« 謹賀新年 | トップページ | 新年のご挨拶 »

2016年1月 4日 (月)

天ノ視点-新年のご挨拶-

天ノ視点-新年のご挨拶-

皆様、新年あけまして、おめでとうございます。
今年も皆さまにオーディオをより楽しんで頂けるように切磋琢磨して行きたいと思います。

さて、初夢見ましたか?
私は冗談ではなく、B&W802D3の納品の夢を見ました。
お客様のお顔を覚えていないのが残念ですが…。
802D3に限らず、今年も、皆様のご自宅へオーディオをお届けさせて頂けることを楽しみにしております。

さて、新年と言えば、ラスベガスで行われているcesでは、毎年、各海外メーカーが新製品を発表していることから、今年も期待が高まります。

今年気になる新製品としては、まずは去年に続き、B&Wの800D3の発表が予定されています。
いまだ、輸入元のD&Mもどのような製品が出来上がってくるのか、わからないとの事でした。
ただ、802D3でのクオリティを考えますと800D3は相応の期待が高まります。

8000d3

そして、Sonusfaberからも新製品の発表が控えています。
「IL Cremonese」

Cremonese
今年中に発売が予定されている新製品ですが、価格的には、惜しまれながら生産を完了したSonusfaberの名器StradivariHomageの後釜が予定されている製品です。
本国サイトで公開されている画像を見たところ、上位機種Liliumをサイズダウンさせたような外観です。
もちろん音色等は聴いていなので、分かりませんが、Liliumがとても完成されたスピーカーであっただけにB&W同様に期待が膨らみます。

他にも、データ再生においても、DELA同様に優れたNAS等が出てくる予感もしますし、2016年もハイレゾ・データ再生が加速していくでしょう。

ダイナミックオーディオ5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 謹賀新年 | トップページ | 新年のご挨拶 »