« エソテリックSACDソフト(6/10)新譜情報! | トップページ | TODAY'S LUNCH!! VOL.138 »

2015年5月25日 (月)

TODAY'S LUNCH!! VOL.137

月曜日は私の行きつけの店が定休日というところが多いのです。前回の「丸五」でもう一つお薦めの若鳥かつを食べようかと思ったが休み、その手前のヒーローズステーキは改装中で休み、中華料理の雁川も定休日。さて、どうしたものか…。そこで先週の土曜日に珍しく飛び込みで入った店を思い出す。これだったらカメラを持って来れば良かったな~と思った店は久しぶりだったからです。そして、あの時に座った席が気に入ったのですが空いているかどうかも分かりませんが、とにかく行ってみるか~。でも、あの店は小さい店で席数が少ないから入れるかな~と思いつつ今日はカメラも持ってきたしと駅前に向かったのでした。そのお店とはここ。先ずは外観から。
2015052501
この小さなビルの二階です。ランチメニューの看板を見ると、おっ、前回と同じだ!
2015052502
ここで接客担当のチャーミングな女性スタッフお二人に記念撮影でご協力頂きました。
2015052503
表情が素敵なので奮発して二枚もアップしてしまいました(^^ゞ
2015052504
あっ、特に誰でもお出迎えしてくれるわけではありませんので誤解なきよう^^;
炭グリルBAR「裏秋葉原」というお店です。つまり洋風居酒屋ランチということで二回目の来店となりました。階段を上がって二階のドアを入ると目の前がカウンターとキッチンになっていて、客の背中を見て入店する事になります。おー、今日も入ってますね~。
前回の席が空いてるかな~と思ったら「お一人様こちらへどうぞ~」と案内された席は何と前回と同じ。なぜこの席がいいのかというと、この景色が目の前に広がるからです。
2015052505
私が週に二、三回はランチを食べに来るUDXビルがこのように窓が全開で眺められるからです。それから、この店の客層が大人ばかりで特に女性客が多いですね。OLから主婦までちょうどいい?お年頃の女性たちが入れ替わり立ち替わり入って来るお店です。それから全席ランチタイムでも喫煙可というのも追記しておきましょう。
テーブルのブックレットを開くとこんな感じ。
2015052506
同じ900円のランチでも毎週土曜日はワインとデザートが付いてくるのですが、前回は白ワインを頂いて気分が良かったのものです。
2015052507
まあ平日はそれがないのは承知でしたが、素敵な女性スタッフの笑顔のおもてなしを頂いたので良しとしましょう!(^^ゞ今回は随分と前置きが長いな~一体何を食べたんだ!とお叱りを受けそうですから、そろそろご紹介を。そもそも私はトマトベースのスパゲティーよりもオイルベースの方が好きなのです。ですから前回も「小えびとアスパラソバージュのペペロンチーノ」というメニューに心惹かれて飛び込んだものでした。それを白ワインを飲みながら待っていて、いざ料理が出てきた時にはいいね~、と思ったものです。今日は白ワインはありませんが大盛りで注文したものがこれです!!
2015052508
普通はスープとサラダが先に出てくるのですが、今日は写真を一緒に取りたいので敢えて一緒に出してくれとお願いして撮影したのが平日のランチセットでこのように。
2015052509
スープはワカメのみそ汁なのですが、これが妙に違和感なく頂けてさっぱりした味で食前に先に頂くスープとしても意外なマッチングでオリジナリティーを感じます。そして、サラダのドレッシングなのですが微妙に味噌が含まれているようで塩加減にメリハリのある味付けでユニークなサラダになっていました。付け合わせのパンにはチーズが塗ってありまして、パリパリという食感をおまけしてくれて中々良い取り合わせです。さてさて、「小えびとアスパラソバージュのペペロンチーノ」は前回食べて高得点だったのですが、今回は少し味わいつつも分析をしながら頂きました。
小エビは写真のように下ごしらえがしてあり包丁を入れてありますが、これがプリプリとしてオリーブオイルの良くマッチしていていいのです。コストからして天然もの生のエビなどは使えないと思いますが、この下ごしらえだけで美味しさ倍増でしょう。むき身のエビをただ入れただけというものではなくシェフのこだわりを感じるものでした。
そして、私は最初アスパラという単語を見ただけで分かったような気がしていたものですが、アスパラソバージュとは普段スーパーで売っているアスパラガスとは全く別の食材だったのですね。フランスから輸入されているものだという事で実は私も初めて食べたものでした。独特の風味とちょっぴりとろりとした食感があり、シコシコとしたアスパラガスとは全くイメージが違います。それが何と黒ゴマを振りかけたペペロンチーノに良くマッチしているのだからオリジナリティーがある一品となっていました。五月が収穫期という食材なので正に今が旬な食材なのですね。アスパラソバージュを使っているお店は他にはなかったので、このお店のポイントは高いと思います。細めのスパゲティーは程良い硬さに茹であげられて歯ごたえもあり、お約束のタカの爪もしっかり存在感があり、あっさり目の塩加減が食欲をそそります。大盛りは通常の二倍の麺ということで食べ応えもあり満足、満腹でございました。
静かに流れるBGMはジャズヴォーカルで、客の会話の適度な声量も大人の店であることを証明して背景の音楽に馴染みます。夜のメニューを見ると飲みたくなりましたね~。美味しいランチを出す店は夜の料理も期待出来るものです。でも、飲んでしまったらレポートは出来ませんので後は皆様ご自身で炭グリルBAR「裏秋葉原」をお試しになって下さい。この店はリピートしても良いと思いました。推薦致します!!

|

« エソテリックSACDソフト(6/10)新譜情報! | トップページ | TODAY'S LUNCH!! VOL.138 »