« ☆H.A.L.3 News☆第39回マラソン試聴会開催 | トップページ | ☆H.A.L.3 NEWS☆B&W 新シリーズD3 価格決定 »

2015年10月 5日 (月)

天ノ視点-マラソン試聴会プログラム-

天ノ視点-マラソン試聴会プログラム-

Marason

皆様こんにちわ。
今回で39回目となるマラソン試聴会がいよいよ10月の17日・18日と迫って来ました。
今年は、私天野も単独でマイクを持たせて頂くことになっております。

出場時間は18日(日曜日)15:15~16:15です。
なんと、大トリの一つ前という大役を仰せつかりました!

数ある製品の中から、厳選に厳選を重ね、皆様にご紹介をしていきたいと思います。

今年の天野のプリグラムは大きく分けて二つに分かれます。

プログラム1:「新生B&W」
私天野的に2015年、最も大きなオーディオトピックスと思われるB&W800シリーズのNEWラインナップがいよいよ登場致します。
インターナショナルオーディオショウ2015で世界初お披露目となり、販売店としては最も最初に演奏を行うのがこのマラソン試聴会になるとの事でした。
今回私が使用するのは802D3と803D3の二機種です。比較試聴は行いませんが、これらの特徴をあの会場でいかに皆様にお伝えすべきかを考えました。特殊なアンプを使用するよりも、なるべく皆様に馴染みのあるアンプを今回は使用します。

使用製品:↓↓
B&W               803D3        定価\未定

新生B&W800シリーズもさることながら、今回は入力ソースとして、バッファローが手掛けているDELAを使用致します。使用の手軽さと音質の良さから各方面から注目を集めているDELA。先月発表されたMELCOの40周年記念モデルを使い、データ再生の可能性を探っていきたいと思います。そして、そのDELAと繋げるDACはdCSの新製品Rossiniです。製品個体の価格としては私のステージで最高額となるハイエンドDACです。
アンプは国産LUXMANのフラッグシップモデルを新生802D3で。ESOTERICのアンプで803D3を鳴らす予定です。

プログラム2:「New Nostalgic」
ここで使うスピーカーもB&W802です。と言っても新しいモデルではなく、生産が完了した802SDを使用致します。生産が完了した製品をなぜ使うのか…。それは802SDの新しい可能性が出てきたからです。それは「802SDマルチ駆動」。数十年前はマルチのシステムを組んでいる方はいらっしゃいましたが、今ではあまり見かけなくなりました。それだけ、マルチのシステムは難しく、また現行スピーカーシステムの完成度が高くなってきたのだと思います。この802SDマルチ駆動を可能にしたのは、LINNのEXAKTシステムがあって始めて完成しました。詳しい内容に関しては、是非会場に足をお運び頂ければと思います。

使用製品:↓↓
B&W          802SD(LINN EXAKT仕様)    定価\2,000,000(別)+α
LUXMAN         M-900u×4                        定価\4,400,000(別/台\1,100,000)

現在、このEXAKTを使用したマルチシステムを組めるスピーカーは世界中で3種類のみです。まずはこのB&W802SD、JBLS9900、そしてB&Wのノーチラスです。
更に販売店で聴く事が出来るのは、日本ではここだけ、世界中で見ても実演をしているところはとても少ないそうです。
マルチ駆動ですので、アンプは別途必要になります。今回はLINNの4chパワーアンプとLUXMANのステレオパワーアンプを計4台ご用意してみました。
懐かしくも、最新のシステムを使ったマルチシステムをお楽しみ下さい。

以上が、今回天野の実演内容になります。
一時間という限られた時間の中で行う為、音楽をF/Oすることになるかと思いますが、皆様に楽しんで頂けるように行って行きたいと思います。
皆様のご来場を心よりお待ち致しましております。


ダイナミックオーディオH.A.L.3 4F
天野
amano@dynaimcaudio
03-3253-5555

|

« ☆H.A.L.3 News☆第39回マラソン試聴会開催 | トップページ | ☆H.A.L.3 NEWS☆B&W 新シリーズD3 価格決定 »