« 天ノ視点-BOENICKE Audio- | トップページ | 天ノ視点-大晦日- »

2015年12月27日 (日)

天ノ視点-802D3 Weekly amp Selection-

天ノ視点-802D3 Weekly amp Selection-

-802D3 Weekly amp Selection-
「Burmesster 035/911mk3」

皆様こんにちわ。
B&W802D3が導入されて、早いもので一か月が過ぎようとしています。
その間、いろいろなアンプで鳴らしてみました。
H.A.L.3に常設している国産ブランド、ESOTERICやLUXMAN、TADを始め、JEFF ROWLAND、OCTAVE、EINSTEINなどの海外メーカー、そして、現在はBurmesterを期間限定にて展示しています。

「Burmester」
Burmester(ブルメスター)というメーカーをご存じでしょうか。
私としては7Fのアシスタントを行っていた時代から触れてきたなじみのあるメーカーですが、展示している販売店も少ないことからあまり皆さまに触れることが少ない為、ご存じ無い方も少なくないのではないでしょうか。
ドイツに創立されたブルメスター。創立者ディーター・ブルメスター氏はエンジニアリング・スクールに通う前にプロのロックバンドのギタリスト・作曲家としてツアーにも参加していた音楽家でした。
音楽家としての感性や、「音」へ対する情熱を惜しみなく注入された製品達はオーディオ愛好家の中でも評価は高く、B&Wのスピーカー達と組み合わせている方も多くいらっしゃいます。
今回ご用意させて頂いたアンプは、プリアンプに035、パワーアンプは911というモデルを用意しました。

「035」
P1020816
ブルメスターの中では比較的新しいこのモデルは、ブルメスターの中では中堅機に当たり、実際に使われている方も多い機種です。
中堅機といえども、素晴らしい音色を持った製品で、プリアンプ単体として、他のパワーアンプと組み合わせても面白い音色を持っています。
どこか少し重心の低さをもっていて、音楽の陰影をとても良く表現してくれます。

「911mk3」
P1020815
1990年に発売された911がリファインされ、現在はmk3となっている911。特に出力段に変更が加えられ、定格出力はスペック上で350W+350W(4Ω)、770W(モノ・ブリッジ動作時・4Ω)というハイパワーを持っています。現在合わせている802D3はもちろんの事、より大型のスピーカーと組み合わせても難なく鳴ってくれるでしょう。来年に発売が予定されているB&W800D3と組み合わせるのも良いかも知れません。

■天野感想■
ブルメスターの一つの特徴であるデザイン。シルバーメッキされたトップとパワーアンプのヒートシンク等、とても荘厳に作られたデザインは皆さまの所有欲を必ずや満たしてくれると思います。もちろん音色に関しても、素晴らしいものを持っています。プリアンプの中にも書きましたが、天野の主観的な印象としては、華やかさやスピード感というよりも、深みや力強さを感じさせてくれます。ドイツという国柄もあるのかも知れませんが、「影」の部分をしっかり感じさせてくれるオーディオはあまりありません。ブルメスターの製品はどことなく、哀愁のような音楽を感じさせてくれるところがあり、私はこういう唯一無二の音を作り出すブルメスターは貴重な存在だと思っているわけです。


ダイナミックオーディオ5555 4F 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 天ノ視点-BOENICKE Audio- | トップページ | 天ノ視点-大晦日- »