« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

6F 展示品紹介

どうもこんにちは。
 
入口のシステムを一新してみました。
Burmester
     『099
     『036
Mewon  『SS-006
 
先日まで061だったのですが、少しの間102になっています。
 
036はほぼ正方形ですが(ターミナル除く)、少し大きいので
ラックに入れる際は寸法チェックをお勧めいたします。
 
小型な方ですが、駆動力はあります。
派手な印象はない音ですが、中毒性がある音を出す
メーカーですね。
 
リボンツィータとの相性はGOODです!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2015年6月27日 (土)

★H.A.L.3 News★15.06.27

Dr.Feickert +ARMのシステムでカートリッジを選ぼう

P1020655

 625日~下記のスケジュールでDr.Feickertのモデルを用意いたします。

6/27(土)    6/30(火)   BLACKBIRD  + SME 3012R

7/7(火)  ~  7/15(水)   WOODPECKER + SME M2-12R

7/22(水) ~ 7/30(木)    FIREBIRD    + AXIOM

 <Dr.Feickert>

BLACKBIRD
     \1,100,000

WOODPECKER
   \780,000

FIREBIRD
        \1,800,000

代理店のページはこちら

<acoustical systems>

AXIOM
   \1,900,000

代理店のページはこちら

<SME>

M2-12R  \460,000

代理店のページはこちら

さてDr.Feickertの魅力を感じていただきたいということもございますが、

今回ご用意した各モデルのはアームはSMEacoustical systemsとな
りますが、いずれもユニバーサルアームとなります。

そうしますと比較的容易にカートリッジの交換ができます。

P1020654 P1020653

今現在H.A.L.3でご用意しているカートリッジとしては

LYRA SKALA  \352,000

MY SONIC LAB EMINENT GL \350,000

●MY SONIC LAB  HYPER EMINENT \460,000(期間限定展示)

●MY SONIC LAB  ULTRA EMINENT \550,000(期間限定展示)

メーカーサイトはこちら

ortofon CADENZA BLACK \225,000

代理店サイトはこちら


ZYX   R-100 \120,000

代理店サイトはこちら


DENON  DL-103 \35,000

メーカーサイトはこちら


●ベンツマイクロ ACE SM \135,000

代理店サイトはこちら

こちらでご用意ない製品でもメーカーデモ品のスケジュールがつけば
ご用意は可能です。

カートリッジの比較試聴はなかなかできないと思いますが、もしカート
リッジのご検討中のお客様でご試聴ご希望、また比較希望の方は
是非この機会にリクエストいただければと思います。
上記製品以外の追加リクエストは2メーカー、もしくは2モデルまでに
させていただきます。

 また試聴用ディスクは必ずご持参くださいますよう申し上げます。

それでは、皆様からのお問い合わせお待ちしております。  

H.A.L.3 /天野  (名前をクリックするとメーラーが開きます)

|

2015年6月26日 (金)

LUXMAN「L-590AXII」展示しました!

Real_soundcheck_3

LUXMAN「L-590AXII」展示しました!

http://www.luxman.co.jp/presspro/l-590ax2


Th_r0013350

「M-700u」と同等の
LR独立80,000μF大容量ブロックコンデンサーを搭載した強力な電源部に「 C-900u」のディスクリートバッファー回路とセパレートアンプの設計思想、パーツを随所に投入し、一体型の枠を超えた音質とドライブ能力を得ています。

Th_r0013358

前作との外観上の違いはメーター周り金色の枠と「MARKII」の文字の2点、外見もスペックもほぼ同じというところに逆に音への自信を感じます。

発表時に聞かせてもらってはいますが、本当に上質なサウンドです。くっきり、はっきりでも甘くもなく、音楽を聴いて作り込んでいるのが分かる見事なバランス。クリアで解像度は高いものの楽器の質感はあくまでも自然です。
ラックスマンのフラッグシップアンプに相応しい音質に仕上がりの「L-590AXII」を是非お聴き下さいませ!

7/2(木)には試聴会も行います。詳しくはこちら↓

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2015/06/72luxman-l-590a.html


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

DYNAMIC AUDIO 5555 Monthly Hi-Fi 2015 来月はラックスマンを取り上げます!

Ffusj6fk
DYNAMIC AUDIO 5555 Monthly Hi-Fi 2015 第六弾テーマ決定!!


Dyna5555では4年前から毎月テーマを決めて世界中のハイファイ・ブランドを
全館プロモーションとして展示・試聴を推進して来ました。今月末まではLINNを取り上げておりますが、7月からは「LUXMAN」を取り上げます!

■実施期間:7月1日より8月20日までダイナミックオーディオ5555 1F~6Fにて

■LUXMANの全てが各フロアーにて様々なスピーカーにて試聴出来ます。

2Fの展示モデルは・・・「L-505UX」「L-550AX」「L-507UX」「L-590AXII」「LX-32U」「PD-171AL」「D-06U」「C-700U」「M-700U」「CL-38UL」「MQ-88UL」という豪華なラインナップを予定しております。

また7/2(木)はL-590AXIIの試聴会、7/17(金)は「CL-38UL」「MQ-88UL」の試聴会を行います。試聴会の詳細に関しましてはまたご連絡致します。こちらも是非ご期待下さいませ!

590ax2b

ご予約はメール(ken@dynamicaudio.co.jp)もしくは、お電話 03-3253-2001(フロアー直通電話)にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

☆H.A.L.3 News☆-匠ラック-2015,6,26-

☆H.A.L.3 News☆-匠ラック-2015,6,26-

「匠」とは、北海道旭川に工場を持つ特注家具メーカーです。
ダイナミックオーディオでは、数年前に展示用のラックを作りました。。
この匠のラックを展示現品として放出致します。

匠(縦ラック) ¥特注の為定価無し(25万円相当)
展示現品160,000(別)

Takumi1 Takumi2_2 Takumi3 Takumi4

Photo_2

柿ノ木坂 匠 目黒通り店web

特徴は鉄釘類を何も使用していない事。緻密な設計と製作が施されています。
余計な響きは無く、とても素直に製品の音色を出してくれます。
この製品は突板で仕上げられていますが、カラーはメープルかオークに近い白木の仕上げです。
重量は正確な数値はございませんが、持った所20kg~25kgという所です。
お買い求め時にはキャスターを付けておりますが、実際に使用される際にはキャスターは外し、直に床に置いて頂くか、別途インシュレーターを使用されることをおすすめ致します。
背面にはケーブルをまとめる管が通っておりますので、配線等はある程度隠せます。

現在、ダイナミックオーディオでは4台を保有しています。数年使用しているため、個体によって使用傷等があります。ご来店頂ける方は状態を確認して、先着にてご成約頂きます。

重量物の為、送料が別途必要になります。※地域によって異なる為、配送をご希望の方は、別途お見積りをさせていただきます。

在庫状況等、お気軽にお問い合わせ下さい。

4F H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2015年6月25日 (木)

★H.A.L.3 News★-超金利クレジット-

★H.A.L.3 News★-超金利クレジット-

皆様こんにちは。
秋葉原は気持ちの良い初夏の晴天が広がった一日になりました。

さて、現在、ダイナミックオーディオでは、中古品に限定した特別金利によるクレジットキャンペーンを実施しています。その名も…

Photo_2

「中古限定 超金利キャンペーン」

中古と言えども、ハイエンド製品は値の張る製品が多くあります。
でも、これを逃したらいつ中古市場に出てくるか…
回数は30回(2年半)~84回(7年)になります。


■ダイナミックオーディオUSED
■H.A.L.3 USED Item


詳しい内容に関してはメール・もしくはお電話にてお問い合わせ下さい。
・お名前
・ご連絡先
・ご希望の製品
・ご希望回数

迷われている方、このチャンスをお見逃しなく!

H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp

|

2015年6月23日 (火)

6F Grandioso S1

どうもこんにちは。
蒸し暑くなってきましたね~
 
本日ご紹介するのはこちら。
Esoteric
ようやくデモ機がまわってきました。
写真の左側の製品です。
※右は『Grandioso M1
 
登場まで、M1の音を聴いておこうということで朝から鳴らしていました。
 
M1は片chが62kgあります。筐体も小さく47kgと軽い(?)S1の前に
聴き慣れてしまうのは問題ありそうだな~と思っていました。
 
S-02との比較勉強会で聴いてはいたのですが、プリも同時に
繋ぎかえていたので、Grandioso C1を素晴らしいプリと認識している
私にとってプリが上位機種になってるからな~くらいの印象でした。
 
やっとこさS1が届き、寝違えた首が痛いながらも1人で設置できる
重さなので左右にパワーアンプがある場所に設置。
ここで幅がM1にくらべて5cm程小さいため手がすんなり入りました。
 
奥行きも4cm程押さえられていて、CDやプリと同じラックに
収められるよう配慮された製品になっています。
 
いざ、本領発揮した状態のM1から届いて冷たいS1に切り替えます。
ガッカリ…しませんでした。
しかしここは我慢。1時間程、放置してから聴きました。
 
なんの試聴にせよ、必ず最初に聴くディスクがしっとりしたピアノと
ボーカルの組み合わせ。
どうやらこのS1は18WまではA級動作をするそうです。
M1は常にAB級動作
実際スピーカから音を出す時の18Wは、わりと大き目の音量です。
つまり、そんなに音量あげないよ~という方はほぼA級動作のアンプに
なるのでしょうね。
 
M1は整然とした空気の中、1つ1つの楽器が際立ったなり方です。
それは電源にも余裕は当然ありますし、ある意味ESOTERICが築いてきた
方向性に通ずる音作りだと思います。
 
S1M1に比べてたくさん制限があります。
Grandiosoのステレオパワーを開発しています!
その言葉にM1の裏のパネルを替えて2ch分のボード入れたら完成じゃん。
と浅はかに考えていましたが、結果として発売されたのは
サイズも内容も全く違う製品でした。
ステレオパワーを設置する方の環境を考え、
恐らくラックに入れたい人が多いのではないか。
 
何もかも新設計のステレオパワーアンプは多くの制限の中、
単なる廉価版にはしない努力が音として現れたと思います。
 
さりげなく主張する温度感は、それはそれで絶妙な調和が
あるように感じられます。
線もしっかりしていて、力強さを感じます。
得意の正確さを活かしながら、音楽性のあるアンプだと思います。
 
M1買えるけど、S1を2台買うっていう選択肢も出せる
製品だと思います。
 
期間限定展示です。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

2015年6月22日 (月)

試聴会のお知らせ・・・7/2(木)LUXMAN 「L-590AXII」発売記念試聴会開催!

LUXMAN 「L-590AXII」
発売記念試聴会開催!


590ax2b              

ラックスマンのフラッグシッププリメインアンプが更に進化して登場!「L-590AXII」・・・電子制御アッテネーターLECUA+ODNF最新バージョン4.0搭載、電源とプリアンプ回路を大幅に強化しました。今年創業90周年を迎えるラックスマンのフラッグシップモデルにふさわしい音質となっております。

今回の試聴会では前作「L-590AX」との比較、どのように進化したのかをラックスマン小島氏による解説とともにお届けいたします。また個性の異なるスピーカーで「L-590AXII」の持つ音楽性、ドライビリティーをじっくりとご体験頂こうと考えております。音源はCD/SACDに加えハイレゾ音源もご用意致します。是非ご参加くださいませ!

■使用機器(予定)
SACDプレーヤー LUXMAN「D-06u」
プリメインアンプ LUXMAN 「L-590AXII」「L-590AX」
スピーカー JBL「S4700」  、Vienna Acoustics「Beethoven Concert Grand」

■日時:7月2日(木曜日)
     19時~20時30分
     
■解説:ラックスマン株式会社 小島氏

■場所:ダイナミックオーディオ5555 
    2F サウンドハウスフロアにて

■定員:15名 
(予約制とさせていただきます。)

ご予約はメール(ken@dynamicaudio.co.jp)もしくは、お電話 03-3253-2001(フロアー直通電話)にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

八ヶ岳高原音楽堂にダイナミックオーディオが登場

この夏、いつもの秋葉原を飛び出して、

八ヶ岳高原音楽堂にダイナミックオーディオが登場します。
Photo
過去には、リヒテルや武満徹、キース・ジャレットなど、錚々たる音楽家たちが
演奏を行ったこの場所で、期間限定でオーディオ装置のセットアップと再生を行います。澄んだ空気のなかでどんな音楽再生ができるか、我々も今から楽しみです。
東京からはちょっと遠いですが、入場は無料です。
自然と音楽をどうぞお楽しみください。
8月8日(土)・9日(日)
午後2時〜午後4時
八ヶ岳音楽堂にて
入場無料

|

★H.A.L.3 News★-LUXMAN試聴会 90th Anniversary in H.A.L.3-

★H.A.L.3 News★-LUXMAN試聴会 90th Anniversary in H.A.L.3-

Luxev_logo

日時:2015年7月11日(土曜日)13:30~15:45(休憩15分)
場所:Dyna5555 4F 試聴室内
定員:18名
ゲスト:LUXMAN 小島氏 相田氏

今年90周年を迎えるLUXMAN。
ダイナミックオーディオはLUXMANの製品は長く扱っており、とても重要なパートナーです。ダイナミックオーディオも今年で創業50周年を迎えますが、それよりも長い90周年という一世紀に届く膨大な時間、オーディオを作ってきたという素晴らしいブランドです。日本のみならず、世界各国にジャパンメイドの素晴らしさを広めてくれたメーカーではないでしょうか。

ここDyna5555 4FH.A.L.3では、現在LUXMANのフラッグシップモデルのSACD/CDプレーヤーD-08u、プリアンプC-900u、パワーアンプM-900uを展示しています。

そして、7月1日から8月10日まで、Dyna5555では恒例のマンスリーとして、LUXMANを特集致します。

90周年記念モデルも発表される等、今、ノリにノッているLUXMANを楽しんでみませんか?

「LUXMAN試聴会 90th Anniversary in H.A.L.3」

■第一部「新製品にみるLUXMANの歴史」
90周年モデルとして発表されたCL-38uLimitedとMQ-88ulimited、さらにフォノイコライザーのEQ-500。これらに共通するのは何か。それは「真空管」です。なぜLUXMANが90周年モデルの真空管アンプを発表したのか、LUXMANの真空管に対する想いを含めて新製品の魅力を語って貰います。

■第二部「セパレートアンプの真髄」
LUXMANは現在、2ラインのセパレートアンプを販売しています。
ここH.A.L.3ではフラッグシップモデルのC-900uとM-900uを常設して展示しています。しかし、お客様の中にはC-700uとM-700uとの差を気にされる方も多くいらっしゃいます。皆様の中にも、気になっている方はいらっしゃるのではないでしょうか?
第二部では、700ラインと900ラインの比較試聴、そして、プリアンプ/パワーアンプの変化の仕方について試聴を行ってみたいと思います。
更に、LUXMANの忘れてはならないSACD/CDプレーヤーもD-08uとD-06uの二機種を試聴してみましょう。


お申込みは以下まで↓↓↓
4FH.A.L.3 島 shima@dynamicaudio.co.jp
4FH.A.L.3 天野 amano@dynamicaudio.co.jp
電話番号:03-3253-5555

メールでのお申込みの方は、下記の内容をお送り下さい。

「LUXMAN試聴会参加希望」
お申込み者:
お電話番号:
ご予約人数:

皆様のご参加、心より、お待ち致しております。
H.A.L.3天野

|

2015年6月20日 (土)

TANNOY「KENSINGTON/GR」BRODMANN「VC7」展示しました!

Real_soundcheck_3


Th_r0013335

TANNOY「KENSINGTON/GR」とBRODMANN「VC7」を展示いたしました!個性は違いますが、どちらも楽器的な鳴りの良さを持っています。是非お聴き下さいませ!

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

昨夜はイベント「20世紀の交響曲」を行いました!

Soundhouse

昨夜は音楽家小室敬幸氏をお迎えしてイベントを行いました! 

Th_r0013348

20世紀の交響曲にスポットを当てた今回のイベントいかがだったでしょうか?ハイドン、ベートーベン・・・マーラーを経て現代へと続くシンフォニストたちの流れ、また、それぞれの作曲家が先人、そして時代の影響を自分の作品にどのように取り入れ、あるいは対抗してきたかを曲を聴きながら解説していただきました。前回同様ディープな内容、90分ではとても時間が足りなかったという反省もありますが、新しい音楽との出会いにつながれば何よりです。

ご来場頂きましたお客様、誠にありがとうございました!

上遠野 
ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年6月17日 (水)

今週金曜日はイベントです!・・・テーマは「20世紀の交響曲」

6/19の金曜日に音楽家小室敬幸氏を再度お招きし、ユニークなイベントを行います!テーマは「20世紀の交響曲」です。

Soundhouse

交響曲といえば、なんといってもハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典派であり、その後はシューベルトから マーラー、せいぜいシベリウスまで、18世紀から20世紀初頭までだと思っていませんか? しかし、20世紀にも数多くの交響曲が作曲され、いくつもの傑作が残されています。

20世紀という激動の時代のなかで、「交響曲」というジャンルに作曲家がどのように立ち向かい、作品を残してきたのか? 年代別の傾向を探りつつ、それぞれの時代の名曲をお聴きいただきます。

【序】そもそも交響曲とは?
【第1部】1900~20年代「ロマン主義の残影/モダニズムの興隆」
【第2部】1930~40年代「非ロマン主義の交響曲&戦争交響曲」
【第3部】1950~60年代「前衛の時代/交響曲の不作」
【第4部】1970~80年代「新ロマン主義&ポストモダン」
【第5部】1990年代以降「交響曲の未来」
今後、交響曲は過去の遺物となってしまうのか? それとも今後も重要なジャンルと成りうるのか?皆さまと共に考える90分のイベントです。是非お気軽にご参加ください。

※再生する曲はほぼ抜粋になりますので、試聴会というよりはレクチャー的なイベントになります。

日時: 6月19(金)19: 00~20 :30、最終退店21時
場所: ダイナミックオーディオ 5555 2F
定員: 15名(要予約)
解説: 小室 敬幸氏
担当: ダイナミックオーディオ 上遠野


ご予約はお名前、ご連絡先お電話番号をお書き添えの上、メール(ken@dynamicaudio.co.jp)お電話 03-3253-2001(フロアー直通電話)にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。


上遠野 
ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年6月15日 (月)

BRODMANN「VC7」で「SPACE OPTIMISATION」!

Real_soundcheck_3

4月にBRODMANN「VC7」を納品させて頂いたA様より「SPACE OPTIMISATION」を試したいとのご要望を頂きました。「あのスピーカー、マイナーだからどうせ後でしょう。待ってられないから」とのこと。対応スピーカーはどんどん増えてはいるもののBRODMANNというと・・・確かにそうかもしれません。BRODMANNは、ユニットが両サイド、しかも低域はホーンレゾネーターによる再生という個性的なスピーカーです。現在OPTIMISATIONに対応しているスピーカーで近いものが1つもないという心配はありましたが、やってみると結果は効果は大でした。

Th_img_1812

久しぶりの「VC7」抜群に美しいです!毎日鳴らし込みをしながら位置を調整され、ニアフィールドでも、音の密度、艶やかさを感じる魅力溢れるサウンドに進化していました。
DSM納品当初は戸惑われていた操作、リッピングもすっかり慣れ、「PCからのYOUTUBEの音が凄く良いんですよ」と音楽ライフを満喫されているご様子です。早速、お部屋を測り、KONFIG上に打ち込んでいきました。お部屋は一般的なマンションのリビングで、スピーカーの後ろが大きな2重のガラス窓になっています。かなり音に影響があると思われます。先日のアップデートでこの部分も指定できるようになりました。入力を全て終え、スピーカーは仮で「KOMRI」にして、OPTIMIZATIONを実行しました・・・?変化しません。波形もフラットのまま。慌てて入力を見直すと窓の高さの小数点がずれていて、1.755mのところを175.5mにしていました。失礼いたしました。再入力後はヴォーカルが小さくなりベースも滲みが薄れてクリアになりました。

Th_img_1854

次にスピーカーを変えて聞いてみました。大きさが近いもので「KOMRI」から「AMATI ANNIVERSARIO」「802SD」「800SD」「HELICON800MK2」と試しました。OPTIMISATIONは部屋とスピーカーの置き場所の違いが大きいと思ってましたが、結構変わるものです。面白いのがそのスピーカーの個性が感じ取れるような気がするところ。802SDの時はA様「これはさらっとしてますね」とおっしゃっていました。あれこれ話しながら試聴している中で、私とA様が「これですね!」となったのがDALIの「HELICON800MK2」、明るく楽しく聴けるのです。これも暫定なのですが、これでもOPTIMISATIONの良さはちゃんと感じられました。

Th_img_1798_2

アナログでも試聴。しっかり効果が出ていました。DS、HDMI、インターネットラジオ、フォノイコライザーとDSMを
 フル活用されていらっしゃるA様もOPTIMISATIONによる新たな進化に大変感心されておられました。本当にありがとうございました!BRODMANNのスピーカーも早く加わると良いですね。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

★H.A.L.3 News★-802EXAKT-

★H.A.L.3 News★-B&W802SD/LINN EXAKT-

皆様こんにちは。
現在、ダイナ5555ではスコットランドの名ブランドLINNとタイアップを行って各フロアにLINN製品を充実させていますが、ここ4FH.A.L.3はリファレンススピーカーであるB&W802SD/BのLINN EXAKT化を行ってみました。国内としては初の試みになり、お客様はもちろん、当社スタッフも興味が高まっています。

さて、ではこのB&W802SD LINN EXAKT(以後802EXAKT)についてご説明をしていきましょう。

■EXAKTとは?-LINNwebサイト-
まず、このLINN EXAKTについて簡単にご説明をしていきたいと思います。
EXAKTはLINNが提案する新しい形のオーディオスタイルです。LINNは皆様ご存じの通り、DSによってネットワーク再生を可能にしました。インターネット上で配信されている音楽をデータとして手に入れる事が出来る昨今において、CDやレコードといった媒体を通すことがないという事は音質に関係する余分な手間が省けるわけです。更に、プレーヤー、アンプとオーディオ製品の中でも機器や接点が増えることによってひずみや位相のずれは生じます。それをユニットの直前まで、デジタルで処理を行う事によって、最少のひずみや位相の特性を得ることが出来ます。更に、スピーカーやお部屋の特性に併せてOptimisation(最適化)させることが可能になりました。このSpace Optimisationという機能はLINN EXAKT Systemはもちろん、LINN以外のスピーカーも適用できるように、現在LINNが各スピーカーの設定を行っています。2015年6月現在100種類以上のスピーカーが適用になっています。

■Space Optimisation-LINNwebサイト-
EXAKTの機能の一つです。お部屋の形状は人にって異なります。スピーカーも人によって異なります。それぞれ異なった環境で鳴らした場合、すべてが最高の音色になるとは限りません。その為、皆様試行錯誤をしてご自身の最高の音を目指します。しかし、それにも限界があります。オーディオルーム等をお持ちであれば、ある程度詰める事が出来ますが、それでも限界があります。このSpace OptimisationはLINNが測定をしたスピーカーであれば、そのスピーカーを基準にお部屋の環境等を任意で打ち込み、最適化させることが出来ます。理想的なお部屋、理想的なスピーカー位置にスピーカーが無くとも、その環境下における最高の音楽を楽しむことが前提に作られました。

■802EXAKT
上記のようにEXAKTには二つの大きな利点が生まれました。DS機能を使ったフルデジタル伝送による低歪み、高位相特性。Space Optimisationによる、環境&スピーカーへの最適化。このうちSpace Optimisationに関しましては、DSユーザーでLINNが測定を終えている(Konfig上で表記される)製品に関しては適用されます。しかし前者はEXAKTの最も優位な点であり、LINN EXAKT Systemだから可能になった領域の機能です。
しかし、LINNとしては他のシステムでも、この機能を限りなく良い環境で使って欲しいという想いから、他社スピーカーのネットワークを使わずに、LINNのEXAKT BOX(チャンネルデバイダー)を使って、限りなくEXAKTSystemに近づけることが可能になりました。しかし、現在、LINN以外のスピーカーでそれが可能なのは世界中で2機種のみです。B&W 802SDとB&W オリジナルノーチラス。まず、オリジナルノーチラスは言わずと知れたB&Wの伝説級の最高位スピーカーです。ご存じの方、もしくは使用されている方であればご承知だと思いますが、ノーチラスはネットワークを持たず、外付けのチャンネルデバイダーを使用します。その為、今回のEXAKT化においては理想的なスピーカーと言えます。興味ある方は是非お問い合わせ下さい。
さて、今回、4FH.A.L.3が行ったのはB&W802SDをEXAKT化しようという試みです

STEP1「ネットワークをスルー」
P1020603 P1020604
802SDはノーチラスとは異なり、ネットワークを内蔵した通常のスピーカーですので、まずはこれを通さない仕様にする必要があります。802SDのネットワークはスピーカー底面部の中にあります。通常使用している時は開ける必要がまったくない場所です。さて、このネットワークに接続されている各ユニットのケーブルはハンダで止められていますので、ニッパーで切ります。このシステムを元に戻す場合は新たに半田を行う必要があります。
そして、現在ついているターミナルを全て外し、LINNから送られてくる特性ターミナルを装着させます。通常はバイワイヤ仕様に四本ですが、この場合は各ユニットごとにアンプを接続しますので、片CH計8本のターミナルが着くことになります。それら8本のターミナルと各ユニットから出ているユニットのケーブルを圧着で繋ぎます。写真ではネットワーク自体を本体から外していますが、本来はこれを付けた状態で格納します。

STEP2「アンプ」
P1020606
LINNのEXAKT BOXを使い、各チャンネルごとのアンプへ信号を送ります。その為、計8chの出力を必要とします。全てステレオパワーアンプで揃えた場合は計4筐体、全てモノラルパワーアンプで揃えた場合は計8筐体のパワーアンプが必要になります。今回4Fではウーハー×2部分にKLIMAXTwinを使用し、ミッドレンジとツイーター部分にはAKURATE4200という4chパワーアンプを使用しましたので計3筐体のパワーアンプになりました。もちろん、ここのアンプの良し悪しによっても音質は変わります。更にケーブルも必要に応じて増やして頂く必要があります。
これが、現在ノーチラスを使用している方はそのまま流用する事が出来ますので、802SDのEXAKT化よりも単純な話になります。

STEP3「EXAKT Space Optimisation」
物理的なセットアップはこれでほぼ終了になります。
この後に諸々のLINNのセットアップが始まります。
・DSのセットアップ
既にDS(もしくはネットワークプレーヤー)をお使いの方は必要ありませんが、ネットワークプレーヤーにてデータ再生が出来るようにするために、ネットワーク環境の構築や各種設定を行います。
・Space Optimisationの設定
スピーカーの選定、お部屋の形状や素材の設定、スピーカー位置の設定等を行い、環境にあった最適化を行います。


以上が主だったセットアップになります。
しかし、これらのセットアップは全て私達とメーカー担当者で行います。
お客様には音楽を楽しんで頂くだけです。


■B&W802SDをEXAKT化させる為には何が必要なの?
現在、EXAKTが使用できるLINN製品は計8種類あります。
□DS
・KLIMAX DS/K \2,400,000
・KLIMAX DSM \2,600,000
・KLIMAX EXAKT DSM \1,600,000
・AKURATE DS/K \900,000
・AKURATE DSM \900,000
・AKURATE EXAKT DSM \650,000
・MAJIK DS \350,000
・MAJIK DSM \500,000
□EXAKT BOX
・KLIMAX EXAKT BOX \1,700,000
・AKURATE EXAKT BOX \700,000
□LINN製スピーカーターミナル
価格未定

今回、4Fに来ている製品はKLIMAX DSMとKLIMAX EXAKT BOXです。
現在、上記いずれかのモデルを使用している場合は、EXAKTBOXを追加して頂ければ、システムとしては出来上がります。(※旧製品を使用している場合は有料のバージョンアップが必要になります。現在お使いのバージョンが分からない場合は担当販売店にお問い合わせ下さい)

また上記にも書きましたが、各ユニットを鳴らす為のアンプとケーブルが必要になります。

例)現在のシステム:CDプレーヤー+プリアンプ+パワーアンプ+802SDのシステムの場合
DS製品+EXAKT BOX+必要ch分追加パワーアンプ+必要ch分ケーブル+LINN製スピーカーターミナル(価格未定)+802SD
Exakt802

以上が802EXAKTの簡単な概要です。
もし、このブログをご覧になって興味をもたれたら、是非4Fまでお問い合わせ下さい。
期間中はご試聴も承っていますので、東京近郊の方は是非、お立ち寄り下さい。

H.A.L.3天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2015年6月14日 (日)

LINN 「MAJIK DSM/2」の「SPACE OPTIMISATION」とトレードインプロモーション!

Real_soundcheck_3


Th_r0013331_2

LINN 「MAJIK DSM/2」「MAJIK140」の組み合わせで「SPACE OPTIMISATION」を行いました!

20150612_161043_2  

まずはスピーカーの選択です。リンの製品は当然として、他社製のスピーカーもどんどん対応しています。

Th__20150612_141439_2

部屋のサイズ、天井高、スピーカーの位置、リスニングポイント、壁、床の素材等を入力していきます。画面上にスピーカーの位置が表示されるので、入力ミスも防げます。

Th__20150612_140456_2

計算はわずか数秒です。グラフを見ると23Hz、54Hz付近を急峻にカットしているのがわかります。ゲインも自由にコントロールできますので、好みの設定を保存し、聴き比べて決定することも自由自在。凄い時代になったものですね。

Th_r0013326_2

OPTIMISATIONの効果に目を見張りました。低域のかぶりがとれ、中高域がクリアーになりました。それも自然に。今まで気づかなかったギターやヴァイオリンのニュアンスが分かるのが嬉しいです。

そしてそして、OPTIMISATIONの効果は、DS再生時だけでなく、DSM/2全ての入力に対しても効くのです!つまりアナログ入力も、HDMI入力もです。

さらにDSMをご検討中のお客様にビックニュース!DSMシリーズのトレードインプロモーションがスタートしました!LINN製モデルに限らず、「あらゆるプリアンプ/プリメインアンプのアップグレード」として、対象DSMモデルをご注文の方は、定価の10%OFFにてご購入いただけます!!期間は8/20まで。

対象DSMモデル
・KLIMAX DSM/1
・AKURATE DSM/1
・MAJIK DSM/2
・SNEAKY DSM

詳しい内容は下記になります。

http://www.linn.jp/pdf/linnjapan_news/2015_tradein.pdf

この機会に驚くほど完成度の高い製品になった「MAJIK DSM/2」を是非お勧めいたします。納品、セッティングもお任せ下さい。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年6月13日 (土)

6F CHシステム

どうもこんにちは。
 
CH PrecisionD1』『C1』『X1』に加えて登場。
L1m1
CH PrecisionL1』『M1
今回はandroid端末で操作できる
状態での展示になります。
※現在のところD1は未対応
 
本体側の設定にもよりますが、電源のON/OFFや設定画面
音量調整やミュート、位相の操作が可能です。
 
店だとあまり恩恵はないのですが、一緒に電源ON/OFFできるのは
便利ですね。わざわざパワーアンプまで行く必要がないのが便利です。
設定に関しても本体の操作がなかなか慣れないという方には
より直観的に操作できます。
 
日本はiOSの普及率も高いので、そちらも待ち遠しいですね。
 
音に関しては、相変わらずCHサウンドであって
変わらず良い音を出しています。
 
Ch  
5555 / H.A/L.Ⅱ / A.武田でした。

|

TODAY'S LUNCH!! VOL.139

最近は土曜日だったらここに行こうという店が決まっている。そこへ向かおうと歩き始めるとこんな車が止まっている。秋葉原は本当に変わったイタ車も多いが色んな車を見かけます。今回は写真のサイズを圧縮していないのでクリックすると大きく表示されますのでご注意下さい。というよりも設定変更をめんどくさがっている私でした。(^_^;)ごめんなさい(笑)

2015061306
別にこの車のコマーシャルに乗せられたわけではないのですが、土曜日だけ特別サービスでグラスワインとデザートが付いてくるというランチを提供する店があるのです。

TODAY'S LUNCH!! VOL.137 で紹介した炭グリルBAR「裏秋葉原」 です。

実は先週の土曜日も行ったのですが写真だけ撮っておいて更新していなかったのですが、今日はいい機会なので先週のメニューもご紹介します!!店員さんに飲み物もサラダもメインが出来たらまとめて一緒に出して下さいとお願いして撮影したのがこれ。
2015060601

この日は「照り焼きチキンとソラマメのペペロンチーノ」でした。

2015060602
デザートは確か「パンナコッタ」とか言っていたような気がします。美味しかったですね~
2015060603
さて、今日はハイサワーのCMカーに触発されたわけではありませんが、グラスワイン一杯がちょうど良い気分にしてくれるので、土曜日はここに行こうと思ったわけです。注文すると店員さんが「今日も全部一緒に出しますか?」と訊いてきたので、いやいや今日はいいですよ~と笑って答えましたが、先週の事を覚えていたようですね~。
2015061301
で先ずはサラダ。焦がしたパンの塗った自家製パテが美味しいですね~。そして…
2015061302
変わり種がこのカップスープ。実は味噌汁なのですが、これが何ともイタリアンなお味でさっぱりと飲めてしまうのがいいですね~。
2015061303
この店で最初は白ワインをお願いしましたが、その後は赤ワインにしています。さっぱりしているしペペロンチーノにも合うかな~という気軽なチョイスでした。
2015061304
そして、今日は「照り焼きチキンとマッシュルームのペペロンチーノ」という事で出てきました!!結構なボリュームがあり、麺の茹で方もちょうど良く、照り焼きチキンのちょっとした甘味がペペロンチーノの塩加減に上手く混じり合って女性にも受ける味付けです。そうこうしていると階段で賑やかな声がしたと思ったら、何名様ですかと店員さんが声をかけると「九名です~」という全て女性のお客様が大挙して来店。いやいや、繁盛してますな~。
2015061305
そして、今日のデザートはご覧のようなチョコレートケーキ。当然自家製ですが、これが中々本格的で美味しかったですね~。実は他にも写真だけ撮って更新していないお店があるのですが、当日食べた料理が今一だったのです。期待して行っただけにがっかりでしたが、お店は同じでも料理人が違うという事なのでしょうね。その点ここでは店長はじめ少数スタッフで切り盛りしていますからキッチン担当はいつも同じようです。この店の系列店が一階にオープンしていましたが、階段を下りて行ったら若い女性スタッフに今度うちにも来て下さい~と言われてしまい、もうその気になっている私でした~お後がよろしいようで。(^^ゞ

|

2015年6月10日 (水)

イベントのお知らせ・・・6/19(金)20世紀の交響曲!

6/19の金曜日に音楽家小室敬幸氏を再度お招きし、ユニークなイベントを行います!テーマは「20世紀の交響曲」です。

Soundhouse

交響曲といえば、なんといってもハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンといった古典派であり、その後はシューベルトからマーラー、せいぜいシベリウスまで、18世紀から20世紀初頭までだと思っていませんか? しかし、20世紀にも数多くの交響曲が作曲され、いくつもの傑作が残されています。

20世紀という激動の時代のなかで、「交響曲」というジャンルに作曲家がどのように立ち向かい、作品を残してきたのか? 年代別の傾向を探りつつ、それぞれの時代の名曲をお聴きいただきます。

【序】そもそも交響曲とは?
【第1部】1900~20年代「ロマン主義の残影/モダニズムの興隆」
【第2部】1930~40年代「非ロマン主義の交響曲&戦争交響曲」
【第3部】1950~60年代「前衛の時代/交響曲の不作」
【第4部】1970~80年代「新ロマン主義&ポストモダン」
【第5部】1990年代以降「交響曲の未来」
今後、交響曲は過去の遺物となってしまうのか? それとも今後も重要なジャンルと成りうるのか?皆さまと共に考える90分のイベントです。是非お気軽にご参加ください。

※再生する曲はほぼ抜粋になりますので、試聴会というよりはレクチャー的なイベントになります。

日時: 6月19(金)19: 00~20 :30、最終退店21時
場所: ダイナミックオーディオ 5555 2F
定員: 15名(要予約)
解説: 小室 敬幸氏
担当: ダイナミックオーディオ 上遠野


ご予約はお名前、ご連絡先お電話番号をお書き添えの上、メール(ken@dynamicaudio.co.jp)お電話 03-3253-2001(フロアー直通電話)にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。


上遠野 
ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年6月 9日 (火)

中古品情報 サウンドハウス2F CPA3200E

Special_sale

Cpa3200e_f_2


Used_cpa3200s_r


CHORD   CPA3200E

定価:¥1,210,000

お買い上げありがとうございます。

■■■■是非、御試聴下さい!■■■  

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/tokyoeye2020/20150624.html

林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

Photo

↓下記までご連絡くださいませ。

2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX: 03-3253-5556      

営業時間:11:0020:00

|

2015年6月 8日 (月)

価格を遥かに超えたパフォーマンス、LINN 「MAJIK140」

Real_soundcheck_3

マンスリープロモーションで展示しております「MAJIK 140」の御紹介です。

http://linn.jp/products/speakers/majik-140


「MAJIK 140」を展示して1週間経ちました。改めてこのスピーカーの持つ再現性に驚いております。構成は150mmのバス、ミッドユニットと30mm、19mmのツイーター、スーパーツイーターの4way。美しい仕上げのエンクロージャーは非常に強固で厚みのある低域を支えてくれます。

Th_r0013330

リンの製品らしく、派手さはありませんが、分解能も十分あり、のびやかな弦楽器、ヴォーカル、厚みのあるジャズサウンドを楽しませてくれます。どのジャンル、どの時代の音楽に対しても誠実に再現してくれます。

価格は税別で¥300,000。「表示の価格は1本でですよね?」と仰った方もいるくらい、そう思われるのも頷ける音質と仕上げです。最近のリンのシステムはどうしても「EXAKT」に目が行きがちですが、「MAJIK DSM/2」と「MAJIK 140」のシステムが聞かせてくれる音楽世界の充実も見事です。価格を遥かに超えた満足感をもたらしてくれると思います。

是非お聴き下さいませ。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年6月 7日 (日)

本日は最新ウエスギアンプの試聴会を行いました!

Real_soundcheck_3


Th_r0013325_2

本日は最新ウエスギアンプの試聴会を行いました。現在上杉製作所の設計者でもある藤原氏の興味深いお話と選曲の120分でした。「U BROS120」は真空管アンプの持つ可能性を持つアンプです。とのお話で実際VIENNA ACOUSTIC「LISZT」をパワフルに鳴らしきっていたと思います。常設展示をしておりますので、ご興味のあるお客様は是非ご来店頂ければと思います。

ご来場頂きましたお客様、誠にありがとうございました!

上遠野 
ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

★H.A.L.3 News★-中古情報-2015.6.7

皆様こんにちは。
関東は梅雨入り前の爽やかな初夏の青空が広がっています。

さて、B&W805SD/Bの中古が入荷致しました。
人気の機種ですが、B&W800シリーズ販売終了となりましたので、お探しの方は是非。

B&W 805SD ブラック 定価600,000(別/ペア)
Tiglon MGT-805W 定価95,000(別/ペア)
ご成約
本体元箱・付属品完備
スタンド・元箱無し

P1020588 P1020589 P1020590 P1020594

購入期間は4年程前ですが、あまり使用頻度は高くなく、状態は良いです。
一ヵ所、小さな傷がありますが、それほど目立ちません。都内近郊の方は状態のご確認をおススメ致します。

音質やキャラクターはご承知の事と思いますが、音源への忠実再生や細かい描写に関しては800シリーズの最大の魅力です。更にブックシェルフ・2ウェイ2ユニットの利点であるまとまりの良さは800シリーズで最高位ではないでしょうか。エントリーモデルだからと言って侮ることは出来ません。805にしかない、ならでは鳴らし方の楽しんではいかがでしょうか。

H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2015年6月 6日 (土)

LUXMAN「L-590AXII」を 試聴しました!

Real_soundcheck_3

LUXMAN「L-590AXII」を 試聴しました!セパレートアンプの設計思想、パーツを随所に投入し、音質に磨きをかけたとのことです!!

http://www.luxman.co.jp/presspro/l-590ax2


Th_r0013282

右が新製品の「L590AXII」です。左の「L-590AX」と区別がつきません。

Th_r0013273

違いはメーター周り金色のラインが囲われていることくらいです。メーターの針の追従性は良くなっています。

音質は「L-590AX」の温かみと「
L-507uX」のクリアさを併せ持っているように感じました。前作と比べて一番感じたのは音の立体感です。広がりも奥行きも更に出るようになりました。是非お聴きになって頂きたいと思います。発売は6/20前後とのことです。試聴会なども計画しております。ラックスマンのフラッグシップアンプを是非ご期待下さいませ!

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

中古品入荷のお知らせ・・・JEFF ROWLAND 「JS-32J」(売約済み)

Special_3

JEFF ROWLAND「JS-32J」中古品入荷しました!

Th_r0013322
 
JEFF ROWLAND用のスパイク、スパイク受けセットです。程度良好、元箱付きです。

http://www.taiyo-international.com/products/jrdg/accessories/

JEFF ROWLAND「JS-32J」

標準販売価格:¥26,000(税別)

お買い上げありがとうございます!

上記商品のご注文、お問い合わせはken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

|

明日6/7(日)はウエスギ最新アンプの試聴会です!


Uesugi2          
上杉研究所の最新モノラルパワーアンプ「U-BROS-120」は、「ハイパワー管球式アンプの新境地を拓く」と銘打ちサークロトロン (Circlotoron)出力回路を採用しております。今回の試聴会では、このアンプの設計者でもある上杉研究所の藤原氏にもお越し頂きます。最新のウ エスギサウンドを是非ご体験下さい。

■使用機器(予定)
アナログプレーヤー LUXMAN 「PD-171A」
SACDプレーヤー LUXMAN 「D-06u」
ネットワークプレーヤー LINN 「KLIMAX DS/2」
プリアンプ  UESUGI 「U BROS-2011P」
メインアンプ UESUGI 「U BROS-120」
スピーカー Vienna Acoustics 「LISZT」

■日時:6月7日(日曜日)
     14時~16時00分
     
■解説:上杉研究所 代表取締役 藤原伸夫氏

■場所:ダイナミックオーディオ5555 
    2F サウンドハウスフロアにて

■定員:15名 
(予約制とさせていただきます。)

ご予約はメール(ken@dynamicaudio.co.jp)もしくは、お電話 03-3253-2001(フロアー直通電話)にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年6月 5日 (金)

中古品入荷のお知らせ・・・MONITOR AUDIO 「RADIUS 90HD」( 売約済)

Special_3

MONITOR AUDIO 「RADIUS 90 HD」中古品入荷しました!

Th_r0013285    


Th_r0013286

Th_r0013287    

Th_r0013288

程度は良好、美品です。ローズ仕上げです。付属品は元箱、壁掛け金具、取説(英語)になります。ネジは欠品です。中古6ヶ月保証付き


MONITOR AUDIO「RADIUS 90 HD」

標準販売価格:¥66,000(税別)

お買い上げありがとうございます!

上記商品のご注文、お問い合わせはken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

|

2015年6月 4日 (木)

☆H.A.L.3 NEWS☆-製品情報-15・6・4

VOL.1 「Technics Rシリーズ 展示開始いたしました。」

P1020581_2

ダイナミックオーディオスプリングフェスティバルで皆様に初お披露目させていた

だいた新生Technicsですが、もっと皆様に聞いていただきたく常設展示を開始いた

しました。

SB-R1 スピーカーシステム  定価 \2,696,000(税別/ペア)

製品レポートはこちらをご覧ください。

SE-R1 ステレオパワーアンプ  定価 \1,580,000

製品レポートはこちら
をご覧ください。

SU-R1 ネットワークオーディオコントロールプレーヤー 定価 \838,000

製品レポートはこちら
をご覧ください。


試聴レポートはまだ完成しておりませんが、製品レポートはアップしましたので、参考にしていただけると幸いです。

専用サイトはこちらをご覧ください。

日本ブランドも頑張っております。是非ご注目ください!!

VOL.2 「Stradivari Homage ラストイベント 開催決定 」

Str3_2_3

当時Sonus faber3大スピーカー称されたStradivari Homageの生産終了のアナウンスが入ってきました。今代理店側で最終のオーダーをかけているとのことで、今でしたらまだ間に合います!!

そこで、H.A.L.3では「LaStradivari Homage」と称してラストイベントを開催いたします。

詳細はこちらをご覧ください。

また最終プログラムでは、私と天野がStradivariを熱く、音楽を演奏させていただきます。

最終プログラムだけは予約制になっております。

マラソン試聴会でも何度も使用しただけに、非常に寂しい思いでいっぱいです。

是非ご検討中のお客様は!!

VOL.3
 「DYNAMIC AUDIO 5555 Monthly Hi-Fi 2015 5弾 リンジャパン」

201506

今月のMonthly Hi-Fiはリンジャパン取扱いのLINN製品となります。

注目は KLIMAX EXAKT with B&W802になります。

B&W802 Diamond
3WAYマルチで演奏します。

大変申し訳ございませんが、こちらは69日以降を予定しております。

斬新なことをやってのけるのがLINNです。

是非この機会にお楽しみください。

詳細はこちら をご覧ください。

またスペース・オプティマイゼーションのご説明もできますので、ご相談ください。

お問い合わせはH.A.L.3 /天野 まで

|

★H.A.L.3 News★-LaStradivari Homage-

「LaStradivari Homage」

Strlogo3_3
Str3_2

Sonusfaber。
世界中のオーディオファンが知るその名前は、一人のスピーカーエンジニアによって不動のものになりました。 その名は「Franco Serblin」
稀代の名匠として名を馳せた彼は、一つの傑作を作り上げます。

Stradivari Homage

バイオリン作りの名匠アントニオ・ストラディヴァリから、その名が付けられたこのスピーカーは、類まれな響きで世界中の音楽ファンを魅了しました。芳醇で深みがあり艶美的。それでいて演奏家の想いを余すことなく伝える再生能力。

オーディオ製品と言うにはあまりに情緒的なフランコ・セルブリン氏の作品。

惜しくも2015年中に生産が完了になります。
H.A.L.3はStradivariHomageを各種イベントで使用し皆様にご紹介をしてきました。
この日は最後のStradivariHomageを皆様に思う存分堪能して頂きたいと思います。

※試聴会形式のイベントではございません。
※試聴ご希望のアンプ等がある場合のみご予約下さい。
● [日程]  2015年6月20日(土曜日)
● [場所]  ダイナミックオーディオ5555 4F H.A.L.3
● [ゲスト]  (株)NOAH営業担当牧野氏
● [内容]  ↓↓↓

■12:00~12:30「LUXMANで鳴らすStradivariHomage」
http://www.luxman.co.jp/
国産メーカーの雄、LUXMANでStradivariHomageを鳴らします。
丁寧に作り込まれた国産ならではの音色はStradivariHomageの性能をしっかり引き出してくれます。
使用製品:D-08U / C-900u / M-900u

■12:45~13:15「OCTAVEで鳴らすStradivariHomage」
http://www.fuhlen.jp/octave/
H.A.L.3の担当二人がStradivariHomageを鳴らすアンプとして一致したOCTAVE。
この相性が悪かろうはずがありません。真空管とトランジスタの両面を持つOCTAVEだからこそのStradivariHomageを。
使用製品:HP700 / MRE220

■13:30~14:00「McIntoshで鳴らすStradivariHomage」
http://www.electori.co.jp/mcintosh.html
日本ではあまり馴染みのない組み合わせです。しかし、実は海外ではこの組み合わせでデモンストレーションが行われることが多いとの事です。言わずもがな、McIntoshもSonusfaberもオーディオ界を彩る名ブランドです。
使用製品:C50 or C2500 / MC601

■14:15~14:45「VIOLAで鳴らすStradivariHomage」
http://www.zephyrn.com/viola/index.html
MarkLevinson、Celloの系譜を組むVIOLA。Sonusfaberを鳴らすアンプとして多くの方が愛用しています。この組み合わせを聴かずしてStradivariHomageを語ることは出来ません。
使用製品:SONATA / LEGACY

■15:00~15:30「ENIGMAcoustics SopraninoとStradivariHomage」
http://www.noahcorporation.com/enigma/index.html
同輸入元が扱っているENIGMA。スーパーツイーターの優位性は皆様も承知の事と思いますが、このプログラムではENIGMAを使ってStradivariHomageの可能性を探ってみます。
使用製品:Sopranino

※上記のプログラムに関しましてはご予約必要はございません。

■17:00~18:00「島・天野が語るStradivariHomageへの愛」
H.A.L.3の担当島・天野がStradivariHomageへの愛を音楽を用いて語ります。
※このプラグラムのみご予約制とさせて頂きます。
※定員18名


6月20日の一日を使ってStravivariHomageをガッツリ鳴らし込みます。
いつかはStradivariHomageを…と考えていたかたこの機会に是非ご試聴下さい。

H.A.L.3 島・天野
shima@dynamicaudio.co.jp
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »