« 試聴会のお知らせ・・・7/2(木)LUXMAN 「L-590AXII」発売記念試聴会開催! | トップページ | ★H.A.L.3 News★-超金利クレジット- »

2015年6月23日 (火)

6F Grandioso S1

どうもこんにちは。
蒸し暑くなってきましたね~
 
本日ご紹介するのはこちら。
Esoteric
ようやくデモ機がまわってきました。
写真の左側の製品です。
※右は『Grandioso M1
 
登場まで、M1の音を聴いておこうということで朝から鳴らしていました。
 
M1は片chが62kgあります。筐体も小さく47kgと軽い(?)S1の前に
聴き慣れてしまうのは問題ありそうだな~と思っていました。
 
S-02との比較勉強会で聴いてはいたのですが、プリも同時に
繋ぎかえていたので、Grandioso C1を素晴らしいプリと認識している
私にとってプリが上位機種になってるからな~くらいの印象でした。
 
やっとこさS1が届き、寝違えた首が痛いながらも1人で設置できる
重さなので左右にパワーアンプがある場所に設置。
ここで幅がM1にくらべて5cm程小さいため手がすんなり入りました。
 
奥行きも4cm程押さえられていて、CDやプリと同じラックに
収められるよう配慮された製品になっています。
 
いざ、本領発揮した状態のM1から届いて冷たいS1に切り替えます。
ガッカリ…しませんでした。
しかしここは我慢。1時間程、放置してから聴きました。
 
なんの試聴にせよ、必ず最初に聴くディスクがしっとりしたピアノと
ボーカルの組み合わせ。
どうやらこのS1は18WまではA級動作をするそうです。
M1は常にAB級動作
実際スピーカから音を出す時の18Wは、わりと大き目の音量です。
つまり、そんなに音量あげないよ~という方はほぼA級動作のアンプに
なるのでしょうね。
 
M1は整然とした空気の中、1つ1つの楽器が際立ったなり方です。
それは電源にも余裕は当然ありますし、ある意味ESOTERICが築いてきた
方向性に通ずる音作りだと思います。
 
S1M1に比べてたくさん制限があります。
Grandiosoのステレオパワーを開発しています!
その言葉にM1の裏のパネルを替えて2ch分のボード入れたら完成じゃん。
と浅はかに考えていましたが、結果として発売されたのは
サイズも内容も全く違う製品でした。
ステレオパワーを設置する方の環境を考え、
恐らくラックに入れたい人が多いのではないか。
 
何もかも新設計のステレオパワーアンプは多くの制限の中、
単なる廉価版にはしない努力が音として現れたと思います。
 
さりげなく主張する温度感は、それはそれで絶妙な調和が
あるように感じられます。
線もしっかりしていて、力強さを感じます。
得意の正確さを活かしながら、音楽性のあるアンプだと思います。
 
M1買えるけど、S1を2台買うっていう選択肢も出せる
製品だと思います。
 
期間限定展示です。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« 試聴会のお知らせ・・・7/2(木)LUXMAN 「L-590AXII」発売記念試聴会開催! | トップページ | ★H.A.L.3 News★-超金利クレジット- »