« 2016年11月20日 - 2016年11月26日 | トップページ | 2016年12月4日 - 2016年12月10日 »

2016年12月 3日 (土)

【1Fヘッドフォン最新情報】銘機 LUXMAN P-1U 手に入れる最後のチャンスです。

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 
突然ではありますが高級ヘッドフォンアンプP-1Uが
最後の生産となりました。

LUXMAN  P-1U
標準希望小売価格  税抜き 180,000円

販売価格 お問合せ下さい。

P1u

LUXMAN P-1Uの情報はこちら

誠に残念ながらLUXMANの商品の中でも
ロングセラーを誇っていた銘機 P-1Uが
最後の生産となってしまいました。
(もう ほとんど在庫もございません)
弊社でも数台限りとなってしまいました。

独特の音当たりのいい艶やかさは気持ちよさを
演出できる稀有な銘機でありました。

是非、ゼンハイザー HD600やGRADOなどの
高級ヘッドフォンで聴いてほしいです。
これらの相性はきっと良いはずです。
今までずっと欲しい!
と思っていた方、手に入れる最後のチャンス
でございます。まだ、デモは続けております。

是非、1Fまでご体感下さい

---------------------------------------------------

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

●名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/spd/index.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
感動!の第40回マラソン試聴会  ありがとうございました。
http://www.dynamicaudio.jp/marathon/40/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年12月 2日 (金)

YUKIMU CLASSIC LP COLLECTION [LIMITED EDITION]

いよいよ師走に突入!

 
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*~*~*~
 
各¥6,000/税別
(YKMLP-0001 のみ 45回転 2枚組 ¥9,000/税別)
各タイトル 300枚限定生産
YKMLP-SET1 / YKMLP-SET2 のみ先行予約受付中!
(単品でのご予約注文はお受けできません)
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*~*~*~
 
10月8日にご紹介しておりました、LPレコード限定盤、
第1回の発売日が12月22日に発売決定に決定の報が!!
 
進行状況が気になるところですが、日時が発表され期待度が上昇しています!
 
そんな中・・・
 
限定生産300セットの商品でございますが、メーカーによりますと順調に注文数が伸びてそろそろカウントダウンの状況との知らせがありました。
残り僅かです。
迷っている皆様、心の準備は宜しいでしょうか!
まずは一聴、お試しあれ。
 
株式会社ユキムHP
 
 
 
     ◆◇◆ こちらも宜しく! ◆◇◆
       (こんな感じで営業中)
 
 
※  ご注文(お取り寄せ)販売で承っております  ※
※※ ソフトのご注文は下記まで、お気軽にどうぞ ※※
 
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
     1階はソフト&ハードのコラボ空間!
       是非、遊びに来て下さい!
      サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
       担当:矢部(木曜日定休)
     【info_spd@dynamicaudio.co.jp
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

★天ノ視点★-V110SE-

★天ノ視点★-V110SE-

昨日、試聴会で使用する為、特別にご用意を頂いたOCTAVE V110SE。
本日到着致しました!

OCTAVE V110SE ラインモデル定価1,100,000(別)

V110se2

まだ発売前(12月5日発売)なので詳しくは書けませんが、旧モデルとなるV110からの変化著しくあります。
もともとV110の時からKT120管を採用していて、真空管らしかぬパワー感のある音色が特徴的でしたが、V80SEやセパレートアンプのRE320やフラッグシップモデルJubilee SEに採用されている新設計回路「Octave Dynamic Technologies」が滑らかさや音楽性の豊かさを加えているようです。

日曜日のイベントではYAMAHAのNS-5000とBRODMANN VC2をこのV110SEで鳴らす予定です。
両方とも鳴らし辛いスピーカーではありませんが、しっかり駆動した音色を聴かせてくれるのではないでしょうか。
私自身、とても楽しみです。

日曜日の試聴会を逃すと、展示は少々先になるかと思われます。
試聴ご希望の方は、是非、試聴会へご参加下さい。

マラソン・アンコール試聴会 国産編

皆様のご来場を心よりお待ち致しております。


Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

☆H.A.L.3 NEWS☆-イベントのご案内 12月3日、4日 追記情報

12月3日(土) NetworkAudio/PCAudio Time Vol,9

Img_3143_2
 
 総合案内はこちら


■11:00~12:00 第1部 「今話題のUSB/DAC比較試聴」■

 残り席 3席

■13:00~14:00 第2部 「ネットワークプレーヤーの魅力」■

 残り席 1席

■14:15~15:45 第3部 「DELA/FIDATA/TECHNICS 魅力と将来性」■
 
 満員御礼
 
■16:00~17:00 第4部 「これからのデーター再生と音源の紹介」■

 残り席 2席
 
 
12月4日(日) マラソン・アンコール試聴会 国産編

総合案内はこちら

■第一部 11:00~12:00 「YAMAHA VS BRODMANN」
  
 まだ席は十分にございます。(当日のご予約も可能)

  天野コメントはこちらこちら

■第二部 13:00~14:00「ESOTERIC&MONITOR AUDIO」
  
 まだ席は十分にございます。(当日のご予約も可能)

  天野コメントはこちら

■第三部 14:15~15:00「TAD TAD-ME1 VS, TAD-CE1」
 
 まだ席は十分にございます。(当日のご予約も可能)

  天野コメントはこちら

■第四部 15:15~16:30「LUXMAN & Sonus faber IL CREMONESE」
 
 まだ席は十分にございます。(当日のご予約も可能)

  天野コメントはこちら 


ご予約されたお客様へはお気をつけてご来店ください。
 
また皆様からの追加のお申込み心よりお待ち申し上げます。
 
H.A.L.3 島/天野

|

2016年12月 1日 (木)

天ノ視点-OCTAVE V110SE登場-

天ノ視点-OCTAVE V110SE登場-

皆様こんにちは。
OCTAVEのプリメインアンプにV110SEが登場致します!
しかも初お披露目として、12月4日の4F試聴会「マラソン・アンコール試聴会」の第一部にて使用が決まりました!

12月4日(日曜日)「マラソン・アンコール試聴会 国産編」第一部「YAMAHA VS BRODMANN」
11:00~12:00
ご予約をお待ちしております。

今回の試聴会の趣旨は、同じピアノ製造メーカーであるYAMAHAとBRODMANNを比較試聴を行って、それぞれの特徴を楽しんで頂こうというものになりますが、使用アンプとしてOCTAVEを使用することが決まり、輸入元のフューレン・コーディネートに相談した所、V110SEの試聴機をご用意して頂けるという事になりました!
私達もしっかり音色を聴くのはこれが初めてです。
今からとても楽しみなのですが、少しだけ、カタログベースのスペックを公開します。

★オーディオショップ初お披露目★
OCTAVE V110SE 定価ラインモデル\1,100,000(別) フォノモデル\1,170,000(別)

V110se

HIGH: 110W x 2(連続出力),130W x 2(最大出力)/4Ω
LOW :  70W x 2(連続出力), 90W x 2(最大出力)/4Ω
出力菅:標準KT120
入力菅&ドライバー菅:
MED   ECC81 x 1、ECC81 x 2
HIGH  ECC82 x 1、ECC81 x 2
LOW   ECC83 x 1、ECC81 x 2

V110SEの特徴として入力管を変えることが出来ます。

「世界でも類を見ないゲイン/ダンピングファクター調整機能」-輸入元フューレン・コーディネートより-
新しいV110SEはOCTAVE製品の中でも初の試みである特別な機能を備えています。それは設計原理に関係なくどのスピーカーにもアンプを最適に組み合わせることが可能なものです。V110SEのダンピングファクターは3つのレベル(LOW、MED、HIGH)に設定可能で、今まで以上にスピーカーの電気負荷をより正確に調整することが出来るようになりました。それ自体が世界でも類をみず、これまでのOCTAVE同様、簡単な操作で行えます。個々の設定は異なるゲインの真空管を経由して行われるため、3種類の設定は入力管を1本交換するだけで簡単に選べるのです。「ゲイン/ダンピングファクター」の調整に使用できる真空管は市場にある膨大な種類の中から選択が可能です。

発売開始が10月5日(月)という事で、私達も音色の判断は出来ませんが、これまでにSEモデルになった製品達の傾向からすると、良くなるはずです。
是非皆様ご試聴にいらして下さい。

試聴会ご参加の方はこちらにご連絡下さい↓↓↓
Dynamicaudio 5555 天野
03-3253-5555
amano@dynamicaudio.co.jp

|

★天ノ視点★-マラソン・アンコール試聴会ピックアップ-

★天ノ視点★-マラソン・アンコール試聴会ピックアップ-

皆様こんにちは。

いよいよ、今週末は、土日を通した試聴会が行われます。

●2016年12月3日(土)
●2016年12月4日(日)
マラソン・アンコール試聴会 国産編

さて、今回私天野がピックアップする試聴会セクションはこちら↓↓↓

■第四部 15:15~16:30「LUXMAN & Sonus faber IL CREMONESE」

Es1200
C900u_2   M900u
Il_cremonese

創業90周年を超え、さらにオーディオの高見を目指すLUXMAN。
そして、言わずと知れたイタリアの盟主Sonusfaberの次世代モデルIL Cremonese。
ハイエンドシステムとして、定番メーカー同士の組み合わせですが、定番となるにはそれなりの理由があります。
その「理由」是非皆様のお耳で確かめて下さい。

さて、この試聴会の聴きどころをご紹介致します。

■聴きどころその①■
LUXMAN新製品ES-1200(クリーン電源ボックス)、その実力とは?
アンプやプレーヤーに関しては既に、皆様もご承知の通り、素晴らしい製品を作っていますが、最近LUXMANはアクセサリーに非常に力を入れています。
今回発売になったクリーン電源は58万円というハイエンド製品ですが、この効果はなかなか素晴らしいです。試聴会中に有り無しの実演もあると思いますので、お楽しみに!

■聴きどころその②■
LUXMAN最上級システム(2016年12月現在)C-900U+M-900U×2(BTL/モノラル)の音色とは?
新製品ES-1200の登場により、LUXMANの最上級システムがより完成されました。
私達はまだ、LUXMANの本領を知りません。皆様で、この音色をお楽しみください。

■聴きどころその③■
「IL Cremonese」
数年前、Sonusfaberはサウンドデザイン・モデルデザインを創立者のフランコ・セルブリン氏から、その弟子にあたるパオロ・テッツォン氏に託し、次世代のSonusfaberを作り上げると共に、経営面ではオーディオのグループとして最大手となるWOM(World of McIntosh)に加わりました。スピーカーにのみならず、ヘッドフォンやアンプ作りにも着手しました。その中で、モデルを発表するごとに「深み」を増して、現代Sonusfaberならでは音色を確立してきます。その最新モデルにあたるのが、このIL Cremoneseです。スタイリッシュなデザインはもちろんの事、そこから発せられる音色は過去にフランコ・セルブリン氏が作り上げた数々の名器を彷彿とさせるSonusfaberならではの色気を持ちながら、妥協の無い情報量を表現してくれる、現代Sonusfaberの一つの答えのように感じます。「今のソナスはどうなの?」とお思いの方。是非ご参加下さい。

イベント参加ご希望の方は下記までご連絡下さい。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

4312 THE ORIGIN

Img_0973こんにちは。どこかで見たようなTITLEですがお気になさらずに。

先にもブログでご紹介致しました4312SE。

本日より5日(月)まで展示試聴をしております。

流し込み試聴なので普段のご試聴とかわりません。お気軽にどうぞ。

JBL70周年を記念して発表された4312SEですが、見た目は4312Eと変わるところがあまりありません。

70YEARSのタイトルロゴだけ?いえいえ、色こそ4312仕様の白に変更されていますが、実はJBL史上最強の12インチウーファーをうたい、上位モデルの4429にも搭載されている1200FE-8が搭載されております。

また大きな変更点として、フルレンジ駆動させていたウーファーにローパスフィルターを入れ完全3WAY構造へ、ネットワークも新設計されております。これにより初代の4310を彷彿とさせるエッジの効いた音離れの良いサウンドを再現しております。

余談ではございますが、当時4310などに関わっていた技術者がこの4312SEを聴いた時、まさに当時の音が再現されており笑ってしまったというエピソードがあったとかなかったとか。

4312ファン、そしてJBLファンには一聴の価値があるのではないでしょうか!?

実際の発売は12月下旬を予定しております。

現在ご予約承り中です。

よろしくお願い致します。

=JBL 4312SEメーカーサイトはこちら=

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田 まで
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp

|

【1F最新情報】Performance DC withTT-5 お買い得パッケージモデル!

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 
リニアトラッキングアームとカートリッジが加わった
魅力的なバーゲン価格です。!

PerformanceDCwithTT-5(Essence MC付き)
標準希望小売価格  税抜き 750,000円

販売価格お問合せ下さい。

Tt5

詳しい情報はこちら

以前のブログでもClearAudio社のConceptMMの
コストパフォーマンスに高評価をしておりましたが
さらに今度はPerforceDCに新製品リニアトラッキング
アームTT-5とカートリッジ(Essence)までついて
この価格という恐ろしいモデルが登場しました。。
リニアトラッキングだと100万円オーバーぐらい
考えていた方には朗報ではないしょうか?

Clea

軸受からマグネットフロート構造になっている
PerforceDC自体のポテンシャルも高いので 
マニアック仕様なアナログプレーヤーの候補
として面白いと思います。

是非、ご検討ください。!

---------------------------------------------------

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

●名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/spd/index.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
感動!の第40回マラソン試聴会  ありがとうございました。
http://www.dynamicaudio.jp/marathon/40/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年11月30日 (水)

6F 電流庫

どうもこんにちは。いよいよ2016年も最後の月になりますね!
 
そんな中、紹介するのはこちら。
P1010285
5000Whのバッテリーになります。
写ってる赤いのは心霊現象ではありません。
 
とにかく大きいというのが最初の印象ではないでしょうか。
こういったものはアメリカからやってきそうな気がしますが
ドイツ製になります。
 
まず容量の5000Whってとても少ないのでは?
と思ってしまう数値な気がします。
ここで設置にあたって、営業時間は9時間。
そしてこのシステム全てを↓このシステム↓で繋いでいます。
          East Passiveラインナップ
 
パワーアンプはなんとなく消費が大きそうですが、
いたって普通の音量だと9時間経つ頃でも半分くらい
容量は残っています。意外とたっぷり使えそうですね。
 
たとえばA級のモノパワーで1000Whくらいになると
文字通り5時間くらいでバッテリーの容量は使い切る計算です。
 
1つ注意点は試していないので数値を明記できないのですが
1000Whをゆうに超えるような大量消費するものを使おうとすると
バッテリーの発熱が大きくなります。
どこかの点で安全装置が働いて電源供給をストップする仕様なので
ヘアドライヤーを4つ同時につけるような感じの使い方は
間違いなくできません。
 
オーディオだとほぼパワーアンプの仕様に注意するだけで
テーブルタップ等を用いて複数の機械を接続するのは
特に問題はないと思います。
 
急な停電になったとしてもバッテリー駆動を使えば
音楽を聴けますし、充電中にS5000のACケーブルを抜いて
みましたがバッテリー駆動に切り替わりました。
もしものことがあっても大丈夫そうですね。
 
普通に電源をとるのがいかにオーディオの音に良くないかは
たくさんの製品が出ていることで証明されています。
このSTROMTANKの利点は音色に手を加えずに済む事でしょうか。
 
聴きながらACとバッテリーの切り替えができるので
バッテリー駆動にした時は単純に出ている音の質が上がる
音離れが良くなる、背景が静かになると感じることができます。
 
目指してもなかなか実現できない、あと一歩の領域に
入ることができる製品だと思いました。
 
店ではできませんが、深夜に充電を行うと電気代も
節約できそうだと思いました。
(電気代節約とかの前にこの商品は¥5,940,000ですが…)
今日は休み!朝からずっと音楽だ!という日も朝食を食べながら
AC駆動でオーディオを目覚めさせ、いざ聴く時はそのまま
バッテリーに切り替える なんてこともできますね。
 
今週末は聴けます。
大きさにビックリ!価格にビックリ!それより音にビックリ!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
 
P1010286
写真だとわかりにくいですが、
下の方にある縦の線はメモリになっています。
4つ減った状態。

|

★天ノ視点★-マラソン・アンコール試聴会ピックアップ-

★天ノ視点★-マラソン・アンコール試聴会ピックアップ-

皆様こんにちは。

いよいよ、今週末は、土日を通した試聴会が行われます。

●2016年12月3日(土)
●2016年12月4日(日)
マラソン・アンコール試聴会 国産編

さて、今回私天野がピックアップする試聴会セクションはこちら↓↓↓

第三部 14:15~15:00「TAD TAD-ME1 VS, TAD-CE1」

Ce1
Me1

「TAD」
H.A.L.3の定番メーカーの「TAD」
このブログや各種試聴会でもご紹介をしてきました。
「Technical Audio Devices」の略称で、アルファベットで「ティーエーディー」や、「タッド」と呼ばれています。
全くの余談ですが、TADは皆様に親しみを込めて「タッド」と呼んで頂きたと言っていました。

さて、今回の試聴会、注目は新製品のTAD-ME1です。
TADブランドとして、ハイエンド製品の中で初めて作り上げた小型スピーカーです。
小型と言っても、上位機種の廉価版ではなく、堂々と主張のあるスピーカーです。
ドライバー類はTAD伝統のCSTドライバーが採用され、ツイーターとミッドレンジが同軸配置され、指向特性を一致させることにより、音の乱れを排除し、点音源思想を表現します。
そして、ウーハーは上位機同様にMACC振動板が採用され、コシがあり、グリップ力のある低域です。
さらに、今回比較対象となるCE1同様に「Bi-Directional ADSポート」という特殊なバスレフポートが採用され、ストレートで伸びのある余韻をお楽しみ頂けます。

今回の比較試聴は一昨年発売となった兄弟機TAD-CE1との比較になりますが、ここで、注目して聴いて頂きたい試聴ポイントをご紹介しましょう!

■試聴ポイントその①■-ダイナミックレンジの違い-
ユニット、筐体共に、CE1よりも小型化されたME1は果たして、レンジの広さでCE1に劣るのでしょうか?
最近のブックシェルフスピーカーは、「ブックシェルフだから低域をあきらめる」という事はありません。
さすがに、30cmや38cmのように大型のユニットを搭載したスピーカーと比べるわけにはいきませんが、必要な分を必要な分だけ表現することが出来るのが最近のブックシェルフです。

■試聴ポイントその②■-広がり方-
CE1から採用されている「Bi-Directional ADSポート」。筐体の側面から前後に放射されるように設計されていますが、この特性もあってか、CE1は試聴ポイントに対して、ビシッとストレートに音が出てきます。では同じように採用されているME1はどうでしょうか?

■試聴ポイントその③■-バランス-
その①と近い所がありますが、ユニットの口径が変わり、全体的なバランスが変わります。私天野の中でTADは中域が厚く、ボーカルもの等を聴くと存在感があって楽しいと思っていますが、CE1はどうか…。ユニットの口径が小さくなることによって、そのような変化があるのか。注目してみてください。

■試聴ポイントその④■-存在感-
「スピーカーの存在感」はスピーカーの永遠のテーマですね。目を閉じるとスッと瞼の裏にステージが広がり、アーティストが浮かび上がる。
筐体のサイズ、バスレフの在り方、これらがどのように作用してくるのか。小型化されることによって変わるのか…。


これらが今回の比較試聴にて、天野がおススメしたいポイントです。
ME1いいね!…いやいや、やっぱりCE1凄いよ!皆様はどちらでしょうか?
皆様のご来場を心よりお待ち致しております。

参加ご希望の方は下記までお問合せ下さい。↓↓↓

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

【1Fヘッドフォン最新情報】ゼンハイザー 円高還元キャッシュバックキャンペーン!

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 
HD800,HD800Sはヘッドフォンの王道です。

今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあります。!
皆様、ここは迷ったらゼンハイザーです。

ここ数年 ハイエンドヘッドフォンの動向を振り返ってみると
やはり王座の位置にあるというか不動の地位を確立している
モデルとしてゼンハイザーHD800を外すことはできません。

新製品モデルとして HD800Sも加わり、800シリーズ
ならではの広大な音場の表現力は 他のメーカーにない
大きな魅力といえるでしょう。

そして......
この度、ゼンハイザージャパン(株)から年末商戦に
つきまして素晴らしいキャンペーンが発表されております。

【円高還元キャンペーン】ということで
HD800、HD800sを購入すると 20,000円のキャッシュバックと
いう大変魅力的な特典プログラムがご用意されました。

期限は2007年 1月15日までとなっております。
このお得なキャンペーンをご活用ください。!

*キャンペーン応募はお一人様、1モデルにつき一回限りと
応募可能となります。

------------------------------------------------

●ゼンハイザー HD800  OPEN 税込み 188,730円

Hd800

ご注文は当店1Fまで!

ゼンハイザーHD800の情報はこちら

----------------------------------------------

●ゼンハイザー HD800S OPEN 税込み 216,000円

Hd800s_2

ご注文は当店1Fまで!。

ゼンハイザーHD800Sの情報はこちら

----------------------------------------------

ドイツ ハイエンドメーカーならではのクラフトマンシップ
あふれる商品つくりと きっちりと表現してくれる音場形成は
ゼンハイザーだけの魅力です。
リアルショップならではの当店1Fで是非、その素晴らしさを
ご体感下さい

---------------------------------------------------

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

●名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/spd/index.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
感動!の第40回マラソン試聴会  ありがとうございました。
http://www.dynamicaudio.jp/marathon/40/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年11月29日 (火)

【1F最新情報】 JBL創立70周年記念SEモデル 4312SE先行デモ試聴会のお知らせ

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 JBL70周年記念モデル
先行デモ試聴会のお知らせです。

師走が近づいてきました!。ますます寒くなるこの冬、
一番 HOTなモデルをご案内いたします。!

4312se

JBL70周年記念スペシャルエディションモデル

JBL 4312SE 先行デモ試聴会

期間:12月1日(木曜日)~12月5日(月曜日)
場所:ダイナミックオーディオ5555店 1F

試聴予定機材:
●スピーカー
JBL 4312SE  
標準希望小売価格 ペア 260,000円 (税別)
 
●アンプ (その日ごとに 6種類からお選びいただけます。)
使用予定機種
マッキントッシュ MA5200 
ソウルノート A-1
N-MODE X-PM100
マランツ PM-14S1
ラックスマン L-507UX
ラックスマン L-550AX2
ラックスマン LX-380

10万円代~40万円代までのJBLに
あいそうな魅力なアンプをご用意しました。

●ソース源:レコードからCD等 各種DISC
お持ち込み再生も可能です。

標準希望小売価格 ペア 260,000円 (税別)

ご試聴ご予約は1Fまでメール、お電話でご連絡ください。
ご予約いただいた方ごとに30分間ゆっくりご試聴
いただけるようにお時間確保いたします。

*試聴予約がない時間帯は他のスピーカー、ヘッドフォンのデモも
行っておりますので予めご了承ください。

---------------------------

JBL 4312SEの情報はこちら

販売価格 お問合せ下さい。 

魅力的なモデルが出ることは以前にご案内しておりました。

そして ついに.....ダイナミックオーディオ5555店 1Fでも
行います。!

先週から着々と準備をしておりましたこの企画。
ハーマンインターナショナルの協力により、皆様にお目に
かけるべく絶好の日程にデモをすることが可能となりました。

当店1Fの年末 おすすめ商品 まさに台風の目と
なります話題の商品。以前からのロングセラーモデル
4312シリーズにメスを入れた最新作。

4312sewoofer  

4429に搭載している30㎝ウーハーが贅沢に搭載。
JBLだけしか出ない低音を聴かせてくれることは
間違いなし。

1Fのデモで予定している機材(猛者)が
4312SEと対峙します。!
発売日は12月下旬を予定しております。
いずれもJBLファンに是非、使っていただきたい逸品です。

予約受付中です。ダイナミックオーディオならではの
企画です。是非、この先行試聴会でご体感下さい!

ほとばしる情熱、熱き想い、
全部JBLにぶつけてください!

---------------------------------------------------

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
感動!の第40回マラソン試聴会  ありがとうございました。
http://www.dynamicaudio.jp/marathon/40/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

試聴会のお知らせ・・・12/11(日)上杉研究所新製品試聴会

Unnamed


この冬、
上杉研究所から非常に力の入った新製品が発売になります。ダイナミックなサウンドとスケール感、繊細さを併せ持つパワーアンプ「UTY-1 50th、バランス入力対応フォノイコライザー「U BROS220」。

http://www.uesugilab.co.jp/product.html

今回のイベントには設計者の藤原伸夫氏にお越し頂き、CD、アナログ共に
素晴らしい選曲をお楽しみいただきながら設計思想、音へのこだわりを語って頂きます。是非ご参加下さいませ。

■使用機器(予定)
UESUGI  「U BROS280」「UTY-1 50th」「U BROS220」
LUXMAN「PD-171AL」
ESOTERIC 「GRANDIOSO K1」
TANNOY「CANTERBURY/GR」

■日時:12月11日(日曜日)  14時~15時30分      
■解説:上杉研究所代表 藤原 伸夫氏 
■場所:ダイナミックオーディオ5555  2F サウンドハウスフロアにて   

■ご予約はメール(ken@dynamicaudio.co.jp
)もしくは、フロア直通電話 03-3253-2001にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。 

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

【1Fヘッドフォン最新情報】比類なき!FOSTEX HP-V8がAUDESE,GRADOを鳴らします。!

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 
フラッグシップ 真空管ヘッドフォンアンプ HP-V8の素晴らしさ!

FOSTEX HP-V8
標準希望小売価格  税抜き 880,000円

Hpv8

フォステックス HP-V8の情報はこちら

当店1Fに鎮座する 最高級ヘッドフォンアンプ
HP-V8ですが 好評デモ中です。

電源にKT88,出力に300Bなどの高級素材を
ヘッドフォン再生の為だけにに惜しみなく導入、
雑誌で詳しく内容を見られた方はご存知かと
思いますが回路構成にも抜かりはございません。

Gs2000e_2

そこで....

AUDESEやGRADOなどのプレミアムヘッドフォンで
音楽の持つ情熱感を感じていただければ幸いです。 
個人的には上記記載の機種で中低域にパンチ力の
ある再生を心がけております。

このシステムでカウントベイシー楽団などのビッグ
スイング感を楽しんでください。ヘッドフォンシステムで
ここまでの質感表現ができるのかと あなたの心の中に
新たなページが開かれることは間違いありません。

是非、1Fまでご体感下さい

*この機種は試聴予約受付による再生デモと
しております。予めご了承ください。

---------------------------------------------------

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

●名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/spd/index.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
感動!の第40回マラソン試聴会  ありがとうございました。
http://www.dynamicaudio.jp/marathon/40/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年11月28日 (月)

☆H.A.L.3 NEWS☆-イベントのご案内2016/11/28

マラソン・アンコール試聴会 国産編 追記
 
12月4日に開催させていただくプログラムの内容変更、及び追加のご連絡をさせていただきます。
 
■第一部 11:00~12:00 「YAMAHA VS BRODMANN」
 
□プレゼンター:5555 島、5555 4F天野
 
*当初上遠野、天野の予定でしたが、代わりに島が行わせていただきます。
 
音の総合メーカー「YAMAHA」、そしてオーストリアの老舗ピアノメーカー「BRODMANN」。
両方に共通している事、それは「ピアノメーカー」であるという事。
 
YAMAHAは言わずもがな、日本を代表するピアノメーカーであり、ピアノ以外にも楽器や調音パネル、アンプ、プレーヤー等、「音」に関する様々なことに関わっています。
 
対して、BRODMANNは、音楽の都オーストリアはウィーンにある老舗のピアノメーカーで、
創立者のジョセフ・ブロッドマンは、あのイグナッツ・ベーゼンドルファーの師匠にあたる方との事です。
 
ピアノを熟知した二つのブランドが作るスピーカーとは如何なるものか…
 
それぞれ「ならでは」の面白い比較になるのではないでしょうか。
 
♪使用製品♪
 
SPEKER SYSTEM YAMAHA   NS-5000 ¥1,500,000(税別)
 
        BRODMANN  VC-2 ¥2,000,000(税別)/特注仕上げ
 
さてこちらで使用するシステム
 
CD/SACD PLAYER ESOTERIC GRANDIOSO K-1 ¥2,000,000(税別)
 
PREMAIN AMPLIFIER OCTAVE V110SE ¥1,100,000(税別)
 
今回OCTAVE V110SE はショップ初お披露目になります。

他のプログラムは変更ございません。

プログラムはこち

皆様のお申込み心よりお待ち申し上げます。H.A.L.3 島/天野

|

NETWORKAUDIO/PCAUDIO TIME VOL,9 コメント

NETWORKAUDIO/PCAUDIO TIME VOL,9 コメント

皆様こんにちは。
12月3日(土)に予定をしているNetworkAudio/PCAudio Time Vol,9に各社の担当者からコメントが届いています。

Bricasti

■株式会社エミライ 島 幸太郎氏より■
今回弊社がご紹介するのは、アメリカはマサチューセッツに本拠を置くBricasti DesignのD/Aコンバーター「M1SE」です。
http://www.bricasti.jp/
http://www.bricasti.jp/products/m1-special-edition/

Bricasti Designはプロオーディオ分野で名高いLexiconとハイエンドオーディオで著名な旧Madrigal Labsのチームで構成されたブランドで、プロオーディオ分野では、特にデジタルリバーブ製品で確固たる地位を確立しているブランドです。同社は5年前からハイエンドのコンシューマーオーディオ分野にも参入しており、海外特にアメリカでは大変高い評価を獲得しております。
今回ご紹介する「M1SE」は、特に天野さんからリコメンドをいただいておりました製品ですが、今回は(ダイナの)島さんからも最近専門誌で話題だよねということでお声がけいただき、急きょ本イベントに登場することとなりました。ESS Technology社製DACチップ搭載製品を主に取り扱っておりますエミライでは珍しく、アナログ・デバイセズ社製DACチップを搭載した製品となりますが、取り扱いの決定には相応の理由がございます。是非そのサウンドをご確認いただければと存じます。
技術解説の詳細はWebページ記載の内容をご覧いただくとして、当日はブランド・ヒストリーと「M1SE」のサウンドを中心にお届けしたいと思います。
プロフェッショナルオーディオとハイエンドオーディオの高度な融合を果たしたBricasti Designにご注目いただければ幸いです。

■天野より■
「その時代の流行りの音」ってあると私天野は思うんですよ。
デジタル再生が年々、日に日に盛んになり、どんどん音質は向上しています。
その音色の傾向は、より描写が細かくなり、繊細に…という製品が増えてきました。
その一方で、ジャズやロック、ポップスを太く、力強く聴きたいというお客様からのご要望にお応えできる製品が少なくなりました。
マーク・レビンソンやワディアといったアメリカ系の元気の良い音色を持つメーカーがハイエンドオーディオ界を闊歩していた当時(今でも現行のメーカーですが)の音色を好まれる方は多くいらっしゃいます。(実は私もその一人です)
そんな方たちにようやくご紹介が出来るDACが登場しました。

「こういう音を待っていた!」という方、絶対います。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

【1F最新情報】期間限定SP100R2とベートーベンC G SEをLUXとマッキンが優雅に鳴らします。!

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 SP100R2 ベートベンC G SEを
LUXとマッキン パワーアンプでさらに気持ちよく鳴らします。
(11月末までの期間限定です。)

1Fで期間限定となりますが LUXMANパワーアンプ
M-700u とマッキントッシュ MC152を使って1F展示中の
高級スピーカーを鳴らしております。

是非、スペンドールやウイーンアコーステックなどの
高級スピーカーに加え、プレーナー型スピーカー
マグネパン も2機種 展示展開しておりますので
鳴らしにくそうなスピーカーに高級アンプを加えると
どのように表現力が変わるか?ご体感されるなら
今がチャンスです。!

M700u

●LUXMAN M-700u

標準希望小売価格 580,000円(税別)

販売価格 お問合せ下さい。 

LUXMAN M-700uの情報はこちら

Mc152

●マッキントッシュ MC152

標準希望小売価格 500,000円(税別)

*11月1日から価格改定でお求め安くなりました。!

販売価格 お問合せ下さい。

マッキントッシュ MC152の情報はこちら

★SPENDOR クラシックシリーズ   

SP100R2  ペア 1,200,000円(税別)

販売価格 お問合せ下さい。

Sp100_2

スペンドール社の情報はこちら

スペンドール 元フラッグシップ SP100R2がついに1Fに
やってきました。     従来モデルから有名スタジオにも
導入された実績があるスペンドールの代表的なモデル
です。    

30有余年からくる伝統的な設計に加え、美麗な木製に
よる存在感は人々を引きつける魅力があることは
間違いありません。

 

★ウイーンアコースティック
Beethoven Concert Grand Symphony Edition
標準希望小売価格 ペア 1,200,000円 (税別)

販売価格 お問合せ下さい。

Beethcgse_2

ウイーンアコースティック社 商品の情報はこちら

アナログライクな重心がとれている音調は
どのような音楽を聴いていても揺るがない安心感を
感じさせます。そして、シンフォニーの質感、鳴りっぷり
は特筆もの。

一番人気のベートーベンBabyGrandSE、設置場所を
比較的選ばないハイドンGrandSEも含め色々な相性
のよさそうなアンプでいつもご紹介しております。

スペンドールやウイーンアコースティック、マグネパン
など関東県内でご試聴しにくい機種がそろっております
ので設置方法など今までの豊富な納品実績とともに
ご案内できますのでご相談は是非、1F とも田にて

---------------------------------------------------

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

●名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/spd/index.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
感動!の第40回マラソン試聴会  ありがとうございました。
http://www.dynamicaudio.jp/marathon/40/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年11月27日 (日)

H.A.L.3 NEWS★-2016.11.27 ミュージックサーバー各種

Img_3104

12月3日に開催いたしますNetworkAudio/PCAudio Time Vol,9で使用する
ミュージックサーバー順番に届いております。
そこですでに準備を兼ねて揃えております。
上から
■DELA   HA-N1AH20/2  ¥168,000(税別)
■FIDATA  HFAS1-S10  ¥370,000 (税別)
■FIDATA  HFAS1-H40   ¥320,000 (税別)
■SONY     HAP-Z1ES   ¥210,000(税別)
■TECHNICS ST-G30    ¥500,000(税別)

Img_3105
 
 
先入観無しで試聴したら、ちょっと自分でも違った結果になってしまいました。
というのは全数を同じ電源ケーブル、LANケーブルで統一することが本日現在は
難しく、厳選な比較はできないことが解りました。
このことからもミュージックサーバーも通常のオーディオ機器同様に追い込める
面白さがあるということです。
既に実験して理解はしておりましたが、改めてご報告させていただきました。
もし平日で比較試聴されたいというリクエストがございましたら、お声かけいただければ幸いです。
さて今回SONYのHAP-Z1ESをご用意した経緯としては、今まではプレーヤー
としての使用でしたが、ソフトウェアーのヴァージョンアップでNASとしても使用できるようになりました。また同時にUSBでデジタル出力することも可能です。
 
そうなりますとDELA、FIDATAと同じ使い方ができる訳です。音の勝負もさる
ことながら自社でアプリケーションを持っているSONYの強みが発揮されます。
 
選択の幅が広がってきて非常に面白い世界ですね。H.A.L.3 島

|

★天ノ視点★-マラソン・アンコール試聴会ピックアップ-

★天ノ視点★-マラソン・アンコール試聴会-

皆様こんにちは。

年末も迫った12月の3日・4日はここ4Fでイベント尽くしです。

●2016年12月3日(土)
●2016年12月4日(日)
マラソン・アンコール試聴会 国産編

既に3日のNPTに関しては多くのご予約を頂いております。
参加ご希望の方はお早めに、ご予約下さい。

さて、この中からおおススメの試聴会をご紹介致します。

■第二部 13:00~14:00「ESOTERIC & MONITOR AUDIO」

□プレゼンター:5555 4F 島

K1f1 Pl500

♪使用製品♪
・CD/SACD PLAYER   ESOTERIC      GRANDIOSO K1
・PREMAIN AMPLIFIER  ESOTERIC       GRANDIOSO F1
・SPEAKER SYSTEM    MONITOR AUDIO    PL500/2
・SPEAKER SYSTEM    B&W         802D3/B

ESOTERICの最上級ラインGrandiosoの最新プレーヤーGrandiosoK1とGrandiosoF1を使用し、MonitorAudioのフラッグシップ機PL-500を鳴らします。
一体型のSACD/CDプレーヤー、インテグレーテッドアンプとして極められたGrandoosoK1/F1が大型スピーカーであるPL-500を鳴らし切ります。
シンプルに最上級の音をお楽しみください。
そして、4Fのリファレンススピーカー、B&W802D3との比較試聴にも要注目です!

ここで注目なのは、ESOTERICのプリメインアンプGrandiosoF1は、A級動作30W+30W(8Ω)、60W+60W(4Ω)になります。
決して高出力とは言えない、プリメインアンプが、大型スピーカーであるPL-500をどのように鳴らすのか…。
じ・つ・は…
このシステムをマラソン試聴会の会場で鳴らした時は飛びました…。
事前に4Fの試聴室で検証を行って、素晴らしい音色を聴かせてくれていただけに、あの会場でそれが伝わりきらなかったのは残念です。
今回はリベンジです!

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

【1F最新情報】ソウルノート A-1, C-1 デモ展開中です。!

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

1F 最新情報 
ソウルノート 10周年メモリアルモデルデモ中です!

ソウルノート A-1
標準希望小売価格  税抜き 170,000円

A1

ソウルノート C-1
標準希望小売価格  税抜き 180,000円

C1

販売価格お問合せ下さい。

ソウルノートの情報はこちら

以前から数少ないソウルノートの展示展開店として
ダイナミックオーディオではやっておりました。
このたび、(株)CSRよりメモリアル10周年記念モデル
として只今、4機種がラインナップされております。
(A-0とE-1は新製品です。)

1Fでは常設展示でソウルノートA-1とC-1を展開して
おりますので是非、聴いてみてください。

個人的にはダイレクトメカニカルアースの恩恵だと
思うのですが文字どうり魂(ソウル)が活き活きと
表現しきれているように思います。

無帰還ディスクリート回路、シンメトリー筐体など
マニアライクな仕様は見事の一言。

価格設定も こなれた価格設定ですし、
年末オーディオ選びの候補に入れていただきたい
と思います。

尚、いい音がゆえにでる発熱の量や後ろの端子の
設計、ボリュームつまみの仕様やリモコン操作性
での注意点など購入する前に確認しておくと安心
できるような箇所が数点ございますので是非、
リアルショップならではの当店1Fでご体感下さい

---------------------------------------------------

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
楽しさ満載!
ミドルクラスオーディオとハイエンドヘッドフォンが充実
http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/

●最新情報などはブログでこちらからご参照ください。!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/1f/

●名盤エソテリックSACD、高音質DISC情報はこちら!
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/spd/index.html

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
感動!の第40回マラソン試聴会  ありがとうございました。
http://www.dynamicaudio.jp/marathon/40/
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

Shtop 1F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

« 2016年11月20日 - 2016年11月26日 | トップページ | 2016年12月4日 - 2016年12月10日 »