« Bespoke audio ハイエンドプリ「Passive Pre」を試聴しました! | トップページ | ハイレゾ音源のご紹介 VOL.7 LIVE LIFE »

2016年5月25日 (水)

6F YBA!

どうもこんにちは。湿度が高くなってきましたね。
 
現在の展示品です。これは注目していかないといけないです!
Genesiscd4_pre5
  『Genesis Pre5
  『Genesis Power6
 
まずは各部分の仕上げが凝っています。
ディスプレイの見やすさや色合い、
モデル名の所は電源が入っている時の点灯。
 
Genesispre5_3
プリも操作性は独特ですが、入力切替が正面左に
そして音量は右側にありますが、それぞれの上に控えめな
ディスプレイを用意して情報を表示させています。
真ん中のディスプレイに表示させれば済む事ですが
小さな部分ですがデザイン的なメリハリになっています。
 
Genesisa6
パワーアンプはメーカーページをご覧いただくとわかりますが
YBAロゴのヒートシンクになっています。
ここはデザイン・機能性もそうですが、他の部分とは
触り心地が違います。
意図は明記されていませんが、手間をかけていることは
確かでしょう。
 
フランスらしいと思ってしまう音作りに感じますが
CDプレーヤではブルーダイオードの光を当てるシステムです。
 
Yba_390nm  
~工学的なノイズを加えることで情報を読み取りやすくする~
光の波長が工学的なノイズとなりますが、それによって
音が良くなる。矛盾したようにみえる方式ですが
写真の青い部分を隠すと音が変わります。
 
隠すことによってダメな音になるわけではありませんが、
ブルーダイオードによってYBAが意図した音が出ているのは
感じられます。
 
先ほど“フランスらしい音”と書いたのは、
温かみのある豊かで柔らかい印象の音という事ですが、
だいたい私がそういう音は低音の曖昧さも伴っています。
 
しかしこのブルーダイオードが大きいと思いますが
低音域の明快な感じにより、重すぎない世界観があります。
またトップローディング方式ですので、スライドの蓋が
ありますが、明け具合で音の締まり方がかわるので
面白いです。
 
流行りのハイファイな音とは違いますが、
基本は耳当たりの良い柔らかめの音。そこに独自の
技術・発想を取り入れた絶妙なサウンドです。
 
まずは短期間展示の予定です。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« Bespoke audio ハイエンドプリ「Passive Pre」を試聴しました! | トップページ | ハイレゾ音源のご紹介 VOL.7 LIVE LIFE »