損なうことなく、製品に供給します。重さ、サイズ共に電源タップとしては最大級になりますが、その効果は絶大です。4Fのお客様の中で最も採用して頂いているタップではないでしょうか。

Audio Replas SAA-6S2MK2-RU\110,000  6
Saa6szmk2ru
実は4Fでは、あまりなじみのないメーカーですが、交流は以前からあり、お客様からのご要望の多かったことから、今回の出品になりました。水晶を使用したインシュレーターやスタビライザー、レコードのヘッドシェル等、アクセサリー関連を幅広く展開しており、電源タップ関連も限定モデルを含めて沢山の製品があります。このSAA-6S2MK2-RUは業界内では珍しいルテニウムが採用された製品で、横長タップとしては最高額の製品です。今回は通常のBRYANTコンセントとルテニウムコンセントの比較も行いました。一つのタップで多少傾向の異なるタップを持ち、お客様が使用されているシステムにあわせて選んで頂けるのは嬉しい機能ではないでしょうか。通常のコンセントの場合でも、音楽に深みや掘りがあり、ルテニウムでは、少し華やかさや軽やかさを感じました。プレーヤー等はルテニウムコンセントに接続すると良いかもしれません。

■ハイエンドクラス■
Mqp2sig
使用口数は二口と極端に少ないですが、プレーヤー+プリアンプと限定した使用方法で考えると、トップレベルのパフォーマンスを得ます。航空機グレード特殊アルミ合金、モノブロック削り出し、ルテニウムプレーティング等、アンプ等の現代ハイエンドオーディオで採用されている方式がふんだんに採用されています。S/N特性が良くなり、システムをワングレード上のものになったように感じます。

AcousticRevive RPT-4absolute \240,000  4
Rpt4absolute
ご存じ通称「アコリバ」も各種オーディオのアクセサリーを多く作ってるメーカーです。タップを選ぶ際、最初に名前が挙がったメーカーでもありました。それだけ、オーディオ界の中で名の通ったメーカー・製品であると共に、その実力も確かなものです。今回の試聴会では、お客様のご厚意により、旧モデルとの比較を行いましたが、その差は歴然とあり、お持ち込み頂いたお客様も、驚いておられました。リプラス同様に航空機グレードのアルミ合金を筐体に採用、制振特性とノイズ遮断効果が飛躍的に上がっています。内部配線にはPC-TripleCを採用して導通特性の高さも注目の一つです。音色は、特有のキャラクターは少なく、純粋にS/Nが高くなり、プレーヤー・アンプ類の個性が邪魔されることなく出ている感じです。

ORB          KAMAKURA     \320,000  4
Kamakura
4Fの試聴会に登場するのは少し珍しいメーカーです。高剛性90mm厚削り出しアルミボディ、高いシールド性能を持つ新素材アモルファス、20mm幅金メッキバスバー(20sq相当)等、リプラス、アコリバと同様にS/Nを高める事は採用しながらも、存在感のある漆仕上げが採用されており、ハイエンドオーディオタップとして所有欲が掻き立てられる一品です。音色はクオリティでアコリバやリプラスに負けず、劣らず、少し厚みがあって、ゆったり感じます。全てをハイファイ調にしたくない方におススメしたいタップです。

Audio Replas TRIANGLE Power6-SIG-MK2  \780,000  4
Triangle_power6sigmk2
今回第一部・第二部合わせても最高額となった製品です。オーディオ・リプラスが30台限定で発売を行った製品です。「電源タップを極めるとこうなる」という意思が明確に感じられます。鮮度、明瞭度、深み、パワー感等、タップに求めるすべての要素に対して、いずれも最高評価を付けたくなる印象です。

■総評として■
エントリーモデルからハイエンドモデルまで沢山の製品を比較しましたが、いずれも効果は一様にあり、導入される意味はありました。
壁コンセントで充分と思っている方は、まだまだ沢山いらっしゃるかと思いますが、電源環境による変化を一度体感して頂くと、無視することはできないと思います。
今お使いのシステムに少し変化を加えてあげたい方や、音質の向上を狙いたい方はちょっと見当してみると面白いかもしれません。
Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« ★H.A.L3 NEWS★-17.2.10 期間限定展示 | トップページ | ★H.A.L.3 News★-中古情報- »