« ★H.A.L.3 News★-中古 B&W800SD-2015.4.10 | トップページ | ソフト担当の独りごと(2)…謎の生体エネルギー! »

2015年4月11日 (土)

LUXMAN最高級フォノイコライザー「EQ-500」試聴しました!

Analog2f

話題のLUXMAN「EQ-500」を試聴させて頂きました。ラックスマンは2011年に本格ベルトドライブプレーヤー「PD-171」を新規に企画、発表し、この時代に!?と業界を驚かせました。優れたアンプ、デジタルプレーヤーだけでなく、アナログにも並々ならぬ意欲を持っているメーカーです。「PD-171」は現在「PD-171A」「PD-171AL」に替わりそれぞれ好調な売れ行きを示しています。今回は創業90周年を迎えるということで、音質と造りに非常にこだわったフォノイコライザーが満を持しての発売になりました。

http://www.luxman.co.jp/presspro/eq-500


Resize1330

これが機能美というのでしょうか。フロントパネルには多数のつまみ、セレクタースイッチが整然とレイアウトされています。
薄型の筺体ですが、相当な物量を投入していて、持つとズッシリと重い、12.5kgとのことです。

Resize1331

出力レベルをモニターするためのアナログメーターも搭載されています。ラックスマンらしいデザインになりました。左から2番目にはバランス位相反転スイッチも搭載されて後ろに接続するコンポーネントを選ばなくなりました。全段に真空管を採用し、電源部にも整流管、チョークコイルを搭載しています。無帰還CR型でRIAA規格専用の最高級モデルです。

Resize1329

入力はアンバランス3系統、出力はアンバランス2系統にバランスが1系統です。アース端子は各入力ごとに設けられています。出力はフロントのスイッチで切り替え式。

Resize1332

「PD-171AL+IKEDA IT-345 CR1」で試聴しました。
MCカートリッジは、PHASEMATION 「PP-300」。S/Nは抜群に良い!真空管らしさということ言うと非常に深みのあるピアノの音色を楽しめました。MMポジションも同様。GOLDRING「ELEKTRA」も持ち前の溌剌としたをスポイルすることなく密度のあるサウンドを楽しめました。スッキリすぎず、甘くなりすぎず・・・絶妙なバランスがこのメーカーならではの音楽性だと思います。MC入力はセレクターでLOW、HIGHポジションの切り替えます。その他にセレクタースイッチで入力キャパシター、インピーダンスを替えられて好みの音質を創ることも可能です。他にもアーティキュレーター機能をはじめゲイン切り替え (36/38/40dB)、モノラル、ローカット (20Hz/-3dB)、ハイカット(8kHz/-3dB)等、機能満載です。その辺りは4/24(金)の試聴会でしっかりとお伝えしますので、こちらも是非ご参加くださいませ!

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2015/04/424luxmaneq-500.html

アナログ、そして音楽と真摯に向き合えるフォノイコライザー。是非お聴き頂きたいです・・・常設展示致します!発売は4/20前後とのこと。入荷しましたらまたご連絡致します。


LUXMAN 「EQ-500」
定価\500,000(税別)

販売価格お問い合わせ下さい!

上遠野 
ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

« ★H.A.L.3 News★-中古 B&W800SD-2015.4.10 | トップページ | ソフト担当の独りごと(2)…謎の生体エネルギー! »