« ハイレゾ音源のご紹介 VOL.21 Utada Hikaru Single Collection Vol.1 | トップページ | 6F NAGRA! »

2016年7月13日 (水)

☆天ノ視点☆-ユニットエッジ張り替え-

☆天ノ視点☆-ユニットエッジ張り替え-

皆様こんにちは。
湿度が半端じゃない秋葉原です。

さて、私天野は配達等でお客様のご自宅へちょくちょくお伺いしているのですが、こんなこともやっています。

「スピーカーユニットエッジ張り替え」
特にJBLの旧モデル等が多いですが、経年劣化でユニットのエッジがボロボロになってしまい無残な姿になっている事が多くあります。
サランネットを付けていて、ずーと気付かず、数年ぶりにネットを外すと…という事が。皆様のユニットは大丈夫でしょうか?
本来であれば、スピーカーを引き上げて、正規代理店に修理依頼を行いますが、大型のスピーカーになりますと費用が多分にかかってしまうので、ケースによってはユニットを外し、ユニットのみ引き上げてくることがあります。

Jbl

今回、ご要望を頂いたお客様はJBLではなく、WestlakeAudioのスピーカーをお使いの方で、重量のあるスピーカーだった為、ユニットのみ外して対応を行いましたが…。

ハンダ付け!!

Wistlakeaudio_2

今のスピーカーは、ほぼソケットタイプかバネ式の挟み込むタイプなので、それ程難しいことはありませんが、たまにこのwestlakeのようにハンダ付けタイプがあります。
これが意外と大変なのですよ…。

何が大変って、お客様のご自宅でハンダ付けを行うわけですから、それはそれは緊張します。
ハンダが垂れて床に跡が付いちゃったりしたら大変ですし、なかなか思うようにハンダが乗らないと焦ってきますしねw

と言いましても、貴重な経験ですし、楽しみながら行わせて頂きました!

皆様のスピーカーは大丈夫でしょうか?

工賃が別途必要になりますが、補修をご希望の方はダイナミックオーディオまで!

Dynamicaudio 5555
H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« ハイレゾ音源のご紹介 VOL.21 Utada Hikaru Single Collection Vol.1 | トップページ | 6F NAGRA! »