« Dynamicaudio Spring Festival 1F SALE速報 VOL.1 いよいよ始まりますよ~ | トップページ | Dynamicaudio Spring Festival 1F SALE速報 VOL.2 B級品特価ご案内! »

2016年2月22日 (月)

6F Sonata

どうもこんにちは。なんだかすっきりしない天気が続いてます…
 
良い意味で驚きを与えてくれた製品なので紹介します。
Viola_sonata
ディスプレイが搭載されていますが
ごく普通のプリアンプです。
 
このフロアーを思い返すと長らくViolaのプリアンプは
置いてなかった気がします。
大型のパワーアンプ展示は長期間ありましたが、よく考えると
それもご無沙汰ですね。
 
久しぶりだな~なんて思いながら到着を待っていましたが
到着したのはどうやらド新品…
おお、これは購入したような体験ができるな。と思いつつも
数日経ってから聴こうと思っていました。
 
という流れで今日を迎えたわけです。
 
CH Precisionのシステムの中、プリだけViolaを入れて
ピアノを中心に聴きました。
直感としては生命力を感じる音だと思います。
ハンマーが弦を叩く瞬間の焦点、共鳴して減衰していく余韻の
流れがとても自然で濃さがあり色彩を感じます。
全体の流れを通して調和をしていて、次の音への繋がる
一瞬々々が音楽的な表現力を後押ししていると思いました。
 
この実際に出ている音より淡泊で、悪く言うと痩せた音が
出てきそうなイメージだったので驚きました。
根拠のない思い込みは怖いですね。
 
ラインナップ的には中堅なので、そこそこかな?という
失礼な思いと久々に会うViolaのプリということでしたが
400万円を超えた価格設定の製品ですから、これだけ
1つの物として説得力があるのはやはり価格相応の品
ということなんでしょうね。
 
2筐体ですが、合わせても20kg程度と体に優しいので
軽くしていきたい!という方にもお勧めできるハイエンドプリです。
 
DSFまでの期間を目安に展示続行予定です。
検討候補にある方はこの機会をご利用ください。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« Dynamicaudio Spring Festival 1F SALE速報 VOL.1 いよいよ始まりますよ~ | トップページ | Dynamicaudio Spring Festival 1F SALE速報 VOL.2 B級品特価ご案内! »