« 2014年12月21日 - 2014年12月27日 | トップページ | 2015年1月4日 - 2015年1月10日 »

2014年12月31日 (水)

★H.A.L.3 News★-年末のご挨拶-

★H.A.L.3 News★-年末のご挨拶-

P1020408

今年も残すところ本日のみとなりました。
皆様のオーディオ・音楽ライフはいかがでしたでしょうか。
4FH.A.L.3は、今年も沢山のお客様にご愛顧頂き、無事年末を迎えるに至りました。
そして、沢山のオーディオ製品や新しい音楽の形をご提案する事が出来ました。

特にデータ再生の分野においては、日々進化し続け、新しい発見が沢山ありました。
今年のマラソン試聴会では、私天野も檀上でマイクを持たせて頂きましたが、今年はCDを使用せず、データ再生とレコードのみで製品をご紹介させて頂きました。
この分野は来年以降もどんどん進化し続け、色々な形になっていくと思います。
その時に、H.A.L.3は皆様に自信を持ってご紹介出来るように日々探究していきます。

また、素晴らしい新製品も登場してきました。
ハイレゾ/DSDに対応したSACD/CDプレーヤー達、LUXMANのフラッグシップモデルアンプ、期待のTAD新スピーカー、仮想アース装置、待望のOCTAVE新プリアンプ、老舗ブランドTechnicsの復活…等々
来年はどんな新製品が出てくるのでしょうか。

3月には春の祭典「Dynamicaudio Spring Festival2015」を企画しています。
3月で50周年を迎えるダイナミックオーディオです。
皆様に楽しんで頂ける企画を各担当者が準備しています。

オーディオがどんどん楽しくなっていく予感がします。

新年は4日(日)より通常営業を行っています。
2015年も皆様のご来店を心より、お待ち致しております。

2015年が皆様にとって素晴らしい一年でありますように。

H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

本年も大変お世話になりました。

Real_soundcheck_3

Resize1232_3 早いもの大晦日になりました。今年も色々ありましたが、近くの老舗喫茶店「伊万里」が27日に閉店してしまい大ショックを受けております。11月にママから話を聞いてから毎日のように通いましたがあっと言う間でした。あの雰囲気と優しいママの作るあんみつが大好きだったので本当に残念です。今年は6月にも中野の「のれん」も閉店と私にとっての超名店が2つもお店を閉じてしまいダブルパンチです。

さて、本日は16時で閉店とさせて頂きます。当サウンドハウスフロアーも皆様のおかげで1年を無事に終了できました。本当にありがとうございました。

新年は1月4日から通常営業となります。来年はダイナミックオーディオは創業50周年を迎えます。イベント等にも更に力を入れて行きたいと考えております。是非来年もダイナミックオーディオを宜しくお願いします。

皆様どうぞよい年をお迎えくださいませ。
ありがとうございました。


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2014年12月28日 (日)

☆H.A.L.3 News☆2014.12.28

☆H.A.L.3 News☆2014.12.28

すっかり年の瀬ですね。
もう、年越しの準備はお済ですか?
年末年始の5555開店状況をまず。

年内営業日
29日・30日:通常営業
31日大晦日:16時まで営業
1月1日・2日・3日:お正月休み
4日:通常営業

ダイナミックオーディオは大晦日まで営業を行っております。
※各フロア・各担当者によって、スケジュールが前後しております。試聴等のご予定はお早目にどうぞ。

■展示製品News■
P1020405
PIEGA CLASSIC 60.2 定価\1,800,000(別/ペア)
PIEGAの新製品は木製のキャビネットを採用した製品です。
アルミキャビネットとリボンツイーターの組み合わせがPIEGAの代名詞ですが、もともとPIEGAが誕生した時は木製のキャビネットが採用されておりました。
「CLASSIC」という名の由来はPIEGAが原点回帰した製品という意味でしょうか。
エンクロージャーは木製ですが、リボンツイ―ターやユニット類はこれまでのPIEGA同様に採用されております。特にこの60.2はC2同軸リボンが用いられ、音数が多く、明瞭度が高いように感じます。低域は少しゆるく感じる為、どちらか言うとクラシック等をゆったり鳴らしてあげたい印象です。

TechDAS Air Force Two \3,300,000(別)
P1020385
「究極のプレーヤー」とまで称される上位機種のAirFoceOne。そして、そのAirForceOneの技術を受け継ぎ、コストパフォーマンスを高められたのが、このAirForceTwoです。弟機と言っても、十分すぎる程の完成度の高さを持ち、次元の違う音色を聴かせてくれます。
特徴は以下の通り。
- Air Force One を引き継ぐエアベアリング+ディスク吸着機構
- 新開発のオイルダンピングサスペンションによる4点支持脚
- 無垢アルミ材(A5056)から精密切削加工された、重量10kgのプラッター
- 強度と加工性を追及したアルミ一体成型鋳造(AC4C)によるシャーシフレーム構造。上下2枚構造とすることにより振動吸収性のアップと重心を下げることに成功
- サブアームを取り付け可能。メインアームはショート10インチ専用。サブアームはショート・ロング(12インチ)双方に対応
AirFoceOneの存在が無ければ、この製品でも十分に「究極のプレーヤー」になりうる音色を持っています。
更に、今回は同ブランドのカートリッジ「TDC01」、アームは「GrahamEngineering/PhantomⅡ」を採用しています。


このAirForceTwoはダイナ5555のマンスリー企画で行われているものになり、H.A.L.3としては他にも、VividAudioG1/G4を展示しています。他にも、各フロアにステラ製品が多く展示してあります。もし、気になる製品がありましたら、お正月のお時間にでもご来店下さい。

H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 2014年12月21日 - 2014年12月27日 | トップページ | 2015年1月4日 - 2015年1月10日 »