« REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.45 ESOTERIC「K-01X」 | トップページ | エソテリックSACDソフト(3/10)新譜情報! »

2016年2月14日 (日)

★H.A.L.3 News★-DSF2016-

★H.A.L.3 News★-DSF2016-

皆様こんにちは。
Dynamicaudio Spring Festival2016の開催日も決まり、各フロアのイベント内容が徐々にまとまってきました。

Dsf20164f
先日、前夜祭で行うSonusfaber IL Cremoneseの日本初公開イベントを行わせて頂きます。
その内容はこちらをご覧ください。↓↓↓
「本邦初公開!Sonusfaber IL Cremoneseで聴くアナログ」
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2016/02/hal3-news-dsf20.html

さて、3月5日(土曜日)の初日に行うイベントはこちら↓↓↓
オーディオラック 比較試聴会 ~楽々ラック選び!!~

Photo

皆様、オーディオラックはどのようにして選んでいますか?
デザイン?お値段?…音質?
それぞれお選びされる基準はあると思いますが、少々軽視されがちなのがラックです。
ラックも大切なオーディオ製品の一つです。
各社こだわった製品を出していますが、じっくり音質を含めて比較された事が無いのが正直な所ではないでしょうか。
この日は、デザインやお値段はもちろん、音質も比較して頂きたいと思います。

この日は、三部構成にて一日中皆さまに「ラック」をご紹介していきたいと思います。

まずはこちら↓↓↓
■プログラム1:主要ラックメーカー デモンストレーション 11:00~14:10■

まずは、H.A.L.3が主にご紹介しているラックメーカーの方に来ていただき、それぞれの特徴をご紹介して頂きます。

TAOC(日本) インストラクター:アイシン高丘エンジニアリング(株)橋爪氏
日本では一番有名なラック、アクセサリーメーカー。
この業界では20年以上の実績もあり、信頼性も非常に高く多くのお客様にご使用いただいております。
ここでは、旧製品CSシリーズとの比較、価格違いによる音質の差もデモンストレーションしていただきます。

アンダンテラルゴ(日本) インストラクター:アンダンテラルゴ代表 鈴木氏
インシュレーターのSILENT MOUNTがメジャーになっておりますが、スタートはリジットテーブルというラックになります。
チタンを使用したフレーム。こだわりを持った、棚板とスパイク。
このこだわりをご本人に語っていただきましょう!!

QUADRASPIRE(英国) インストラクター:フューレンコーディネート マイケル花城氏
ここ最近では一番人気のオーディオラックカラーヴァリエーション、そしてポールの選択の自由度、豊富なラインナップ。そして安定したサウンド。
その中でも高級なVENTシリーズもございます。使いこなし、そして価格差による音質の差もご試聴いただきます。

TIGLON(日本) インストラクター:ティグロン株式会社代表 沖野氏
マグネシウムを代名詞としたケーブル、ラック、アクセサリーブランド。
H.A.L.3 初登場の沖野氏ですので、TIGLONの自己紹介を兼ねて、ラックはもとより、TIGLON製品のご案内をしていただきます。


■プログラム2:20万未満のオーディオラック比較試聴会 14:30~15:30■

次に行うプログラムは、実際に皆さまが使われている中で実用性の高い価格帯である20万円未満のラックを比較試聴して頂きます。

・ADK SN-3060 ¥92,000
http://www.asahiwood.co.jp/product/adk/adk_p.php?series_id=61&type_id=8#249
・TAOC MSR-4S ¥78,000
http://www.taoc.gr.jp/msr.html
・TIGLON TMR-4(4段) ¥170,000
http://www.tiglon.jp/?p=261
・QUADRASPIRE Q4D ¥96,000
http://www.quadraspire.jp/products/q4d_01.html

H.A.L.3がスタンダードにご紹介をしているQUADRASPIREを始め、TAOC、ADK、TIGLONと価格別に見て比較されるであろう製品四種を聴いて戴きます。
エントリークラスと言えども、各社の音はしっかりとあり、面白い比較になるのではないでしょうか。


■プログラム3:20万以上のオーディオラック比較試聴会  16時00分 ~ 17時00分■

この日最後の試聴はハイクラスのラックを比較試聴して頂きます。

・アンダンテラルゴ TOWER503(3段) ¥480,000
http://www.andante-largo.com/index.php?Rigid%20Tower%20%E8%A9%B3%E7%B4%B0
・FINITE ELEMENTE PAGODE SIGNATURE SG-02-1(3段)¥450,000       
http://www.axiss.co.jp/brand/finite-elemente/pagode-signature-rack-2/
・Bassocontinuo ACCORDEON XL4(3段)¥575,000
http://www.yukimu.com/product/bassocontinuo/rack/accordion_xl4/accordion_xl4.html 
・QUADRASPIRE Q4D-VENT(4段)¥200,000
http://www.quadraspire.jp/products/q4dvent_01.html           
・TAOC CSR-3S(3段)¥360,000
http://www.taoc.gr.jp/csr.html

やはりH.A.L.3の定番QUADRASPIREから上位モデルの「VENT」シリーズを始め、常設展示を行っているイタリアのメーカーBassocontinuo、ハイエンドラックの代名詞的な存在
FINITE ELEMENTE等、一つ上を行くラックを探してみましょう。



以上が3月5日(土)に予定しているラックのイベントです。
オーディオにとって必須のアイテムですが、普段はなかなか比較することのない製品です。
是非、この機会にご試聴下さい。

ダイナミックオーディオ 4F 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.45 ESOTERIC「K-01X」 | トップページ | エソテリックSACDソフト(3/10)新譜情報! »