« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月21日 - 2016年2月27日 »

2016年2月20日 (土)

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.46 TANNOY「CANTERBURY/GR」

Real_soundcheck_3

神奈川県K

Th_img_2107

昨日はTANNOY
「CANTERBURY/GR」イルンゴのオーディオボード「grandezza」と最新スピーカーケーブル「animato2500AF」を納品させて頂きました。システムはmarantz「NA-11S1」、JEFF ROWLAND「SYNERGY2i」、「model201」です。カルフォルニアスタイルというのでしょうか、とても素敵なリヴィングは、吹き抜けの開放感が抜群。天井は高すぎて写真に入りませんでした。池田ピアノさんの納品後、音を聞きながら調整を行いました。音量を上げなくても実にしっかりとしたサウンド、本物の落ち着きとスケール感はこの大きさがあってのものだと思います。キャノンボール・アダレイ、サムシン・エルスは音の濃さ、太さが印象的でした。こんなお部屋でこの音が聴けるのは・・・羨ましいの一言です。

K様、本当にありがとうございました!

「CANTERBURY/GR」は明日の試聴会でも使用します。おかげさまで満席になりましたが、数席追加可能です。お申し込みはお電話(直通03-3253-2001)でお願致します。詳しくは下記になります。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/02/221mq-300-d270.html
  
その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年2月19日 (金)

★H.A.L.3 News★-特価情報-16/2/19

★H.A.L.3 News★-特価情報-16/2/19

皆様こんにちは!

珍しい中古が登場しました!
■中古品■
Artemis systems EOS + EOS stand 定価\1,260,000(別)
売約済
5 3 2 1
元箱無し・付属品あり
本体傷あり(東京近郊の方は実物をご覧ください)
地方発送の場合は別途配送料がかかります。

この形状!ユニット構成!パッと見ただけではアヴァロン・アコースティックを思い浮かべてしまいますね。
しかし、まったく異なるメーカーです。
特徴は何といっても、多面体エンクロージャーを採用している事。
外面、内面、共に平面を極力なくしたテテーパード形状。
放射波の回面現象による音の色付けを避け、内部の定在波発生を抑える構造になっている。
ユニット構成はケブラー繊維とノ―メックス材のハニカムコアを組み合わせた18cmウーハーユニット
セラミック振動版の逆ドームツイーターが採用されています。
これらの構成もアヴァロンを思い起こさせるものがあります。
Artemisの方が小規模で行われていたメーカーの為、イメージとしてはアヴァロンの方がイメージとして強くなってしますが、
弊社の担当者曰く、同じ規模のスピーカーであれば、Artemisの方が面白いという話もありました。

音色としては音場の広がりがとても良く、ストレスの無い音楽を聴かせてくれます。
トールボーイ型のスピーカー等と比べると、低域の量感が欲しくはなりますが、室内楽や静かなジャズ等を聴かれる方は鳴らし方次第でかなり良い音楽に仕上がると思います。

■スペシャルプライス■
WilsonAudio Sophia3 定価\3,600,000(別)
終了しました。
ウィルソンオーディオの中堅モデルSophia3が生産完了になります。
それに伴い、数量限定で特別条件が出ています。
ウィルソンオーディオで最も人気が高い製品はSophia3の上位機に当たるSashaW/Pですが、音色のキャラクターによってはSophia3の方が好みだという方も多くいらっしゃいます。
かくいう私天野も実はSophia3の方が面白いと感じています。Sashaとは違い、大口径ウーハーユニット(10インチ:sashaは8インチ×2)を装備していることもあり、迫力のある低域を聴かせてくれます。しかし、鳴らすコツとしてはスペック的に高出力が得られ、ニュアンスも前に出てくるアンプを組み合わせて鳴らすととても元気の良い音楽を聴かせてくれます。
いずれにしても、最終の数量限定ですので、ご検討中だった方はお早めに!

EINSTEIN Tune2 定価\1,200,000(別)
終了しました。
ドイツのアンプメーカーで真空管を使用したものが有名ですが、このTune2は完全トランジスタプリメインアンプです。
EINSTEINらしい少し濃い質感を持っています、真空管よりも芯のある音色を好まれる方も多いかも知れません。

■デモ機特別販売■
OCTAVE V110 シルバー 定価\1,030,000(別)
終了しました。
H.A.L.3の定番プリメインアンプとしてV110かV70SEをご紹介しています。
Sonusfaberやフランコ・セルブリンのような滑らかさや質感を重要視したい方も良いですし、トランジスタアンプ並みの出力を使ってJBL等を鳴らしても面白いアンプです。

OCTAVE RE290 シルバー 定価\1,200,000(別)
終了しました。
プリメインアンプから一段階上を目指したい方に是非ご検討頂きたいアンプです。

OCTAVE HP700 シルバー 定価\1,700,000(別)
終了しました。
名器HP500の後継機種として登場し、新しいアプローチで人気を博しているモデルです。


どうでしょう?
なかなか面白い製品が出てきています。
詳しくは下記までお問合せ下さい。

ダイナミックオーディオ 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2016年2月18日 (木)

「ダイナは、じつは安い」

DSF2016 5555 1F SALE速報「ダイナは、じつは安い」

皆様こんにちは!
Dynamicaudio Spring Festival2016実行委員です。
DSF2016では今年も5555店1Fにて特別セールを実施します!

Sale_logo

その名も「ダイナは、じつは安い」です!

大きい声では言えませんが…このブログも含め、インターネット上では公開されない(出来ない)お値段ばかりで…

とは言いましても、どんな製品が出てくるのか皆さま興味ありませんか?

このブログでは、開催日(3月5日)まで、どのような製品が出品されるか、随時公開していきます!

最初の公開日は2月22日(月曜日)スタート!

乞うご期待!

DSF2016実行委員

|

2016年2月16日 (火)

エソテリックSACDソフト(3/10)新譜情報!

さあ、春がやってきました!
 
季節は廻り、暦の上では春を迎えております。
しかし、日替わりで20度越えの日があれば、10度に届かない日も…
なかなか体に厳しい日常です。
皆様、ご無理のないようご自愛くださいませ。
と、いう事でお知らせはホットなものをお届けしましょう!
 
 
『エソテリック名盤復刻シリーズ 3月10日発売』
 
気になる2タイトルはこちらです。
 
《3月10日発売》
    マルタ・アルゲリッチ(ピアノ) 
    クラウディオ・アバド(指揮)ロンドン交響楽団                  
Essg90139■品番:ESSG-90139
■仕様:Super Audio CDハイブリッド
■定価:3,143円+税
■レーベル:DG(ドイツ・グラモフォン)
■音源提供:ユニバーサルミュージック合同会社
■ジャンル:協奏曲
 
□DSD MASTERING/Super Audio CD層:2チャンネル・ステレオ
 [マルチなし]
美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用
 
    ヘンリク・シェリング(ヴァイオリン)
    サー・ネヴィル・マリナー(指揮)
    アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
Essd90140_2■品番:ESSD-90140
■仕様:Super Audio CDハイブリッド
■定価:3,143円+税
■レーベル:DECCA(旧蘭フィリップス)
■音源提供:ユニバーサルミュージック合同会社
■ジャンル:協奏曲
 
□DSD MASTERING/Super Audio CD層:2チャンネル・ステレオ
 [マルチなし]
美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用

 
若きアルゲリッチと、のちに音楽監督に就任する事となるロンドン響を指揮するアバド。
各々の情熱を包み込む卓越した技巧とのマッチングの妙といった感じでしょうか。
そして、高潔な音楽美(解説より)を追求した巨匠シェリングの名演。
この録音では求道者的な厳しさに加えて繊細な表情と深い抒情が醸し出され、バッハ音楽の清澄な精神美を描き出しています。
 
 
まずは一聴、お試しあれ。
 
エソテリックSACDホームページ
 
 
 
     ◆◇◆ こちらも宜しく! ◆◇◆
       (こんな感じで営業中)
 
 
※  ご注文(お取り寄せ)販売で承っております  ※
※※ ソフトのご注文は下記まで、お気軽にどうぞ ※※
 
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
     1階はソフト&ハードのコラボ空間!
       是非、遊びに来て下さい!
      サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
     TEL:03(3255)2151/FAX:03(3255)2159
       担当:矢部(木曜日定休)
     【info_spd@dynamicaudio.co.jp
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

2016年2月14日 (日)

★H.A.L.3 News★-DSF2016-

★H.A.L.3 News★-DSF2016-

皆様こんにちは。
Dynamicaudio Spring Festival2016の開催日も決まり、各フロアのイベント内容が徐々にまとまってきました。

Dsf20164f
先日、前夜祭で行うSonusfaber IL Cremoneseの日本初公開イベントを行わせて頂きます。
その内容はこちらをご覧ください。↓↓↓
「本邦初公開!Sonusfaber IL Cremoneseで聴くアナログ」
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/02/hal3-news-dsf20.html

さて、3月5日(土曜日)の初日に行うイベントはこちら↓↓↓
オーディオラック 比較試聴会 ~楽々ラック選び!!~

Photo

皆様、オーディオラックはどのようにして選んでいますか?
デザイン?お値段?…音質?
それぞれお選びされる基準はあると思いますが、少々軽視されがちなのがラックです。
ラックも大切なオーディオ製品の一つです。
各社こだわった製品を出していますが、じっくり音質を含めて比較された事が無いのが正直な所ではないでしょうか。
この日は、デザインやお値段はもちろん、音質も比較して頂きたいと思います。

この日は、三部構成にて一日中皆さまに「ラック」をご紹介していきたいと思います。

まずはこちら↓↓↓
■プログラム1:主要ラックメーカー デモンストレーション 11:00~14:10■

まずは、H.A.L.3が主にご紹介しているラックメーカーの方に来ていただき、それぞれの特徴をご紹介して頂きます。

TAOC(日本) インストラクター:アイシン高丘エンジニアリング(株)橋爪氏
日本では一番有名なラック、アクセサリーメーカー。
この業界では20年以上の実績もあり、信頼性も非常に高く多くのお客様にご使用いただいております。
ここでは、旧製品CSシリーズとの比較、価格違いによる音質の差もデモンストレーションしていただきます。

アンダンテラルゴ(日本) インストラクター:アンダンテラルゴ代表 鈴木氏
インシュレーターのSILENT MOUNTがメジャーになっておりますが、スタートはリジットテーブルというラックになります。
チタンを使用したフレーム。こだわりを持った、棚板とスパイク。
このこだわりをご本人に語っていただきましょう!!

QUADRASPIRE(英国) インストラクター:フューレンコーディネート マイケル花城氏
ここ最近では一番人気のオーディオラックカラーヴァリエーション、そしてポールの選択の自由度、豊富なラインナップ。そして安定したサウンド。
その中でも高級なVENTシリーズもございます。使いこなし、そして価格差による音質の差もご試聴いただきます。

TIGLON(日本) インストラクター:ティグロン株式会社代表 沖野氏
マグネシウムを代名詞としたケーブル、ラック、アクセサリーブランド。
H.A.L.3 初登場の沖野氏ですので、TIGLONの自己紹介を兼ねて、ラックはもとより、TIGLON製品のご案内をしていただきます。


■プログラム2:20万未満のオーディオラック比較試聴会 14:30~15:30■

次に行うプログラムは、実際に皆さまが使われている中で実用性の高い価格帯である20万円未満のラックを比較試聴して頂きます。

・ADK SN-3060 ¥92,000
http://www.asahiwood.co.jp/product/adk/adk_p.php?series_id=61&type_id=8#249
・TAOC MSR-4S ¥78,000
http://www.taoc.gr.jp/msr.html
・TIGLON TMR-4(4段) ¥170,000
http://www.tiglon.jp/?p=261
・QUADRASPIRE Q4D ¥96,000
http://www.quadraspire.jp/products/q4d_01.html

H.A.L.3がスタンダードにご紹介をしているQUADRASPIREを始め、TAOC、ADK、TIGLONと価格別に見て比較されるであろう製品四種を聴いて戴きます。
エントリークラスと言えども、各社の音はしっかりとあり、面白い比較になるのではないでしょうか。


■プログラム3:20万以上のオーディオラック比較試聴会  16時00分 ~ 17時00分■

この日最後の試聴はハイクラスのラックを比較試聴して頂きます。

・アンダンテラルゴ TOWER503(3段) ¥480,000
http://www.andante-largo.com/index.php?Rigid%20Tower%20%E8%A9%B3%E7%B4%B0
・FINITE ELEMENTE PAGODE SIGNATURE SG-02-1(3段)¥450,000       
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/pagode-signature-rack-2/
・Bassocontinuo ACCORDEON XL4(3段)¥575,000
http://www.yukimu.com/product/bassocontinuo/rack/accordion_xl4/accordion_xl4.html 
・QUADRASPIRE Q4D-VENT(4段)¥200,000
http://www.quadraspire.jp/products/q4dvent_01.html           
・TAOC CSR-3S(3段)¥360,000
http://www.taoc.gr.jp/csr.html

やはりH.A.L.3の定番QUADRASPIREから上位モデルの「VENT」シリーズを始め、常設展示を行っているイタリアのメーカーBassocontinuo、ハイエンドラックの代名詞的な存在
FINITE ELEMENTE等、一つ上を行くラックを探してみましょう。



以上が3月5日(土)に予定しているラックのイベントです。
オーディオにとって必須のアイテムですが、普段はなかなか比較することのない製品です。
是非、この機会にご試聴下さい。

ダイナミックオーディオ 4F 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月21日 - 2016年2月27日 »