« H.A.L.3 News★-中古MAXX3- | トップページ | IO DATA 「FIDATA」 USB-DAC接続・・・ »

2016年5月15日 (日)

H.A.L3 NEWS★-2016.5.15-新製品情報

VOL.1 「YAMAHA 新スピーカーNS-5000 7月に発売」
本体:NS-5000 (BP)ピアノブラック 750,000円(税抜・1本*) 100台 
スタンド:SPS-5000 (B)ブラック 75,000円(税抜・1台) 100台

メーカーホームページはこちら
先日休みを利用してYAMAHA高輪オフィスにて試聴してきました。
(こちらは販売店向けのものです)

 Img_1534
Img_1533_2 Img_1535
個別試聴だったために、最初に数曲試聴をさせていただき、スピーカーの印象を頭
に入れた上で商品説明をしていただきました。
この開発にはかなりの年月をかけたとのことで、説明を聞いて本当に力を入れているのが良く解りました。

特徴となる一番はまずユニットになると思います。
ベリリウムに匹敵する音速の新開発振動板ZYLON(ザイロン)というものを全ユニットに採用し、ユニットによる音質の違いを払拭しております。
個別の金額はまだ判明しておりませんが、ユニット:キャビネット:ネットワークの価格割合的には2:2:1というのが概算のようです。
キャビネットは北海道産白樺の積層合板を使用しております。
固有の音色が出にくいよう試行錯誤した結果こちらを採用したようです。また組み立ても伝統的な総三方留め構造となっているとのことです。
ユニットの背面ですが、ここも非常に面白く独自のR.S.チャンバーというものを採用しております。こちらはツィーターとミッドレンジになりますが、背面にプラスティックの素材をつけて、うまく背圧の消音に成功させております。
これはあまり私も見たことがないので口で説明しにくいのでホームページでご覧いただければと思います。
さて今回もユニットの配置はシンメトリーではなく、ツィーター、ミッドレンジは内側によっております。
昔は使用環境によっては、ツィーターが外外という使い方もありましたが、今回はツィーターが内内になるようにセッティングして欲しいとのことです。
2時間程の時間楽しませてもらいましたが、個性は開発意図はしっかり理解できました。
ノンカラーレーションをうたっておりますが、私はそういうイメージはあまりもたず、昔憧れたNS-1000Mの懐かしさを感じることができ非常にうれしかったですね。
本筋はH.A.L.3の試聴室でしっかり確かめたいと思います。

ただ素性はしっかり感じることができました。
こうやって日本ブランドが頑張っているのは私もうれしいことですね。
VOL.2  「新製品情報」

Sm7af_2

■アンダンテラルゴ SM-7AF 

3個セット \38,000(税別)/4個セット \48,000(税別)

メーカーホームページはこちら
スパイク受けで既に定評のあるアンダンテラルゴの新製品となります。
こちらは広角スパイク向けに開発されており、またキャスターなどの受けにもなるユニバーサルマウントと言えます。
両サイドに穴が開いておりますが、そこに専用のフック型の金具を取り付けてインシュレーターのテンションチェックをします。
スピーカーの場合4点支持が多いと思いますが、そのスパイクがスパイク受けに均等に設置してあれば、スパイク受けを回した時に同じテンションになります。例えば1か所だけやたら回ってしまうということでしたら、均等ではないということです。
広いスペースですとインシュレーターをそれぞれ回すことができますが、そうではない場合はなかなか、回してチェックすることができません。この専用金具はその為のものとお考えください。
さてB&Wに関しましては、こちらの新製品ではなく、通常のSM-7Aでのご使用をお勧めしております。
もしどちらが良いかの判断がつかない場合はお問い合わせください。

VOL.3 「展示情報」

7nda6300mk3
●ESOTERIC 7N-DA6300III MEXCEL XLR (1.0m×2本) ラインケーブル
     定価 \590,000(税別)/1.0m

メーカーホームページはこちら

ついに第3世代まで来ました。
純度の高さと情報量の多さは必聴ですが、その中に加わったしなやかさこの進化を是非お楽しみください。

Hireslistchord_sarumta_usb Hireslistchord_sarumta_lan
●CHORD Sarum Super ARAY USB Cable USBケーブル
     定価 ¥174,000(税別)/1.0m 
●CHORD Sarum Super ARAY Ethernet LANケーブル
     定価 ¥320,000(税別)/1.0m

メーカーホームページはこちら
CHORD MUSIC COMPANYはLANケーブル、USBケーブルにも力を入れております。
そのフラッグシップモデルを展示開始いたしました。
ここでも音質の差はしっかり出てくれます。
興味あるお客様は是非ご試聴ください。

H.A.L.3  /天野

|

« H.A.L.3 News★-中古MAXX3- | トップページ | IO DATA 「FIDATA」 USB-DAC接続・・・ »