« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月30日 (金)

B&W新製品「805D3」を展示しました!

Real_soundcheck_3

B&Wの「805D3」を展示しました!

Th_img_1519

http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/800_Series_Diamond

コンティニウムコーンが精悍な印象を与えてくれます。フロントバッフルのラウンドは音の反射を上手く散らせてくれます。

Th_img_1521

ツイーターは強固なアルミのハウジングに収められています。前作に比べ取り付けの強度も増しております。

Th_img_1516    

サランネットも大幅に変更されています。音の透過性は高いです。ただし付けたときのデザインがイマイチ・・・外す方をおすすめします。

Th_img_1523

エージングはこれからですが、いきなり上質なサウンドを聴かせてくれてます。スムーズで滲みがないですね。静かですが、ダイナミックレンジはより広がっています。805シリーズは家庭用コンパクトスピーカーとして最高峰と常々思っていますが、更なるパフォーマンスを見せつけてくれます。是非お聴き下さいませ!

来週の金曜日は試聴会を行います。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2015/10/bw805d3-cf6e.html

805D3/MR                               ¥880,000(pair)
805D3/B                                  ¥920,000(pair)
805D3用スタンド FS805D3   ¥140,000(pair)

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年10月29日 (木)

試聴会のお知らせ・・・B&W「805D3」新製品発表会!!


B&W 「805D3」 新製品試聴会!! 
@ SOUND HOUSE 2F


Th_805d32fev             


パーツ、構造、仕上げ・・・ほぼ全てに最新のテクノロジーを投入し設計された800Series Diamondが発売されました!

ダイナミックオーディオ5555では全製品の展示を行います!そしてサウンドハウスフロアー1F/2Fでは「805D3」を展示いたします!!

805は当フロアーでもベストセラーを続けている大ヒットシリーズ。

色付けのないナチュラルな音質と広大な音の空間、家庭で使用する音楽の道具としては最高のパフォーマンスを聴かせてくれています。高度な800シリーズのテクノロジーを凝縮した「805D3」に是非ご期待下さいませ。

早速ですが B&W 805D3 徹底試聴会を11/6(金)に行います!!

D&Mホールディングス株式会社スタッフによる商品説明、そして美い2つの仕上げの805D3の比較とスタッフ2名のコーディネートによる押しの組み合わせでお楽しみ頂きます。

皆様のご来場をお待ちしております。


■日時:11月6日(金)
     19時~20時30分
     
■解説:株式会社ディーアンドエムホールディングス スタッフ

■場所:ダイナミックオーディオ5555 
    2F サウンドハウスフロアにて

■定員:15名 
(予約制とさせていただきます。)

ご予約はメール(ken@dynamicaudio.co.jp)もしくは、お電話 03-3253-2001(フロアー直通電話)にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年10月25日 (日)

☆H.A.L.3 NEWS☆-2015.10.25

VOL.1 「ナスペック新製品試聴会開催決定」

老舗の代理店のひとつ(株)ナスペック取扱い製品の試聴会を1114日に開催させていただきます。

詳細はこちら をごらんください。

皆様のご参加心よりお待ち申し上げます。


VOL.2
 「mola mola 製品のご案内」

P1020830

P1020831

インターナショナルオーディオーのメンバーであるハイエンド取扱いのオランダのメーカー mola mola。(日本語でいうところのマンボウ)

こちらの製品をお借りすることができました。

オーディオショーでちょっと気になっていた製品のひとつです。

Makua Pre Amplifier \1,250,000

    MakuaPhpno Stage \290,000

Kaluga Mono Power Amplifier \1,840,0002台)

詳細はこちら

プリアンプに関してはかなりデザイン性に富んでおり、筐体の加工技術はかなりのレベルです。
トーンコントロールなどは今のところございませんが、オプションのフォノステージに関してはかなりのこだわりです。
内部操作はアンドロイド端末で専用のソフトをインストール後Bluetoothにて設定が可能です。特にフォノの設定に関しましては、全ての入力をフォノ設定することも可能で、更にRIAAカーブ以外にも、多くのレコード会社を選択でき、盤に合わせたイコライザーをかけることも可能です。

パワーアンプに関してはかわいらしいサイズのデジタルアンプとなっております。

サウンド的には派手なところは感じず、長時間聞いていてほっとした感じです。出るところはしっかり出ており、クオリティ的には問題ございませんが、大人しく感じでしまう北欧的なサウンドに感じますね。

今後ソフトウェーアーのヴァージョンアップや、デジタルモジュールの追加など発展性があるようです。

11
1日まで展示をしておりますので、気になるお客様がいらっしゃいましたらお問い合わせいただければ幸いです。

VOL.3
 「(株)HIT開発研究所 LTC101055S マイナーチェンジ」

H.A.L.3
では大手のメーカー、商社製品を数多く取り揃えておりますが、日本で頑張っているガレージメーカーの製品もしっかり取り扱いをしております。

その中の一つが(株)ヒット開発研究所

以前より展示しておりましたが、型番そのままでマイナーチェンジをいたしました。

ヒット開発研究所 LTC101055S ステレオパワーアンプ \1,250,000

詳細はこちら

無帰還アンプ回路構成に強いこだわりを持っており、音の躍動感、楽しさを伝えた
い一心で設計を行っております。

一般的な製品では味わえない、個性的でアナログ的なサウンドはやはりガレージメーカー特有かもしれません。

もし興味のあるお客様がいらっしゃいましたらご試聴いただけると幸いです。

VOL.4
 「LUMIN A1 常設展示」

P1020832

今話題のネットワークプレーヤーLUMINですが、A1をしばらく常設展示いたします。

LUMIN A1
 Silver色:1,100,000
        Black色 :1,210,000

LINN
と良く比較されることも多いですが、華やかでさわやかな印象です。
DSD2.8MHzまで対応しております。

*
上位モデルのS15.6MHzまで対応となります。

詳細はこちら

皆様からのお問い合わせ心よりお待ち申し上げます。

H.A.L.3 島/天野

 

|

天ノ視点 マラソン試聴会

天ノ視点 マラソン試聴会

皆さまこんにちわ。
秋晴れが気持ちいい秋葉原です。
今日、木枯らし一番が吹いてこれから寒くなるようですね。

さて、先日10月17日(土曜日)・18日(日曜日)とダイナミックオーディオの秋の祭典「マラソン試聴会-Passion-」が開催されました。
今年も沢山のご来場、ありがとうございました。

私天野もステージ上でマイクを持たせて頂き、皆さまにオーディオのご紹介をさせて頂きました。

私のステージでは、なんといってもB&Wの新製品を販売店としては初公開ということで、沢山の方にご来場頂きました。
ということで、マラソン試聴会で試聴した製品と音楽を順を追ってご紹介させて頂きます。

天野プログラム「新生B&W」
最初のプログラムで早速B&Wの新製品を使用致しました。

「新生B&W」其の一
再生メディア:BUFFALO DELA NAZ 40th 定価\1,000,000(別)
DAC:dCS Rossini DAC 定価\3,080,000(別)
マスタークロック:dCS Rossini Clock 定価\1,030,000(別)
プリアンプ:ESOTERIC C-03Xs 定価\800,000(別)
パワーアンプ:ESOTERIC C-03 定価\900,000(別)
スピーカー:B&W 803 D3 ローズナット 定価\2,700,000(別/ペア)

使用音楽↓↓
Yuji Ohno & Lupintic Five / FAIRY NIGHT

今回の私のプログラムは全てデータ再生で行いました。そして、使用した音楽は全て音楽配信サイト「e-onkyo」からダウンロードした音楽になります。↓↓
◆音楽配信サイト「e-onkyo」◆

このプログラムではB&Wの新製品はもちろんですが、データ再生には日本のPC関連メーカーBUFFALOが出したハイエンドNAS「DELA N1Z40th」を使用致しました。
本来NASとして使用する製品ですが、USB、もしくはイーサネットにて直接プレーヤーに音楽情報を送ることができ、音質をかなり優れています。
それを受けるDACとして超ハイエンドのDACであるdCSの新製品RossiniシリーズのDACとクロックを使用しています。
音楽的は質、情報量、すべてにおいて文句のつけようがないDACを受けとして使用し、万全の状態でアンプへの送り出しをします。
そして、アンプはESOTERICの新製品C-03XsとS-03のペアです。
上位モデルのC-02X/S-02、さらにGrandiosoシリーズの技術が惜しみなく導入され、ハイコストパフォーマンスを実現したモデルです。
こちらも情報量、キレの良さなど、新生B&Wを鳴らすアンプとしてとてもおすすめしたいあんぷです。
そして、今回の主役たるスピーカーはB&Wの803D3です。
今回のモデルチェンジで前期モデルから最も変化の大きいクラスです。
これまでは、下位モデルの804と同様にミッドユニットがウーハーと同じ筐体に収まっていて、ツイーターのみ筐体の外に出ている使用でしたが、
今モデルから上位モデル802同様にミッドユニットが独立した使用になっています。
この変化は非常に大きく、立ち位置的にはこの803DSが802SDの後継に当たるのではないかと思われます。
ミッドレンジはこれまでケブラーコーンを長く採用していましたが、今モデルからはコンティニュアムコーンと名称を変え、使用素材、技術ともに変化が加えられています。
また、ウーハーユニットもロハスコーンユニットからエアロフォイルコーンへと変化しました。より軽く、強度が増し、より理想的な動作を実現しています。
さて、ここで私がもっとも特徴的だと思えたところでは、低域の在り方です。
B&Wの前期モデル802SDでは少々低域がもっと出てほしいというお声もありましたが、今回のモデルではしっかり低域の量感がありながら、制動力のある低域を出してくれます。
特にエレキベース等を聴くとその良さは堅調に現れます。出てほしい時はしっかり出て、止まって欲しい時はしっかり止まる。簡単なようで難しい表現です。

「新生B&W」其の二
再生メディア:BUFFALO DELA NAZ 40th 定価\1,000,000(別)
DAC:dCS Rossini DAC 定価\3,080,000(別)
マスタークロック:dCS Rossini Clock 定価\1,030,000(別)
プリアンプ:ESOTERIC C-03Xs 定価\800,000(別)
パワーアンプ:ESOTERIC C-03 定価\900,000(別)
スピーカー:B&W 802 D3 ローズナット 定価\3,400,000(別/ペア)

使用音楽↓↓
Diana Krall / Wallflower[Deluxe Edition] より「Desperado」

スピーカーのみ803D3から802D3に変更して、一曲だけ比較試聴を行いました。
やはり、上位モデルになりますと、変化は大きく、ステージ感の広がり、一音一音の密度などが上がります。
803D3も同様ですが、前期モデルからの変化はユニットだけではありません。むしろ前期モデルから引き継がれている部分としてはダイヤモンドツイーターの振動版とスピーカー端子、ネットワーク回路のコンデンサーのみということで、筐体や内部のマトリックス構造にも大きく変更が行われています。
細かくご説明すると長くなってしまいますが、大雑把にご説明すると筐体の剛性が極端に上がっていることが挙げられます。
ウーハーが収められている本筐体(リバースラップキャビネット)、ミッドユニットのタービンヘッド、ツイーターのソリッドボディツイーターなどの変更、さらに足元やネットワーク回路の在り方など、B&Wの究極を求める姿勢が随所に見られます。

「新生B&W」其の三
再生メディア:BUFFALO DELA NAZ 40th 定価\1,000,000(別)
DAC:dCS Rossini DAC 定価\3,080,000(別)
マスタークロック:dCS Rossini Clock 定価\1,030,000(別)
プリアンプ:LUXMAN C-900u 定価\1,100,000(別)
パワーアンプ:LUXMAN M-900u 定価\1,100,000(別)×2
スピーカー:B&W 802 D3 ローズナット 定価\3,400,000(別/ペア)

使用音楽↓↓
Yuji Ohno & Lupintic Five / FAIRY NIGHT

アンプをESOTERICからLUXMANのフラッグシップモデルで変更致します。
モノラル時600W(8Ω)というハイパワーを持ち、この新生802D3をしっかりと駆動してみました。さすがにあの大きな会場で悠然となる姿は802D3の懐の深さに加え、90周年を迎えた老舗LUXMANならではないでしょうか。このセクションでは、ヴァイオリンコンチェルトのソリストの存在感とオーケストラの広がりがしっかり表現されたのではないかと思います。
スピーカーの近くでスピーカーを見ていましたが、大きな入力を入れましたが、高域から低域まで破綻することなくユニットが動いていました。
個人的にはもっと出力の大きなアンプを持ってきてもつり合いが取れるようにも感じました。来年以降に最上位機800D3の発売が予定されていますが、802D3でこのクオリティだと、800D3ではどれほどの音を聴かせてくれるのか、楽しみでしようがありません。


以上が天野のプログラムの前半です。
今回のプログラムでは、ケーブルに4Fの得意ケーブルである「Cardas」を多く採用致しました。ヨルマデザインやノードストのように突出した色付けは少ないものの、どんな音楽でも、どんなシステムでも合わせやすいという利点があり、純粋に情報量を損なわず信号を送ってくれます。もし、ケーブル類でお悩みの方はCardasを使ってみると良いやもしれません。


さて、ここから後半に入ります。

天野プログラム「New Nostalgic」

「New Nostalgic」其の一
ネットワークプレーヤー:LINN KLIMAX EXAKT DSM 定価\1,600,000(別)
Other Item:LINN KLIMAX EXAKT BOX 定価\1,700,000(別)
パワーアンプ:LINN AKURATE 4200 定価\800,000(別)×2
スピーカー:B&W 802SD EXAKT仕様 定価\2,000,000(別)+more

使用音楽↓↓
Nicki Parrott / Fly Me To The Moon

LINNのEXAKTを使用して802SDをマルチ駆動で鳴らしました。
新製品が出たことによって、旧モデルに日が当たらなくなるということは致し方がないことですが、私個人的には802SDも素晴らしいスピーカーだと思っており、今回のEXAKTの登場によって、旧モデルの802SDに新たな可能性が出てきました。このシステムに関しては別ブログ掲載していますので、ご参考になってください。↓↓
かつてご自宅でマルチのシステムを組まれている方は多くいらっしゃいました。ご自分でユニットを買ってきて、筐体を作り、チャンネルデバイダーでクロスオーバーを調整して…。もちろん今でもこういったシステムを組まれている方はいらっしゃると思いますが、今ではとても少なくなってきております。その背景には、やはりマルチシステムの難しさと既成品の完成度の高さがあるのだと思います。
このシステムは802SDを改造しますので、個人のお客様はもちろん、ほかのお店さんでも行っていないということですので、4Fならではのシステムです。
まずは、LINNのシステムで鳴らしました。一筐体に4chの入出力を持っているAkurate4200を二台使って系8chの出力をそれぞれのユニットに繋ぎます。
マルチ駆動というと大げさなアンプを想像してしまいがちですが、やはりLINNのシステムで組み上げるととてもスタイリッシュなシステムが出来上がります。

「New Nostalgic」其の一
ネットワークプレーヤー:LINN KLIMAX EXAKT DSM 定価\1,600,000(別)
Other Item:LINN KLIMAX EXAKT BOX 定価\1,700,000(別)
パワーアンプ:LUXMAN M-900u 定価\1,100,000(別)×4
スピーカー:B&W 802SD EXAKT仕様 定価\2,000,000(別)+more

仕様音楽↓↓
加藤登紀子 / 50周年記念 百万本のバラコンサート at NHKホール「さくらんぼの実る頃に」

マルチ駆動ということはアンプは絶対的にLINNである必要がありません。私の最後の内容はこのEXAKTシステムでアンプをLUXMANのフラッグシップアンプを計四台使ってみました。
過去に私が7Fのアシスタントを行っていたころ、7FにはB&Wの伝説級のスピーカーであるオリジナルノーチラスがあり、鳴らすアンプはGOLDMUNDのTELOS600を計8筐体使って鳴らしていました。あの時の印象は弩級のものがあり、あの時の感動を今度は802SDで再現してみようと考えました。さすがにあの時の…というわけにはいきませんでしたが、マルチ駆動/ハイパワーアンプということで、迫力やステージ感の広がりなどはとても面白いものがありました。さすがにこのシステムを通常もお店で…とはいきませんが、マルチchはまだまだ研究の余地があって、過去に比べれば簡単になったとはいえ、オーディオ的な面白さが詰まっている宝箱のように感じていました。
ちなみに、このLINN EXAKTを使用したマルチ駆動はB&W802SDのほかにB&Wオリジナルノーチラス、JBLS9900などが出来ます。


以上がマラソン試聴会の一時間の中で私行った内容です。
B&Wの新製品に関しては11月には805D3、804D3、803D3が展示開始となり、12月から802D3が展示となります。
H.A.L3は803D3と802D3の二機種の展示を予定しています。
ダイナミックオーディオ 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

★H.A.L3 News★-NASPEC 新製品試聴会-

★H.A.L3 News★-NASPEC 新製品試聴会-
「NASPEC 新製品試聴会」
Naspec_logo
インターナショナルオーディオショーでもお馴染みの輸入代理店(株)ナスペックの
新製品にスポットをあてた試聴会を開催させていただきます。

(株)ナスペックは今現在は岐阜県を本拠地に構えた老舗の輸入代理店となります。
古くはスピーカーブランド「ARTEMIS」、「JAMO」、イタリアの「PATHOS」。
今ではPlayback Designs、darTZeelなど多数の高級オーディオ、そしてメジャーブランドまで上り詰めたケーブルブランドのWIREWORLD。
また自社プロデュースのthe j1 project。
ここ最近でも非常に精力的で数年前にはオーストリアのスピーカーブランドVienna Acoustics(ウィーン・アコスティックス)、
今年の9月には前輸入代理店ハイファイジャパンよりMonitor Audioの輸入業務を引き継ぎ、またイギリスの電源メーカーIsoTekの取り扱いも開始いたしました。

今回はIsoTekのお披露目もさることながら、様々な製品をご紹介させていただきます。

是非その実力をこのイベントにて実体験くださいませ。

<詳細>
■日時:11月14日(土)14:00~16:00(休憩あり)
■場所:5555 4F H.A.L.3 試聴室
■定員:18名様
■インストラクター:(株)ナスペック 水次氏、木村氏
           /ダイナミックオーディオ島、天野
■お申込み方法:電話メールにて島、天野までご連絡ください 
島 shima@dynamicaudio.co.jp
天野 amano@dynamicaudio.co.jp
↓↓お電話でのお申込み↓↓
03-3253-5555 4F 島、天野まで   

■プログラム
●Playback Designs MPS-5 Limited の実力はいかに
こちらは現行モデルのMPS-5、国産プレーヤーとの比較も行います。
Playback Designs MPS-5 Limited SACD PLAYER \3,200,000
Playback Designs MPS-5     SACD PLAYER \2,800,000

●Berkeley Audio Design Alpha DAC Referenceを検証
Alpha DACがReferenceに進化を遂げました。このリアルサウンドを是非お楽しみください。
Berkeley Audio Design Alpha DAC Reference \2,200,000
Berkeley Audio Design Alpha USB \350,000

●新製品 darTZeel LCH-208 初お披露目
本邦初公開のネットワークオーディオ機能をもったプリアンプの新製品「LCH-208」
使いこなしなども含めてご案内を予定しております。

*こちらは商品検証中の為、場合によってはご用意できない可能性もございます。予めご了承ください。

●電源ブランド IsoTekの製品ご紹介とその音質
(株)ナスペックが今回非常に力を入れておりますIsoTekですが、まずはその音質をモデルごとにご確認いただきます。
そして各モデルの使いこなしなどをご説明していきます。
IsoTek EVO3 AQUARIUS パワーコンディショナー \270,000
IsoTek EVO3 SIGMAS パワーコンディショナー \480,000
IsoTek EVO3 TITAN トランス \600,000
IsoTek EVO3 SUPER TITAN トランス \1,800,000
IsoTek EVO3 GENESIS レギュレーター \3,000,000

●その他 使用モデル
darTZeel NHB-108 パワーアンプ ¥4,200,000
Vienna Acoustic THE MUSIC スピーカーシステム \3,800,000


皆様のご参加、心よりお待ち申し上げております。

|

2015年10月21日 (水)

6F 空間に馴染むスピーカ

どうもこんにちは。
先日はマラソン試聴会へのご来場ありがとうございました。
 
今回は新たに小型スピーカーを紹介します。
Boenicke_w8
¥1,500,000 (pair 税別)
豊かなサウンドステージが特徴
 
無垢の木を切磋加工して作り上げた筐体に4つのユニットを
搭載しております。
 
さて、ウーファは内向きにするか外向きか。
と考えましたが、ただのウーファではなく
フルレンジのユニットでした。
 
これは内向きだ。
 
そして後ろ側にはアンビエント効果を狙い6kHz付近のみの
ツィータユニットも付いている。
 
この2つのユニットが中抜けを感じさせず、スピーカ間に
力強く音の芯があるように感じさせる秘訣だと思えます。
そして、振りも強めでありながら、狭さを感じさせません。
 
リスニングポイントを外れても音にエネルギーを感じられるので
ゆっくりと本を読みながら…なんて絵が浮かんできます。
 
そしてオプションのスイングベース(¥300,000)もぜひ一緒に
お使いいただきたい。
より音が生き生きとしてくるので、お勧めです。
 
W8internal 
 
 
 
 27日まで展示しています。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
 
 
 

|

2015年10月20日 (火)

★H.A.L.3 NEWS★-マラソン試聴会の御礼

1017日(土)、18日(日)とマラソン試聴会を開催させていただきました。

多くのお客様にご参加いただきこの場をお借りして深く御礼を申し上げます。

お客様、メーカー、商社様協力あってこそのイベントです。

本当にありがとうございました。

実際私島の本番ですが、スタートから音が出ないというトラブルがあり、急遽順番を変えたりとばたばたになってしまいましたが、ご参加いただいたお客様が暖かく見守っていただき、本当にありがたく感じました。

今回使用したモデルに関しましては、年内改めて店頭にてご紹介していこうと思っておりますので、またご案内させていただきます。

私島が使用したディスクに関しては下記をご覧いただければと思います。

Photo

お詫び

一部アーティストと曲が入れ替わっております。

H.A.L.3 島

|

2015年10月18日 (日)

「テレサ・テン」、「小椋佳」がLPで登場!

㈱ステレオサウン&㈱ステラの共同企画で実現しました。
LPレコードの発売情報です。
 
最近では、フラット・トランスファー・シリーズ(ステレオサウンド)で注目を集めた「テレサ・テン《ベスト盤》」と「小椋佳」3枚目のアルバム《彷徨(さまよい)》レコード盤で発売されます。
今回も期待の持てる逸品です。
なお、限定生産数は1,000枚の稀少盤になります。
 
 
【10月下旬~11月上旬に発売予定】
 
『テレサ・テン《ベスト盤》』
Photo  
収録曲
A 1.空港('74年/ポリドール版)
 2.アカシアの夢
 3.ジェルソミーナの歩いた道
 4.つぐない
 5.愛人
 
B 6.空港('84年/トーラス版)
 7.時の流れに身をまかせ
 8.スキャンダル
 9.別れの予感
 10.香港
 
 
そして、・・・・・
 
 
『小椋佳《彷徨(さまよい)》』
Photo_2  
収録曲
A 1.しおさいの詩
 2.春の雨はやさしいはずなのに
 3.雨が降り時が流れて
 4.木戸をあけて
 5.小さな街のプラタナス
 6.六月の雨
 7.この汽車は
 
B 8.白い浜辺に
 9.あの人がいってしまう
 10.少しは私に愛をください
 11.あいつが死んだ
 12.屋根のない車
 13.この空の青さは
 14.さらば青春
 
※共にオリジナルマスターテープ使用、重量盤180gでのリリースです。
 
◇2枚セット特別価格¥16,000(税込¥17,280)
 
詳しくはこちら
  ↓↓↓
 
 
まずは一聴、お試しあれ。
 
■㈱ステレオサウンドHP
 
■㈱ステラHP
 
 
 
     ◆◇◆ こちらも宜しく! ◆◇◆
       (こんな感じで営業中)
    http://www.dynamicaudio.jp/5555/1/
 
 
※  ご注文(お取り寄せ)販売で承っております  ※
※※ ソフトのご注文は下記まで、お気軽にどうぞ ※※
 
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
     1階はソフト&ハードのコラボ空間!
       是非、遊びに来て下さい!
      サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
     TEL:03(3255)2151/FAX:03(3255)2159
       担当:矢部(木曜日定休)
     【info_spd@dynamicaudio.co.jp】
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

2015年10月15日 (木)

★H.A.L.3 News★-4Fクローズ-

皆様こんにちわ

明日16日(金曜日)~18日(日曜日)まで、5555 4Fはマラソン試聴会に伴い、フロアーをクローズ致します。

16日(金曜日):搬入・準備

17日(土曜日):本番 担当島出番☆16:30~18:00☆

18日(日曜日):本番 天野出番☆15:15~16:15☆

※終日色々な担当者が出ております。詳しくは↓↓↓
第39回マラソン試聴会-Passion-

皆様のご来場を心よりお待ち致しております。

5555 4F 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555
 

|

2015年10月14日 (水)

中古品入荷のお知らせ・・・ LUXMAN「L-550AX」(売約済み)

Special_3

LUXMAN「L-550AX」中古品入荷しました!
   
Th_img_20150920_132629

Th_img_20150920_132913

2014年製。程度は良好、付属品はリモコン、電源ケーブル、取説です。中古6ヶ月保証付き。

LUXMAN「L-550AX」

http://www.luxman.co.jp/product/l-550ax
定価¥330,000(税別)
お買い上げありがとうございます!

上記商品のご注文、お問い合わせはken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00


|

中古品入荷のお知らせ・・・ LUXMAN「D-05」(売約済み)

Special_3

LUXMAN「D-05」中古品入荷しました!

Th_img_20150920_132453_2  
Th_img_20150920_132337
Th_img_20150920_133118

人気のSACDプレーヤー、2014年製。程度は良好、付属品はリモコン、電源ケーブル、取説です。中古6ヶ月保証付き。

LUXMAN「D-05」

http://www.luxman.co.jp/product/d-05
定価¥300,000(税別)
お買い上げありがとうございます!

上記商品のご注文、お問い合わせはken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00


|

2015年10月12日 (月)

ネットワークプレーヤーのグレードアップに・・・IO DATAの高音質NAS「fidata」のご紹介

Real_soundcheck_3

ネットワークオーディオの必需品であるNAS。オーディオ用として音質に拘りを持ったNASというと「DELA」が有名ですが、この度I-O DATAより「fidata 」が発売されました。I-O DATAはパソコン、家電用だけでなく「RockDiskNext」や「RockDisk for Audio」でコストパフォーマンスに優れ、高品位なNASを発売してきました。今回の「fidata 」は"Hi-Res.grade Network Audio Components"という想いを込めて制作したとのこと。1年前に試作機は完成していたそうですが、音質の吟味、チューニングを繰り返し
10月に満を持しての発売になりました。

http://www.iodata.jp/fidata/

Th_img_1366

内部ストレージにより2種類発売されています。

「HFAS1-H40」 定価¥320,000(税別)
2TBのHDDを2基ミラーリングで搭載、合計2TBのモデル。

「HFAS1-S10」 定価¥370,000(税別)

500GBのSSDを2基、合計1TBのモデル。

上記以外の使用は全て共通となっております。
筐体は底面には、2.3mm厚のベース鋼板、天板も
4.0mm厚のアルミ天板を装着し、振動に強く、安定感のある作りになっています。また仕上げは大変美しく、高級ネットワークプレーヤーと並べても全く違和感がありません。

Th_img_1368_2

リアパネルにはLAN端子は
「for Audio」と「for Network」の2系統、バックアップ用のUSB端子が用意されています。HUBを介さず直接ネットワークプレーヤーに接続できるのは嬉しいですね。また接続部分のLED は設定で消すこともできます。細かい部分ですが、確実に音に効いてきます。本当にシンプルで必要最低限のインターフェイスですが、逆にピュアオーディオ用という観点でみると非常に理にかなっていると感じました。

Th__20151012_150019


名前の変更、LEDのon/off、バックアップなどの各種設定は簡単に行えます。写真はLINN KONFIG上でアクセスした画面。この辺りもとても使いやすくできていてネットに取説も用意されていますが、読まなくても迷うことは少ないと思います。システムへの導入は非常にスムーズです。


試聴はSSD版の「HFAS1-S10」で行いました。電源を入れて30秒ほどで動作状態になります。ネットワークプレーヤーはLINNの「MAJIK DSM/2」、とても静かでクリアーな音場、大変上質で浸透力のあるサウンドです。一つ上の「AKURATE」かと思うようなキメの細かなサウンドを聴かせてくれました。CDをリッピングしたピアノのタッチが滑らかで、細かいニュアンスがよく出てきます。ヴァイオリンも粗さがとれ大げさにいうとシルキーになります。音の品位が上がると演奏もより真に迫ってくるのが分かりますね。これらは構造、電源、信号経路、パーツの全てによるものだと思いますが、全体として非常に音楽的なNASだと感じました。

ネットワープオーディオはプレーヤーが一番重要なのは間違いありませんが、HUBやLANケーブルも大切。NASもプレーヤーのトランスポートと思えばその重要性は言わずもがなですね。「fidata」は大手メーカーの製品だけあり音質以外の部分も非常に良くできています。安心の国産で高音質NASをお求めのお客様に是非お勧め致します。

今週末のマラソン試聴会で使用致します。
http://www.dynamicaudio.jp/marathon/39/

IO DATA fidata 「HFAS1-H40」
定価¥320,000(税別)

IO DATA fidata 「HFAS1-S10」
定価¥370,000(税別)



上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年10月11日 (日)

中古品入荷のお知らせ・・・PHASEMATION「CC-1000R」(売約済)

Special_3

PHASEMATION「CC-1000R」中古品入荷しました!

Th_img_1427

Th_img_1429

話題のフォノ信号のバランス伝送が可能なケーブルです。程度は良好、元箱、取説ございます。

PHASEMATION「CC-1000R」

http://www.phase-tech.com/product/cc-1000r.html
定価¥60,000(税別)
お買い上げありがとうございます!

上記商品のご注文、お問い合わせはken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00


|

中古品入荷のお知らせ・・・ACCUPHASE「ALC-10」(売約済)

Special_3

ACCUPHASE「ALC-10」中古品入荷しました!

Th_img_1420


アキュフェーズのXLRケーブルです。程度良好、本体のみになります。

ACCUPHASE「ALC-10」

定価¥16,200
お買い上げありがとうございます!

上記商品のご注文、お問い合わせはken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00


|

中古品入荷のお知らせ・・・AUDIOCRAFT「EX-100」(売約済)

Special_3

AUDIOCRAFT「EX-100」中古品入荷しました!

Th_img_1426

AUDIOCRAFTの1.0mのラインケーブルです。程度良好、本体のみです。

AUDIOCRAFT「EX-100
定価¥41,040(税込)
お買い上げありがとうございます!

上記商品のご注文、お問い合わせはken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00


|

B&W 新800シリーズ試聴しました!

Real_soundcheck_3

世界のスピーカーをリードし続けるB&Wの800シリーズが新しくなりました!

Th_img_1403

http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/800_Series_Diamond

D&Mホールディングス株式会社にて試聴させて頂きました。今回は外観も大幅に変わっておりますが、中身も全面的に刷新。変わってないところはダイヤモンドツイーター、ムンドルフのコンデンサー、スピーカーターミナルくらいとのこと。

Th_img_1401

長年採用し続けていたミッドレンジユニットの素材がケブラーからコンティニウムに変更になっております。手に取ったときのしなやかさが全く違います。

Th_img_1409_2    

新旧の聴き比べは805 で行いました。805diamondは当フロアーのリファレンスで最も売れたスピーカー。詳しくは展示してから行いますが、一聴して品位が上がっているのに気づきます。音の背景がグーンと静かに、音そのものもより滲みがなくなっています。空間表現も含めソースに非常に忠実になっていると感じました。

Th_img_1416

802D3もさすがでした。価格も上がりましたが、音質向上はそれ以上だと思います。

Th_img_1408_3

当フロアーは805D3/Bを導入致します。ご期待下さいませ!!

価格一覧です。(税別、1本)

802D3/MR ローズナット ¥1,700,000
802D3/B    ピアノブラック ¥1,800,000

803D3/MR                             ¥1,350,000
803D3/B                                ¥1,450,000

804D3/MR                              ¥730,000
804D3/B                                 ¥760,000

805D3/MR                               ¥440,000
805D3/B                                  ¥460,000

HTM1D3/MR                           ¥900,000
HTM1D3/B                              ¥950,000

HTM2D3/MR                            ¥660,000
HTM2D3/B                               ¥700,000

805D3用スタンド FS805D3   ¥140,000
HTM用スタンド FSHTMD3    ¥116,000


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年10月 9日 (金)

☆H.A.L.3 News☆-B&W800シリーズ「D3」-

☆H.A.L.3 News☆-B&W800シリーズ「D3」-

皆様こんにちわ!
新生B&W800シリーズの価格が本日発表となりました!
それに伴って、ご予約の受付を本日より開始となりました。

800d3

とはいっても音を聴かなければ…という所だと思います。
まだ、店舗に並ぶ製品達の入荷の目途がたっておりませんが、近々の内で皆様に音を聴いて頂ける場面では、弊社の秋の祭典「マラソン試聴会」にて、担当島と私天野が使用致します。

第39回マラソン試聴会「Passion」
2015年10月17日(土曜日)・18日(日曜日)
★B&W802D3出演内容
17日(土曜日) 担当島  16:30~18:00
18日(日曜日) 担当天野 15:15~16:15
★B&W803D3出演内容
18日(日曜日) 担当天野 15:15~16:15

※以上の公演内容の中の一部として新生B&Wをご紹介致します。

さて、店舗での展示は少々先になりますが、本日、聴くチャンスがありました。
天野のインプレッションを少しだけ書きたいと思います。

■「800Seriseダイヤモンドの後継機ではない」
今回のD3は800シリーズの系譜ではありますが、前期モデルとはほぼ全てが異なります。
部品的に同じ個所をあげると、ダイヤモンドツイーターのユニット部とスピーカーターミナルの部品、あと、ムンドルフのコンデンサーのみです。
ユニットの素材、形状、デザイン、筐体のデザインや素材、スパイクの仕様、フェーズプラグの存在、マトリックス構造の内部、至る所がこれまでのモデルとは異なります。
最も重要に感じられたのはミッドレンジのユニットです。これまではケブラーコーンユニットを使用してきており、それがB&Wの代名詞のように使われてきました。そのユニットを素材からガラッと変更したという事はB&Wの根底から変えてしまうようなものだと思います。
今回新しくなったユニットは「コンティニュアムコーン」と呼ばれるようです。詳しい素材等に関しては未だ公開されておりませんが、外観上ではアルミのようなシルバー系の素材が練り込まれた合材が使用されているようです。また、ケブラー同様に編み込みが採用されていますが、以前のケブラーコーンに比べると、かなり編み込みの密度がゆるくなっています。あそびがある分、しっかり組まれているケブラーに比べるとよりスムーズに駆動しているのかと感じました。

つまり、もしかすると、今回のラインナップの一新で最も恩恵を受けているのは805かも知れません。前モデル同様に800シリーズ、唯一のブックシェルフ型のモデルですが、ミッド・ウーハーをこのコンティニュアムコーンが採用しています。
その為、この部分の変更が最も影響してきます。前805(SD)と比べると、情報量が格段に上がっています。一音一音の粒立ちや各楽器のポジショニングがより正確に表現されます。

■「それぞれの製品の試聴レポート」
今回は限られた時間の中での試聴でしたので、一曲を一分ほど聴いて繋ぎ変えるという事になりました。それでも、各製品の特長はしっかりと出ていましたので、簡単にご紹介致します。

その①「旧805SD」
805
まずは聴きなれた805SDからスタートしました。やはり、聴きなれた音色でこれだけ聴いている分には「充分だ」という印象。まとまりが良く、情報量もしっかり出ています。

その②「805D3」
805d3
いよいよ新生800シリーズを聴きます。805SDに比べると、陰影と言いましょうか、音楽の凹凸がよりはっきりと表現されます。十分に思えた805SDが急にそっけなく思える程でした。また、音楽が軽く出ているようにも感じました。重さが無い音と言うわけではなく、音楽自体の質量はしっかり持ちながらも、難なく表現をしているようなイメージです。

その③「804D3」
804d3
当然の事ながら、805D3よりも低域の量感は増え、音楽の幅が広がります。低域が中高域を邪魔することなく、切れよく出てきます。しかし、本日の試聴ではオーディオボードのようなものは使っていませんでしたので、これはもっと改善の余地がありだと感じました。

その④「803D3」
803d3
今回の800シリーズで最も前モデルからの変更が大きかったモデルだと思います。
前作の803SDは804同様にウーハーと同じ筐体にケブラーコーンが配置されていました。これは海外からの要望で、シアター用に考案されたモデルだったとの事です。
それが、今回のモデルでは上位モデル同様に独立したヘッドユニットにミッドユニットが配置され、音質が格段に上がっています。情報量、表現力、音場感…。実力的には旧800シリーズの802SDに匹敵するものを持っていると思います。もちろん、表現の形が違うので、純粋に802SD=803D3ではありませんが、それだけ803D3の実力が高いと感じました。

その⑤「802D2」
802d3
今回は時間的なものもあって、万全とは言えない状態(セッティングやアンプ類)でじたが、ポテンシャルの高さは明確でした。下位モデルでも感じた粒立ちの良さや一音の明瞭度、ポジショニングはそのままに音の厚みや深みがグッと増します。特に好印象だったのは低域でした。これだけ量感があるのに、音崩れが無いのはなんでだろうと疑問に思ってましたが、少しだけベースが強く入っている音楽を流してくれました。低域のグリップ力が素晴らしく良い。これまでの低域ユニットはロハセルユニットと呼ばれ、とても高硬度ながらも軽量で、しなやかな動作をしていたものですが、今回のウーハーユニットはロハセル同様に軽量かつ、より高硬度の物質が採用され、さらに振動板自体の形状にも手が加えられました。その名も「エアロフォルムコーン」振動板の断面図が飛行機の翼のような形状をしている事からこの名が付けられたそうです。また、振動版だけではなく、ユニットを支えるバケット、ヘッドユニット、ツイーター部と、強度は向上し極限まで鳴きを押さえた設計になっています。その為、不要な音色は流さず、美味しい所を限界まで引き出すことが出来たのだと思います。このスピーカーを4Fのアンプ達で鳴らしたらどうなるのかと想像するだけで、鳥肌が立ちそうでした。


っと、本日の試聴ではここまでです。
皆様も、早くこの新800シリーズ「D3」を聴きたいと頃だと思いますが、店舗での展示はもうしばらく先になると思います。是非、17日18日のマラソン試聴会にご来場下さい。


H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

☆H.A.L.3 NEWS☆B&W 新シリーズD3 価格決定

B&W新シリーズの価格が正式に決まりました。

Bw802803photo

Bwprice
私が入社した当時はMATRIXシリーズがS3。
その後継モデルがNautilusシリーズ。
その後803、802、800がダイヤモンドツィーターを搭載し、シリーズが一新されました。
それから約5年を経てすべてのラインナップがダイヤモンドツィーターを搭載した、
Diamondシリーズということで統一されました。
そのDiamondシリーズ発売から約6年、待望の新シリーズが発売されました。
3世代目のダイヤモンドということで今回は「D3」ということでネーミングされております。
今回大きな注目ポイントとしては803 D3になるかと思います。
以前の803Diamondは805Diamond、804Diamondと兄弟にあたると思いますが、今回の8
03 D3は完全に802D3との兄弟分にあたると思います。
実際その価格は旧802Diamondよりも上がっており、旧800Diamondと新シリーズ802D3
が同じか価格という位置づけです。
今回展示品の入荷前にD&Mホールディングスの方で説明会があり、B&Wのことを一番
精通しております澤田氏にじっくり説明をいただきましたので、近々ホームページに
詳細はアップさせていただきます。(島)

お問い合わせはH.AL.3 島/天野まで

|

2015年10月 5日 (月)

天ノ視点-マラソン試聴会プログラム-

天ノ視点-マラソン試聴会プログラム-

Marason

皆様こんにちわ。
今回で39回目となるマラソン試聴会がいよいよ10月の17日・18日と迫って来ました。
今年は、私天野も単独でマイクを持たせて頂くことになっております。

出場時間は18日(日曜日)15:15~16:15です。
なんと、大トリの一つ前という大役を仰せつかりました!

数ある製品の中から、厳選に厳選を重ね、皆様にご紹介をしていきたいと思います。

今年の天野のプリグラムは大きく分けて二つに分かれます。

プログラム1:「新生B&W」
私天野的に2015年、最も大きなオーディオトピックスと思われるB&W800シリーズのNEWラインナップがいよいよ登場致します。
インターナショナルオーディオショウ2015で世界初お披露目となり、販売店としては最も最初に演奏を行うのがこのマラソン試聴会になるとの事でした。
今回私が使用するのは802D3と803D3の二機種です。比較試聴は行いませんが、これらの特徴をあの会場でいかに皆様にお伝えすべきかを考えました。特殊なアンプを使用するよりも、なるべく皆様に馴染みのあるアンプを今回は使用します。

使用製品:↓↓
B&W               803D3        定価\未定

新生B&W800シリーズもさることながら、今回は入力ソースとして、バッファローが手掛けているDELAを使用致します。使用の手軽さと音質の良さから各方面から注目を集めているDELA。先月発表されたMELCOの40周年記念モデルを使い、データ再生の可能性を探っていきたいと思います。そして、そのDELAと繋げるDACはdCSの新製品Rossiniです。製品個体の価格としては私のステージで最高額となるハイエンドDACです。
アンプは国産LUXMANのフラッグシップモデルを新生802D3で。ESOTERICのアンプで803D3を鳴らす予定です。

プログラム2:「New Nostalgic」
ここで使うスピーカーもB&W802です。と言っても新しいモデルではなく、生産が完了した802SDを使用致します。生産が完了した製品をなぜ使うのか…。それは802SDの新しい可能性が出てきたからです。それは「802SDマルチ駆動」。数十年前はマルチのシステムを組んでいる方はいらっしゃいましたが、今ではあまり見かけなくなりました。それだけ、マルチのシステムは難しく、また現行スピーカーシステムの完成度が高くなってきたのだと思います。この802SDマルチ駆動を可能にしたのは、LINNのEXAKTシステムがあって始めて完成しました。詳しい内容に関しては、是非会場に足をお運び頂ければと思います。

使用製品:↓↓
B&W          802SD(LINN EXAKT仕様)    定価\2,000,000(別)+α
LUXMAN         M-900u×4                        定価\4,400,000(別/台\1,100,000)

現在、このEXAKTを使用したマルチシステムを組めるスピーカーは世界中で3種類のみです。まずはこのB&W802SD、JBLS9900、そしてB&Wのノーチラスです。
更に販売店で聴く事が出来るのは、日本ではここだけ、世界中で見ても実演をしているところはとても少ないそうです。
マルチ駆動ですので、アンプは別途必要になります。今回はLINNの4chパワーアンプとLUXMANのステレオパワーアンプを計4台ご用意してみました。
懐かしくも、最新のシステムを使ったマルチシステムをお楽しみ下さい。

以上が、今回天野の実演内容になります。
一時間という限られた時間の中で行う為、音楽をF/Oすることになるかと思いますが、皆様に楽しんで頂けるように行って行きたいと思います。
皆様のご来場を心よりお待ち致しましております。


ダイナミックオーディオH.A.L.3 4F
天野
amano@dynaimcaudio
03-3253-5555

|

☆H.A.L.3 News☆第39回マラソン試聴会開催

Kv

毎年恒例のマラソン試聴会が今年も開催されます。

詳細はダイナミックオーディオトップページをご覧ください。

トップページはこちら

さて先行して皆様に私島のプログラムを事前にご連絡しておきます。

私のデモンストレーションは

日時:1017日(土) 16時半~18時となります。

テーマは

Japanese Passion」 & 「Passion for MUSIC!!」

PROGRAM.1
 「Japanese PassionTechnics~」

昨年発表し話題となったTechnicsのフラッグシップシステムをマラソン初お披露目。
オーディオ復活にかけたその思いを皆様に届けられるようなデモンストレーションを行いたいと思っております。
是非日本ブランドの情熱を感じ取っていただければ幸いです。

■システム

●スピーカーシステム Technics SB-R1  \2,696,000

●ネットワークオーディオコントロールプレーヤー Technics SU-R1  \838,000

●ステレオパワーアンプ TEchnics SE-R1  \1,580,000

今回ロビーにもTechnics製品の展示を考えております。

PROGRAM.2 「Japanese PassionTAD~」

H.A.L.3F 人気の国産ブランドTAD

9
月にはCD/SACD PLAYER TAD-D1000、及びTAD-2500MK2になり初お披露目となります。
スピーカーは昨年天野が使用しましたTAD-CE1を使用します。
ここでは同じ曲を使用し、CDSACD、ハイレゾとフォーマットによる違いもデモンストレーションを行おうかと考えております。

TAD
のサウンドを楽しむとともに、足さず引かずのコンセプトを持ったTADシステムで現代の音源の楽しみ方をご提案いたします。

■システム

●スピーカーシステム TAD TAD-CE1  +TAD-ST2 \1,780,000

CD/SACD プレーヤー   TAD-D1000MK2  \1,600,000


●ステレオパワーアンプ  TAD-M2500MK2  \1,680,000


PROGRAM.3
 「Passion for MUSIC!!」

このプログラムでは皆様の注目製品である新製品、B&Wの第三世代の

ダイヤモンドシリーズ

802D3

にスピーカーを固定して複数のアンプで演奏します。

まず国産代表としてESOTERIC社の今年の新製品 C-02XS-02

そしてH.A.L.3で人気の高いOCTAVEのセパレートアンプ「HP700&MRE220

音場補正機能をもったフランス生まれのTRINNOV AUDIOのプリアンプAMETHYST
そして音楽をより音楽らしく再生するConstellation audioのモノラルパワーアンプ「MONO 1.0」の組み合わせでご試聴いただきます。

またソースに関しましてはESOTERICCD/SACD PLAYERでのディスク再生。

TECHDAS
の新製品のアナログプレーヤー

Air Force Three

カートリッジは私の好きなカートリッジ ジャンアラーツのMC1

アームにはGRAHAMを使用したアナログ再生。

そして最近話題のデジタルミュージックライブラリーDELAの限定製品
DELA N1Z MELCO 40th Anniversary Limited Edition”をソースに
D/Aコンバーターは昨年同様NAGRAHD DACを使用したデータ再生

ここではディスクプレーヤー、そしてアナログ、ハイレゾまで多様化したソースをお楽しみください。

同時にアンプの個性、そしてB&Wの魅力を感じ取ってください、

今回もマラソン試聴会メンバーで一番多い製品群でマラソン試聴会を盛り上げていきます!!

是非ご参加ください!!

■システム

●スピーカー B&W 802D3  価格未発表

CD/SACD PLAYER ESOTERIC K-01X  \1,450,000

●プリアンプ  ESOTERIC C-02X  \1,400,000

●パワーアンプ ESOTERIC S-02   \1,400,000

●プリアンプ  OCTAVE HP700  +トランス入力 \1,848,000

●パワーアンプ OCTAVE MRE220  \2,700,000

●プリアンプ  TRINNOV AUDIO  AMETHYST  \1,800,000

●パワーアンプ Constellation audio MONO 1.0  \3,200,000

●デジタルミュージックライブラリー DELA HA-N1ZS10P

D/Aコンバーター NAGRA HD DAC WITH MPS \3,364,000

●アナログプレーヤー TECHDAS Air Force Three  \1,800,000

●アーム  GRAHAM Phantom ELITE  \300,000

●カートリッジ ジャンアラーツ MC1 Boron   \460,000

●フォノイコライザー Burmester 100 Phono EQ amplifier  \1,750,000

皆様のご参加心よりお待ち申し上げます。

H.AL.3 島 健悟

|

2015年10月 3日 (土)

中古品入荷のお知らせ・・・ MUSICAL FIDELITY 「X-LP」(売約済)

Special_3

MUSICAL FIDELITY「X-LP」中古品入荷しました!

Th_img_1356_2

Th_img_1357

ミュージカルフィディリティーのフォノイコライザーです。MM/MC装備。付属品は取説、電源です。程度は良好ですが、こちらの商品に保証はつきません。現状渡しになります。

MUSICAL FIDELITY 「X-LP」
定価¥48,000
お買い上げありがとうございました!

上記商品のご注文、お問い合わせはken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00


|

2015年10月 2日 (金)

SOUNDHOUSE 1F 中古品情報 10/2

なかなか良い天気が続きませんが、いかがお過ごしでしょうか?

本日は足早に、かつ写真がまだご用意できておらず申し訳ございませんが、中古品の最新入荷状況をご連絡致します。

・LUXMAN L-507uX 定価\464,400 ⇒ \302,400 売約済み

・LUXMAN L-505u 定価\232,200 ⇒ \129,000 売約済み

・marantz SA-11S3 定価\518,400 ⇒ \289,440 売約済み

・ifi audio iPurifier 定価\17,280 ⇒ \10,584 売約済み

・Nordost Blue heaven  USB2.0/1.0m 定価\30,240 ⇒ \12,960 売約済み

以上税込です。

詳細はまた後日UPしたいと思いますが、気になる商品がございましたらお気軽にお問合せ願います。

よろしくお願い致します。

***********************************************************************

お問い合わせは SoundHouse 大田 まで
mail /  ohta@dynamicaudio.co.jp

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »