« 4312 THE ORIGIN | トップページ | 天ノ視点-OCTAVE V110SE登場- »

2016年12月 1日 (木)

★天ノ視点★-マラソン・アンコール試聴会ピックアップ-

★天ノ視点★-マラソン・アンコール試聴会ピックアップ-

皆様こんにちは。

いよいよ、今週末は、土日を通した試聴会が行われます。

●2016年12月3日(土)
●2016年12月4日(日)
マラソン・アンコール試聴会 国産編

さて、今回私天野がピックアップする試聴会セクションはこちら↓↓↓

■第四部 15:15~16:30「LUXMAN & Sonus faber IL CREMONESE」

Es1200
C900u_2   M900u
Il_cremonese

創業90周年を超え、さらにオーディオの高見を目指すLUXMAN。
そして、言わずと知れたイタリアの盟主Sonusfaberの次世代モデルIL Cremonese。
ハイエンドシステムとして、定番メーカー同士の組み合わせですが、定番となるにはそれなりの理由があります。
その「理由」是非皆様のお耳で確かめて下さい。

さて、この試聴会の聴きどころをご紹介致します。

■聴きどころその①■
LUXMAN新製品ES-1200(クリーン電源ボックス)、その実力とは?
アンプやプレーヤーに関しては既に、皆様もご承知の通り、素晴らしい製品を作っていますが、最近LUXMANはアクセサリーに非常に力を入れています。
今回発売になったクリーン電源は58万円というハイエンド製品ですが、この効果はなかなか素晴らしいです。試聴会中に有り無しの実演もあると思いますので、お楽しみに!

■聴きどころその②■
LUXMAN最上級システム(2016年12月現在)C-900U+M-900U×2(BTL/モノラル)の音色とは?
新製品ES-1200の登場により、LUXMANの最上級システムがより完成されました。
私達はまだ、LUXMANの本領を知りません。皆様で、この音色をお楽しみください。

■聴きどころその③■
「IL Cremonese」
数年前、Sonusfaberはサウンドデザイン・モデルデザインを創立者のフランコ・セルブリン氏から、その弟子にあたるパオロ・テッツォン氏に託し、次世代のSonusfaberを作り上げると共に、経営面ではオーディオのグループとして最大手となるWOM(World of McIntosh)に加わりました。スピーカーにのみならず、ヘッドフォンやアンプ作りにも着手しました。その中で、モデルを発表するごとに「深み」を増して、現代Sonusfaberならでは音色を確立してきます。その最新モデルにあたるのが、このIL Cremoneseです。スタイリッシュなデザインはもちろんの事、そこから発せられる音色は過去にフランコ・セルブリン氏が作り上げた数々の名器を彷彿とさせるSonusfaberならではの色気を持ちながら、妥協の無い情報量を表現してくれる、現代Sonusfaberの一つの答えのように感じます。「今のソナスはどうなの?」とお思いの方。是非ご参加下さい。

イベント参加ご希望の方は下記までご連絡下さい。

Dynamicaudio 5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 4312 THE ORIGIN | トップページ | 天ノ視点-OCTAVE V110SE登場- »