« ハイレゾ音源のご紹介 VOL.38 Greatest Hits | トップページ | 1F 決算SALE その⑥  まだまだあります!特価品ご案内情報  »

2016年9月 7日 (水)

6F 短期の展示品

どうもこんにちは。台風13号が上陸の可能性もあるそうですね。
予想進路付近にお住まいの方はお気を付けください。
 
さて、色々書きたいことはありますが、急ぎの情報を先に。
Hal2_dynamicaudio  
先ず目に入るのはスピーカだと思います。
 
PIEGAMaster Line Source2』希望小売価格¥10,000,000 (税別)
 
昨年のショーで披露されたMaster Line Sourceの弟分となる作品名
ですが、単純に費用削減された物ではない事が構造から読み取れます。
 
フロントバッフルはPIEGAでお馴染みの10mmアルミ板ですが、
側面から後方にかけてはMDFになっています。
また、ヒートシンクのようなものは後方に放射された高域と中域の
音を拡散させ、壁との距離を多くとらなくても良いようにと
付けられたそうです。(音響レンズと名付けられています。)
 
開発中の写真を見た時は音響レンズもアルミ製だったのですが
音がキンキンするとの事で他と同じくMDFになりました。
アルミだったら、本体価格が跳ね上がりそうなので一石二鳥?
 
ウーファーも前に2発で、後ろにはパッシブラジエーターが2発と
パッシブラジエーター好きの私としては手放しで褒めてしまう構成。
説得力はないかもしれませんが、反応の良いユニットらしく
後ろにいても明瞭な音が聴けます。
 
全帯域が後ろにも出ているので、スピーカはある程度
振りを付けた方が良い気がしました。
リボン特有の柔らかく芯のある高域ではありますが、
設置を詰めていくと声等、真ん中に定位している音の力が
思いのほか強く実在感と響きをどう出すか。。。と
楽しめるスピーカであると感じました。
 
11日(日)の夕方頃に引き上げ予定です。
ショーに出展するでしょうから責任をもってエージングをします!
 
次は写真中央の青いLEDのアンプです。
 
Constellation AudioCentaur2』希望小売価格¥6,900,000 (税別)
 
プリがどんどん新世代となっていく中、ようやく新しくなった
パワーアンプです。しかしこれはConstellationらしい音でありながら
全く別物へとなりました。
 
2カ月ほど前に気がつきましたが、ステラさんのHPでの紹介
チラ見し、あ~電源部の強化ね、出力も少し上がったのね。
くらいにしか認識していませんでした。
 
そして先日急に借りることができ、姿を見て唖然としました。。。
重要な1文を見逃していました。
「―大型化した筐体は安定かつ大きな電流の供給が可能となっており…」
なんて事だ。今まで試聴室間の移動くらいなら1人で持ち上げて
いたのにこの巨体と重量だともう無理!!
最近、新製品を見るとまず価格が気になって、次に重量と
持ち運べるかをまっさきに確認してしまいます。
 
ちょうど上のPIEGAが入った日だったのですが、
さすがにこのアンプには無理だろう。と思っていました。
中古品のB&W 800Diamond(販売中:ask)があるから、
それで組めば良いだろうと気楽に構えていましたが、
ステラさん曰くかなり駆動力は上がったと。
Hercules2を意識していると。そうですか…
 
ならPIEGAを鳴らしてもらいましょうと接続しました。
驚きです。充分に駆動していると言える水準です。
今まではなるべく鳴らしやすいスピーカにしないと
せっかくの鮮度感を活かしきれないと感じていましたが
こういったある意味特殊なスピーカでも「良い音でしょう」と
安心して紹介できるように感じます。
 
Constellation特有の生々しさと空間のあり方、
そして駆動力があるのでゆったりと音楽に浸れます。
 
写真には写っていませんが、Virgo3も同時に設置してあります。
こちらもバージョン3ということで、より安定感があり
正確な音量調整と音楽を生き生きとしたまま届けてくれます。
 
お手頃価格でConnstellationの音を提供するという位置でした。
リンク先の価格表を見ていただくとわかりますが、
もはやお手頃とは言えない価格がついています。 
しかし
頂点となるReference Seriesは妥協をせずに開発してているので
ド級の音であり、それに見合う価格設定になっています。 
その要素をふんだんに取り入れる事を強く意識したというのは
音を聴けば納得でき、そう考えれば適正なのかもしれません。
 
VirgoCentaurと新しく生まれ変わったことによって
より上を目指した確かな存在であると印象付けられました。
 
この2点は2週間弱(ショーへの搬入まで)の展示になります。
今後また6Fでお披露目したいです。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« ハイレゾ音源のご紹介 VOL.38 Greatest Hits | トップページ | 1F 決算SALE その⑥  まだまだあります!特価品ご案内情報  »