« 2016年10月9日 - 2016年10月15日 | トップページ | 2016年10月30日 - 2016年11月5日 »

2016年10月29日 (土)

★天ノ視点★-マラソン試聴会NS5000-

皆様こんにちは。
ダイナミックオーディオの天野です。
先日、弊社の秋の祭典「第40回マラソン試聴会-The RIVAL-」を行いました。
今年は「The RIVAL」(ザ・ライバル)をサブテーマに掲げ、各セクションで比較試聴を行いました。
天野的に注目は何と言っても、一日目の昼に行われました「スピーカー10選」
ダイナの担当が選んだスピーカー10選はこちら↓↓↓

「スピーカー10選」

101 102

どうです?なかなか壮観な品列だと思いませんが、私もダイナミックオーディオで日々営業を行っておりますが、これだけのスピーカーが並ぶことはなかなかないので、面白く眺めていました。
一枚目の写真は前日に行われたリハ―サルの様子ですが、最後の晩餐を眺めている川又店長のようで、なかなか個人的に好きな一枚です。

この中で私がご説明を担当させて頂いたのはYAMAHA NS-5000とB&W 802D3でした。
YAMAHA NS-5000は発売からここH.A.L.3で展示を行っていて(現在は別フロアにて)、試聴会等も行いました。
そして、B&W 802D3は言わずもがな、H.A.L3のリファレンススピーカーの一つで、連日、最高の音楽を奏でてくれています。

さて、このブログでは、天野が肝煎りでご紹介をしましたNS-5000について振り返ってみたいと思います。

YAMAHA NS-5000
課題曲:ブライアン・ブロンバーグ/WOOD トラック1「ザ・サーガ・オブ・ハリソン・クラブフェザーズ」
このセクションで比較を行ったのは、「日米モニタースピーカー対決」という事で、JBL4367WXとの比較を行いました。
両スピーカーとも、大口径のユニットを搭載していて、低域の量感やキャラクターを比較を行って頂きました。
NS-5000では、30cmのウーハーを採用していて、大きい口径ならではの量感はもちろん、素材のキャラクターなのか、もたつくことなく反応の早い低域を聴かせてくれます。
JBL4367WXの全身で浴びるような低域もとても気持ち良いですが、現代大口径ユニットの一つの形がNS-5000なのかもしれません。

自由曲:TVアニメ『響け!ユーフォニアム』オリジナルサウンドトラック「おもいでミュージック」/DISC2トラック16「三日月の舞(麗奈トランペットソロVer.)
NS-5000の音質的な特徴の一つである「ブラスのきらめき」をなにで表現しようかと思い、この曲にしました。
オーディオ界隈では、ブラスバンドってあまり試聴に使われませんが、楽器数が多く、ブラスの良さが十分にわかるのは何だろう…と行きついた先がごれでした。
さらに、トランペットのソロ演奏があるのですが、フルバンドからソロへ移行するときの静寂感やソロトランペットの抜けるような音の飛びを体感して頂けたのではないでしょうか。

さて、まず、前提としてNS-5000はYAMAHAはこの秋に発表した新しいリファレンススピーカーです。「21世紀のNS-1000Mを作る」という言葉がコンセプトにありましたが、それはいかなるものなのか…。

NS-5000の大きな特徴の一つは何と言ってもエンクロージャーです。
YAMAHAはご存知の通り、楽器やオーディオ、そして音楽室やスタジオと「音」に関わる総合メーカーです。さらに、オーディオの中ではハードメーカーでありながら、調音パネル等も作り、「音を操る」ことに関して世界一級の技術を持っています。
立方体の筐体は、「現代のNS-1000M」を彷彿とさせますが、実はYAMAHAはもともと立方体のものを作成する予定ではなく、色々な形状を検討した結果、YAMAHAとして最も技術を発揮できる筐体を目指した末に四角い立方体に行きついたとの事でした。
おそらく多くの方が、あの形状を見ると、NS-1000Mを目的に作ったと思われがちですが、そういった目的ではないというのが、このスピーカーの面白い所です。
この四角い筐体の中には、吸音材のような素材はほとんど使われておらず、定在波や反射拡散を上手くコントロールすることによって、自然で人間の耳に入りやすい音色に仕上がっています。さらにその中で大きな役割を果たしているのが、「アコースティックアブソーバー」と言われるJ字のもの。これが、両端に長さの異なるものが設置されていて、音の調整を行っています。このあたりはYAMAHAならではの技術ではないでしょうか。

もう一つの大きな特徴としては、ユニット郡です。
使われている素材はザイロンという日本発祥の混合素材です。
この素材を使ったことによる恩恵がいくつかあります。
恩恵その①「同素材によるユニット編成」
YAMAHAはNS-50000を作る際にフルレンジシングルユニットを目標としました。その理由は、ピアノを弾いた時に左手の小指から右手の小指にかけて、同じ音色で楽しむことが出来ること。同素材を使うことによって、各ユニットが担当する帯域毎の繋がり、クロスオーバーの違和感を極力なくすことが出来ます。さらに、ネットワークから各ユニットに送る信号線を同素材、同じ長さを採用する等のこだわりもあります。
恩恵その②「30cm大口径ユニット」
現代スピーカーの傾向として、ユニットは小さくなってきています。私天野の勝手な解釈ですが、ユニットを小さくしても音がやせることなく出力できているようになったこと、より正確な動作を行えるようになったことがユニット縮小の要因ではないでしょうか。全体的にみれば、この傾向は悪い事ではなく、より良い再生を行う技術の進歩ですが、大口径で鳴らす時の迫力や空気の揺れを肌で感じることが出来る魅力は、大口径ならではのものです。これを可能にしたのがザイロン素材ではないでしょうか。大口径にしても、レスポンスの早い動作が可能になり、大口径の弱点をカバーすることが出来た。。。常にカットアンドトライを繰り返して理想的な素材、口径を探し出したYAMAHAの執念を感じます。

エンクロージャー、ユニット、スピ―カーを構築する二つの大きな要素が、そのままNS-5000の特徴になっています。
他にも、YAMAHAならではのピアノブラックへのこだわりであったり、なぜシングル端子なのか、RSチャンバーとは…等、ご説明したいことはありますが、大きくこのNS-5000の魅力に関わっている二つをご紹介させて頂きました。


このスピーカー10選では、他のスピーカー達はそれを得意とする担当者がご説明をさせて頂きましたが、普段、私達も直接感じることが出来ない、魅力を堪能することができました。
定期的にこういったイベント、行っても良いやもしれませんね!

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

☆H.A.L.3 NEWS☆-イベントのご案内 2016/10/29

TAD & 日本音響エンジニアリング コラボ試聴会 
 
Tadrt
 
TAD社待望のNEW SPEAKER TAD-ME1の発売記念ということで、発売前ではございますが、11月19日(土)に試聴会を開催させていただきます。
 
新製品TAD-ME1だけではなく、TAD-CE1、TAD-E1のサウンドを今一度ご試聴いただければと思います。
 
今回ご縁がありまして、TADスピーカーのユーザーでもある評論家の藤岡氏をお迎えして、TADの魅力を解説していただきます。
 
またコラボ企画といことで日本音響エンジニアリングのルームチューニングの効果を皆様に感じ取っていただける試聴会も開催いたします。
 
TADのスピーカーを使用し、ルームチューニングがいかに大事かということでご理解いただければ幸いです。
 
こちらは実際の効果を感じ取っていただけるようなデモンストレーションを考えております。
 
実際持ち込み試聴でのご成約率90%以上になっておりますが、価格を考えると二の足を踏まれているお客様も多いのではないでしょうか。
 
まずは今回のデモンストレーションでその効果をご確認いただき、それからご検討いただければと思います。
 
今回の試聴会に関しましては、2部制になっておりますが、両方ご参加いただけるお客様を優先させていただきます。
 
予めご了承ください。
 
<詳細>
 
●日時:11月19日 (土) 13時~16時(2部制)
 
●場所:5555 4F 試聴室
 
●店員:16名
 
●プログラム
 
■第一部 13時~14時20分
 
TAD TAD-ME1 新製品発表会 
解説:評論家 藤岡 誠 氏
 
製品
TAD-ME1 スピーカー \1,000,000(税別)
TAD-CE1 スピーカー \1,600,000(税別)
TAD-E1 スピーカ- \2,000,000(税別)
TAD-D1000MK2 CD/SACD PLAYER \1,600,000(税別)
TAD-M2500MK2 パワーアンプ \1,680,000(税別)
 
 
■第二部 14時30分~16時
 
ルームチューニングの重要性
 
デモンストレーター:日本音響エンジニアリング 根木 健太氏
日本音響エンジニアリング取扱いのANKH、SYLVANを使用したデモンストレーション及び解説。
 
使用前、使用後などのデモンストレーションも行う予定です。
この機会にルームチューニングの重要性を感じていただければと思います。
製品
 
ANKH一式、SYLVAN

日本音響エンジニアリングサイトはこちら
■お申込み方法:電話メールにて島、天野までご連絡ください 
 
島  shima@dynamicaudio.co.jp
天野  amano@dynamicaudio.co.jp
 
お電話でのお申込み
  03-3253-5555 4F 島、天野まで

皆様のお申込み心よりお待ち申し上げます。

追伸
こちらのイベントに関しましては、すでにメールマガジンでの先行予約を受け付けており、
残り席がわずかになっております。ご希望のお客様はお急ぎください。
またメールマガジンのお申し込みはこちらで承っております。

|

MDR-Z1R + TA-ZH1ES 試聴できます。

昨日は随分と寒くなりましたが、そろそろ冬が近づいて来たのでしょうか。

Img_0800すでにソニーストアなどでご試聴されている方もいるかと思いますが、SONYのフラッグシップモデル「ヘッドホンMDR-Z1R」「ヘッドホンアンプTA-ZH1ES」が当店でもご試聴可能となっております。

店頭機はもうしばらくエージングが必要ですが、お気軽にご来店ご試聴下さい。ちなみに、残念ながらウォークマンの試聴機はございませんのであしからず。

=商品入荷情報=
生産完了となりましたDENONのCDプレーヤー「DCD-1500RE」。最終在庫が入荷となりました。後継モデルのDCD-1600NEにはデジタル入力がございませんので、DACとしてのご利用もお考えの方はお早目のご検討を!

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田 まで
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp

|

2016年10月28日 (金)

6F ケーブルの力

どうもこんにちは。
 
今回は長尺ケーブル導入のお話
Chordmusic
写真の両端がChordMusicです。
中の2系統はSarum Super ARAY
 
写真だとどちらも白ですが、キラキラしたものが
見えるのがChordMusicの証です。
※写真の光は強調しています。
 
最近ですが、スピーカーケーブルもChordMusicになり
益々グレードが上がった音と感じていましたが、
プリとパワー間はそこそこ長くないといけないので
Sarum SA/6.0mのままでした。(それでも¥1,600,000)
 
マラソン試聴会もあり、アンダンテラルゴ社の協力で
ChordMusic XLR/8.0mを使用したので、店でもデモをと
思っていました。
 
正直言うとケーブルはそこまで高額じゃなくても…と思う
タイプでしたので、ここまで踏み切る覚悟もなかなか
難しいことです。
(ちなみに8mだと¥3,560,000になります。)
 
これでCDプリパワースピーカーと
の3箇所が全てChordMusicになったわけです。
 
マラソン試聴会が終わり、日曜日のうちに製品を店に戻しますが
調整や配線等は24日(月)に行っています。
重労働もあり、フラフラした頭で接続して音出ししましたが
それでもわかる違いがあります。
 
たった1か所を他2か所と同じグレードにしただけで
ここまで違いがあるのか…
という驚きがありました。
 
余分なものが完全に排除された音がこれだ!と思いました。
静かな曲だと音と音の間にある緊張感のような空気感が
際立ちますね。一瞬一瞬に思わず唾を飲むような思いが
湧きあがります。
ここまで書くと心身に大きな負荷がかかりそうですが、
CHORDの良いところは全モデルを通して、神経質に聞こえない
音作りだということです。
S/Nの向上により音自体も鮮明に浮かび上がり、
1音の立ち上がり、減衰も繊細に表現されます。
 
ただ、もともと同じメーカーなので音作りは統一されていますし
Sarum低グレードケーブルなわけではないので
“見違える程”というような表現は過剰だと思います。
 
しかし、この小さな変化が心へ訴えかけてくるものを大きくし
まさにハイエンドオーディオの醍醐味なのでしょう。
 
常にChordMusicSarumの聴き比べができます。
2度手間は嫌な方は素直にChordMusicにしちゃいましょう!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.55

Real_soundcheck_3

東京都S様

Img_3521

JBL「S4700BG」、LINN「MAJIK DSM/3」を納品させて頂きました。

Img_3524     


大きなS4700は限定モデルのピアノブラック仕上げ、広いリビングに良く馴染みました。納品後1週間エージングをして頂いた後、再度伺いSPACE OPTIMISATIONを行いました。左側のテレビを窓として入力した時の効果は絶大、ギターの余韻が綺麗に伸びました。どのジャンルを聞いてもとにかく愉しい!シンプルながら最高のシステムです。

S様、本当にありがとうございました!
  
その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年10月27日 (木)

ハイレゾ音源のご紹介 VOL.44 スナックJUJU ~夜のRequest~

Smj4547366279238 VOL.40 スナックJUJU ~夜のRequest~/JUJU

FLAC 96kHz/24bit

購入先はこちら

アーティストの間でも評価の高い女性シンガーJUJU。

彼女が日本のアーティストをカバーしたアルバムとなります。彼女の魅力もさることながら日本を代表するサウンドプロデューサー亀田誠治氏、島健氏、島田昌典氏、武部聡志氏、そして松浦晃久氏が携わっていること自体が凄すぎます。

さすがJUJUといったところでしょうか。

彼女の音楽人生は小学校のときに親に連れられて行ったスナックがきっかけで「歌手になりたい」と思ったそうです。このアルバムのタイトルはここから来ているんですね。

これぞ歌謡曲という選曲ですが、なんか新鮮に感じます。音は良いですね!!

個人的には「夏をあきらめて」ですかね。

平井堅がBARなら、JUJUはスナック!!実に面白い!!H.A.L.3 島

|

☆H.A.L.3 NEWS☆-TAD TAD-ME1 VS B&W 805D3

Tadme1  805_product
11月末発売予定のTAD社の新製品のスピーカー TAD-ME1を

10月29日、30日
の二日間のみお借りすることが出来ました。

そこでライバル機種としてB&W 805D3も同時にご用意いたします。
TAD-ME1に関して、既にお客様からのご注文、また全国展示等もありますので、
年内ご希望のお客様は是非この機会にご試聴いただければと思います。
こちらの比較試聴に関しましては、予約されたお客様を優先させていただければ
幸いです。

TAD TAD-ME1 \1,000,000(税別/ペア)

     TAD-ST3 \160,000(税別/スタンドペア)

詳細はこちら

B&W 805D3 ローズナット  \880,000(税別/ペア)
          ピアノブラック \920,000(税別/ペア)

詳細はこちら

皆様からのお問い合わせ心よりお待ち申し上げます。

H.A.L.3 /天野
 

|

マラソン試聴会 島 プログラム ミニレポート

改めまして皆様のマラソン試聴会のご参加誠に有難うございました。

私個人のプログラムにはなりますが、選曲を含めてご紹介させていただきます。

詳細は下記をご覧ください。

マラソン試聴会島ミニレポートはこちら

H.A.L.3 島

|

2016年10月26日 (水)

デスクトップコンパクトスピーカー KS-9multi

Img_0801_2KRIPTONのコンパクトスピーカーKS-7HQMが生産完了となり、新たに発売となりました「KS-9Multi」。
DSDそしてMQAにも対応となり、PCaudioデスクトップスピーカーとしてグレードアップしております。

アンプ内蔵型なのでPCとUSBケーブルで直結出来る為、限られたデスクスペースでも無理なく設置可能です。

音質を兼ね備えたデスクトップスピーカーをお探しの方にはお勧めです。
PCではございませんが、TRIODEのCDプレーヤーRubyCDと組み合わせて試聴が可能となっておりますので、ご興味のある方は是非店頭まで!

売価・その他はお気軽にお問い合わせ願います。

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田 まで
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp

|

中古品入荷のお知らせ・・・KLAUDIO「CLN-LP200」(売約済み)

Special_3


Img_3537

人気の超音波洗浄クリーナーの中古品が入荷しました。全自動で乾燥まで行ってくれます。

Img_3538

下記は発売時の紹介記事です。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2014/08/klaudiocln-lp20.html

Img_3540

輸入元で各部チェック、クリーニングを行っているためラップに包まれていますが、程度は大変良いです。付属品は取説、電源ケーブル、カバー。中古6ヶ月保証付き!!



KLAUDiO「CLN-LP200」
http://www.noahcorporation.com/klaudio/index.html

標準販売価格:¥750,000(税別)

お買い上げありがとうございます!

***********************************************
上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

その他の特価品リストはこちらです。

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/sale.html

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

6F a challenge

どうもこんにちは。上着がいらない気候の秋葉原です。
 
さて、久しぶりに6Fへ登場です。
Olympica2
左右非対称型で、バスレフの向きを
内側か外側のどちらかにすることができます。
 
はより大型のモデルでウーファーが2発になります。
はブックシェルフ型です。
 
以前よりLiliumを展示しているのですが、
そういえば同じメーカーだ!とハッとしたりしました。
音の傾向は統一されているので、上から下まで安心して
お勧めできるメーカーですね。
 
わりと小さ目のトールボーイということと、3way3スピーカー
なのでバランスはとりやすい製品だと思いました。
バスレフの向きは個人的には内側がお勧めです。
低音の実在感がわかりやすく出るので、小さ目の音量にした時も
音楽のバランスは良い印象です。
 
ただこのバスレフの特徴は、ほぼ全帯域が出ていることです。
さすがにツィーターの帯域は減衰が大きいですが、
スコーカーはウーファーと同じくらいの音量が出ている
気がします。
 
全体的にエネルギーのある音なのはこの辺りの影響ではないかと
思います。
 
外側へ向けるのはアンビエント効果も期待できますが、
横への壁が1m以上ある場合だと音が弱めに感じることも
ありました。
部屋の状況に左右されやすいので、難しい置き方だと思います。
遊び甲斐があるとも言えますね。
 
YBAとの相性も良いように感じています。
※通常はGenesisシリーズです。アンプIntegre IA-350Aを希望の
 場合は事前に確認をお願いいたします。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

アナログプレーヤー多数展示しました!

Real_soundcheck_3

マラソン試聴会無事終了しました。ご来場頂きましたお客様誠にありがとうございました。今回は新企画としてスピーカー、アナログプレーヤー、DACの比較を盛り込みました。当フロアでは特にアナログ再生に力を入れております。是非お越し下さいませ。

Img_3520

TECHNICS「SL-1200G」
http://jp.technics.com/products/1200g/
展示台に乗せました!大人気プレーヤーです。


Img_3519

ACOUSTIC SOLID「SOLID 111 WOOD」
http://www.ortofon.jp/product/catalog/2014acoustic_wt.pdf
ユニバーサルアーム搭載で手頃な価格のプレーヤーです。


Img_3518

LINN「LP12」
http://linn.jp/products/turntables/lp12/
超ロンングセラーモデルです。音質、使いやすさ、バージョンアップ・・・本当によくできています。


Img_3517


LUXMAN「PD-171AL」
http://www.luxman.co.jp/product/pd-171al
ラックスマンらしい厚みのあるサウンドを楽しめます。お手持ちのトーンアームを載せられるのも魅力です。GLANZの「NH-10B」を取り付けております。


***********************************************
上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年10月25日 (火)

中古品:DENON DCD-1650RE

インターナショナルオーディオショウとマラソン試聴会が終わり、そろそろ皆様のほしい商品も定まってきた頃ではないでしょうか!?

本日は中古情報を1点

Img_0799DENON DCD-1650RE
税込定価 \194,400 ⇒ 売約済み

現行機DCD-2500NEでは無くなってしまった、USB入力端子を含むデジタル入力を持つモデルです。ハイコストパフォーマンスCDプレーヤーとして人気でした。
元箱・付属品あり、送料は別途お見積り致しますので、お気軽にお問合せ願います。

続きまして最新展示情報です。

LUXMANより新たに発売となりました真空管CDプレーヤー「D-380」真空管プリメインアンプ「LX-380」が昨日より1Fにて店頭展示されております。ただいまエージング中ではございますが、ご試聴可能となっておりますのでご検討中の方は是非ご利用下さい。

よろしくお願い致します。

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田 まで
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp

|

☆天ノ視点☆ーネスカフェ×ダイナミックオーディオー

皆様、こんにちは。
天野です。
本日私は秋葉原から離れ、原宿にあるネスカフェに来ています!
本日から11月4日までここネスカフェ原宿にてダイナミックオーディオとのコラボ企画がスタートしています。
Photo
■DayTime■「ハイレゾカフェ」
14機種9種類のヘッドフォンをご用意して、皆様に音楽を楽しんで頂きたいと思います。皆様が普段楽しんでいる音楽を美味しいコーヒーと共にお楽しみ下さい。
Photo_2
☆Pickup☆
サウンドデザイン、モデルデザインをイタリアのSonusfaberが担当し、ヘッドバンドには同じくイタリアの高級レザーブランドが担当しています。現在は有線での使用のみですが、今後、Bluetoothにも対応した形になるそうです。
特徴は何と言っても、オシャレなデザイン!音楽を楽しむのはもちろん、首にかけて街を歩くだけでも絵になるヘッドフォンです。
建築・インテリア・食器・出版物など幅広く活躍をしているデザイナー「フィリップ・スタルク」がデザインを担当したファッショナブルなヘッドフォンです。有線・Bluetooth対応はもちろん、ホッドフォンの側面で音量調整、曲送り、再生停止の操作が行えるなど、機能面でも革新的なヘッドフォンです。
皆大好きウルトラゾーンからはEditionシリーズ「8Julia」と「M」をご用意、Performanceシリーズからは840をご用意しました。超ハイグレード機からエントリークラスまで幅広くお選び頂けるウルトラゾーンは各価格帯の中で妥協のない最高のパフォーマンスを追求しています。特に今回ご用意した製品の中でも、8Juliaはフクシアという赤紫の花のカラーに染め上げ、イヤパッドとヘッドバンドに採用しています。音質に特化いているように思われがちなウルトラゾーンですが、こうした外観へのこだわりも一級品です。
ハイグレードのヘッドフォンとして持ち込ませて頂いたのはCrossZone CZ-1です。
スピーカーで再生をしたときのような自然な響きを目指した、国産ヘッドフォンです。
ヘッドフォンは頭内定位が当然だと思われている中、頭外定位、頭前定位を可能にしました。
それだけではなく、一つ一つの音の粒立ちや質の高さもハイエンドヘッドフォンとして素晴らしいポテンシャルを持っています。
CZ-1はGRADO GS1000eと共にLUXMANのP-700uヘッドフォンアンプをご用意してハイグレードシステムでお楽しみ頂けます。
Photo_3
以上のご紹介ヘッドフォンの他にTechnics、harman/kardonなどをご用意させて頂きました。
あまり多くの数はご用意出来ませんでしたが、皆様に少しでも音遊びを楽しんで頂ければと思います。
■Night Time■「ハイレゾバー」
夜は、JBL4367WXとMcIntoshのセパレートアンプ、LINN AkurateDS/LP12を使って音楽を鳴らします。
ハイレゾとレコードの音色を楽しみながら、オリジナルカクテルに酔いしれてはかがでしょう?
Photo_4
なかなか面白い組み合わせのコラボレーションです。
是非、ご来店下さい。
ダイナミックオーディオ5555 4F 天野
amano@dynamicaudio.co.jp

|

2016年10月24日 (月)

マラソン試聴会2016年ご参加の御礼

10月22日(土)、23日(日)に開催させていただいたマラソン試聴会ですが、無事終了いたしました。

ご参加いただきましたお客様へはこの場をお借りして深く御礼を申し上げます。

今回5555川又、5555東、5555柴田、秋葉原トレードセンター厚木、そして私島のデモンストレーション。

そして新しい企画として同じCD、アンプを使用し比較試聴を行った

「スピーカー10選」

若手担当者が選ぶ

「アナログ6選」

USB DAC/ネットワークプレーヤーを集めて同時比較試聴を行った

「ネットワーク/USB DAC6選」

そして、新製品MAGICO M3 VS MARTEN Coltraneの比較試聴を行った

「スピーカー特選」

ということで、二日間行いました。

今回のマラソン試聴会のタイトルは「THE RIVAL」

オーディオは良い、悪いでは語れないところが多いと思います。

それを比較することによって、お客様の好みの世界を知っていただきたいというところが今回の大きな主旨です。

ご参加いただいたお客様には その違いがお解りいただけたのではないかと思います。

後は印象の良かった製品等ございましたら弊社スタッフにリクエストいただければ幸いです。

今年参加できなかったお客様は是非来年ご参加いただければと思います。

H.A.L.3 島

追伸
私のプログラムに関しましては、整理してお届けいたします。

|

« 2016年10月9日 - 2016年10月15日 | トップページ | 2016年10月30日 - 2016年11月5日 »