« ★H.A.L.3 Nwes★-3-4F中古まとめ- | トップページ | ハイレゾ音源のご紹介 VOL.26 Salone »

2016年7月17日 (日)

★天ノ視点★-PADA-

★天ノ視点★-PADA-
皆様こんにちは。
皆様は「アマレット」というリキュールをご存じでしょうか。
イタリアを原産とするリキュールになります。アンズの核である杏仁(杏仁豆腐と同じ)が使われ、何ともお洒落な甘さで、女性にも人気のリキュールです。
「Amaretto」とはイタリア語で「少し苦い」事を指すそうですが、実際にはストレートでは甘すぎて飲めないお酒です。リキュールですからね…。
さて、行きつけのバーで珍しいアマレットを頂きました。
日本でアマレットと言えば、アマレット・ディ・サローノ(Amaretto Di Saronno)というブランドが有名で、何処のバーに行ってもこのアマレットが置いてあります。
今回は「Lazzaroni Amaretto-ラッツァローニ・アマレット」というお酒を頂きました。

Lazzaloni

日本では正規の輸入はされていないそうですが、インターネットで購入可能です。
ディ・サローノよりも風味が強く、香りが豊かです。ただアマレットとしての主張が強いので、カクテルとして使う場合は、バーテンさんの腕が試されるお酒ではないでしょうか。
アマレットを使ったカクテルとして有名なのは、スコッチで割ったゴッド・ファザーや、ウォッカで割ったゴッド・マザーや有名ですが、個人的にはブランデーで割った「フレンチ・コネクション」がおすすめです。映画フレンチ・コネクション制作を記念して作られたお酒のようですね。甘くて風味が良いので、スイスイ飲んでしまいますが、強いお酒ですので、飲み過ぎにはご注意を。

さて、まったく本題とは違う話をしてしまいました。

■AuroraSound PADA■

Pada1 Pada2 Pada3
H.A.L.3が認める日本のガレッジメーカー「Aurora Sound」
フォノイコライザーのVIDAは、H.A.L.3の定番フォノイコとしてお客様にも広くご紹介をしている製品です。
大きなメーカーでは、コストや設計の関係で、なかなか使用することが難しい部品をガレッジメーカーならではの自由製で上手く活用しています。
今回ご紹介する製品は、昨年、満を持して発表となった管球式ステレオパワーアンプの「PADA」です。
真空管はテレフンケン復刻版EL34(6CA7)の三極間接続を採用しています。スウェーデン・ルンデール者のトランジスタとのハイブリット構造を採用して、安定しながらも真空管らしい滑らかな質感を聴かせてくれます。
最大出力は8Ω時34W+34Wと決して高くないものの、B&W802D3をしっかりと駆動しています。
全体をオープンな構造にすることにより、スピーカーからの逆起電流等を抑え、クリアで上品な音色になります。
音楽としてはやはり、クラシック系が得意でしょうか。
広がりが出る分、POPS等をバシバシ鳴らしたいという方にはおすすめできません。
現在、H.A.L.3では、プリアンプのPREDAと組み合わせて鳴らしています。
Aurora・Soundを是非お楽しみ下さい

Dynamicaudio 5555 4F 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« ★H.A.L.3 Nwes★-3-4F中古まとめ- | トップページ | ハイレゾ音源のご紹介 VOL.26 Salone »