« ★天ノ視点★-マラソン・アンコール試聴会ピックアップ- | トップページ | 【1F最新情報】Performance DC withTT-5 お買い得パッケージモデル! »

2016年11月30日 (水)

6F 電流庫

どうもこんにちは。いよいよ2016年も最後の月になりますね!
 
そんな中、紹介するのはこちら。
P1010285
5000Whのバッテリーになります。
写ってる赤いのは心霊現象ではありません。
 
とにかく大きいというのが最初の印象ではないでしょうか。
こういったものはアメリカからやってきそうな気がしますが
ドイツ製になります。
 
まず容量の5000Whってとても少ないのでは?
と思ってしまう数値な気がします。
ここで設置にあたって、営業時間は9時間。
そしてこのシステム全てを↓このシステム↓で繋いでいます。
          East Passiveラインナップ
 
パワーアンプはなんとなく消費が大きそうですが、
いたって普通の音量だと9時間経つ頃でも半分くらい
容量は残っています。意外とたっぷり使えそうですね。
 
たとえばA級のモノパワーで1000Whくらいになると
文字通り5時間くらいでバッテリーの容量は使い切る計算です。
 
1つ注意点は試していないので数値を明記できないのですが
1000Whをゆうに超えるような大量消費するものを使おうとすると
バッテリーの発熱が大きくなります。
どこかの点で安全装置が働いて電源供給をストップする仕様なので
ヘアドライヤーを4つ同時につけるような感じの使い方は
間違いなくできません。
 
オーディオだとほぼパワーアンプの仕様に注意するだけで
テーブルタップ等を用いて複数の機械を接続するのは
特に問題はないと思います。
 
急な停電になったとしてもバッテリー駆動を使えば
音楽を聴けますし、充電中にS5000のACケーブルを抜いて
みましたがバッテリー駆動に切り替わりました。
もしものことがあっても大丈夫そうですね。
 
普通に電源をとるのがいかにオーディオの音に良くないかは
たくさんの製品が出ていることで証明されています。
このSTROMTANKの利点は音色に手を加えずに済む事でしょうか。
 
聴きながらACとバッテリーの切り替えができるので
バッテリー駆動にした時は単純に出ている音の質が上がる
音離れが良くなる、背景が静かになると感じることができます。
 
目指してもなかなか実現できない、あと一歩の領域に
入ることができる製品だと思いました。
 
店ではできませんが、深夜に充電を行うと電気代も
節約できそうだと思いました。
(電気代節約とかの前にこの商品は¥5,940,000ですが…)
今日は休み!朝からずっと音楽だ!という日も朝食を食べながら
AC駆動でオーディオを目覚めさせ、いざ聴く時はそのまま
バッテリーに切り替える なんてこともできますね。
 
今週末は聴けます。
大きさにビックリ!価格にビックリ!それより音にビックリ!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
 
P1010286
写真だとわかりにくいですが、
下の方にある縦の線はメモリになっています。
4つ減った状態。

|

« ★天ノ視点★-マラソン・アンコール試聴会ピックアップ- | トップページ | 【1F最新情報】Performance DC withTT-5 お買い得パッケージモデル! »