« 300Bシングルの魅力・・・ウエスギ研究所「U-BROS-300」 | トップページ | LINNから嬉しいお知らせ・・・Trade-In & Trade-Up Promotion がスタートしました! »

2015年12月 3日 (木)

LUXMAN「MQ-300」で球ころがし。

Real_soundcheck_3   

今週からLUXMAN「MQ-300」をTANNOYの「KENSINGTON/GR」で鳴らしています。

http://www.luxman.co.jp/presspro/mq-300

Th_img_1622

搭載されている球は全て現代のもの。それはそれで良いのですが、真空管アンプの楽しみの一つである「球ころがし」をやってみました。

Th_img_1667

電圧増幅管の「6SN7」。「MQ-300」にはTUNG-SOLの「6SN7GTB」(写真左)を使用しています。これをPHILIPS ECG「6SN7WGTA」に交換してみました。

Th_img_1669

ベースの色が整流管、出力管と同じ黒になり統一感が取れました。交換後の音は一気にナローな感じになり落ち着きが出ます。録音年代によって使い分けても良いかもしれませんね。球の特徴を良く出せるアンプですので、整流管、電圧増幅管で遊ぶのも手軽で面白いです。是非お聴き下さいませ!!

LUXMAN「MQ-300」
定価¥1,600,000(税別)
販売価格お問い合わせ下さい!

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

« 300Bシングルの魅力・・・ウエスギ研究所「U-BROS-300」 | トップページ | LINNから嬉しいお知らせ・・・Trade-In & Trade-Up Promotion がスタートしました! »