« 2016年5月8日 - 2016年5月14日 | トップページ | 2016年5月22日 - 2016年5月28日 »

2016年5月21日 (土)

★H.A.L.3 News★-Technics SU-G30-

★H.A.L.3 News★-Technics SU-G30-

皆様こんにちは。
秋葉原は初夏の新緑が香る気持ちの良い土曜日になりました。
さて、皆様、データ再生は楽しまれていますか?
H.A.L.3はデータ再生に力を入れて皆様にご紹介をしております。
そして、今回Technicsからとても興味深い製品が発表されました。

Technicsと言えば、先月、予約が開始され国内300台限定が即日予約終了となったレコードプレーヤーSL-1200GAEが話題になりましたが、それと同時発表となった製品が今回のご紹介製品です。

P1020939_2

■Technics ST-G30■
「ミュージックサーバー」
データ再生を行う場合、皆様は音源の保存場所はどういったものを使用しますでしょうか。
PC本体HDD(SSD)、外付けHDD(SSD)、NAS(HDD,SSD)…
ここ数年、この分野は急速に進化し続けており、それぞれに特化したストレージ(保存媒体)を使われているかと思います。
H.A.L.3でも、ハイエンドオーディオPCとしてオリオスペックのRitmo、NASではQNAPを始め、BUFFALO「DELA」、i・ODATA「fidata」等、音質や利便性共に優れたものをご紹介しております。そして、このミュージックサーバーという製品はどういうものかと簡単にご紹介をしますと、基本的にはNASに近いものだとお考え下さい。
しかし、NASと大きく違う所としては、まず、リッピング(CDを取り込む)が可能であるという事。それほどすごい事なの?とお考えになられる方もいらっしゃるかと思いますが、パソコンを使うことなく、高品位にリッピングが出来るというのは、この分野で色々なメーカーが挑戦してきたものになります。
それが、メーカーとして復活して数年のTechnicsがある程度完璧な形で商品化したという事は、驚くべきことだと私天野は思います。
そして、「リッピングが出来るNAS」だけではありません。DELA、fidata同様にUBSを直接DACへ接続して再生することが出来ます。
さらに、音楽のタグ情報と呼ばれるアーティスト情報やアルバム情報を簡単に変更することが可能です。

「これらを全て、パソコンを使わずにipadで完結できる」
(※厳密にはパソコンはあったほうが良いですが…)

これがST-G30の本当に凄い所だと思います。

それではそれぞれの機能をご紹介していきましょう。

・リッピングマシーンとして
リッピングという作業は、今では皆様普通に行っていますが、実は単純なものではありません。
通常リッピングは、パソコンを使って、取り込みを行いますが、ここで問題になるのはリッピングの程度によって、保存される音楽の良し悪しが変わるという事です。
今、ハイエンドオーディオ界隈で標準的に使われているリッピングソフトは「dBpoweramp CD Ripper」というソフトになります。
そもそもリッピング自体は2001年頃アップル社のipodが登場した頃から一般的に行われている事で、それほど、珍しいものではありませんが、音質に特化したものという事で、有料ソフトながら、ハイエンドオーディオでデータ再生を嗜んでいる方の多くはdBpowerを愛用しています。
そして、リッピングを行う光学ドライブはPCに付属しているものを使用せず、より高品位にリッピングが出来るドライブを使う方も多くいらっしゃいます。
こうした事を一つづつこだわる事によって、良いリッピングを行ってきましたが、ST-G30はこれ単体で高品位リッピングが可能になるわけです。
CDを本体のドライブに入れ、ipadをパパッと操作することによって簡単にリッピングが始まります。
ここで、問題になるのは、CDの「情報」です。

・タグ編集
CDには音楽情報の他に、ジャケット情報や、アーティスト名、アルバム名、曲タイトル、トラック情報等、色々な情報があります。
これらはCDから直接取り込むことは出来ず、インターネット上から情報を探してきて貼り付けるようなイメージになります。
ST-G30は「Gracenote」という所からこれらの情報を取ってきますが、Gracenoteはこういった分野では最大手の会社になり、ほぼすべてのタイトルを網羅しています。
しかし、たまに有名アルバムでもタイトルやジャケットが違っていたりする場合があります。
では、それらの修正・変更はどのように行うのでしょうか。
この作業を総じて「タグ編集」と呼んでいますが、これまでタグ編集はパソコン上で行ってきました。
この時に、どのような作業を行うかと言いますと、パソコンで音楽ファイルの中を見に行き、タグ編集ソフトを使って、修正や変更を行います。
この作業が実は、少々手間がかかり、多くの方は、間違った情報でもそのままにしていることが多くあります。
SU-G30の場合はどうか…
Technicsは最初の製品を発表するにあたり、自社の再生ソフトウェア「Technics Music App」というソフトを提供しています。
MusicAppはTechnicsが発売をしているネットワーク関連のプレーヤーを再生するにあたり使用することを前提に作られたタブレット専用ソフトですが、ST-G30のタグ編集はこのMusicAppを使用して行います。

リッピングの手順↓↓↓
ST-G30にCDを入れる→MusicAppを立ち上げる→MusicApp左側のアイコン→ST-G30メニュー→CDからの録音(選択するとGracenotoが立ち上がります)

Img_0014 G1 G2 G3_2

タグ編集の手順は↓↓↓
MusicApp左側のアイコン→ST-G30メニュー→編集→Music or Folder→編集したいアルバムを探す→編集したいアルバムの右側にあるエクスクラメーションマーク(!)→編集したい項目をチェック
この時に、パソコンでタグ編集ソフトを使用して行う場合は一曲づつ行う必要がありますが、MusicAppの場合は一枚のアルバムに対して一括編集が出来ます。

G4 G5 Img_0012

以上がST-G30を使ってリッピング・タグ編集を行う手順です。

・音楽再生を行う
先にも書きましたが、ST-G30はミュージックサーバーとして発売をしていますが、その本質はNASです。
NASとはご存知の方も多いと思いますが、ネットワーク上で使用するストレージ(記録媒体)の事を言います。
その為、SU-G30を使用して、LINNやLUMINと言った他社のネットワークプレーヤーに音楽を送り出すことももちろん可能です。
現在、ハイエンドNASはBUFFALOのDELAやI・Oデータのfidataがございますが、それと同等の音質を聴かせてくれます。
そして、それらと同じようにUSBでの出力によるUSB/DACへの接続、再生が可能です。
唯一、機能としてDELA、fidataではLANの直接接続が出来ますが、ST-G30ではそれは出来ません。
ST-G30は対となるネットワークオーディオアンプSU-G30が出ていますが、ネットワークプレーヤーとして接続をするよりもUSBで直接接続をした方が音質は良いようです。

・総合的に
ミュージックサーバーとして発表されたこの製品。
同じような製品としてNASであればDELAやfidata、パソコンとしてはオリオスペックのRitmo、プレーヤーとしてはSONYのHAP-Z1ES。
しかし、どの製品にも属さない、新しい形のストレージです。
この製品によって、よりデータ再生が高品位に簡単になったといっても過言ではありません。
それが海外のメーカーやガレッジメーカーでは無くて、日本のTechnicsが作ったという所も話題の一つではないでしょうか。


ここまで、作業が簡素化されました。
データ再生の世界は皆様が一歩踏み出すのを万端の状態で待っています。
不安な方は是非H.A.L.3にご相談下さい。
全く知識が無い?本当に出来るのか不安?全然問題ありません。
皆様の音楽スタイルに合った製品やシステムをご提案致します。


ダイナミックオーディオ 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2016年5月18日 (水)

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.50

Real_soundcheck_3

神奈川県K

Index


2月にTANNOY「CANTERBURY/GR」を納品させて頂きました。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/02/real-sound-ch-1.html

その際↑もすでに素晴らしい音を聴かせてくれていたのですが、今回パワーアンプを上杉研究所「UBROS30MK2」、TANNOY「GR SUPER TWEETER」にグレードアップ。柔らかく、艶やかなサウンドになり、一層充実したサウンドを聴かせてくれるようになりました。音楽に浸れる幸せ・・・言うことなしです。


K様、本当にありがとうございました!

  
その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年5月16日 (月)

MONITOR AUDIO「 PLATINUM II 」展示しました!

Real_soundcheck_3

MONITOR AUDIOの「 PLATINUM II 」が発売されました!「PL500 II」「 PL300 II」「 PL200 II」「 PL 100 II」そしてセンタースピーカー、サブウーファーまで非常に幅広いラインナップを持つ同社のトップシリーズです。

http://naspecaudio.com/monitor-audio/platinum-series-ii/

当フロアーでは
中心となる「 PL300 II」「 PL200 II」「 PL 100 II」を展示致します。まず「 PL300 II」「 PL 100 II」が入荷しました。

Img_2720_2

「PL100 II」¥680,000(税別、ペア)

Img_2711

「PL300 II 」¥1,600,000(税別、ペア)


9年ぶりとのことでユニットからエンクロージャー、すべてに最新の技術が投入されているとのこと。定位感、クリアネスの高さに加え繊細さとスケール感を併せ持った抜群の完成度を持つスピーカーです。常設展示致します!是非お聴き下さいませ!!

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年5月15日 (日)

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.49

Real_soundcheck_3

東京都M

Img_2676


B&W「805D3」を納品させて頂きました。システムはESOTERIC「K-05X」、ACCUPHASE「E-470」です。「805SD」からのグレードアップなります。店頭で試聴された際、前作からの音の違いを的確に指摘されていらっしゃったのが印象深かったです。ヴォリュームは上げなくてもクリアな音、細かな音の粒立ちがよくわかります。能力の高さはさすがです!

M様、本当にありがとうございました!

  
その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

IO DATA 「FIDATA」 USB-DAC接続・・・

Real_soundcheck_3

音質重視のNASをお探しのお客様にオススメしているのがfidataのNASです。


http://www.iodata.jp/fidata/

以前の紹介記事はこちら↓

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2015/10/io-datanasfidat.html

3月のアップデートでUSB-DACとの接続ができるようになりました。これによりUSB-DACをネットワークプレーヤーとしての使い方ができるようになりました!対応機種は下記になります。

http://www.iodata.jp/fidata/support/compatible.htm

意外に少ない?と思われるかもしれませんが、上記以外の使用もほぼ大丈夫。でも買ってつながらなかったら・・・ということで店頭での動作確認をお勧めしています。今日はS様がご愛用のDAC持参で軽井沢よりご来店。

Img_2687

PHASEMATIONの「HD-7A/192」です。

Img_2689

早速fidataのSSDモデル
「HFAS1-S10」とUSBケーブルで接続しました。設定は特になく、iPADでKINSKYを立ち上げたところきちんと認識されています。

Img_2690

いくつか曲を選択して聞いてみましたが、操作性、反応速度ともに文句なく、非常に快適です。このDACは192kHz/24bitはPC側に専用ドライバーを入れる必要があるためこの接続では再生できませんが、96kHzまでの音は瑞瑞しく十分満足できます。S様は「44.1でもハイレゾみたいに聞こえますね」とのこと。S様、本当にありがとうございました!


今月末にもさらなるアップデート「Ver.1.30」も予定されており、USB-DAC接続時の11.2Mhz DSDのギャップレス再生、MQAネイティブ出力にも対応するようになります。進化するNAS「fidata」、絶賛発売中です!

IO DATA fidata 「HFAS1-H40」
定価¥320,000(税別)

IO DATA fidata 「HFAS1-S10」
定価¥370,000(税別)



上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

H.A.L3 NEWS★-2016.5.15-新製品情報

VOL.1 「YAMAHA 新スピーカーNS-5000 7月に発売」
本体:NS-5000 (BP)ピアノブラック 750,000円(税抜・1本*) 100台 
スタンド:SPS-5000 (B)ブラック 75,000円(税抜・1台) 100台

メーカーホームページはこちら
先日休みを利用してYAMAHA高輪オフィスにて試聴してきました。
(こちらは販売店向けのものです)

 Img_1534
Img_1533_2 Img_1535
個別試聴だったために、最初に数曲試聴をさせていただき、スピーカーの印象を頭
に入れた上で商品説明をしていただきました。
この開発にはかなりの年月をかけたとのことで、説明を聞いて本当に力を入れているのが良く解りました。

特徴となる一番はまずユニットになると思います。
ベリリウムに匹敵する音速の新開発振動板ZYLON(ザイロン)というものを全ユニットに採用し、ユニットによる音質の違いを払拭しております。
個別の金額はまだ判明しておりませんが、ユニット:キャビネット:ネットワークの価格割合的には2:2:1というのが概算のようです。
キャビネットは北海道産白樺の積層合板を使用しております。
固有の音色が出にくいよう試行錯誤した結果こちらを採用したようです。また組み立ても伝統的な総三方留め構造となっているとのことです。
ユニットの背面ですが、ここも非常に面白く独自のR.S.チャンバーというものを採用しております。こちらはツィーターとミッドレンジになりますが、背面にプラスティックの素材をつけて、うまく背圧の消音に成功させております。
これはあまり私も見たことがないので口で説明しにくいのでホームページでご覧いただければと思います。
さて今回もユニットの配置はシンメトリーではなく、ツィーター、ミッドレンジは内側によっております。
昔は使用環境によっては、ツィーターが外外という使い方もありましたが、今回はツィーターが内内になるようにセッティングして欲しいとのことです。
2時間程の時間楽しませてもらいましたが、個性は開発意図はしっかり理解できました。
ノンカラーレーションをうたっておりますが、私はそういうイメージはあまりもたず、昔憧れたNS-1000Mの懐かしさを感じることができ非常にうれしかったですね。
本筋はH.A.L.3の試聴室でしっかり確かめたいと思います。

ただ素性はしっかり感じることができました。
こうやって日本ブランドが頑張っているのは私もうれしいことですね。
VOL.2  「新製品情報」

Sm7af_2

■アンダンテラルゴ SM-7AF 

3個セット \38,000(税別)/4個セット \48,000(税別)

メーカーホームページはこちら
スパイク受けで既に定評のあるアンダンテラルゴの新製品となります。
こちらは広角スパイク向けに開発されており、またキャスターなどの受けにもなるユニバーサルマウントと言えます。
両サイドに穴が開いておりますが、そこに専用のフック型の金具を取り付けてインシュレーターのテンションチェックをします。
スピーカーの場合4点支持が多いと思いますが、そのスパイクがスパイク受けに均等に設置してあれば、スパイク受けを回した時に同じテンションになります。例えば1か所だけやたら回ってしまうということでしたら、均等ではないということです。
広いスペースですとインシュレーターをそれぞれ回すことができますが、そうではない場合はなかなか、回してチェックすることができません。この専用金具はその為のものとお考えください。
さてB&Wに関しましては、こちらの新製品ではなく、通常のSM-7Aでのご使用をお勧めしております。
もしどちらが良いかの判断がつかない場合はお問い合わせください。

VOL.3 「展示情報」

7nda6300mk3
●ESOTERIC 7N-DA6300III MEXCEL XLR (1.0m×2本) ラインケーブル
     定価 \590,000(税別)/1.0m

メーカーホームページはこちら

ついに第3世代まで来ました。
純度の高さと情報量の多さは必聴ですが、その中に加わったしなやかさこの進化を是非お楽しみください。

Hireslistchord_sarumta_usb Hireslistchord_sarumta_lan
●CHORD Sarum Super ARAY USB Cable USBケーブル
     定価 ¥174,000(税別)/1.0m 
●CHORD Sarum Super ARAY Ethernet LANケーブル
     定価 ¥320,000(税別)/1.0m

メーカーホームページはこちら
CHORD MUSIC COMPANYはLANケーブル、USBケーブルにも力を入れております。
そのフラッグシップモデルを展示開始いたしました。
ここでも音質の差はしっかり出てくれます。
興味あるお客様は是非ご試聴ください。

H.A.L.3  /天野

|

« 2016年5月8日 - 2016年5月14日 | トップページ | 2016年5月22日 - 2016年5月28日 »