« ☆H.A.L.3 NEWS☆-2015.9.24-2015東京インターナショナルオーディオショー見どころ | トップページ | 6F 土台を支えるモノ »

2015年9月27日 (日)

天ノ視点-TIASレポート-

天ノ視点-TIASレポート-

皆様、こんにちわ。
4Fの天野です。
今週25日から本日27日まで、国内最大級のオーディオショウ、東京インターナショナルオーディオショウが有楽町の国際フォーラムにて開催されています。
私も昨日行ってきて、新製品等を見てきました。

その中で私天野が独断と偏見で気になる製品をピックアップしてご紹介致します。

※価格や商品の詳細は記載しませんので、気になる製品がございましたら、是非天野までお問い合わせ下さい。

★B&W 800 Serise 「D3」
Img_0521 Img_0523_2
やはり今回のTIASで最も注目したいブースがB&Wを輸入しているD&Mホールディングスです。新生800Seriseが世界初お披露目され、整理券が間に合わないほどの注目度だったそうです。残念ながら、この場では音を聴く事が出来ませんでしたが、お客様の評価を聞くとかなり良かったとの事です。来月の17日・18日に予定している弊社マラソン試聴会では担当島と私天野が両日で使用致します。

★ESOTERICネットワークプレーヤー
Img_0539
皆様ご存じの国産ハイエンドメーカーESOTERICが満を持してネットワークプレーヤーを発表致しました。世界最高峰のメカニックVRDS-NEOを搭載したSACD/CDプレーヤーが有名なESOTERICですが、近年はアンプやプレーヤーに伴ったDACの開発が進んでいます。このネットワークプレーヤーの名前は「N-05」で定価が55万円です。K-05クラスのDACを搭載しているとの事ですので、対比とすれば、LINNであればAKURATEクラスが対象でしょうか。いずれにしても楽しみな製品です。

★JEFF ROWLAND Corus強化電源
Img_0536
JEFF現行のフラッグシッププリアンプCorusの強化電源が発表されました。
JEFFROWLANDのフラッグシッププリアンプと言えば、クライテリオンやコヒーレンスのように電源部が別筐体になっている製品が主でした。しかし、クライテリオンの生産が終了してから、新たなフラッグシップモデルの発表が待たれていましたが、おそらく、今後しばらくはコーラス+電源部がJEFFROWLANDのフラッグシップモデルとなると思われます。

★LINN New EXAKT スピーカー
Img_0537 Img_0538
LINNが提唱している新たなオーディオのスタイルEXAKT。最上位機種のKLIMAX EXAKTはフルシステムで800万円というものになりますが、今回発表されたスピーカーはもっと低価格帯のスピーカーで、適切にシステムを組むとおおよそ200万円程でEXAKTのシステムが完成します。製品の物量等を考えるととてもスマートなシステムを作ることが出来ます。また、今回のスピーカーはジャケットの付け替えが出来ます。お部屋のカラー等にあわせて着せ替えをして頂けるのも魅力的です。今回は定価185万の製品と135万円のシステムの二機種が登場しています。

★Sonufaber Chameleon
Img_0514 Img_0515
かつてのエントリーモデルで人気を博したTOYシリーズの後継に位置するスピーカーです。LINNの新製品同様に側板に変更が可能です。まだ音は聴いていませんが、とてもおしゃれなスピーカーです。メインシステムはもちろんですが、寝室等のサブシステムとしても面白いかも知れません。

★Chord Electronics DAVE(デイブ)
Img_0508
人気メーカChordがフラッグモデルのDAコンバーターを発表しました。ポータブル型DACのHugo、その上位機種HugoTT、そして今回のDAVE。過去の名機DAC64やQBD76と同様の形状をしておりますが、専用スタンドを装着することによって、より、製品が引き立ちます。これまでは、同型のCDプレーヤーを使う事を前提に作られていましたが、今後はディスクメディアではなく、データ再生が主流になる事を見越しているのかも知れません。

★ENIGMAcoustics ヘッドフォン&ヘッドフォンアンプ
Img_0512 Img_0513_2
高品位スーパーツィーターのソプラニーノが登場しH.A.L.3の各イベントで使用してきたENIGMAcousticsですが、今回のTIASで発表されたのはヘッドフォンアンプとヘッドフォンでした。価格や音色は残念ながら調べる事が出来ませんでしたが、とても気になる製品です。

★lumen white
Img_0543
ここ数年間、日本の輸入が行われていなかったルーメンですが、おおよそ5年の期間を経て、新たに新製品を発表しました。美音系スピーカーとして極地に至ったとまで言われるwhite lightがwhite light anniversarとして登場致しました。マラソン試聴会では担当川又が使用を予定しています。興味ある方は是非!



他にも、フューレンコーディネートではOCTAVEの新製品V80SEが発表されていたり、YAMAHAはかつての名機NS1000を彷彿とさせるハイエンドスピーカーを作ってきたりしていましたが、ブースが満員で入れない所もちらほら…。
それだけ賑わっているという事は良い事ですね。


4FH.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« ☆H.A.L.3 NEWS☆-2015.9.24-2015東京インターナショナルオーディオショー見どころ | トップページ | 6F 土台を支えるモノ »