« 2016年10月23日 - 2016年10月29日 | トップページ | 2016年11月6日 - 2016年11月12日 »

2016年11月 5日 (土)

GRADOカートリッジのご紹介

昨日ひと夏の成長を剪定された街路樹が寒そうな秋葉原です。

最近はレコードの再燃でアナログ関係のお問い合わせも多くなってきました。

Img_0867Img_0868そんな中でアナログのラインナップ増やすべく、このたびアメリカはGRADOのカートリッジをストック致しました。(Reference Platinum2 / Statement Platinum2 / Prestige Gold1 / Prestige Red1 / Prestige Green1)

試聴したReference Platinum2で言えば、中域が厚く肉厚感のある音で、力強さを感じます。現代の録音にはあまりマッチしない雰囲気もありました。もちろん好み次第ですが。(あくまでも個人的感想です)

参考:メーカーHP

その他DENON、ortofon、オーディオテクニカ等取扱いがございますので、お気軽にお問合せ願います。(店頭在庫状況は要確認となります。)

よろしくお願い致します。

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田 まで
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp


|

2016年11月 4日 (金)

H.A.L.3 NEWS★-2016.11.4 LUXMAN ES-1200試聴レポート

Es1500_pho2

本日は11月末に発売予定しておりますラックスマンのクリーン電源ES-1200のレポートをお届けさせていただきます。
 
LUXMAN ES-1200 CLEAN POWER SUPPLY クリーン電源システム
 
定価¥580,000 (税別)

メーカーサイトはこちら
 
販売店での初お披露目としては先日開催させていただいた弊社のマラソン試聴会でしたが、まだ店頭で試聴できるようなタイミングがありませんでした。そこで11月2日(水)に神奈川県新横浜にあるラックスマン本社にて試聴させていただける時間を作っていただきました。
 
ラックスマンの試聴室は一般のお客様向けの試聴会は定期的に開催しておりますが、私個人的には初めてのお伺いで、非常に楽しみでした。
通された地下室の扉を開けたら、その先にはラックスマンの往年の名機たちがずらっとラックの中に配置されておりました。これだけでもいちオーディオファンとしてはうれしいですね。懐かしい製品もあれば私も見たことの無い製品まで。
博物館状態でした。

Es1500_pho4
 
さてメインシステムは入って左側に設置されております。
いち早く導入されたB&Wの802D3。ラックは今定評のあるTAOCのCSRシリーズ。
機器はCD/SACD PLAYER D-08U、プリアンプ C-900U、パワーアンプM-900U。
ミュージックサーバーはDELA HA-N1AH20。
 
最初に開発本部設計一課課長の田村氏にお話をお伺いすることが出来ました。
今回ラックスマンでは初の電源ということで開発に対してどういったところにポイントを置いて設計したかということと、個人的には他社の電源と比較をした時にどういった特徴があるかということですになります。
 
一番興味深いのは電源のホット (LIVE) 側入出力間に直列に挿入される部品が存在しないダイレクト・カップリング方式を採用し、負荷変動への高速応答性を実現というところと重量を考えてスィッチング電源を採用しているところになるかと思います。大型のトランスを使用することでサイズが大きくなることを今回敬遠し、それであってもしっかり音作りを行うという意識の高さが伝わってきました。また他社製品での使用も意識しているところも深く、その辺りでの音作りの話お伺いすることが出来ました。
 
また出力電圧に関しましては、例えば102Vで入ってきても、98Vでもしっかり100Vで出力をするとのことです。(本体のメーターの左側が入力で、出力が左側に出てきます。)
 
田村様。ありがとうございました。
 
さてこの先は試聴に入らせていただきました。
 
試聴曲はラプソディー・ジャパン/村治佳織 より「花は咲く」
 
歌で逢いましょう/ 畠山 美由紀より 「かもめはかもめ」
 
その他クラシック、ロック、大太鼓を数曲
 
まず1回目の試聴では、同社電源タップ
ES-35を壁コンセントということをイメージして、DELAを除く3台の機器を
こちらに接続した状態からスタートしました。またES-1200もこのタップからとった状態になっております。
 
ES-35の詳細はこちら

Es1500_pho1
 
この時点での試聴の段階で色々コメントしたいところではありましたが、比較ということであえてそのままスタートしました。それからCD/SACD PLAYERのの電源をES-1200から取りなおし、次にプリアンプ、パワーアンプという順番に試聴を行いました。
 
CDでは情報量とS/Nの向上、プリアンプでは奥行感の向と広がり、パワーアンプではエネルギー不足をあまり感じることもなく、質感の向上を感じることが出来ました。
イメージしていたよりもこれぞラックスマンという音質の変化を感じず、非常にニュートラルで他社製品とも合わせやすいのではないかというイメージを持ちました。
 
本格試聴をしたいということで、天板の一番上に載っていたCD/SACDをラックの中に入れてもらい、天板に何も設置しない状況で再度試聴を行いました。
Es1500_pho3
 
音が断然良くなったのですが、この設置の変更の際にこのES-1200を壁のコンセントからとり直しておりました。この変化も非常に大きく、タップからとる音と、壁から直接とるということの差を大きく感じることができました。
 
このことからもこの電源にいくまでの環境でも大きく音を左右してしまうということが解りました。ただこの時に正直な話ラックスマンの電源タップのイメージが下がってしまいました。そこで他社の電源タップと比較することになってしまいました。
 
色々やった答えは、絨毯の場合にラックスマンの電源タップを直接設置すると音質があまり良くないということです。そのタップをボードに設置したところ、今までの音質が何だったんだろいうというぐらいラックスマンの広がりがある音が出てきてくれました。

私個人的にはイルンゴオーディオさんに電源タップボードを作っていただき、100枚以上出荷しておりますので、電源の足回りの重要さを知っております。一般のフローリングであれば問題ないかと思います。このラックスマンの試聴室はそういったところまできちんと再現できる試聴室であるということも付け加えさせていただきたいです。
 
ということで、この状態で再度試聴を開始いたしました。
今回は減らしていくという方法で、すべてES-1200に接続した状態から、パワーアンプをタップから取り直しました。やはり気持ちエネルギー感の不足は感じるものの、それ以上のメリットの方が大きく、全体的な音楽のバランスと安定感を感じることが出来ました。
次に最初とは順番を変更して、CD/SACD PLAYERをES-1200からとりました。
変化としては、情報量がやたら増えた的なイメージよりも、静かになり、音の余韻が増え、耳あたりが非常によく感じました。音がすっとしたというイメージでこれは非常に好印象でした。
最後にプリアンプ。個人的にはこのプリアンプの変化が一番大きく感じます。
特に高さ表現と、生々しさになってくるかと思います。静寂感が増し、高さ表現があがるとリアリティが増してきます。奥行感も良くなり、空間表現も非常に向上しました。これは良い電源であるということをしっかり認識できました。
 
従来の電源メーカーの音ということであれば、繊細さと情報量を持った特徴。音の芯をしっかりとしてモニター的になる特徴。エネルギー感が増し、安定感のある音。大きな特徴はないですが、全体的にバランスが良い特徴などありますが、このラックスマンは前面にラックスマンという特徴を出すことはなく、音楽の聞かせどころが非常にうまく、聞いていて安心できるサウンドではないかと思います。
もちろん他社比較すると違うブランドの方が良いところもあるかと思いますが、このES-1200の傾向の電源は少ないのではないかと思います。やはり音楽を意識しており、ラックスマンが作るとこういう音になるということに対してはうれしさを覚えてしまいます。
 
正直なところこういった電源は効果的であることは間違いはありませんが、どうしてもラックの段数が増えてしまう、設置しにくいなどという問題もあるかと思います。
ただ将来のことを考えると普遍的なところを一つずつ増やしていくことは悪いことではございません。電源は特にそういったことを感じます。
今の状況で設置できないというお思いになっているお客様でも一度お考えいただければ幸いです。
今回のラックスマンの試聴室でも楽しい時間を過ごすことが出来ました。時間的には2時間半になりましたが、有意義な時間でした。
ラックスマン 末吉さん、相田さんありがとうございました。H.A.L.3 島

|

2016年11月 3日 (木)

1F在庫情報 11/3

ここ数日の冷え込みが若干和らいでいる今日の秋葉原です。

Img_0866在庫情報の前にSONYのハードディスクプレーヤーHAP-Z1ESについて。
使いやすさの点から、10万クラスのハードディスク・ネットワークプレーヤーの中ではかなり使えるアイテムだったHAP-Z1ES。しかし出力はRCA/XLRのアナログ出力のみでした。
新たにファームウェアがアップデートされ、今回はなんとUSBからデジタル出力が可能となりました!接続保証はTA-ZH1ESとCAS-1のみが現時点でうたわれていますが、弊社ではDCD-SX1とデジタル接続をして問題なく再生できております。
これで、もうしばらくHAP-Z1ESで遊べるようになりましたので、このクラスのネットワークプレーヤーをご検討の方は、こちらも候補に入れてみては如何でしょうか。

次は生産完了品の弊社最終在庫のご紹介となります。
当然売れてしまえば新品ではもう手に入れる事はできませんので、この機会をお見逃しなく!

marantz SA-14S1SE 税抜定価 \290,000 

marantz PM-14S1SE 税抜定価 \290,000

marantz PM-11S3 税抜定価 \430,000

LUXMAN LX-32u 税抜定価 \260,000

SENNHEISER HD-598 税抜定価オープン

以上は新品在庫となります。
売価はお問い合わせ願います。

次は試聴機特価品です。

STAX SRS-4170 (SR-407+SRM-006tS) 税抜定価\133,000⇒税抜売価\83,600

STAXにてイヤーパッド・スコットフィルター・ヘッドパッド・真空管・コンデンサーの交換メンテナンス済み、保証は新品と同様です。
試聴機として使用していたものなので外観に若干の傷がございます。また、STAXにて再生梱包済みなので開封確認は出来ませんので、予めご容赦願います。

=メーカー在庫情報=

Relaxa530SAPから500台限定発売されておりましたマグネット・フローティング・アイソレーションボード「RELAXA530」
8月より発売となりましたが、早くも残り在庫が100台を切ったそうです。
回転系メカには特に効果を発揮するようで、昨今のアナログ再燃も影響しているのでしょうか!?
こちらもご検討中の方はお早めにお問い合わせ願います。

以上よろしくお願い致します。

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田 まで
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp





|

★H.A.L.3 News★-LUMIN価格改定&キャンペーン-

★H.A.L.3 News★-LUMIN価格改定&キャンペーン-

皆様こんにちは。
秋も深まり、もうすぐそこまで冬がやってきています。
音楽は一年中楽しむことが出来ますが、特にこの季節は音楽に浸りたいですね。

さて、データ再生は楽しまれていますか?
今や、データ再生(ファイル再生)は色々な方法で楽しむことが出来ます。

ネットワークオーディオ、ハイエンドNAS+DACによる再生、PCを用いた方法と数年前に比べると、音質・利便性共に各段に良くなっています。
さて、H.A.L3でしばらくを展示をして皆様にご紹介をしておりましたLUMINが価格改定を行い、より皆様がお求めやすくなりました。

Lumin

■LUMIN価格改定■
・「LUMIN S1(Black)」  1,815,000円→1,452,000円
・「LUMIN S1(Silver)」 1,650,000円→1,320,000円
・「LUMIN A1(Black)」  1,210,000円→968,000円
・「LUMIN A1(Silver)」 1,100,000円→880,000円
・「LUMIN U1(Black)」  1,210,000円→968,000円
・「LUMIN U1(Silver)」  1,100,000円→880,000円
・「LUMIN T1」              750,000円→600,000円
・「LUMIN D1」              350,000円→280,000円
一律20%OFFになりました。
最も高額のS1が150万円を切ってご紹介可能です。

■LUMIN価格改定キャンペーン■
※2016年12月31日まで
併用はできません。どちらかをお選び下さい。
●「MFP8 GOLD II」の対象製品
・「LUMIN S1」:LANケーブル2本
・「LUMIN A1」:LANケーブル2本
・「LUMIN U1」:LANケーブル2本
・「LUMIN T1」:LANケーブル1本
・「LUMIN D1」:LANケーブル1本

●「sMS-200」の対象製品
・「LUMIN S1」
・「LUMIN A1」
・「LUMIN U1」
LUMINは、高品位のネットワークプレーヤーを多く輩出していて、独自の音質を持っています。
ネットワークプレーヤーをお探しだった方は是非この機会にご検討下さい。


現在、試聴機はございません。
ご試聴希望の場合は事前にご予約の程、よろしくお願い致します。


Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2016年11月 2日 (水)

クラス最高峰の一体型プレーヤー2モデル展示開始しました!


Unnamed


ESOTERIC「GRANDIOSO K1」
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/k1/index.html
標準販売価格:¥2,000,000(税別)


超高精度なVRDS-NEOメカから送り出される圧倒的な情報と高い音楽性が融合しました。音の一つ一つにエネルギーを感じます。これが一体型SACDプレーヤーの「リファレンス」、システムの表現力が格段に上がります。


MARANTZ「SA-10」
http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?CatId=hifi&SubCatId=sacdcdplayer&ProductId=SA10
標準販売価格:¥600,000(税別)


このクラスでは異例のディスクリートD/Aコンバーター搭載したSACDプレーヤー。クリアで抜けの良いサウンドは同価格帯で頭1つ抜けました。USB入力、データディスク再生も高品位に楽しめます。

是非最新デジタルプレーヤーのサウンドをご体験下さい!



上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

★天ノ視点★-LUXMAN PD-171A-

皆様こんにちは。
ダイナミックオーディオの天野です。
マラソン試聴会は三つの比較試聴を行いました。

「スピーカー10選」「デジタル10選」「アナログ10選」

私天野は、すべてののセクションで少しづつご説明をさせて頂きました。
本日、ご紹介しますのは、「アナログ10選」でご紹介を致しましたLUXMAN PD-171Aをこの場で振り返ってみたいと思います。

「90周年の歴史を持つLUXMANが生み出した超スタンダードプレーヤー」

LUXMAN PD-171A \495,000(別)
LUXMAN PD-171AL(アームレス) \395,000(別)

Pd171a

優れたレコードプレーヤーとはどういうものでしょうか。
極論を申し上げれば、レコード盤の溝を徹底的に正確にトレースすることが出来るものだと思います。
その為に色々な技術が開発されました。
バネやマグネットを利用したフローティング型、リジッド型、バキューム式、ベルトドライブ、ダイレクトドライブ、リムドライブ…
S字アーム、ストレートアーム、ロングアーム、ショートアーム、ダイナミックバランス、スタティックバランス、リニアトラッキング…
他にも、製品独自の技術や部品で言えば、数限りなくあります。

その中で、LUXMANが作り上げたレコードプレーヤーは、「レコードに求められる絶対条件」を満たしたスタンダードプレーヤーだと言えます。
形式はリジッドタイプのベルトドライブ型。

特筆して「LUXMANらしい」と言えば、アンダースラング方式という技術を採用している事でしょうか。
厚さ15mmのアルミプレート(メインシャーシ)に主要パーツをアンダースラング(吊り下げ)させ、剛性と制振性を高めるというもの。
アンプ類で培った部材の使い方や良点、弱点を熟知しているLUXMANならではの考え方だと思います。

他には?

実は…ほかにこれは!と思えるところは…
では、なぜ、私がお進めしたいのか…。

■安定性・信頼性■
「難しい事をしない」というのは決して「手を抜く」という事ではありません。
ご承知の通り、LUXMANは90年を超える歴史をもつハイエンドメーカーです。
その90年という歴史の中で培われた知識や技術は並大抵のものではありません。
一つ一つの部材に対するこだわりと精度は、世界トップクラス。
いかに、安定して、正確に、そして永続的に使って頂けるか…その結果が基本に忠実である事だったのだと思います。
事実、私はこのPD-171Aを数販売しておりますが、修理や不具合が全くありません。
もちろん、これが数年、数十年と使用されたら…となるとわかりませんが、LUXMANはその時でも修理可能です。

■多種アーム対応■
PD-171Aは別モデルとしてPD-171AL(アームレス)を販売しています。
現在、世にあるおおよそのアームを付けることが出来ます。
もともとPD-171AにはLUXMANのオリジナルアームが付いており、とても優秀なアームですが、やはりオルトフォンやSMEと言ったこだわりのアームや憧れのアームを付けたいという方も多いのではないでしょうか。

他にも、回転数の調整が出来たり、ライトが付いていたり、アームはセパレートであったりとハイエンドユーザーにとって欲しい機能はしっかり押さえています。


レコードプレーヤーに求められる絶対条件を満たした超スタンダードプレーヤー…
これがLUXMAN PD-171Aです。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2016年11月 1日 (火)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.45 ラプソディー・ジャパン

Uml00028948311125 VOL.41 ラプソディー・ジャパン/村治佳織

FLAC 96kHz/24bit

購入先はこちら

10月26日に発売された村治佳織さんのNEW ALBUM。5年ぶりの新録になっており、弟の村治奏一さんとの初共演の楽曲もあります。
彼女のアルバムは私も多数所有しており、この業界でもファンは多いのではないかと思います。病気の治療のために2013年より休業をしておりましたが、今年のチャリティーコンサートで復活を果たしてくれました。
インタビュー記事はこちら

2012年に東日本大震災のチャリティーソングの「花は咲く」を味わい深く、アコスティックギターが奏でる世界を音楽とともに感じ取っていただけるのではないかと思います。

旧作もハイレゾとして発売されておりますので、聞き比べてみたいと思います。H.A.L.3 島

|

1F 新規展示・特価情報

本日の秋葉原は冷たい雨が降っております。

まずは展示情報からご紹介です。

Img_0861決して新製品ではございませんが、SOULNOTE 10thメモリアルモデルとして好評頂いておりますプリメインアンプ「A-1」CDプレーヤー「C-1」を、この度1Fで常設展示することになりました。

画像に出ているのは限定色のブラック、通常モデルはシルバーとなります。

A級動作ではありませんがかなり発熱量がありますので、設置にはある程度の放熱空間が必要になるかと思います。

今まではご試聴希望を頂いてもご用意するまでお時間を頂いてしまう事もありましたが、常にご試聴頂ける様になりましたので、お気軽にどうぞ。

次はワケあり特価品情報となります。

DENON DCD-SX11未使用新品を1台特価にてご提供いたします。
何故ワケありかと申しますと、キャンセル品となります。商品発送前でしたので箱に送り状貼り付け跡がありますのと、保証書は再発行になります。(再発行とはいっても新品となんらかわりません)

ご興味のある方は是非お問い合わせ願います。
よろしくお願い致します。

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田 まで
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp

|

2016年10月31日 (月)

ESOTERIC「GRANDIOSO K1」展示しました!

Real_soundcheck_3


Img_3572          

ESOTERIC「GRANDIOSO K1」
展示しました!

http://www.esoteric.jp/products/esoteric/k1/index.html

GRANDIOSO P1、D1を1ボディーに凝縮したモデル。圧倒的な情報量と骨太なサウンドに感動しました。このまま当フロアにて常設展示致します!

ESOTERIC「GRANDIOSO K1」
標準販売価格:¥2,000,000(税別)
販売価格お問い合わせください!


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年10月30日 (日)

H.A.L.3 NEWS★-2016.10.30 DELA HA-N1AH20/2 展示開始

N1a2_pho1
      写真上N1A、写真下N1A/2

DELA  HA-N1AH20/2 ¥168,000

メーカーサイトはこちら
 
PC AUDIOの概念を変えたといっても過言ではないミュージックサーバーのDELAです
が、マイナーチェンジを行いタイプ2となりました。
 
4F H.A.L.3では早速展示を開始いたしました。
 
事前に試聴を行っておりますが、USB DACをご使用のお客様にとってはかなりの音質
変化となっております。
 
重要なポイントとしては、USB DACと接続するための専用のポートを増設し、音質改
善を行っているところだと思います。

N1a2_pho4  N1a2_pho5
 
またた足の部分の変更もございます。

N1a2_pho3  N1a2_pho2
N1A/2                  N1A
 
 
また数年かけてソフトウエァだけではなく、各所見直しを行っているということで
す。
旧タイプでもファームアップデートすることによって、パソコン用のドライブを接
続することで直接DELAの中にリッピングをすることもで出来るようになりました。
今後ともオーディオ専用ミュージックサーバーとして期待したいところです。

H.A.L.3 島

|

マランツ「SA-10」の試聴会を行いました!

Real_soundcheck_3

本日はマランツの新製品「SA-10」の試聴会を行いました。待望のフラッグシップSACDプレーヤーということで非常に多くのお客様にお越し頂きました。誠にありがとうございました。

Img_3575          

システムは、MARANTZ「SA-10」、ESOTERIC「C-03X」、「S-03」、B&W「803d3」で行いました。ジャック・ルーシェ「ヴィヴァルディ四季」、サン・サーンス交響曲4番、由紀さおり・安田祥子「ゴンドラの唄」など様々な音楽をお楽しみ頂きながらの解説でした。「SA-10」の目玉は確かに「MMM」DACなのですが、音質はそこだけでは決まらず大きく言えば筐体、メカ、細かいところでは脚や端子などの総合力ということで、USB入力に関してもNA-11で開発されたノイズ除去、内部クロックで打ち直す機構を搭載し、ディスク再生時と変わらないポテンシャルを持っているとのこと。CD、SACDも良かったですが、最後にかけたハイレゾのホリー・コール、カンターテドミノもとても自然な再現だったと思います。

これから年末にかけて様々なイベント、試聴会を計画しております。是非またお越し下さいませ。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

MARANTZ 「SA-10」のご紹介

Real_soundcheck_3

マランツからSACDプレーヤー「SA-10」が発売されました。

Fullsizerender_3           

前作「SA-11S3」は5年にわたるロングセラーモデルで音質の評価も高かったのですが、新製品は後継としての「S4」ではなく、新たにSA-10という型番で発売されました。ご存知の通り国産SACDプレーヤーの50万円代というのは非常に密度が高く、各社力の入った商品を展開しています。例えLUXMAN「D-06u」、DENON「DCD-SX1」、ESOTERIC「K-05X」という具合ですが、全て50万円代、対するこの「SA-10」は価格は60万円とライバル機種よりも若干高くなっています。

その要因がDAC部にICチップを使わずオリジナルのディスクリートD/Aコンバーター「Marantz Musical Mastering」を搭載したためでしょう。デジタル→アナログ変換の仕事は小さなICで全てこなせてしまう昨今、リファレンスプレーヤーとしてあえてコストのかかるディスクリート構成でマランツの音を求めた「攻め」のモデルと思います。

細かいスペックはメーカーサイトをご覧頂きたいのですが、搭載した最新のSACDドライブメカ「SACD-M3」は、「SA-11S3」で開発された「SACD-M2」メカから更に読み取り精度を高めており、機能としてはSACD、CDに加えて、データディスクも再生可能となっています。 USB-DACについては、384kHz/32bit PCMや11.2MHz DSDの再生に対応、データディスク再生はMP3、WMA、AACは44.1/48kHz、WAV、FLAC、AIFFで192kHzまで、DSDは2.8/5.6MHzに対応しています。

Img_3563_3 外観は、遠目で見ると「SA-11S3」の筐体とよく似ていますが、フロントパネルのボタン配列は異なり、オープン、クローズボタンと再生ボタンがトレイの両脇に、曲送り、停止などは表示パネルの中に小さくまとめられています。これらの操作はリモコンでというところだと思います。
リアパネルは各種デジタル入力が並んでいますが、私が注目したのがRCA出力部分です。最初に見た際は流行りのロジウムメッキかと思ったのですが、これはニッケルメッキとのこと。音を聞いての判断ということで信頼が置けます。

最初に聞いた時も低域が弾んで良いなと思いましたが、1週間経ち落ち着いて試聴すると非常にクリアで抜けの良いサウンド、音の純度が高く、小音量時でもヴォーカルのニュアンスが失わずに再現してくれるのに驚きました。音の広がり、定位も自然で、ジャズでもクラシックでもポップスでもスポットライトに照らされた舞台が目に浮かびます。明らかに前作よりも洗練されたサウンドですが、低域も豊かでしっかりしています。マランツのサウンドが変わったと言っても良いくらいかもしれません。他メーカーをお使いのお客様にも是非お聴き頂きたいプレーヤーです。5555 2Fにて常設展示しております。


MARANTZ「SA-10」
標準販売価格:¥600,000(税別)
販売価格お問い合わせください!


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

話題のレコードクリーナー IQ1100A

本日は非常に冷え込んでます秋葉原です。

Img_0803昨今メディアでも取り上げられる事が多くなりましたレコード熱の再来ですが、今日ご紹介する商品もその一つ。
新潟はアイコールといいます国内メーカーが作ったレコードクリーニングマシーン。バキューム式のクリーナーはあれど、どれも高額な商品が多いのが現状でした。そんな中、10万を切る定価で現れたのが「IQ1100A」です。

ホームページ / http://www.i-teqx.co.jp/

もちろん高額クリーナーマシーンと比較するには心もとないところもありますが、低価格を実現した商品なのでご愛嬌です。
一つ。クリーニングブラシは手で持ちます。
一つ。クリーナー液のバキューム音は掃除機のようなので、夜中にクリーニングをされる方はご注意を。

店頭にて展示中なので、ぜひ実物をご覧頂ければと思います。
またキャンペーンとして年内ご購入の方は、通常\3,500にて別売となりますレコード乾燥用スタンドがプレゼントとなります。

レコード盤のクリーニングは音質とともにカートリッジの保護にもつながります。この機会にクリーニングを見直してみては如何でしょうか!?

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田 まで
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp

|

« 2016年10月23日 - 2016年10月29日 | トップページ | 2016年11月6日 - 2016年11月12日 »