« 2015年12月27日 - 2016年1月2日 | トップページ | 2016年1月10日 - 2016年1月16日 »

2016年1月 9日 (土)

★H.A.L3 News★-LINN&スフォルツアート-

★H.A.L3 News★-LINN&スフォルツアート-

皆様こんにちは。
お正月の雰囲気も過ぎ、お仕事が始まった方も多いのではないでしょうか。
さて、4Fではこの週末、ネットワークプレーヤーで面白い製品を短期展示致します。

まずはこちら↓↓↓

SFORZATO DSP-01     \2,830,000(別)ネットワークプレーヤー
SFORZATO PMC-01 BVA \3,450,000(別)マスター・クロック

P1020824_2 P1020825 P1020830

小さな会社ながら、とても音質の優れたネットワークを輩出してるSFORZATO(スフォルツアート:以下sfz)
昨年のステレオサウンド誌によるStereoSoundグランプリにも選ばれる等、各方面において高い評価を得ています。
そして、今回、ここへ持ち込まれたのが、グランプリに選ばれた、sfzのフラッグシップモデルDSP-01です。
定価にして283万円というとても高価な製品ですが、とても音数が多く素晴らしい音色を持っています。 少しだけ、この製品の魅力を紐解いてみたいと思います。

◆ハイエンドオーディオ的な観点で作られたフラッグシップ機◆
デジタル機器において、高音質を目指すためにはどのような方法があるでしょう。数値的なスペックはもちろんありますが、拮抗した状況、もしくはある種、機械的に限界値までスペックが高められた場合、音質を左右するのは必ずと言っていいほど、アナログ的な部分です。筐体であったり、電源の取り方であったり、足元であったり…。 そして、今回のDSP-01がまさにそのケースです。
◇強固な筐体◇
アルミブロックからの削りだしによる堅牢な筺体によって不要な振動、外来ノイズを極限まで抑えています。
◇大容量電源◇
プレーヤ本体よりも大きな別筐体電源からの電源供給は、それだけでも音質の向上がありますが、注目はそれらをさらに細かく分けて供給していることです。 まずは左右アナログ回路用電源。そしてCPU回路用電源が電源筐体から本体に供給されます。また、電源内部ではさらに細かく区分けされます。左右アナログ回路用電源、左右D/A変換器用アナログ電源、デジタル部用電源、クロック用電源、CPU部用電源、表示部用電源と合計8個のトランスを内蔵しています。
◇内部配線材◇
内部配線材にはアコースティックリヴァイブ社のPC-tripleC線材を使用しています。 他にも、各種、徹底したノイズ対策が行われていたり、こだわりのDACチップを採用したりといたりつくせりの使用になっています。 群雄割拠のネットワークプレーヤーにおいて、日本の小さな会社が世界の競合各社に挑戦した至極の一品です。


LINN EXAKT 530 system

P1020826 P1020828 P1020827

昨年のインターナショナルにも出品されていたLINN EXAKTの普及モデルです。「お部屋に置くオーディオ」として作られた印象があります。 例えば、スピーカー自体の表面はパブリックに覆われ、着せ替えが出来る仕様になっています。お部屋のカラーに合わせるもよし、お好みの質感を使うもよしです。
今回、H.A.L3に来たのは英国王室御用達のブランド生地「Harris Tweed」を使用したものです。

◆EXAKTを活用した外観の変化◆
EXAKTとはLINN独自のオーディオシステムの名前です。 スピーカーにアンプとDACを内蔵させて伝送はLANケーブルで行うという、仕様のお話しだけであれば、とても簡単なシステムのように感じますが、これによって出来ることが劇的に増えました。
◇Space Optimisation◇
EXAKTに限らず、LINNDSをお使いの方であれば、全てではありませんがこの機能を使うことが出来ます。 直訳すると空間を最適化させるという事になります。 どういう事かを簡単にご説明しますと、お部屋の形状に合わせてイコライジングを行うという事です。 ルームチューニング製品などを使ってアナログ的に行う事はもちろん悪いことではありませんし、私達4Fでもルームチューニング製品を多用しています。 しかし、リビングやお部屋でオーディオを楽しまれている方の多くはこういったルームチューニング製品を使うことは実際には難しいです。 Space Optimisationは空間/スピーカー位置/リスニングポイントの合計11箇所の距離を測定し専用ソフトLINN Konfigに入力することで自動計算します。 さらにお部屋の構造体も入力して音波のエネルギー等もイコライジングされます。
◇Speaker Select◇
お使いのスピーカーは何でしょう。LINNでは世界中からスピーカーの情報を集め、そのスピーカーにあわせたイコライジングをSpace Optimisationを行います。 現在では200を超えるスピーカーの選択が可能となっており、今後も増やしていくそうです。
◇デジタル処理◇
皆様ご承知の通り、LINNはDSによりデータ再生の最先端を行っています。このデータ再生を極限まで生かす為に、アナログ信号を極力短くしました。 つまり、音楽の録音から、流通(ダウンロード等)、再生と音波を発する直前までデジタルで行うことが出来るようになりました。 これにより、アナログ処理に伴う音質の劣化がなくなったことになります。 以上のことはEXAKTの一部にすぎませんが、このEXAKTはオーディオにとって新しいスタイルと言ってもいいかも知れません。 詳しくはLINNジャパンのwebをご覧ください。↓↓↓
LINN japan

日々進化するデータ再生。 DELAの登場やLINN、スフォルツアート、LUMINといったネットワークプレーヤー達。 ハイエンドDACの急増等、これからどんどん面白くなっていくこの分野を4Fはとことんやって行きたいと思います。

ダイナミックオーディオ5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2016年1月 8日 (金)

REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.43

Real_soundcheck_3

東京都Y

Th_img_1859          

ワルターやリパッティ等、往年の名匠の写真やイラストが品良く飾られているY様のオーディオルーム。
スピーカーは長年ご愛用のTANNOY「Arundel」です。今回はLUXMANの「D-06u」、限定モデル「CL-38uL」、「MQ-88uL」を納めさせて頂きました。8畳ほどですが、天井が吹き抜けになっていて音抜けがとても良いですね。アランデルが奏でる繊細で温かみのあるサウンドはいつまでも浸っていたいと思わせてくれます。またお聴かせ下さいませ!

Y様、本当にありがとうございました!

その他のレポートはこちら↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/usr.html

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年1月 7日 (木)

seisis新型オーディオボード発売のお知らせ!

Real_soundcheck_3

明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。改めてお礼申し上げます。
本年も変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

サウンドハウス2F 林、上遠野

新年最初にご紹介するのはこちらの商品です。

Th_img_1914

ESCARTが製造販売している「SEISIS」ボードに新型が発売されました。このボードはオーディオボードですが、免震機能もあるためトールボーイ型スピーカーをお使いのお客様を中心に大変よく売れた商品です。

http://www.escart.jp/products/arte/seisis/


新型は「SEISIS-C」といいます。前作との違いは鉄球に高品位セラミックを混ぜたということ、正方形から長方形へとサイズを見直した等です。Cは以前はチェリー仕上げの意味でしたが、今回はブラック一色になりました。今回のCはセラミックの意味です。

Th_img_1926

サイズ違いで2種類用意されています。

「SEISIS-C/5045」¥80,000(税別)
「SEISIS-C/6555」¥88,000(税別)

5045を展示しました。以前は45cmの正方形だったので、スピーカーによってはサイズが足りないこともあったのですが、5cm伸びたことで中型のトールボーイ型まで無理なく乗せることができるようになりました。仕上げも向上しています。

Th_img_1918

805d3で試してみました。まず中高域が鮮やかになります、これがセラミックの効果?と思うもののどうもしっくりきません。内部の構造が点接触になっているためスパイクが2個重ねた感じになるそうです。ではといってスパイクを外して聞いてみました。

Th_img_1924

とても良いです。前作同様クリアで広がりがでますね。なおかつ音に芯があるところが素晴らしいと思いました。本日から発売しているそうです。近日中にメーカーサイトに詳細を掲載予定とのことです。オススメ致します。


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:10:00~19:00

|

2016年1月 4日 (月)

新年のご挨拶

謹賀新年

旧年中は格別のご愛顧を賜わり厚くお礼申し上げます。

本年もよりお客様にご満足いただけるサービスを心がける所存です。

昨年同様のご愛顧よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

H.AL.3 島 健悟

|

天ノ視点-新年のご挨拶-

天ノ視点-新年のご挨拶-

皆様、新年あけまして、おめでとうございます。
今年も皆さまにオーディオをより楽しんで頂けるように切磋琢磨して行きたいと思います。

さて、初夢見ましたか?
私は冗談ではなく、B&W802D3の納品の夢を見ました。
お客様のお顔を覚えていないのが残念ですが…。
802D3に限らず、今年も、皆様のご自宅へオーディオをお届けさせて頂けることを楽しみにしております。

さて、新年と言えば、ラスベガスで行われているcesでは、毎年、各海外メーカーが新製品を発表していることから、今年も期待が高まります。

今年気になる新製品としては、まずは去年に続き、B&Wの800D3の発表が予定されています。
いまだ、輸入元のD&Mもどのような製品が出来上がってくるのか、わからないとの事でした。
ただ、802D3でのクオリティを考えますと800D3は相応の期待が高まります。

8000d3

そして、Sonusfaberからも新製品の発表が控えています。
「IL Cremonese」

Cremonese
今年中に発売が予定されている新製品ですが、価格的には、惜しまれながら生産を完了したSonusfaberの名器StradivariHomageの後釜が予定されている製品です。
本国サイトで公開されている画像を見たところ、上位機種Liliumをサイズダウンさせたような外観です。
もちろん音色等は聴いていなので、分かりませんが、Liliumがとても完成されたスピーカーであっただけにB&W同様に期待が膨らみます。

他にも、データ再生においても、DELA同様に優れたNAS等が出てくる予感もしますし、2016年もハイレゾ・データ再生が加速していくでしょう。

ダイナミックオーディオ5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 2015年12月27日 - 2016年1月2日 | トップページ | 2016年1月10日 - 2016年1月16日 »